五月雨 いつの季語。 季語・五月雨

五月晴れの意味と読み方。時期はいつ?俳句や使い方は?

五月雨 いつの季語

小春日和という言葉を耳にする事があります。 でも私、結構ないい年までこの言葉を完全に勘違いしていたんですよ。 3月頃になって友人に「こんな日を小春日和って言うのかねぇ」って言ったことがあるんです。 彼は少しポカンとした後、やにわに大爆笑しました!私としては何故笑われたのか意味が分かりませんでしたが、彼の話を聞いて顔を真っ赤にした覚えがあります。 あなたは小春日和という言葉の正しい意味を知っていますか?私の様に恥を掻いた経験はないでしょうか? そんな小春日和ですが、俳句の季語として用いるのは秋なのか冬なのか?はたまた私の様に春なのか(笑)? 調べてみたらとても興味深い事が沢山分かってきました。 ぜひ最後までお付き合い下さいね。 小春日和という季語を用いる季節は ズバリ、 俳句の中では冬の季語として用いられている言葉です。 以下、「きごさい歳時記」というサイトにみられる記述からの引用です。 陰暦十月の異称である。 まだ本格的な冬とはならず暖かい日和が春先の陽気を思わせるが、春とは区別して「小春」という。 sub. 陰暦(旧暦)は現代の暦とは異なり、年ごとに若干の変動があるので注意が必要です。 実生活の中でも、11月から12月の晩秋から初冬くらいの時期の、よく晴れて気温が高く風もない穏やかな日を指して「小春日和」と呼んでいます。 「春」という字の印象から、小春日和のことを早春の暖かく穏やかな日だと勘違いしているケースが多く見受けられますが、これは明らかな間違い。 また、俳句の季語は私たちが実感する季節感よりもやや早い時期に設定されています。 その理由は、俳句ではいわゆる二十四節気に準じて季語を設定しているためです。 だから立冬(11月7日前後)を過ぎてから立春(2月4日前後)までの季節は冬ということになります。 他にもいつの季語か迷う言葉に「五月雨」というものがあります。 こちらも深掘りをしてみると意外な事が分かりました。 松尾芭蕉さんの面白エピソードも紹介しているこちらの記事をぜひご覧下さい。 ドイツ語 Altweibersommer(老婦人の夏)• 中国語 小阳春 これらの表現を発見することができました。 ドイツ語の「老婦人の夏」などは晩秋の午後に日だまりで編み物をするお婆さんを連想させる気がします。 英語やフランス語にある「インディアンの夏」という表現には次のような由来があるので合わせて紹介します。 「インディアンの夏」の由来は18世紀の北米に遡ります。 当時、イギリスから入植してきた人たちと先住民の間で土地を巡る激しい争いが繰り広げられていました。 アメリカ先住民(かつてはインディアンと呼ばれていた)は入植者から奪われた土地を奪還するのを、晩秋から初冬に実行しました。 この時期、夜は寒く日中は暖かいため、雪や霜で凍った土地が緩んで足跡を消してくれると見込んでいたからです。 言葉の由来って歴史などに根ざしていることが多くて面白いですね。 まとめ いかがでしたか?小春日和という季語を用いるのは11月から12月上旬だとはっきりしました。 もうこれで2月の俳句に「小春日」などと入れる事はありませんね。 それでは今回の記事の内容をおさらいしておきましょう。

次の

季語・五月雨

五月雨 いつの季語

美しい響きで印象に残る、『五月雨(さみだれ)』という言葉。 日常生活や、文学でも、ビジネスの場で使われることもあるので、どこかで1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。 お好きなところからどうぞ• 『五月雨(さみだれ)』も、そんな言葉の中の1つ。 文字だけ見ると、5月に降る雨という意味に取れるこの言葉。 陰暦5月ごろに降りつづく長雨。 さつきあめ。 断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。 これは、旧暦(陰暦)と新暦(現在の暦)が、ずれていることに関係します。 旧暦は、現在の暦(カレンダー)が使われる以前に使われていたもので、現在でも、お正月や節句などを旧暦で行う地域もありますね。 七夕まつりが有名な仙台でも、新暦の7月7日ではなく、旧暦で、月遅れの8月7日に行わています。 そんな旧暦の5月(皐月(さつき))は、新暦では5月下旬から6月下旬頃になるため、旧暦の5月は、梅雨の頃を指すのです。 本来、五月雨は梅雨の時期を指していますから、季語は夏で間違いありません。 新暦で暮らす現代では、そのずれに違和感がありますが、俳句を詠まれる方には、「何をいまさら」と当たり前のことなのかもしれませんね。 五月晴れ(さつきばれ) この言葉から、5月の若葉かおる爽やかな空気に包まれ晴れ渡った空…を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 基本的には 『五月晴れ(ごがつばれ)』と読むと5月にふさわしい表現になりますが、今では『五月晴れ(さつきばれ)』という読み方でも、5月の晴れ間として認められてきており、いろんな辞書でも正しい意味合いとして、きちんと掲載される場合が増えています。 たしかに、本来この使い方は間違いであったわけですが、国語は時代に合わせて変わるもので、元々の意味とは違う表現でも、使う人が増えることで意味そのものが変化するのです。 この『五月晴れ』が、まさにそうであって、言葉が進化したと言えるのかもしれませんね。 五月雨雲(さみだれくも) 5月の晴れ間に浮かぶ白い雲…でないことは、もうお分かりですね。 こちらも、旧暦の5月が舞台で、 梅雨の頃に見られる雲を指します。 五月闇(さつきやみ) こちらも旧暦の5月を指している表現です。 梅雨の頃の夜の暗さや、その暗闇を表す表現として使います。 五月雨と春雨の違い さて、『五月雨』とは、字面のような5月=春の雨でなく、梅雨の時期を指すことは、お分かりいただけたでしょうか。 よって、春の季語となる『春雨』と『五月雨』は、表す季節が違うことになることから、 まったく違う意味合いを持つ言葉になります。 五月雨と同じように、季節の雨を表す『春雨』は、美しくて有名な言葉ですから、こちらについてもご紹介したいと思います。 辞書には、 春、しとしとと静かに降る雨。 しゅんう。 濡れてまいろう。 」とありますが、冬の寒さが去って春の暖かさと生命の息吹を感じる中、細かく静かに降る柔らかい雨には、濡れてもいいかな?と思わせる風情があるようです。 もちろん、春の雨にも、いろいろな種類の雨がありますね。 と共に豪雨のような強い雨も降りますから、いつも同じような柔らかい降り方をするわけではありませんが、春雨は雨粒の細かな雨が柔らかく降るイメージです。 春の雨にも、他にも様々な表現があるようです。 春霖(しゅんりん) 春、3月から4月にかけて降る長雨。 なたねづゆ。 春驟雨(はるしゅうう) 春に降る、夕立ちを思わせるような激しい雨。 春時雨(はるしぐれ) 春になって降る時雨のこと。 『時雨』は冬の季語であるが、『春時雨』は春の季語となる。 製造などが間に合わず、予定していた数を一度に揃えられない場合は、「五月雨式の納品で申し訳ありません」といった謝る場合に使いますが、発注側がとにかくいくつでも良いからすぐにでも納品して欲しい時などは、「五月雨式納品でも構いません」という風に、シチュエーションに合わせて使えます。 五月雨式に連絡してしまい、すみません 連絡が複数回に分かれてしまったことをお詫びします、という意味で、主にビジネスメールで使われています。 もう1ヶ月以上も五月雨式に会議が続いている 会議にかけるも、なかなか結論が出ず、だらだらと時間だけが過ぎている状態が伺えますね。 このように、ビジネスの場で使われる場合がある『五月雨』のついた言葉は、意外と本来の意味を知らずに使っている場合もありますから、しっかりと覚えておくと良いですね。 さいごに 『五月雨』は、5月の爽やかな季節の雨ではなく、旧暦の五月= 梅雨を指す言葉。 一般的に間違った使い方をされているようですので、この機会に、間違いを正しておくと良いですね。 また、『五月雨式』という言葉も、ビジネスの場で使われることがありますので、ついでに覚えておきたいものです。 『春雨』と『五月雨』は、示している季節が異なりますが、どちらも、季節の雨を表す言葉としては有名です。 【関連記事】 それぞれの簡単な意味や、似た言葉をご紹介したので、参考にしていただけたらと思います。

次の

【五月雨をあつめて早し最上川】の意味と季語は?実はヒヤリ経験だ!

五月雨 いつの季語

五月晴れの読み方と意味は? 五月晴れの読み方は 2通りあります。 「さつきばれ」もしくは 「ごがつばれ」ですね。 ただし、読み方によって いつの時期を指すのか、意味が変わってくるので使い方に注意しましょう。 「さつきばれ」の場合は、 旧暦の5月を指しています。 旧暦の5月というのは現在の6月頃の時期を指していますので、つまり 梅雨の頃を表していることになります。 したがって、「さつきばれ」と読む場合、梅雨の合間のわずかな晴れ間や、梅雨明け後の晴れ空を指す言葉になります。 決して爽やかな晴天とは言い難く、 どんよりとした雲が残っている状態での晴れ間を意味しているのです。 これに対し、「ごがつばれ」と読んだ場合は、文字通り 現在の5月の晴れた日のことを指しています。 高気圧に覆われ、特に中旬あたりの雲一つない 爽やかな晴天を意味しています。 ・1月~3月:春 ・4月~6月:夏 ・7月~9月:秋 ・10月~12月:冬 とされていました。 昔の俳人たちは、もちろん正しく夏の季語として使っています。 しかし、現代の趣味で俳句を詠んでいる人は、五月晴れの意味を間違って使用しているのか、または、 「ごがつばれ」の読み方の意味で使っていることもあるようです。 人によっては間違いだと思われてしまうため、俳句に使う時は「ごがつばれ」ではなく 「さつきばれ」とし、夏の季語として使うようにしたほうがよいでしょう。 「五月闇」「五月雲」「五月蝿い」も旧暦に由来する? 他にも 「五月闇」「五月雲」「五月蝿い」などの言葉がありますが、これらはいつのことを指すのでしょうか…。 「五月闇」は 「さつきやみ」と読みます。 梅雨の時期の夜が暗いことを示す言葉であるため、こちらも 旧暦の5月のことですね。 「五月雲」は 「さつきぐも」と読みます。 こちらも旧暦に由来する言葉で、 梅雨時期の雨が降る雲のことを表しています。 「五月蝿い」は 「うるさい」と読みます。 意味は 「うるさい」「うっとうしい」です。 こちらも 旧暦に由来する表現で、現在の6月頃からハエが鬱陶しく感じられるようになるため、後から当て字として使われるようになっています。 こうして見てみると、全て旧暦に由来する表現であることがわかります。 ちなみに 「五月雨(さみだれ)」も梅雨の合い間の雨のことを指しています。 すべて旧暦の5月のことで 夏の季語になりますので、間違えやすい表現となっています。 ただし、言葉というものは時代とともに変化していく性質があるため、多くの人が間違って使うようになると、それが正しい表現として 広辞苑などに掲載されるようになっていきます。 決して言い訳をするつもりはありませんが、今回は 「本来の意味」としてご紹介したことをご理解いただきたいと思います。

次の