こはいかに 口語訳。 『十訓抄』「大江山」

今昔物語『阿蘇の史(阿蘇の史、盗人にあひてのがるること)』 わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

こはいかに 口語訳

小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋 立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。 と歌を詠んだ。 思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。 」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。 小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。 [ 原文 ] 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて、「こはいかに。 」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 [ 品詞分解 ] ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 ・ と … 格助詞 ・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形 ・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ こ … 代名詞 ・ は … 係助詞 ・ いかに … 副詞 ・ と … 格助詞 ・ ばかり … 副助詞 ・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 返し … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ も … 係助詞 ・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 ・ 小式部 … 名詞 ・ これ … 代名詞 ・ より … 格助詞 ・ 歌よみ … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 世おぼえ … 名詞 ・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

『十訓抄』「大江山」

こはいかに 口語訳

」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの で、まだ天橋立を訪れたことはございません。 そのように、母のいる丹 後は遠いので、まだ便りもございません。 とよみかけた。 思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。 そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。 >これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか? 原文をきちんと読んで下さい。 中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。 つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。 従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。 >なぜ逃げたのですか? 原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。 つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。 >最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか? その通りです。 これは有名なエピソードですね。 つまり中納言は、小式部内侍は実は歌など詠めず、内侍の作としてある歌はみんな母の和泉式部の代作であろうと勘ぐって「一人で歌合に出るなど心細いことでしょう。 母親を呼ぶ使いを丹後に遣ってその使いは帰ってきましたか?母上に急を告げる手紙の返事は届きましたか?(つまり歌合わせに出す母上の代作の歌は間に合いますか?ということ)」と謎をかけからかったのです。 ところがその場で内侍が即座に見事な歌を詠み、母の代作の疑惑を晴らし、中納言は二の句が告げられなかった、という痛快なエピソードです。 他に「大江山」は「生野」の枕詞。 「生野」は地名と「幾野(幾つもの野を越えて)」の掛詞、「ふみ」は「文」と「踏み」の掛詞も注意して下さいね。 」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。 小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 これはどういうことといったのは誰なんですか?あと袖を振り切ったのは誰ですか?なぜ逃げたのですか?最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか?.

次の

大江山(古今著聞集) 原文

こはいかに 口語訳

宇治拾遺物語、巻第三の六です。 〈本文〉 これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。 家の隣より火出できて、風おしおほひて責めければ、逃げ出でて大路(おほぢ)へ出でにけり。 人のかかする仏もおはしけり。 また衣(きぬ)着ぬ妻子(めこ)なども、さながら内にありけり。 それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立てり。 見れば、すでに我が家に移りて、煙(けぶり)・炎くゆりけるまで、おほかた向かひのつらに立ちて眺めければ、「あさましきこと」とて、人ども来とぶらひけれど、騒がず。 「いかに」と人言ひければ、向かひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづきて、時々笑ひけり。 「あはれ、しつるせうとくかな。 年ごろはわろくかきけるものかな」と言ふ時に、とぶらひに来たる者ども、「こはいかに、かくては立ち給へるぞ。 あさましきことかな。 物のつき給へるか」と言ひければ、「なんで物のつくべきぞ。 年ごろ不動尊の火炎をあしくかきけるなり。 今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。 これこそせうとくよ。 この道をたてて世にあらんには、仏だによくかき奉(たてまつ)らば、百千(ももち)の家も出できなん。 わたうたちこそ、させる能もおはせねば、物をも惜しみ給へ」と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。 その後にや、良秀がよぢり不動とて、今に人々めで合へり。 〈juppo〉ただ家が燃えてるだけの場面なので、ムリヤリ1ページに納めたら字だらけになってしまいました。 見ずらいですよね。 すみません。 天才というのは技巧を開眼するためには財産どころか家族も惜しまないという、いささか極端な話ですが、いつの時代も天才というのはちょっと変わった人のことだったりしますよね。 私もこうして絵を描くので、手本となる資料は必需品です。 動物とか魚の写真集も手元にありますが、職場が塾なので、結構教科書を見て描いていたりします。 ホントに最近の教科書って絵心があるんですよ。 カラーで写真も満載。 手元にないものは、以前は買ってしまったり図書館で借りたりしましたが、最近はもっぱらネットで検索!ですね。 キーワードを入力するだけでたいていの画像は捜し出せるのですから、便利な世の中になったものです。 良秀君もこの時代に生きていたら、家族を犠牲にすることはなかったのに。 いや、本当の芸術、本当の画というものはいつでも、何かを犠牲にしなければ残せないものなのかも知れませんが。 犠牲にしないまでも、それほどの覚悟がなければ。

次の