イテウォン クラス ネタバレ。 今韓国で人気のドラマ「梨泰院クラス」あらすじと相関図も紹介

『梨泰院(イテウォン)クラス』実写の結末って漫画の最終回と同じ?登場人物紹介とキャストまとめ!

イテウォン クラス ネタバレ

梨泰院クラス 最終話(16話)ネタバレ感想 伏線回収その1. 脇甘すぎるグンウォンの復讐 さかのぼること第2話。 刑務所から出所したばかりのセロイが、新聞や資料が散乱する中で、腕立て伏せをしていました。 ネオンの光が漏れ入る狭い自室で、チャンガの株の推移を調査しながら、着々と「復讐」の準備を進めていたのです。 時をまたいで、13話。 刑務所の中で、もくもくと体を鍛えているグンウォン。 彼の横にもやはり新聞が・・・。 2話のセロイを彷彿とさせます。 密かにチャンガの株を大量購入していたセロイのように、グンウォンも膝を打つような「復讐」を準備しているのでしょうか? きっとしているに違いない、そう期待させてくれました。 が・・・、どこまでもグンウォンはグンウォンでした。 頭脳プレーは苦手な模様。 知恵をふり絞って思いついた復讐は、チンピラにイソを誘拐させ、セロイ共々消してしまうことでした。 思考が実に単純です。 しかも、イソを助けに来たセロイに向かって、声高に叫びました。 「もう昔の俺じゃない!!!」 ・・・・ いやいや、金にモノを言わせて、事を動かそうとするワンパターンのその手法、 まんま昔のあなたです。 「イソのスカウト事件」で、あれだけ痛い目にあっておきながらも、何も学ばなかったようです。 そりゃ、弟のグンスにも言われるはずです。 「やっぱり俺たち兄弟だな。 いつもやり方が間違ってる」と。 最後まで脇が甘いグンウォンでした。 伏線回収その2. セロイの完ペキすぎる復讐 第2話で、チャン会長への復讐を決意したセロイ。 最終話で、その復讐がようやく果たされました。 チャン会長率いる「チャンガ」は、グンウォンが引き起こした誘拐事件と、会長自らの長年の不正により経営悪化。 存続危機の状態に陥った「チャンガ」は、セロイの会社I. Cが吸収合併することになりました。 壇上に上がったセロイは、まずは、父の形見の腕時計に目をやります。 「チャンガの味」を開発した対価として、父がチャン会長から受け取った時計・・。 そして、まっすぐ前を向き、 チャンガの味は守りつつ、これからは人・信頼を重視する企業を目指すと、宣言。 この理念は、第1話で、セロイの父がカン理事に熱弁した「チャンガのあるべき姿」そのものでした。 セロイの復讐は、チャンガを吸収合併するだけでなく、 父から受け継いだ理念をチャンガ経営に反映していくことで、ようやく完結するわけです。 1話からずっと待ち望んできたチャン会長の土下座でしたが、秀逸なセロイの復讐劇を前に、薄っぺらさしか感じませんでした。 ともあれ、セロイの父親愛にあふれたスマートな復讐に感服です。 伏線回収その3:イソのプロローグ カウンセラー:寝る前にどんなことを考えますか? イソ:人類が滅亡すればいいのにって 病院らしき場所で、カウンセリングを受けているイソのシーンからスタートした第1話。 「 人生なんてわかりきってるし、何で生きてるのかわからない」というイソに、「 そんなに面倒なら、死ねば」と返すセロイ。 その続きがようやく最終話に登場しました。 このドラマのメッセージそのものです。 俺は明日も今日も同じように店を開けて、働いてるだろう。 同じようなことの繰り返してるようだけど、明日何が起こるかなんて、誰にもわからない 刑務所で俺にケンカを売ってきたスングォンは今タンバムのホール係だし、 営業停止に追いやったお前は、うちの店のマネージャーだ 同じ日の繰り返しなんて一度もなかった。 悲しいこと、つらかったこともたくさんあったけど、生きていたら、楽しいこともある 未来は誰にもわからない。 だから生きてさえいれば、お前にも心から楽しいと思えることが起きるかもしれない。 思い返してみれば、1話が始まる直前のプロローグはこう締めくくられていました。 梨泰院(イテウォン)、この小さな街から世界が見える。 それぞれの価値観を持って生きる私たちのストーリー.

次の

梨泰院クラス第16話(最終回)のあらすじとネタバレ感想!“弱肉強食”の結末!|韓国ドラマネタバレサイト

イテウォン クラス ネタバレ

<Amazon> 「角刈り」 それはどんなイケメンでも凡人に変身させてしまう魔法の髪型。。。 でも安心してください。 パク・ソジュンssiは角刈りでもイケメンです。 そんなイケメン過ぎるパク・ソジュンssi主演の 「梨泰院クラス」が Netflixで配信されていたので早速観ました。 視聴率はうなぎ上りで最終回 16.5%を記録しました。 ストーリーは 信念を貫き通し強く生きていく男セロイの生き様を描く骨身に染みるサクセスストーリーです。 梨泰院クラス ネタバレ感想 見飽きたほどありがちな復讐劇だけど面白いのは 主人公セロイが圧倒的にカッコいいから。 そんなに真っ直ぐ生きたら疲れるよ?セロイ・・・ でもそんなセロイがかっこよくてたまらない。 1話でいじめを見過ごせずにいじめてるグニョンを殴ってしまいます。 殴ったことを謝りさえすれば退学にもならず、父親も仕事を辞めることもなかったのに グニョンに謝ることは出来なくてその結果、自分は退学で父親は退職。 殴ったんだから謝れいいし 信念は心の奥底で貫けばいいのに。 でもセロイはそういう男。 今一回最後に1回もう一回・・・ 一瞬は楽になる だけど繰り返すうち 人は変わる セロイの台詞には度々心震えました。 後半はサクセスストーリーよりも そんなセロイが愛で変わっていくのが面白かったです。 イソのために裏切りもして土下座もします。 土下座なんかいくらでもしてやるって。 スアとイソの愛は対照的でしたね。 セロイに幸せにしてほしいというスアとセロイを幸せにしたいというイソ。 イソはセロイの傷跡を見て涙を流して自分がセロイを幸せにすると誓います。 セロイは夢を叶えて復讐を遂げたけど、だから幸せなのではなくて セロイが幸せなのはイソが側にいるから。 最終回ラストはセロイとイソが爽やかなデートで愛を語って終わりました。 イソも、スアも いじめに耐えて成功したホジンも。 いろんなサクセスストーリーがありました。

次の

梨泰院クラス|最終話ネタバレ感想 伏線すべて回収!美しすぎる結末

イテウォン クラス ネタバレ

ついに私の権力に屈したな! 」と高笑いした。 そして、グニョンの居場所を尋ねるセロイに「 余興を楽しむ最後のチャンスだと思ったががっかりだ。 貴様をひざまづかせる代価としてに息子を又放棄することになった。 」と告げ、グニョンの居場所を紙に書いた。 その後、立ち上がったセロイ パク・ソジュン は「 僕をひざまづかせて嬉しいですか? 痛快ですか? 」と近づいてきたチャン・デヒ ユ・ジェミョン に尋ねた。 jTBC 画面キャプチャー 「 僕はこれまであなたに復讐するために生きてきました。 チャンガの会長で僕の敵。 僕の人生を地獄にしたあなただったが同時にすごい男だった。 だから、この戦争は価値があると思っていた。 だが誰かを人質にしてひざまづかせるような汚い老人のあとを追って歩んできた人生が痛ましい…。 」 そう言い放ってデヒの手から紙をひったくると、スングォン リュ・ギョンス に「 行こう! 」と声をかけて背を向けた。 その後、セロイは、車中で「 危険になるだろう。 我々二人とも負傷する、または死んだとしても僕はイソを救う方を優先する。 だがおまえに強要はできない。 」とスングォンを巻き込んでしまったことを心配した。 これにスングォンは「 じゃあどうして俺をここに連れてきた? イソは僕にとっても家族だ。 同じ目標を持ってチームワークで行きましょう。 兄さんが死んだとしてもイソを救い出しますよ。 」と確約した。 一方、倉庫の外で「 パク・セロイを忘れて死ね! 」とグニョンに言われたイソは、地面に転がっていたシャベルを拾い、グンスに鉄パイプを持たせた。 そして、1・2・3の合図で攻撃しようと言ったが、3の合図のあと「 頑張れ! 」とグンスに言い残して、その場から逃げ出した。 その後、鉄パイプを振り回し、必死でイソが逃げる時間稼ぎをするグンス キム・ドンヒ をヒフンが刺すと、グニョンは「 もう充分だ。 それよりチョ・イソを捕まえろ! 」と指示を出した。 その後、エアバッグの作動で何事もなく車から出てきたセロイは、駆け寄ってくるイソを抱きしめ、大丈夫かどうかを確かめた。 そんな中、グニョンとヒフン ウォン・ヒョンジュン が現れると、スングォンは「 優先順位だ。 早く行ってくれ。 後は俺に任せろ! 」とセロイとイソを逃がし、一人でヒフンらに対抗した。 しかし、昨日の怪我から回復していないセロイが激しい頭痛に襲われ走れなくなると、イソは「 大丈夫ですか? どうして来たの? 」と心配した。 「 とても君に会いたかった。 僕のためにいつも苦労して傷ついて…。 僕の頭と心は君でいっぱいだ。 君もこんな気持ちだったのか? 君を愛しているよ。 イソ…とても…。 」と告白して、イソ キム・ダミ を抱擁した。 その後、突進してくるグニョンの車に気づいたセロンは、石を投げて車を止まるとイソに「 行け! 警察から連絡が入るから状況を話してほしい。 」と頼んで携帯を渡した。 これにイソは「 代表が死んだら、私も死ぬから! 」と言い残し、その場から仕方なく去った。 その後「 死にたいのか? 」と薄笑いを浮かべて攻撃してくるグニョンに対して、セロイは「 僕とスングォンの命がかかっているんだ。 おまえの命なんかどうでもいい。 今日で全て終わる。 」と決死の覚悟で挑んだ。 だが「 死ね! 父と同じ様に…! 」と狂ったようにパンチを打つグニョンに、セロイは「 それでも人の子か? イソ、グンス、ホジンと僕の父さん、自分のしたことに全く罪悪感はないのか? 」と叫びながら戦った。 これにグニョンは「 家畜を食べる時に罪悪感を持つのか? バカげた事を言うな! 」とあざ笑い、セロイがぐったりするまで顔を撃ち続けた。 その後、オ・ビョンホン ユン・ギョンホ と警察が現場に到着し、危機を脱したセロイは「 全て終わった。 これから幸せになろう。 」とイソを抱きしめて約束した。 一方、オ・スアにより、チャンガの不正ファイルと共に内部告発されたチャンガは、賄賂、横領及び秘密資金の疑いで捜査を受けることになった。 このニュースが大々的に放送され、不正行為だけではなく、暴力団との癒着や殺人教唆、拉致まで全て明るみになると、フランチャイズの所有者は契約をキャンセルし補償金を要求し、取締役会では会社の売却が検討されるようになった。 これにデヒが「 全ての責任を私が負う。 今売却するとゴミになるだけ。 正気か? 」と反対すると、グンスは、ある会社から、かなりまともな条件で買収したいという話がきていることを打ち明けた。 だが諦められなかったデヒは、トニーの祖母キム・スンリョ キム・ミギョン に連絡をとり「 私の命はもう長くないのをご存知ですか? ここまで大きくなったチャンガを台なしにしないでほしい…。 」と助けを求めた。 しかし、スンリョから「 家族を養うためにビジネスを始めたと言っていたが未だ同じか? パク・サロイがチャンガを経営したら、おまえの家族が飢えると? 私に頼むべきではない。 刀の鞘を握った人が別にいる。 」と冷淡にあしらわれた。 その頃、セロイの復讐パートナーイ・ホジン デービッド・イ は、グニョン アン・ボヒョン に面会し、チャンガの不正と買収のニュースを伝えた。 New!

次の