うがい薬。 うがい薬のおすすめ人気ランキング9選【帰宅後の習慣に!】

イソジンうがい薬

うがい薬

1.うがい薬は、いつ使う? うがい薬は、使用に適したタイミングや時期があります。 ~うがい薬の使用が適したタイミング~ ・外出後 ・混雑した場所にいた後 ・空気がしている環境にいた後 ・喉に違和感を感じたとき …など。 うがい薬には、殺菌作用や喉の腫れを抑える働きがあります。 過去に行われた調査では、うがいにはインフルエンザ感染を防ぐことも期待できるということが分かっています。 気持ちの面でも、うがいをしている=インフルエンザ対策をしていると感じられそうですね。 うがい薬に対して、水でのうがいが適しているタイミングはこちらです。 まだ風邪になっていない、風邪予防の目的であれば、水うがいが適しています。 うがい薬の種類によっては、殺菌作用によって、本来喉に存在してなければいけない菌までも殺してしまう恐れがあるからです。 2.うがい薬の種類 うがい薬は、配合されている成分によって3つに分けることができます。 簡単な見分け方と合わせてご紹介します。 ヨード独特の臭いがあります。 また、使用に注意が必要な方もいらっしゃいますので、必ず確認してから使用するようにしてください。 高い濃度で使用すると、アレルギーやショック反応などが生じる恐れがある場合があるので、使用法は必ず守りましょう。 薄めたうがい薬は、時間が経つと働きが弱くなってしまいますので、時間が経ってしまったものは捨てて、新しく薄めたうがい薬を使用してください。 また、妊娠中も自分で判断して使用せず、医師に相談してから使用してください。 4.正しいうがいの方法 うがいをする際は、正しい方法で行うことが大切です。 1日4~5回程度を目安に行うと良いでしょう。 前を向いたまま、頬の筋肉を動かして、少し強めにすすぐ気持ちで行いましょう。 口の中がすっきりしない時は、2~3回繰り返しましょう。 うがい薬を薄めた水は、取っておかずに捨てましょう。 5.うがいで得られる恩恵 正しくうがいをすることで、以下のことが期待できます。 うがいによって喉のウイルスや菌を洗い流し、同時に喉に潤いを与えることによって喉の粘膜をウイルスや菌から守ることができるといわれています。 インフルエンザはある特定のウイルスに感染することで起きますが、正しいうがいによってウイルスの働きを抑えることができると考えられています。 うがい薬によるうがいは、風邪やインフルエンザから自分を守り、会社や学校などでの集団感染をふせぐためにもとても大切なことです。 すでに風邪をひいてしまったときなどに、悪化を防ぐためにうがい薬を使ってうがいをすることも大切です。 殺菌・消毒作用のある成分が含まれたうがい薬は、口臭を抑えるためにも使うことができます。 ただし、使用頻度や用量はしっかりと守って使ってください。 殺菌作用があるうがい薬は、口内炎に良いと言えるでしょう。 6.まとめ うがい薬には3種類あり、それぞれ働きや特徴などが異なります。 症状に合ったうがい薬を選び、適したタイミング・時期に使用することをおすすめします。 ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、正しいうがいをして健康を保ちましょう!.

次の

【明治うがい薬】うがい薬 ~効能・効果~|株式会社 明治

うがい薬

臨床工学技士国家資格保有。 大学病院勤務後、ライターへ転身。 現在は『kakotto.』を立ち上げ、医療・バイオ・ヘルスケア分野を中心に紙・WEB問わず執筆編集に携わっています。 「難しい話を分かりやすく」をモットーに、心をじんわり温めるような記事作成をお届け。 当サイトでは健康にかかわるグッツや医療機器などを紹介し、皆さまの健康増進のお手伝いを致します。 医療ライターの宮座美帆さんに取材のもと、うがい薬の選び方とおすすめ商品11選を紹介! イソジンやパブロン、コルゲンコーワなど人気商品もピックアップしています。 風邪やインフルエンザなどウイルスの予防に効果的なうがい薬ですが、なかには喉の治療を目的としたうがい薬もあります。 使用目的に応じて成分を見極め、適したうがい薬を選ぶようにしましょう。 後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね。 商品名 ムンディファーマ『イソジン クリアうがい薬A』(指定医薬部外品) ムンディファーマ『イソジン うがい薬C』(第3類医薬品) 大正製薬『パブロンうがい365』(指定医薬部外品) ムンディファーマ『イソジンうがい薬』(第3類医薬品) 大正製薬『パブロンうがい薬AZ』(第3類医薬品) 興和『新コルゲンコーワうがいぐすり』(指定医薬部外品) 興和『新コルゲンコーワうがいぐすり ワンプッシュ』(指定医薬部外品) 健栄製薬『のどスッキリうがい薬』(指定医薬部外品) 明治『明治うがい薬』(第3類医薬品) ゼリア新薬『セピーAZうがい薬』(第3類医薬品) LION『キレイキレイ うがい薬』(指定医薬部外品) 商品情報 特徴 無色透明で子どもにも使いやすい うすめずに使えるタイプで手間いらず 大容量だから家族全員で使いやすい サイズが5つから選べるヨードうがい薬 喉の炎症・腫れをしずめたいときに 外出先でも使いやすいボトルタイプ ポンプタイプでうがいに必要なコップも付属 リフレッシュにも使いやすい形とフレーバー 用途で選べるヨードのうがい薬 喉の粘膜の腫れや炎症に 好みで選べるふたつのフレーバー 効果・効能 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔・咽喉の腫れ、口腔内の洗浄 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 口腔・咽喉の腫れ、口腔内の洗浄 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 成分 セチルピリジニウム塩化物水和物、グリチルリチン酸二カリウム、エタノール、l-メントール、サッカリンナトリウム、pH調整剤、香料 1ml中ポビドンヨード3. 5mg(有効ヨウ素として0. 35mg)、添加物としてエタノール、グリセリン、l-メントールなど セチルピリジニウム塩化物水和物、グリチルリチン酸二カリウム、l-メントールなど 1ml中ポビドンヨード70mg(有効ヨウ素として7mg)、添加物としてエタノール、l-メントール、サッカリンナトリウム、香料 100ml中アズレンスルホン酸ナトリウム水和物0. 5g、エタノール、グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油など 塩化セチルピリジニウム、グリチルリチン酸ニカリウム、l-メントール、チョウジ油、ハッカ油、ユーカリ油、エデト酸Ca/2Naなど 塩化セチルピリジニウム、グリチルリチン酸ニカリウム、l-メントール、チョウジ油、ハッカ油、ユーカリ油、エデト酸Ca/2Naなど セチルピリジニウム塩化物水和物、グリチルリチン酸二カリウム、l-メントール、サッカリンナトリウム水和物など ポビドンヨード、エタノール、l-メントール、サッカリンNa、香料 100ml中アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)0. 4g、プロピレングリコール、ポリソルベート80、ハッカ油など セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)、グリチルリチン酸二カリウム、l-メントールなど 用法・容量 1回約1mlを約50mlの水にうすめて、1日数回うがい うすめずにそのまま適量(約15~20ml)を口に含んで、2~3回うがいをする。 1日数回 1回約1ml(1押し)を50ml(コップ約1/4量)の水にうすめて、1日数回うがい 1回2~4mlを約60mlの水にうすめて、1日数回うがい 約10滴(約0. 4ml)を水または微温水約100mlにうすめて、1日数回うがい 通常1回3振り(約1. 2ml)をコップ約1/3量(約60ml)の水にうすめて、1日数回うがい 1回約1ml(1押し)を約50ml(コップ約1/4量)の水にうすめて、1日数回うがい 1回約1mlを約50mlの水にうすめて、1日数回うがい 1回2~4mlを約60mlの水にうすめて、1日数回うがい 1回本剤約10滴(約0. 商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。 修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。 (マイナビおすすめナビ編集部 桑野美帆子).

次の

うがい

うがい薬

1.うがい薬は、いつ使う? うがい薬は、使用に適したタイミングや時期があります。 ~うがい薬の使用が適したタイミング~ ・外出後 ・混雑した場所にいた後 ・空気がしている環境にいた後 ・喉に違和感を感じたとき …など。 うがい薬には、殺菌作用や喉の腫れを抑える働きがあります。 過去に行われた調査では、うがいにはインフルエンザ感染を防ぐことも期待できるということが分かっています。 気持ちの面でも、うがいをしている=インフルエンザ対策をしていると感じられそうですね。 うがい薬に対して、水でのうがいが適しているタイミングはこちらです。 まだ風邪になっていない、風邪予防の目的であれば、水うがいが適しています。 うがい薬の種類によっては、殺菌作用によって、本来喉に存在してなければいけない菌までも殺してしまう恐れがあるからです。 2.うがい薬の種類 うがい薬は、配合されている成分によって3つに分けることができます。 簡単な見分け方と合わせてご紹介します。 ヨード独特の臭いがあります。 また、使用に注意が必要な方もいらっしゃいますので、必ず確認してから使用するようにしてください。 高い濃度で使用すると、アレルギーやショック反応などが生じる恐れがある場合があるので、使用法は必ず守りましょう。 薄めたうがい薬は、時間が経つと働きが弱くなってしまいますので、時間が経ってしまったものは捨てて、新しく薄めたうがい薬を使用してください。 また、妊娠中も自分で判断して使用せず、医師に相談してから使用してください。 4.正しいうがいの方法 うがいをする際は、正しい方法で行うことが大切です。 1日4~5回程度を目安に行うと良いでしょう。 前を向いたまま、頬の筋肉を動かして、少し強めにすすぐ気持ちで行いましょう。 口の中がすっきりしない時は、2~3回繰り返しましょう。 うがい薬を薄めた水は、取っておかずに捨てましょう。 5.うがいで得られる恩恵 正しくうがいをすることで、以下のことが期待できます。 うがいによって喉のウイルスや菌を洗い流し、同時に喉に潤いを与えることによって喉の粘膜をウイルスや菌から守ることができるといわれています。 インフルエンザはある特定のウイルスに感染することで起きますが、正しいうがいによってウイルスの働きを抑えることができると考えられています。 うがい薬によるうがいは、風邪やインフルエンザから自分を守り、会社や学校などでの集団感染をふせぐためにもとても大切なことです。 すでに風邪をひいてしまったときなどに、悪化を防ぐためにうがい薬を使ってうがいをすることも大切です。 殺菌・消毒作用のある成分が含まれたうがい薬は、口臭を抑えるためにも使うことができます。 ただし、使用頻度や用量はしっかりと守って使ってください。 殺菌作用があるうがい薬は、口内炎に良いと言えるでしょう。 6.まとめ うがい薬には3種類あり、それぞれ働きや特徴などが異なります。 症状に合ったうがい薬を選び、適したタイミング・時期に使用することをおすすめします。 ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、正しいうがいをして健康を保ちましょう!.

次の