お 彼岸 やってはいけない こと。 お彼岸の由来や意味は?してはいけないことを解説!|瓜生中 公式ブログ

お彼岸に結婚式のメリット・デメリット!やってはいけないこと一覧も

お 彼岸 やってはいけない こと

お彼岸にマイホームの… マイホームの建築にも契約、着工、棟上げなど、段階が色々ありますね。 スケジュールの都合によってはこれらのどれかがお彼岸の期間にぶつかってしまうことがあります。 特に上の年代の方々は嫌がることが多いです。 でも確かにお彼岸はご先祖様の供養をする期間ですが、三隣亡や土用のように暦上の忌み日とされているわけではありません。 先人の方々としては、心静かにご先祖様のご供養に専念しなさいと、いうことかもしれません。 一戸建てを新築する際にはそれなりの期間が必要となり、年2回、合わせて2週間あるお彼岸の期間にどこかで重なってしまうことがあるのは、過密スケジュールな現代社会では避けることが難しい場合も多くあり、その場合はやむを得ないことになります。 お彼岸に契約するのは? 新築一戸建てのみならず、分譲マンションの契約や、賃貸物件の契約なども同じように避けるべきとされることもあります。 しかしこれも一戸建てと同じことで、ご供養を粗末にすることがなければ問題のないことです。 むしろ、この期間につつがなく契約できたことをご先祖様に感謝申し上げるのが良いかと思います。 Sponsored Link お彼岸にやってはいけないこと? 関連することとして「引っ越し」があります。 新居を構えれば当然必要になってくることですね。 一方で、暑さ寒さも彼岸までと言われているように、この時期は安定した気候ですごしやすい時期でもあります。 そういう意味では引っ越しするにもちょうどいい季節です。 「お彼岸にやってはいけないこと」があるとすれば、それは「ご先祖様への感謝の気持ちを忘れること」だと言えます。 まとめ 特に「秋分の日」は、国民の祝日に関する法律によって「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日に定められています。 以上の趣旨を踏まえてしっかりご先祖様のご供養をしていれば、各種の契約などをすることには問題がないと思われます。 サイト内検索 人気記事一覧• 最近の投稿• 最近のコメント• に irohanihoheto より• に 小林陽子 より• に irohanihoheto より• に シャーペン932 より• に irohanihoheto より カテゴリー• アーカイブ• メニュー• 人気記事.

次の

お正月に掃除や洗濯などしてはいけない事があるって、知ってました?

お 彼岸 やってはいけない こと

「喪」というのは,先祖崇拝や先祖供養を説いた儒教に基づくもので,実の親が亡くなった時の服喪期間は,元々3年でした。 儒教が色濃く残っている朝鮮半島では今もそうですね。 金正日氏が朝鮮労働党総書記に就いたのは,実父の金日成主席の死から3年後でした。 日本では,「3年も喪に服されちゃ困っちゃうよ」ってことで,江戸時代に13ヶ月に縮められています。 亡くなられた月を1ヶ月目と数えますから,No. 3の方の回答にあるとおり,今年の1月に実の親が亡くなったのであれば,来年の1月末までが服喪期間となります。 服喪期間は,慶事を控えるというのが習わしですので,注連飾りなどはしないものです。 さて,申し上げましたとおり,「喪」は儒教に基づくものでして、神社神道では期間が異なります。 神社神道では,実の親が亡くなってから50日を忌服期間としています(仏教ですと49日です)。 神社神道では,死を穢れと捉えれていますから,忌服期間は神社へのお参り,神社の祭りへの参加はダメです。 神社に祀られている神様が「あんた,忌中で穢れてるから来ちゃダメ。 」と言っているわけですが,物理的に忌中の方が神社に来るのを排除できませんから,お参りする側が遠慮する習わしになっているのです。 よく「鳥居をくぐっちゃダメ」と言いますが,これは,鳥居をくぐらなければ良いという意味ではありません。 神社は,柵や植栽や構造物によって囲まれています。 結界と呼ばれるもので,結界の内側は,神様の領域です。 その神様の領域に出入りすることが許される所に鳥居があるわけで,「鳥居をくぐる」とは「神様の領域に入る」ということを意味します。 ですので,鳥居をくぐらず脇から入るというのは,他人の家を訪問するのに,玄関から入らず,垣根の隙間から入るのと同じことです。 実の親が亡くなってから50日以上経過していれば,神社に詣でて良いので,お間違いなく。 また,浄土真宗・真宗には「忌」という概念がありませんから,浄土真宗・真宗の門徒さんであれば,喪に服することも忌服することもありませんので,喪中葉書も出されません。 「神社系は」というより、神社系だけです。 「喪中」だというのは。 神社では人の死を「ケガレ」だという思想ですから、ケガレを持った人がお参りにきては困るんですね。 戦前には国が思想統制して各家に「神棚」をまつるようにしたので、神社方式が国民的スタンダードでしたが、 もともと、仏教では「四十九日」が過ぎたら「忌あけ」です。 浄土真宗でははじめから「忌」はありません。 キリスト教も。 明治時代の「忌服令」では、親の場合の忌服機関が13ヶ月(1月になくなった人の子は翌年の1月まで) 兄弟とか孫とか、血縁が薄くなるに連れて機関が短縮してるのですが、 機械的に喪中葉書を出す人は、2月になくなった祖父母でも喪中にしてるみたいです。 プライベートな挨拶や年賀状はその人次第です。 さびしくつつましく正月を過ごしたいか、にぎやかに過ごしたいか、自由です。 (明治時代は「強制」でした) じゃあ、そんな人たちが本当に喪に服しているのか、というと、 正月は家でお笑い番組でバカ笑いしてたりするんですが・・ ちなみに私は親が死んでも、喪中葉書を出したことはありません。 私も喪中です。 でも、(1)に書かれた事以外の遠慮すべき事項は無いと思っていますし、これまでも気にせず生きてきました!これって、ヒンシュクものですか? 生活する地域でも異なるでしょうし、出身地によっての暗黙ルールもあるのでしょうね。 要は自分が気にならず、お相手も気にしないのであれば、どうって事、ないのでは? でも、「しきたり」に関してうるさい親戚の方がおいでになる場合は要注意ですから、むしろその方に教えを仰がれてはいかがでしょう。 お正月はとりあえず、心の中で祝い、しめ縄・正月飾・おせち料理をパスなされば最低限OKかと。 参拝している人々の背中に「喪中」とプリントしてあれば別ですが、今年は何事も無く、平安でありますようにと参拝なさる事は、むしろ、有意義ともいえましょう。 ただ、「喪中なので御遠慮させていただきます」は自分が華やいだ席に出席するには、心理的に耐えられそうも無い場合、生きてくる言葉だと思いますが、いかがでしょう。 今年は両親2人と叔父を亡くしました。 淋しいお正月になりそうなので、元日にはお墓参りに行き、(遠隔地なので)温泉に一泊するつもりです。 神社仏閣も歩きます。 例年のお正月にかかる費用を流用しての計画です。 Q 今年は我が家は神社の役員です。 昨日と今日が町内のお祭りでした。 無事に終わり明日の片付けの変更の連絡を1件1件したのですが・・・ 「私の家は今年、喪中なので片付けは出来ません」と言われました。 もちろん喪中でしたら仕方がありません。 そこで私も「そうですか。 知らなかったので申し訳ございません」と言ったらそこのお宅のお子様がハッピ姿で「ただいま!」と帰って来るではありませんか!私はビックリして思わず「ハッピ」と言ってしまいました。 奥さんは「鳥居をくぐらなければいいので」と言っていましたが私達の組の片付け場所は神社ではなくてただの広場です。 (もちろん奥さんもその事は知っていました)私はただめんどくさい事だけ出たくない言い訳としか考えられませんでしたが やはり喪中でもお祭りは参加するものなんでしょうか? A ベストアンサー 神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。 私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。 地域性に大きく左右される問題ですよね。。 平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。 忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。 例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。 服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、神祀りや神社参拝は善しとされ、故人が父母だと命日から13か月間、祖父母だと150日間等。 だから喪中といっても、忌明け後は神社に行くことができますし、お祭りにも参加できます。 親御さんが亡くなると50日くらいでは参拝する気分にはなれないでしょうが、上記のような服忌日程は、残された遺族が社会生活を送りながら立ち直れるようにと配慮されたものだそうです。 ご近所のその奥さんが、故人からみてどういうお立場かはわかりませんが、今回の返答は「?」かも知れませんね。 私の近所の方も、義理のご兄弟が半年以上も前に亡くなられたことを理由にご家族一同どなたもお手伝いには来ないようです。 なら謹慎中かと思えば、娘さんは今月結婚されます。。 悪口ではありませんが、やはり少し勝手かなあとも感じてしまいましたよ。 補足ですが、万一忌中だったり忌明けしていても気になるようでしたら、祭りの前に神社で除服の祓い(じょぶくのはらい)をして頂いたらよいと、神主さんが仰っていました。 神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。 私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。 地域性に大きく左右される問題ですよね。。 平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。 忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。 例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。 服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、... A ベストアンサー 最低でも1年は、喪に服す事が良いと言われています。 明治七年に太政官より公布された武家服忌令から来ていることです。 父母が死去した場合、忌が五十日、服が十二ヶ月と規定されています。 現在は、父母夫妻の場合、忌が五十日、服が一年が一般的です。 忌は、葬儀に専念する期間で、服は、忌明けの後、少し生活を慎む期間で、忌の期間のみを謹慎して死者の追悼に専念し、神前にお参りすることを控えればよいという風潮になっています。 四十九日の法要が済めば、神社にお参りしてもよいらしいです。 また、祭り等(厄年のお払い)と重なった場合等は、事前にお払いを受けることで、参加出来るそうです。 では、何故、鳥居がだめと言うことになりますが、神社への道を造る鳥居は汚れ無き道として、弔いの病等を持ち込むことが、昔からの言い伝え(風習)で悪いこととして言い伝えられてきたからです。 しかし、鳥居の横を通りくぐらなければ良いとか、所によっては問題が無い所も有ります。 今は、10日ぐらいで忌び期間を終了する(社会上の問題)ので、大丈夫と言うことも有ります。 但し、喪に服すのは、故人に対して自分が1年ぐらい、物事を慎む気持ちがあれば、風習に習うことが良いとも言われています。 色々な説や、所変わればという風習からが殆どですので、身近な人に聞くとか、地元の風習に合わせる事も必要かもしれません。 特に田舎は近所がうるさいかもしれないので、気を付けてください。 最低でも1年は、喪に服す事が良いと言われています。 明治七年に太政官より公布された武家服忌令から来ていることです。 父母が死去した場合、忌が五十日、服が十二ヶ月と規定されています。 現在は、父母夫妻の場合、忌が五十日、服が一年が一般的です。 忌は、葬儀に専念する期間で、服は、忌明けの後、少し生活を慎む期間で、忌の期間のみを謹慎して死者の追悼に専念し、神前にお参りすることを控えればよいという風潮になっています。 四十九日の法要が済めば、神社にお参りしてもよいらしいです。 Q 私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。 親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。 親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。 それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。 ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー >私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの… 兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。 >実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか… 葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。 あくまでも喪主・喪家の単独行事です。 集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。 逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。 要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。 故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。 >それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか… 喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。 >「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか… 10万円では足りないとお考えなのですか。 まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。 慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。 多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。 冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。 >私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの… 兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。 >実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか… 葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。 あくまでも喪主・喪家の単独行事です。 集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...

次の

三隣亡でやってはいけないことは?意味と由来は?2018年のカレンダーは?

お 彼岸 やってはいけない こと

「お彼岸には大きな買い物などをしてはいけない」という話を聞いたことはありませんか? 私の故郷は関東の中でも田舎の方でして、こういう言い伝えは意味がわからなくても絶対守るべきという風潮がありました。 皆は同じことを繰り返す日々の中で、いつしかこういった疑問自体を忘れていくのでしょうが、PC関係の学校に進んだ私は違ったようで、有り難いことに疑問をすぐに調べる癖がつきました。 今回も気になったのでお彼岸について調べてみました。 すると、大きな買い物については、他の行事との誤解があるということがわかりました。 今回はお彼岸の高価な買い物について紹介していくとともに、お彼岸にやっていいこととやってはいけないことについて少し紹介していこうと思います。 1日目 分け与える 2日目 規律を守る 3日目 怒りを捨てる 中日 彼岸には夕日の沈む方角にお祈り 4日目 努力する 5日目 心を安定させる 6日目 知恵をあらわす 前半では昔から良いと言われていることをやっていき、後半ではそれらを踏まえた上で、 努力したり落ち着いて過ごす。 そして最終日には真実を悟るワケです。 仕事などでも先人の知恵を引き継いで、さらに努力したり落ち着いて判断したりして、最後に報告書や検証を行いますよね。 仏教の修行は私たちが普段無意識に行う学習法を、一つ一つ手順を追って、再確認するものでもあるのです。 どんな難題だって基本的にやることは同じですから、問題に落ち着いて向き合えるように修行していたのでしょう。 スポンサーリンク お彼岸についてはこちらの記事でも紹介しています。 よければご覧下さいませ。 そして、お彼岸とお盆の違いについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。 これらの過去記事でも紹介していますが、お墓参りは仏教のお彼岸には無いものです。 お墓参りをする由来は、もともと日本にある神道にあります。 日本ではもともと家の敷地内にお墓を作り死者を埋葬していました。 これは、祖先の霊は家の守護霊となり、一族を守ってくれると信じられていたためです。 この守護霊の信仰があったため、仏教の「死者は仏様になる」という教えが受け入れられ、さらに仏教の極楽浄土に救いを求めたことから、多くの方が仏教も信仰するようになっていきました。 次第にお葬式をお寺でする人が増え、お墓をお寺や集合墓地に立てる人が増えていき、お墓参りというものが変わっていき、現在のような形になったのです。 お彼岸に車の納車や引越しをしてはいけない? お墓参りについても、日本や中国にもともとある土葬の文化と、祖先への感謝の気持ちを表す風習が合わさったもので、さらに仏教の仏様の概念が合わさっているように、色々な国の文化や風習が混ざり合っています。 台湾ではお盆の期間が旧暦の7月の1ヶ月間なのですが、この期間には、海に行くのを控えたり、引越しや車などの購入や契約はしてはいけないようです。 これは私の予想になりますが、日本は色々な国からの文化や風習を受け入れることがあるため、この台湾のお盆の風習が受け入れられた際に、祖先の霊が関係するお盆とお彼岸を混同して伝えられたのではないかと思います。 ちなみに、地域によっては車や引越しだけではなく、結婚式や出産まで良くないとされていますが、基本的に全て問題ありません。 今回リサーチしたところ、お彼岸に引越しや車の納車といった「高い買い物が良くない」という話はありませんでした。 お彼岸は仏教の修行期間なので、これらの 高価な買い物は全く問題ないでしょう。 ただし、煩悩の塊のような欲望まみれの契約関係は止めておいた方がよいでしょう(笑) お金は計画的に使うようにしましょう。 お彼岸に神道の行事をやってはいけない? 基本的にお彼岸にやってはいけないことはありません。 しかし、神道を信仰している場合には注意したいことがあります。 仏教では、死は仏様となって極楽浄土へと行くための通過儀礼です。 神道では、死は穢れであり、避けたり浄化すべきものである考えられています。 このことから、仏教のお葬式などの行事と、神道のお参りやお祀りなどの行事は同時に行わない方がよいと言われています。 一つ例を挙げておくと、赤ちゃんのお宮参りです。 お宮参り(初宮参り)というのは、赤ちゃんが無事に生誕1ヶ月目を迎えたことを産土神様へ感謝し報告する行事です。 こういった神様へのお参りをしたついでに、お墓参りに行くことはよくありません。 仏様や先祖の霊は問題ありませんが、土地神様に祟られてしまう原因となります。 行事の日にちを分ければ問題ないため、お墓参りは別の日に行くようにしましょう。 まとめ お彼岸にやってはいけないことは特にありません。 お彼岸は仏教修行に最適な期間のため、散財などせずに真面目に過ごすようにしましょう。 ただし、神道の行事には死に関わるものを持ち込んではいけないため、神社のお参りついでにお墓参りにも行くのはよくありません。 神社に行った日はお墓参りを控えるようにしましょう。

次の