褒められた ビジネス。 【褒められた時の返事12選】ビジネスでも使える返し方の対応や例文

【お返事フレーズ例】お客さまに褒められたときのお返事の仕方は?

褒められた ビジネス

人から褒められた時、みなさんはどんな反応をしますか。 照れてしまう人、「ありがとう」と受け入れる人、謙遜してしまう人。 色々な褒められた時の返し方がありますが、日本人で多いのは最後の謙遜する人でしょう。 どうしても照れや恥じらいからせっかく褒められても「そんなことないです。 」などと否定してしまった経験がある人も多いでしょう。 しかしあまり謙遜しすぎるとどんなことになってしまうのでしょうか。 褒めてくれた人はせっかくあなたのことをよく見てくれて褒めてくれたのにそれを謙遜しすぎると相手はどんな気持ちがするでしょうか。 いくつかのシーン別にみていきます。 ビジネスシーンにおいて 仕事で成果や成功を収めた時、上司や目上の人に褒めてもらうということは喜ばしいことです。 しかし、褒められた時の返し方で謙遜のあまり「そんなことはないです。 」「たまたまです。 」などという言葉を使ってしまうと褒めてくれた上司の顔を潰してしまうことになりかねません。 自分を否定することは、育ててくれている上司までもを否定しかねないので注意しましょう。 対人関係において 仕事以外でも褒められる機会はあります。 友達や恋人、家族など身近な人に褒められる機会は多いのではないでしょうか。 より親密な関係を築きたいと思うからこそ褒めてくれているのに、褒められた時の返し方で「そんなことないよ。 」と言われてしまうと拒絶されるような気分になります。 せっかくより良い関係が築ける可能性があるのにもったいないです。 褒められた時の返し方の敬語 褒められるということはみなさん嬉しいことですが、特にビジネスシーンで上司や先輩から褒められるととても嬉しいですし、モチベーションが上がります。 ビジネスで成功している人はきっとたくさん褒められる機会が多いはずです。 仕事ができる人は敬語を適切に使い、褒められた時の返し方が上手い人でもあります。 「〇〇さんのおかげです。 」「〇〇さんが分かりやすく教えてくれたからです。 」などの言葉を加えた褒められた時の返し方は褒めた人もいい気分になりますしなりますし、また良い所を見つけてほめてあげたいという気持ちにもさせます。 お互いに気分が良く、これからの関係性も円滑に保てるきっかけにもなります。 お褒めいただきありがとうございます 褒められた時の返し方の敬語で一番オーソドックスな返し方が「お褒めいただきありがとうございます。 」という言い方の敬語です。 褒められた時の返し方で使っている人も多いでしょう。 褒めるという言葉を丁寧にして「お褒め」という言葉にして、「もらう」という言葉を謙譲語にして「いただき」という言葉にした「お褒めいただきありがとうございます」です。 褒めてくれた相手に尊敬の念を示しながら、自分はへりくだりながらきちんと返せている見本のような敬語のフレーズです。 似たような言い方の褒められた時の返し方の敬語に「お褒めいただき恐縮です。 」という言い方がありますが、こちらのほうがより謙遜した言い方です。 上司や目上の方に褒めてもらった時の返し方はこちらのほうがスマートで印象が良い敬語です。 もったいないお言葉です 褒められた時の返し方の敬語でよく使われているものに「もったいないお言葉です。 」というのがあります。 謙遜しつつも褒めてくれた人への敬意も表しているおすすめの褒められた時の返し方です。 相手に好印象を与える褒められた時の返し方の敬語 褒められた時の返し方をどうしたらよいのか困ってしまった経験をしたことがある人も多いでしょう。 咄嗟に褒められた時などは特に困ってしまいます。 そんな時、褒めた人も褒められた人も気持ちの良くなるようなおすすめの返し方を紹介します。 前述したように、謙遜しすぎて「私なんて」と卑屈になりすぎてしまうとせっかく褒めてくれた人も気分が悪くなってしまいます。 かと言って「褒めてもらって当たり前」というのも反感を買ってしまいます。 ではどんな返し方がいいのかと言うと、褒められたことを素直に喜び、そこに感謝の気持ちも付け加えるのがおすすめです。 メールで褒められた時の返し方の敬語 普段の生活や仕事でもメールでのやりとりが多い現代ですが、メールで褒められた時の返し方の敬語はどのようにしたらよいのでしょうか。 メールは顔の見えないやりとりなので、少し言い方が違うだけでも相手に与える印象が変わってしまうこともあります。 褒められた後の対応はどのようにしたらよいのかみていきます。 褒められた後の対応をいい加減にすることは印象が良くありませんので、すぐに返信をするようにしましょう。 具体的にはどんな文章を送るのがよいのでしょうか。 まずはお褒めのメールをもらったことにお礼を言います。 とメールをくれた方の力添えに感謝するととても印象が良いです。 最後にこれからもご指導をお願いします。 と締めくくれば、これからの関係もスムーズに築いていけます。 異性から褒められた時 異性から褒められたとき、心の中ではとても喜んでいるのに上手く返すことができなかった。 なんてことみなさん経験があるのではないでしょうか。 異性に褒められることは嬉しいことですが、照れや恥じらいから謙遜する人が多いでしょう。 では、異性から褒められた時にどのような返し方をすると印象がよいのでしょうか。 謙遜しつつも嬉しいという気持ちを素直に表現する。 あなたに褒めてもらえて嬉しいという気持ちを表現するのがポイントです。 異性から褒められた時のおすすめの返し方 では異性に褒められた時の返し方は、どんな返し方がよいのか具体的な言い方をみていきます。 普段、異性から褒められる機会がないという人も多いのではないでしょうか。 いざ褒められたら、どうしていいか分からなくなります。 しかし褒めてくれたということは、少なからずあなたに好意があるということなのでお礼は必ず言いましょう。 」と笑顔を添えて言えると好印象間違いなしです。 褒められた時の返し方のポイント.

次の

褒められた時の返事はどうする?メールをビジネスの相手に送る時は?

褒められた ビジネス

「お褒めに預かり」の意味や使い方は? 「お褒めに預かり」の意味は「褒めてもらって」という意味 まず、「お褒めに預かり」の意味は「褒めてもらって」という意味を表します。 「預かり」とは「~をしてもらって」という意味を表すより丁寧な言葉です。 したがって、この言葉を使用すると「褒めてもらって~です」という自分の気持ちを表すことになります。 ではなぜより簡単な表現の「褒めてもらって」という言葉を使用しないのか?というと、この表現は特に目上の人に対しては横柄で失礼な響きになりかねないからです。 言い回しによって相手に与える意味やニュアンスが微妙に変わってきてしまうので、そこには注意する必要があります。 「お褒めに預かり」の使い方は褒められた時の返答としての使用 「お褒めに預かり」の使い方は、「褒められた時の返答として使用する」というものです。 例えば、ビジネスシーンで上司から「先ほどのプレゼンは内容が良くまとまっていてとても良かったよ。 」と自分がした行動で何かしら褒められた際にその返答としてこの言葉を含んだフレーズを使用します。 詳しい例文については後述しますが、この言葉を使った例文の後半に続く内容としては普通、感謝の意を伝えるものが多くなります。 やはり人間なら褒められた時には素直に嬉しい、あるいは有難いと思うものですよね。 」です。 「光栄です」とは簡単な言葉に直すと「名誉に感じる」という意味です。 この例文は、特に目上の人に対して効果的に使える丁寧な表現となります。 より具体的な例を挙げると、「~君、昨日送ってくれた資料は非常に分かり易くて良かったよ。 」などと上司に声をかけられた際などに「お褒めに預かり光栄です。 」とこの表現を使用します。 相手への敬意も表せる便利な表現です。 ぜひ覚えて目上の人との会話に生かしてみてください。 この例文は、「嬉しいです」とストレートに自分の気持ちを相手に伝える表現で、男性でも使用できますが、どちらかと言うと女性が使う方が効果的に使えるでしょう。 具体的には、例えば自分の先輩に「さっきの会議での発言、要点がまとまっていてとても良かったよ。 」と伝えられた際に「お褒めに預かり嬉しいです。 」とこの表現を使って素直に嬉しい気持ちを相手に伝えてみましょう。 」です。 「恐縮です」とは「恐れ入ります、感謝します」という意味を表す言葉で、相手に謙遜しながらも敬意と感謝の意を表します。 この「恐縮です」という言葉は少し堅い響きがありますので、特に役職などの高い目上の人に使うと効果的です。 具体的には、例えば自分の会社の社長から直々に自分の業績や成果を称える言葉をかけてもらった際などに「お褒めに預かり恐縮です。 」と使用すると良いでしょう。 役職や年齢が高くない人に使用すると逆に失礼になりますので注意しましょう。 」です。 この言葉は、落ち着いた雰囲気で褒めてもらった言葉に対する自分の嬉しい気持ちをより丁寧に表現したい際に用いるものです。 少し柔らかい落ち着いたニュアンスを伝えるものなので、口頭でももちろん使用できますが、メールや手紙などの中でも使用すると効果的でしょう。 この表現の後に、感謝を伝える「誠にありがとうございます。 」などの表現を伝えると、相手への謝意も伝わり効果的だと言えます。 」です。 「有難い限りです」とは、相手に強い感謝を伝える表現として使われます。 この表現は、例えば常連の顧客や取引先から何か自分を褒める言葉をもらった際などに使用します。 ただ単に「ありがとうございます」というよりも、「有難い限りです」と言った方が深い感謝を自分が感じていることを相手に伝えることができるので、そのような状況ではこの表現が効果的に働きます。 ぜひ積極的に活用してみましょう。 ここまで、「お褒めに預かり」という表現の意味や「お褒めに預かり光栄です。 」などの具体的な例文や使い方についてお伝えしえきました。 下記関連記事内では、「ご心配ありがとうございます」のメールの例文や敬語の正しい使い方、英語表現についてもご紹介しています。 ぜひ当記事と合わせてチェックしてみてください。 この言葉は、「おんけいにあずかり」と読みます。 この言葉は、「誰かから情を受ける、あるいは恵みを受ける」という意味で使用される言葉です。 「預かり」と「与り」の部分が同じ音でもあります。 具体的には、「この度は、当部署の部長の恩恵に与り、昇進することができました。 」「先輩の恩恵に与り、何とかこのプロジェクトを成功することができました。 」などの形で使用することが可能です。 この「恩恵に与り」という言葉もスピーチなどで使用できる表現なので覚えておくと便利です。 この言葉は、「褒める」という動詞を丁寧な敬語で表すことで相手に敬意を表しています。 「お褒めに預かり」とほぼ同義で使用でき、特に目上の人に対して使うと効果的です。 具体的には、「この度は~様にお褒めいただき誠に嬉しく思います。 」などの形で使用できます。 「お褒めに預かり」を使用した際と同様、後半には感謝や自分の嬉しさを表現する言葉を持ってくると良いでしょう。 この言葉も、2つ目の例と同様、「お褒めに預かり」とほぼ同義語で使用することができます。 具体的には、「お褒めの言葉をいただき心から感謝しています。 」などの形で使用できます。 この表現も、「お褒めの言葉をいただき」という敬語表現を用いている理由から、使用する相手は目上の人が良いでしょう。 他の表現と同じく、この「お褒めの言葉をいただき」という言葉は同僚や年下に使うと誤用となりますので注意して使用しましょう。 下記関連記事内では、嬉しいという言葉の敬語表現についてご紹介しています。 大変うれしく存じます、嬉しく思いますの類語もあります。 興味のある人はぜひチェックしてみてください。 」です。 例えば、自分がまず相手を褒めるコメントをした後に、相手が「お褒めに預かり光栄です。 」と返してきた場合、返答として「これからも期待しています。 」「これからも期待していますね。 」などの形で返すと自然です。 相手にプレッシャーを与えるという目的ではなく、相手にこれからも頑張って欲しいという願いを込めて笑顔で和やかに伝えると効果的でしょう。 やはり、どんな人でも目上の人から期待されているというのはモチベーションになります。 相手にやる気を持って仕事をしてもらうためにも自然な返答を覚えておきましょう。 」です。 これは、1つ目の例よりももう少しストレートに自分が相手に期待している行動、すなわちここでは「頑張ること」を伝える形となっています。 「これからも頑張ってくださいね。 」ともう少し柔らかい雰囲気で伝えることも可能です。 1つ目の例と同様、相手にプレッシャーをかけるのではなくあくまで自分も応援者として相手に頑張って欲しい、という意味を込めて優しく伝えると効果的です。 」です。 この言葉は、相手に「これからもその調子でよろしくお願いします。 」という意味を込めて伝える返答の言葉となります。 相手が自分が認めるような素晴らしい仕事や働きをした場合、それを今後も続けていってもらえればなと思いますよね。 その気持ちを、この表現を使うと素直に伝えることができます。 「お褒めに預かり」を上手く使って人間関係をより豊かにしていこう! 当記事では「お褒めに預かり」という言葉の意味と「恩恵に与り」や「お褒めの言葉をいただき」などの同じ意味を表す表現などについて具体的な例文を交えながらお伝えしてきました。 この表現は、特に目上の人から何か褒めてもらったりした際に活用できそうです。 お褒めに預かりを上手く使って豊かな人間関係を築きましょう。 下記関連記事内では、感謝の言葉を伝える例文15選をご紹介しています。 ビジネスでも押さえておきいたいありがとうの気持ちを伝える一言やお礼の言い方を詳しく知りたい方は、ぜひ当記事と合わせて参考にするとより理解が深まり効果的ですのでぜひこちらもチェックしてみてください。

次の

【褒められた時の返事12選】ビジネスでも使える返し方の対応や例文

褒められた ビジネス

人から褒められた時、みなさんはどんな反応をしますか。 照れてしまう人、「ありがとう」と受け入れる人、謙遜してしまう人。 色々な褒められた時の返し方がありますが、日本人で多いのは最後の謙遜する人でしょう。 どうしても照れや恥じらいからせっかく褒められても「そんなことないです。 」などと否定してしまった経験がある人も多いでしょう。 しかしあまり謙遜しすぎるとどんなことになってしまうのでしょうか。 褒めてくれた人はせっかくあなたのことをよく見てくれて褒めてくれたのにそれを謙遜しすぎると相手はどんな気持ちがするでしょうか。 いくつかのシーン別にみていきます。 ビジネスシーンにおいて 仕事で成果や成功を収めた時、上司や目上の人に褒めてもらうということは喜ばしいことです。 しかし、褒められた時の返し方で謙遜のあまり「そんなことはないです。 」「たまたまです。 」などという言葉を使ってしまうと褒めてくれた上司の顔を潰してしまうことになりかねません。 自分を否定することは、育ててくれている上司までもを否定しかねないので注意しましょう。 対人関係において 仕事以外でも褒められる機会はあります。 友達や恋人、家族など身近な人に褒められる機会は多いのではないでしょうか。 より親密な関係を築きたいと思うからこそ褒めてくれているのに、褒められた時の返し方で「そんなことないよ。 」と言われてしまうと拒絶されるような気分になります。 せっかくより良い関係が築ける可能性があるのにもったいないです。 褒められた時の返し方の敬語 褒められるということはみなさん嬉しいことですが、特にビジネスシーンで上司や先輩から褒められるととても嬉しいですし、モチベーションが上がります。 ビジネスで成功している人はきっとたくさん褒められる機会が多いはずです。 仕事ができる人は敬語を適切に使い、褒められた時の返し方が上手い人でもあります。 「〇〇さんのおかげです。 」「〇〇さんが分かりやすく教えてくれたからです。 」などの言葉を加えた褒められた時の返し方は褒めた人もいい気分になりますしなりますし、また良い所を見つけてほめてあげたいという気持ちにもさせます。 お互いに気分が良く、これからの関係性も円滑に保てるきっかけにもなります。 お褒めいただきありがとうございます 褒められた時の返し方の敬語で一番オーソドックスな返し方が「お褒めいただきありがとうございます。 」という言い方の敬語です。 褒められた時の返し方で使っている人も多いでしょう。 褒めるという言葉を丁寧にして「お褒め」という言葉にして、「もらう」という言葉を謙譲語にして「いただき」という言葉にした「お褒めいただきありがとうございます」です。 褒めてくれた相手に尊敬の念を示しながら、自分はへりくだりながらきちんと返せている見本のような敬語のフレーズです。 似たような言い方の褒められた時の返し方の敬語に「お褒めいただき恐縮です。 」という言い方がありますが、こちらのほうがより謙遜した言い方です。 上司や目上の方に褒めてもらった時の返し方はこちらのほうがスマートで印象が良い敬語です。 もったいないお言葉です 褒められた時の返し方の敬語でよく使われているものに「もったいないお言葉です。 」というのがあります。 謙遜しつつも褒めてくれた人への敬意も表しているおすすめの褒められた時の返し方です。 相手に好印象を与える褒められた時の返し方の敬語 褒められた時の返し方をどうしたらよいのか困ってしまった経験をしたことがある人も多いでしょう。 咄嗟に褒められた時などは特に困ってしまいます。 そんな時、褒めた人も褒められた人も気持ちの良くなるようなおすすめの返し方を紹介します。 前述したように、謙遜しすぎて「私なんて」と卑屈になりすぎてしまうとせっかく褒めてくれた人も気分が悪くなってしまいます。 かと言って「褒めてもらって当たり前」というのも反感を買ってしまいます。 ではどんな返し方がいいのかと言うと、褒められたことを素直に喜び、そこに感謝の気持ちも付け加えるのがおすすめです。 メールで褒められた時の返し方の敬語 普段の生活や仕事でもメールでのやりとりが多い現代ですが、メールで褒められた時の返し方の敬語はどのようにしたらよいのでしょうか。 メールは顔の見えないやりとりなので、少し言い方が違うだけでも相手に与える印象が変わってしまうこともあります。 褒められた後の対応はどのようにしたらよいのかみていきます。 褒められた後の対応をいい加減にすることは印象が良くありませんので、すぐに返信をするようにしましょう。 具体的にはどんな文章を送るのがよいのでしょうか。 まずはお褒めのメールをもらったことにお礼を言います。 とメールをくれた方の力添えに感謝するととても印象が良いです。 最後にこれからもご指導をお願いします。 と締めくくれば、これからの関係もスムーズに築いていけます。 異性から褒められた時 異性から褒められたとき、心の中ではとても喜んでいるのに上手く返すことができなかった。 なんてことみなさん経験があるのではないでしょうか。 異性に褒められることは嬉しいことですが、照れや恥じらいから謙遜する人が多いでしょう。 では、異性から褒められた時にどのような返し方をすると印象がよいのでしょうか。 謙遜しつつも嬉しいという気持ちを素直に表現する。 あなたに褒めてもらえて嬉しいという気持ちを表現するのがポイントです。 異性から褒められた時のおすすめの返し方 では異性に褒められた時の返し方は、どんな返し方がよいのか具体的な言い方をみていきます。 普段、異性から褒められる機会がないという人も多いのではないでしょうか。 いざ褒められたら、どうしていいか分からなくなります。 しかし褒めてくれたということは、少なからずあなたに好意があるということなのでお礼は必ず言いましょう。 」と笑顔を添えて言えると好印象間違いなしです。 褒められた時の返し方のポイント.

次の