公務員 ユーチュー バー。 公務員がyoutuberになって副業(広告収入)をしたら違法?

ユーチューバーの仕事内容・なり方・給料・資格など

公務員 ユーチュー バー

ユーチューバーとは一般的に、ユーチューブ(YouTube)にさまざまな動画をアップロードし、その広告収入によって生活している人のことをいいます。 ユーチューブの「パートナープログラム」に参加して動画を投稿すると、視聴数に応じた「広告費」が手元に入るしくみになっており、ユーチューバーはオリジナルの動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。 ユーチューバーになるために必要な資格等はありませんが、多くの人に見てもらえる動画を作るためには、日々面白いアイデアを考え続けるセンスと、動画編集のスキルが必要です。 月収は0円に近い人から、数万円、数百万円あるいはそれ以上という人までさまざまです。 高額な年収を得ているユーチューバーは一握りであり、ユーチューブに動画投稿をしているほとんどの人は、普通に生活できるだけの収入を得ることすら困難とされています。 市場が盛り上がる一方、ユーチューバー同士のさらなる競争の激化が予測されています。 勤務時間や休日が定められていない分、自由度はとても高いといえますが、自分自身でスケジュールを計画して実行していく姿勢が必要とされます。 10:00 起床 前日は朝方まで編集を行っていたので、ゆっくり起きます。 10:30 朝食 ネットやアプリを利用して最新ニュースをチェック。 11:00 動画撮影 自宅で新しい動画を2本撮ります。 14:00 昼食 休憩がてら近所の店まで食べに出かけます。 16:00 買い出し 次の動画撮影に利用する小物の買い出しへ。 19:00 夕食 コンビニで買ったおにぎりを食べます。 21:00 編集 撮影した動画の編集作業。 5分程度の動画を作るのに何時間もかかることはしばしばです。 27:00 就寝 寝る前にはスマホやゲームで遊ぶことも。

次の

YouTube(ユーチューブ)の「不動産投資」の動画を信じてもいいのか?公務員、会社員のあなたへ

公務員 ユーチュー バー

公務員の時に、副業の不動産投資だけで年収2000万円だった、行政書士で投資家の天野ひろしです。 「年収1億円」のユーチューバーに年収1億円になるためにどうしたらいいのかを教えてもらった 私は、アフィリエイトが得意なので、YouTubeでも同じように収入を得るように出来るのではないかと考え、密かにユーチューブを始めました。 顔出しをしているチャンネルもありますが、他に顔出し無しでユーチューブに動画をアップしています。 私はユーチューブで、収入を上げるには、YouTubeで年収1億円稼いでいる方にその方法を聞くのが早いと考え、年収1億円のYouTuberの方に、どうすれば「年収1億円」にできるのかを教わりました。 そこで分かったのは、テクニックとかもあまり必要なく、編集は編集ソフトさえあれば誰でもできてしまうので、結局、「 毎日動画を配信続ける」ことだけだというのが分かりました。 実際、私もYouTubeを始めてみたのですが、さすが、ユーチューブで1億円を稼いでいる方の言った通り、毎日動画を必ずアップし続けるだけで、増えたり減ったりしながらもアクセスが僅かづつですが増えていきます。 彼から言われたのは、毎日動画をアップして、再生回数が増えてくると、YouTubeの検索エンジンが上位に上げてくれるようになったり、リピーター、ファンが増えていくのでそれで、再生回数が増えていくと言われました。 ただ、登録者数はあまり気にしなくてもいいとのことでした。 でも、登録者数が多いほうが普通はいいように思います。 彼が言うには、登録者数は、利用者がスマホを変えて、登録しただけでも増えるので、数字的にあてにはならないと言ってました。 なので、一番大切なのは、ファンを増やし、リピーターを増やすことだということです。 ファンやリピーターが喜んで見てくれる動画を、とにかく毎日配信することが何より大切の様です。 結果は500動画をアップした時に現れてくるようです。 500動画アップを毎日ですから、それには1年どころか2年近く毎日アップする必要があるのですが、多くの年収1000万円を超えているユーチューバーはひたすら毎日アップしているようです。 始めは全くアクセスが無く、収入には全く繋がっていきませんが、ある日突然検索エンジンに評価され、アクセスが増えるといったところです。 これは、アフィリエイトで毎日私は数百人のアクセスのあるサイトを運営している私だと分かるのですが、文章でも、動画でも検索エンジンで上位になるためにどうしたらいいのかを考えればいいのです。 YouTubeでもアフィリエイトでも一緒ですが、アクセスしてくれた方が喜んでもらえるようにするにはどうしたらいいのかをひたすら考えるだけだと思います。 人気ユーチューバー、ヒカキンやラファエルや芸能人の中田の様に映像に出来なくても、音声だけでも、顔出し無しの人形劇でも年収1000万円は可能なのがユーチューバーです 私が教えてもらった、年収1億円のユーチューバーが言っていたのは、テレビなどだと、たけしさんやさんまさんの様な大御所の人気の順位や、年収は固定してしまっていて、素人が入ってもとても稼げるようになる要素はものすごく低いのです。 しかし、YouTubeでは、素人でも、小学生や、中学生でも年収1000万円稼げるようになるとても、「 平等な世界」だということです。 普通の会社員でも、顔出し無しでも年収1億円を狙えるわけですからとても夢があります。 その際に必要なのは、いろんな事に興味を持ち、何でも挑戦するという気持ちです。 それさえあれば、YouTubeで年収1億円も夢ではないでしょう。 本当にやってみれば分かりますが、簡単です。 何も難しいことはありません。 成功するまでやり続けるかどうかだけです。

次の

公務員や会社員が副業でYouTubeで稼いでもばれない裏技!

公務員 ユーチュー バー

特別な資格等は必要なし になるのに、必要な資格や学歴はありません。 パソコンやカメラを使って動画を撮影し、ユーチューブに動画をアップロードすることさえできれば、誰でもユーチューバーになることは可能です。 また、収益を上げるためには基本的にユーチューブの「パートナープログラム」に参加する必要がありますが、日本国内に住んでおり、動画削除などのペナルティを受けていなければ、その申請は簡単に行えます。 これだけ聞くと、ものすごく簡単で魅力的な仕事だと思うかもしれませんが、「自称ユーチューバー」にはなれても、ユーチューバーとして生計を立てていくのはものすごく大変なことです。 実際、ユーチューバーとして生きていけるだけの稼ぎを得られているのは、動画を次々とアップしている人のなかでもほんの一握りの人だけといわれています。 成功できる人はほんの一握り ユーチューブ上にアップした動画による収益は、「1再生あたり0. 1円」程度といわれています。 しかし、世界中では毎日膨大な数の動画がアップされており、そのなかで合計1000再生もいかない動画がほとんどを占めているといわれます。 そうなれば、とても生活できるだけの収入にはならず、現実的にはアルバイトや他の仕事をしながら、副業として動画をアップしている人が多くなっています。 ユーチューバーはこれからますます増えることが予想されていますが、そうなると、これまで以上に成功する人としない人の二極化が激しくなるという意見も出ています。 成功するユーチューバーになるためには、どうすれば面白い動画を作れるのか、多くの人を集められるのか。 そうした日々の研究と工夫が欠かせません。 人を集められる動画を作るために 先に書いたように、動画を撮影してアップするだけであれば、ほとんど難しいスキルは必要ありません。 日ごろからパソコンやスマートフォンによく触れている人であれば、難なくできるはずです。 しかし、「多くの人に見てもらう」ための動画をアップするためには、それなりの工夫をする必要があります。 そのひとつとして、動画編集のスキルは身につけておくべきでしょう。 ただ撮っただけの映像にテロップや効果音を入れたり、余計な部分はカットしたりすることで、より見やすく、メリハリのある映像にすることができます。 動画編集は、専用の編集ソフトを使うことで行えます。 無料のものから有料のものまでさまざま出ており、手軽に使えるものもありますが、より高度な技術を駆使して凝った動画を作ることもできます。 動画撮影をスタートすると、こうした勉強をする必要があると実感する時がくるはずです。 無名のユーチューバーの場合、ただ思ったまま動画を撮影してアップすれば勝手に流行るというのは難しいため、いかに再生回数を増やす工夫ができるかが、成功するためには重要なポイントとなります。

次の