ミステリ と 言う なかれ。 ミステリと言う勿れ(なかれ)3話ネタバレ!京都には来るな?ひろこ宛の手紙を読み解いた結末

「ミステリと言う勿れ」整の名言がしびれる!

ミステリ と 言う なかれ

Sponsored Link ミステリというなかれあらすじは? 休日にカレー日和ということで カレーを作っていた大学生 久能 整 くのう ととのう の元に近くの公園で 高校の時の同級生が殺され、 何故か重要参考人として任意同行 容疑者として取り調べられる 次々と尋問する刑事さんの 核心を言い当て、 段々お悩み相談室のように… しかし、刑事さんたちは もうほぼクロだろ というような執拗な取り調べ 身に覚えのない証拠品 そして事件は時間を追うごとに だんだんと核心へと近づいて… 初めの方はそう言う話です。 ミステリーマンガですけど、 ちょっと変わってます。 ミステリーマンガというと 『名探偵コナン』 『金田一少年の事件簿』 等が浮かびますが、 大体は 驚きのトリックや 密室からアリバイ工作 なんかがありますが、 ミステリと言うなかれは そういうのほとんどなし タネを聞けば、 あ、なんだそんな事かー みたいな ごくごくフツーのことです。 いうなれば スッキリしたミステリー? シンプルでスマート といういい意味でのスッキリさ。 時々雑学的話もあり、 犯人は誰かとか 一体どんなトリックがより もっと人間の内面をのぞき込むような 考えさせられる小話が多いです 名言もおおいです。 Sponsored Link 実写化orアニメ化? 今のところそんな話は 出てはいないんですが、 いや、出てるかもしれないけれど 発表はされてないだけの可能性も… ただ イケそうじゃない? ということで 割と望む声は多いみたいです。 もともとがマンガなので アニメは勿論なのですが、 キャストや脚本によっては 実写化もいいんじゃないかな… とは思います。 そう思わせる威力のあるマンガって 最近あんまりないです。 というより実写化と聞くと どっちかというとガッカリする のですが、 ミステリと言うなかれが 実写化するというなら 見てみたいです。 刑事ドラマ的な側面もある というのも ドラマ化しそうだなと思います。 別に刑事が主人公じゃないので、 厳密には 刑事ドラマではないのかもですが。

次の

漫画『ミステリと言う勿れ』ネタバレあり感想・考察。哲学的な持論を繰り広げる名探偵・整くん!

ミステリ と 言う なかれ

整の過去(1)父親に複雑な思いが? 突然、同級生の殺人容疑を着せられた整は、取り調べ担当の薮が、家族より仕事を優先していた点に触れ、生涯で息子の名を何度よんだか訊ねました。 それらの発言を 子供の立場で話していると告げた整。 見ていた青砥は 整が父親への恨みを話しているようだったと、ラストで呟いていました。 1巻エピソード1 後日、子供のキラキラネームについて相談する池本に、整は去年の年末帰省したときの話をしました。 「珍しく」父親がいて、「珍しく」いろいろ話したと前置きしています。 その後、 子供が父親に愛されたくてグレるのはドラマの中だけで、実際はただただ無関心になっていくと冷めた目で伝えました。 1巻エピソード2【前編】 バスジャック事件のあと、犬堂ガロから無意識に人を真似るクセがあることを指摘された整。 2巻エピソード2【後編】 広島行きの新幹線で出会った母子と別れる際、育ての母に手紙の暗号の真の意味を伝えた整。 女性はお茶を濁して、すべて忘れるよう整に告げました。 整は忘れないと返しますが、そこで自分にも よくしてくれた育ての親がいると話します。 2巻エピソード3 狩集家の遺産相続で出会ったネオに整は、運動能力は母親から遺伝すると話しました。 一方、父親からは何を遺伝するのかと問う汐路には、よくわからないと答えました。 3巻エピソード4-4 考察 この人物によって現在の整が生まれたといっても過言ではない、重要な出会いです。 家に帰りたくない理由はわかりませんが、少なくとも当時の整の心を癒した出来事だと感じました。 話し方がカウンセラーっぽい点から、個人的には鳴子巽か、その関係者ではないかと予想しています。 ミステリと言う勿れ|整の過去を考察!あとがき 以上が、 『ミステリと言う勿れ』の主人公・久能整の過去についての考察です。 整が子供の心理に詳しく、虐待に関心を寄せていたのは、小学校の教師を目指しているからでした。 そこには過去の家族関係や、学校生活が影響しているのかもしれません。 子育ての名言が多いのも、求めたカタチで親から愛されなかった悲しみを経験しているからでしょう。 また整がやたらと 言葉のニュアンスに敏感なのは、過去に出会った人物の助言がきっかけなのですね。 今後、整の過去が詳しく明かされることはなく、匂わせて終わりかもしれません。

次の

「ミステリと言う勿れ」整の名言がしびれる!

ミステリ と 言う なかれ

Sponsored Link ミステリというなかれあらすじは? 休日にカレー日和ということで カレーを作っていた大学生 久能 整 くのう ととのう の元に近くの公園で 高校の時の同級生が殺され、 何故か重要参考人として任意同行 容疑者として取り調べられる 次々と尋問する刑事さんの 核心を言い当て、 段々お悩み相談室のように… しかし、刑事さんたちは もうほぼクロだろ というような執拗な取り調べ 身に覚えのない証拠品 そして事件は時間を追うごとに だんだんと核心へと近づいて… 初めの方はそう言う話です。 ミステリーマンガですけど、 ちょっと変わってます。 ミステリーマンガというと 『名探偵コナン』 『金田一少年の事件簿』 等が浮かびますが、 大体は 驚きのトリックや 密室からアリバイ工作 なんかがありますが、 ミステリと言うなかれは そういうのほとんどなし タネを聞けば、 あ、なんだそんな事かー みたいな ごくごくフツーのことです。 いうなれば スッキリしたミステリー? シンプルでスマート といういい意味でのスッキリさ。 時々雑学的話もあり、 犯人は誰かとか 一体どんなトリックがより もっと人間の内面をのぞき込むような 考えさせられる小話が多いです 名言もおおいです。 Sponsored Link 実写化orアニメ化? 今のところそんな話は 出てはいないんですが、 いや、出てるかもしれないけれど 発表はされてないだけの可能性も… ただ イケそうじゃない? ということで 割と望む声は多いみたいです。 もともとがマンガなので アニメは勿論なのですが、 キャストや脚本によっては 実写化もいいんじゃないかな… とは思います。 そう思わせる威力のあるマンガって 最近あんまりないです。 というより実写化と聞くと どっちかというとガッカリする のですが、 ミステリと言うなかれが 実写化するというなら 見てみたいです。 刑事ドラマ的な側面もある というのも ドラマ化しそうだなと思います。 別に刑事が主人公じゃないので、 厳密には 刑事ドラマではないのかもですが。

次の