めっちゃwifi 遅い。 限界突破WiFi と めっちゃWiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

パソコンのWi

めっちゃwifi 遅い

めっちゃWiFiについて めっちゃWiFiは2019年10月よりサービスを開始した無制限のポケットWiFiです。 どんなときもWiFiと同じで、 SoftBank・docomo・auの3キャリアの回線が使えます。 クラウドSIMを採用しているため、 自動で最適な回線へ切り替えてくれます。 なお、海外での利用も可能となっており、 海外でも電源をONにするだけで自動でSIMが切り替わります。 めっちゃWiFiの料金については以下の通りです。 月額料金 3,480円 契約期間 2年間 初期費用 3,000円(契約事務手数料として) 他社と比較してわかると思いますが、安く無制限のWiFiを使うなら「めっちゃWiFi」がおすすめです。 めっちゃWiFiをおすすめする5つの理由 何故めっちゃWiFiをおすすめするか、それには理由があります。 無制限にネットが使える• 月額料金が安い• 解約違約金が安い• 端末損害金が安い• 海外利用が安い それぞれ一つずつ見ていきましょう。 おすすめ理由1.無制限にネットが使える めっちゃWiFiはどんなときもWiFi同様に無制限にWiFiが使えます。 今まではギガが足りずにギガ難民となっていた人でも、 めっちゃWiFiはどれだけ使っても大丈夫です。 例えば、1日中動画を視聴しても速度制限になることはありません。 もちろん、2日、3日と見続けても速度制限になりません。 今までのポケットWiFiやWiMAXでしたら、3日で10GBや1ヶ月20GB、30GB、50GBといった速度制限がありましたが、 めっちゃWiFiは一切ありません。 好きなだけ 使い放題のWi-Fiと思っていただいて大丈夫です。 WiMAX使ってる人でも3日で10GBの速度制限が厳しいという人もいますので、 動画視聴を頻繁にする人はめっちゃWiFiがおすすめです。 TIKTOKやインスタライブを見てたら速度制限がという人も、めっちゃWiFiは無制限WiFiなので好きなだけ視聴できます。 おすすめ理由2.月額料金が安い めっちゃWiFiの月額料金はずっと3,480円です。 最初の1,2ヶ月だけ料金が安い業者が多い中でめっちゃWiFiはずっと3,480円で利用できます。 有名なポケットWiFiのプロバイダと比較してみると 月額料金 めっちゃWiFi 3,480円 UQ WiMAX 4,380円 ワイモバイル 3,696円 3社で比較しましたが、めっちゃWiFiの月額3,480円がどれだけ安いかわかりましたでしょうか。 他にも、スマホ(ソフトバンク)の50GBプランを契約した場合、月額6,500円かかります。 スマホの通信量を安いのに設定して、 ポケットWiFiを使用するというのも有りです。 通信料は毎月かかりますので、出来る限り安く抑えたいですね。 そう考えると毎月安く使えるめっちゃWiFiはかなり魅力的です。 おすすめ理由3.解約違約金が安い 解約違約金というのは、一般的にいう契約解除料です。 めっちゃWiFiの契約期間は2年間となっていますが、2年以内に解約した場合、 契約解除料として9,800円支払わないといけません。 契約解除料9,800円ですが、ポケットWiFiの業界の中ではかなり安いです。 しかも 25ヶ月目以降は0円です。 どんなときもWiFiと比較してみると、 契約解除料 めっちゃWiFi 9,800円 3年目以降 0円 どんなときもWiFi 1年以内 19,000円 1~2年以内 14,000円 更新月 0円 26ヶ月目以降 9,500円 上記の通り、 どんなときもWiFiは更新月以外に解約すると契約解除料が請求されます。 しかも1年以内に解約したらめっちゃWiFiよりも約9000円高い19,000円の違約金が請求されますので気をつけてください。 いつ解約するかわからない、もしかしたら1年以内に解約するかもという人にも「めっちゃWiFi」はおすすめです。 契約解除料が安いのは契約する理由にもなりますね。 契約解除料は2年以内の解約で9,800円、25ヶ月目以降は0円とポケットWiFi業界の中では格安です。 おすすめ理由4.端末損害金が安い めっちゃWiFiのU2sはレンタル端末です。 契約終了後は返却しないといけません。 返却時に端末が故障してたりした場合は、機器損害金(弁済金)が請求されます。 めっちゃWiFiは故障してた場合、 機器損害金として5,000円を支払わなければいけません。 正直驚きますよね、めちゃくちゃ安いです。 モバイルルーター1台壊してしまっても、5,000円で良いと言ってるわけです。 他社と比較してみますが、 機器損害金(弁済金) めっちゃWiFi 5,000円 どんなときもWiFi 18,000円 よくばりWiFi 18,000円 見ての通り、他社は18,000円の損害金を取っている中で、めっちゃWiFiは5,000円です。 めっちゃ安いですよね!? モバイルルーターは使用していれば、• 落して故障した• 水没して電源入らなくなった という事も十分ありえますね。 他社は18,000円請求している中で5,000円というのは神対応です。 機器の弁済金がここまで安いのにはビックリですね。 むしろ他の業者が取り過ぎているという考え方もできますね。 おすすめ理由5.海外利用が安い 実はめっちゃWiFiは、海外でもWiFiが使えて、しかも 料金が安く使えます。 利用する国によって金額が違います。 対応エリア 一日あたりの料金 中国、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラデシュ 850円 上記以外の国 1,250円 めっちゃWiFiが使用可能の国及び詳細の料金については「」をご覧ください。 1日850円で利用できるのであれば、 海外用のレンタルWiFi(イモトのWiFi等)を借りずに、めっちゃWiFiを使い続けたほうがお得ですね。 同じサービスを展開している、どんなときもWiFiと比較しても海外利用時の料金は安いです。 注意点としては、 海外利用時の高速通信は1日1GB迄、 日本時間の午前9時~8時59分迄を1日としています。 1GB使わなかったからと言って、翌日に残りの通信量を持ち越すことはできません。 残念ながら他にめっちゃWiFiの口コミがありませんでした。 今後、情報が入り次第追加していきます。 めっちゃWiFiのガチレビュー 2019年10月9日に申込をしました。 申し込み完了時の自動返信メールは来なかったため、申込できているか不安になりましたが、10月11日に配送手配完了のメールが届きました。 家に届いたのは10月11日の午後佐川急便で届きました。 写真の通り、中に入ってた物は、• モバイルルーター(U2s)• 商品送付のご案内の書類• Smart Mobile Phone利用規約• ご契約前の重要事項説明• スマモバのカタログ 端末及び書類が入っており、ポケットWiFiの契約の中では一番書類が多かったです。 めっちゃWiFiは電源を入れただけで直ぐに使えました。 WiFiへの接続方法ですが、端末の裏側に、接続IDとパスワードが記載されています。 実際に速度を計測してみました。 めっちゃWiFiはどんなときもWiFiと同じで無制限に使う事も出来ます。 どんなときもWiFiよりも契約解除料がやすかったりとお得な点が多いので、安く使いたいという人にはめっちゃWiFiがおすすめです。 めっちゃWiFiのデメリット デメリット1.本人確認書類の提出が必須 めっちゃWiFiでは、本人確認書類の提出が必要です。 本人確認書類は下記のいずれかの写真を申込フォームで提出する必要があります。 運転免許証• 日本国パスポート• 健康保険証+住所確認書類• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者健康福祉手帳• 在留カード(旧外国人登録証明書)+外国パスポート• 在留カード(永住者)• 特別永住者証明書• 住民基本台帳カード+住所確認書類 どれか一つを提出すればいいのですが、写真とってアップロードするのが意外と手間だったりしますよね。 スマモバ(めっちゃWiFiの運営元)は通信では有名な企業なので心配はないと思いますが、 個人情報を渡すというのも怖いですね。 本人確認書類は申し込みの時必要ですので、めっちゃWiFiを契約する場合は、本人確認書類を準備しておいてください。 本人確認書類の提出ができない場合は、めっちゃWiFiはおすすめしません。 書類提出の必要のない「どんなときもWiFi」とかの方が良いです。 デメリット2.問い合わせフォーム・問い合わせ電話がない!? 実は、めっちゃWiFiの公式サイトに問い合わせフォームは存在しません。 電話番号も大きく記載はされておらず「めっちゃWiFi重要事項説明書」にコッソリ記載されていました。 カスタマーサポート:0570-022-577(受付時間10時~18時) 急ぎで質問がある人は、営業時間内にカスタマーサポートに問い合わせの電話を入れることをおすすめします。 出来る事なら、お問合わせフォーム等も作ってほしいですよね。 日中は仕事で電話できないという人多いと思います。 クレジットカード払いにしか対応していないポケットWiFiのプロバイダが多いです。 クレカでの支払いができるなら基本的にクレカで支払った方がお得です。 口座振替の場合は、口座振替手数料等が取られたりしますので、クレカ払いよりも多く支払う事になりやすいです。 めっちゃWiFiよりも安く使えるのが「Mugen WiFi」 めっちゃWiFiは契約解除料が安かったり、月額料金が安いと言われていますが、実は「Mugen WiFi」の方が安く利用することができます。 まず、料金を比較してみますが、 月額料金 契約解除料 Mugen WiFi 3,280円 1年未満の解約の場合:9,500円 1~2年未満の解約の場合:5,000円 3年目以降:0円 めっちゃWiFi 3,480円 9,800円 3年目以降 0円 上記の通り、「月額料金」も途中解約時の「契約解除料」も 「Mugen WiFi」の方が安いです。 しかもMugen WiFiは30日間全額返金保証もありますので、契約して速度がいまいちだったという事があっても、返金が可能です。 めっちゃWiFiは無制限WiFiの中では安く使えますが、それよりもMugen WiFiの方がさらにお得です。 無制限に使えるWiFiを検討している人には「Mugen WiFi」が一番おすすめです。 めっちゃWiFiのまとめ めっちゃWiFiは月額料金3,480円でネットが無制限につかえるという事で注目が集まっていますが、 先ほど紹介した「Mugen Wifi」の方が月額料金も3,280円と200円も安く使う事ができます。 サービスの内容もめっちゃWiFiと同じ無制限にネットが使えますので、料金が安いMugen WiFiを選んだ方がいいです。 無制限WiFiは2019年10月頃から一気に増えてきましたが、サービス内容はほぼかわりませんので、出来る限り料金が安いポケットWiFiを選ぶようにしてくださいね!•

次の

Wi

めっちゃwifi 遅い

この記事でわかること• 話題の「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• めっちゃWiFi(公式): 読みたいところだけどうぞ• 事務手数料が無料になる限界突破WiFiの方が初期費用は安い ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。 めっちゃWiFiも例に漏れず事務手数料は3,000円です。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が0円(無料)になります。 どちらも初月の月額料金は日割りになるため、結果として初期費用は限界突破WiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用も限界突破WiFiの方が少しだけ安い 月額料金はめっちゃWiFiの方が20円だけ安いです。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が無料になるため、2年間の合計費用で比べた場合、限界突破WiFiの方が少しだけ安くなります。 2年間の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 84,000円 86,520円 「限界突破WiFiの方が安いんだ!」と喜ぶのはまだ早いです。 めっちゃWiFiは端末補償がない 限界突破WiFiは月額500円で端末補償に入れますが、めっちゃWiFiはそもそも端末補償がありません。 よく持ち歩く方、ついつい落としがちな方は万が一に備えて端末補償に加入することをおすすめするのですが、そもそもめっちゃWiFiには端末補償がないのです。 めっちゃWiFiは弁済金が安い ところが、実は めっちゃWiFiは端末を壊した場合の弁済金がわずか5,000円という非常に良心的な料金設定になっているのです。 故障、水没、盗難、紛失など、兎にも角にもルーターをダメにしてしまった場合、5,000円払えばOKなのは非常に安いと言えるでしょう。 これなら端末補償がなくても安心と言えます。 限界突破WiFiは月額500円だが故障と水没のみ 端末補償がある限界突破WiFiですが、月額500円払っても補償対象となるのは故障と水没のみです。 盗難や紛失の場合は18,000円の弁済金が必要になります。 めっちゃWiFiの弁済金は5,000円なので、限界突破WiFiの端末補償10ヶ月分と同額。 端末補償の観点から考えれば、めっちゃWiFiの方がオトクになることがわかるでしょう。 2年使って端末を壊してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 96,000円 (端末補償代込) 91,520円 (弁済金込) 2年使って端末を紛失してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 114,000円 (端末補償代+弁済金込) 91,520円 (弁済金込)• スマホと両手持ちになる• アプリやバッテリー機能を使えば使った分だけルーターの充電がなくなる おそらく多くの方が、スマホをよく手に持っているでしょう。 もしくは、すぐに取り出せるような場所(ポケットやカバンの上部)にしまってあると思います。 であれば、わざわざルーターでGoogleMap使ったり、翻訳アプリを使うメリットはほぼありません。 なぜならそのままスマホで行った方が手慣れている上に、最悪両手持ちになってしまうからです。 そんな不便な話はありません。 また、アプリはともかくモバイルバッテリー機能は一見すると便利に見えますが、そんなことはありません。 結果としてルーターの充電がなくなってしまっては元も子もないからです。 別途モバイルバッテリーを持った方が間違いないでしょう。 そもそも端末としての品質評価が低く、速度遅延やネットの切断も多い そして何よりも、この「 jetfon P6」という機種は非常に評価が悪いです。 より引用 見てわかる通り、ルーターとしての評価は最悪と言ってよいでしょう。 実際に使って確認していますが、速度があまり速くないのはともかく、 ネットの切断が非常に多かったです。 確かにというシステム上、多少の通信切断は起きます。 が、限界突破WiFiはあからさまにその頻度が多く、非常に気になるレベルだったのです。 こうなってくると 原因はルーター端末そのものにあるのではないか?と思ってもしょうがないと言えるでしょう。 めっちゃWiFiも時折ネットが切断されることはありましたが、限界突破WiFiほどではありませんでした。 正直言うと、この差はかなり大きいと考えています。 めっちゃWiFiで使われている「U2S」というルーターは、多くのクラウドWi-Fiで使用されている非常にベターな端末です。 モバイルWi-Fiとしての機能しかありませんが、それで十分だと個人的には思っています。 どちらのルーターも実効速度は10~40Mbps程度。 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使うので、劇的に速度が変わるということはありませんでした。 限界突破WiFiに比べて、めっちゃWiFiは非常に良心的な設定となっています。 2年以内の違約金が10,000円ほど差がある 更新月以外の違約金 限界突破WiFi めっちゃWiFi 1年目 18,000円 9,800円 2年目 18,000円 9,800円 3年目~ 5,000円 無料 ご覧のとおり、 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円も取られますが、めっちゃWiFiは9,800円だけで済みます。 1年目の18,000円はまだしも、2年目も18,000円もするのは他と比べても高い部類ですね。 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても無料 また、 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても違約金が取られません。 どちらとも更新月で解約すれば違約金は0円ですが、必ず更新月のタイミングで解約できるわけではありません。 長く使うことを考えるのあれば、解約するときのことまで考えて契約をするべきでしょう。 総合評価:めっちゃWiFiの勝利 総合評価としては、めっちゃWiFiの方が優れていることがわかりました。 逆を言えば「地図アプリが欲しい」「モバイルバッテリー機能が欲しい」人だけが、限界突破WiFiを選ぶべきと言えるでしょう。

次の

【2020年版】めっちゃWiFiを選ぶポイント!料金・速度・評判をすべて解説!

めっちゃwifi 遅い

めっちゃWiFiについて めっちゃWiFiは2019年10月よりサービスを開始した無制限のポケットWiFiです。 どんなときもWiFiと同じで、 SoftBank・docomo・auの3キャリアの回線が使えます。 クラウドSIMを採用しているため、 自動で最適な回線へ切り替えてくれます。 なお、海外での利用も可能となっており、 海外でも電源をONにするだけで自動でSIMが切り替わります。 めっちゃWiFiの料金については以下の通りです。 月額料金 3,480円 契約期間 2年間 初期費用 3,000円(契約事務手数料として) 他社と比較してわかると思いますが、安く無制限のWiFiを使うなら「めっちゃWiFi」がおすすめです。 めっちゃWiFiをおすすめする5つの理由 何故めっちゃWiFiをおすすめするか、それには理由があります。 無制限にネットが使える• 月額料金が安い• 解約違約金が安い• 端末損害金が安い• 海外利用が安い それぞれ一つずつ見ていきましょう。 おすすめ理由1.無制限にネットが使える めっちゃWiFiはどんなときもWiFi同様に無制限にWiFiが使えます。 今まではギガが足りずにギガ難民となっていた人でも、 めっちゃWiFiはどれだけ使っても大丈夫です。 例えば、1日中動画を視聴しても速度制限になることはありません。 もちろん、2日、3日と見続けても速度制限になりません。 今までのポケットWiFiやWiMAXでしたら、3日で10GBや1ヶ月20GB、30GB、50GBといった速度制限がありましたが、 めっちゃWiFiは一切ありません。 好きなだけ 使い放題のWi-Fiと思っていただいて大丈夫です。 WiMAX使ってる人でも3日で10GBの速度制限が厳しいという人もいますので、 動画視聴を頻繁にする人はめっちゃWiFiがおすすめです。 TIKTOKやインスタライブを見てたら速度制限がという人も、めっちゃWiFiは無制限WiFiなので好きなだけ視聴できます。 おすすめ理由2.月額料金が安い めっちゃWiFiの月額料金はずっと3,480円です。 最初の1,2ヶ月だけ料金が安い業者が多い中でめっちゃWiFiはずっと3,480円で利用できます。 有名なポケットWiFiのプロバイダと比較してみると 月額料金 めっちゃWiFi 3,480円 UQ WiMAX 4,380円 ワイモバイル 3,696円 3社で比較しましたが、めっちゃWiFiの月額3,480円がどれだけ安いかわかりましたでしょうか。 他にも、スマホ(ソフトバンク)の50GBプランを契約した場合、月額6,500円かかります。 スマホの通信量を安いのに設定して、 ポケットWiFiを使用するというのも有りです。 通信料は毎月かかりますので、出来る限り安く抑えたいですね。 そう考えると毎月安く使えるめっちゃWiFiはかなり魅力的です。 おすすめ理由3.解約違約金が安い 解約違約金というのは、一般的にいう契約解除料です。 めっちゃWiFiの契約期間は2年間となっていますが、2年以内に解約した場合、 契約解除料として9,800円支払わないといけません。 契約解除料9,800円ですが、ポケットWiFiの業界の中ではかなり安いです。 しかも 25ヶ月目以降は0円です。 どんなときもWiFiと比較してみると、 契約解除料 めっちゃWiFi 9,800円 3年目以降 0円 どんなときもWiFi 1年以内 19,000円 1~2年以内 14,000円 更新月 0円 26ヶ月目以降 9,500円 上記の通り、 どんなときもWiFiは更新月以外に解約すると契約解除料が請求されます。 しかも1年以内に解約したらめっちゃWiFiよりも約9000円高い19,000円の違約金が請求されますので気をつけてください。 いつ解約するかわからない、もしかしたら1年以内に解約するかもという人にも「めっちゃWiFi」はおすすめです。 契約解除料が安いのは契約する理由にもなりますね。 契約解除料は2年以内の解約で9,800円、25ヶ月目以降は0円とポケットWiFi業界の中では格安です。 おすすめ理由4.端末損害金が安い めっちゃWiFiのU2sはレンタル端末です。 契約終了後は返却しないといけません。 返却時に端末が故障してたりした場合は、機器損害金(弁済金)が請求されます。 めっちゃWiFiは故障してた場合、 機器損害金として5,000円を支払わなければいけません。 正直驚きますよね、めちゃくちゃ安いです。 モバイルルーター1台壊してしまっても、5,000円で良いと言ってるわけです。 他社と比較してみますが、 機器損害金(弁済金) めっちゃWiFi 5,000円 どんなときもWiFi 18,000円 よくばりWiFi 18,000円 見ての通り、他社は18,000円の損害金を取っている中で、めっちゃWiFiは5,000円です。 めっちゃ安いですよね!? モバイルルーターは使用していれば、• 落して故障した• 水没して電源入らなくなった という事も十分ありえますね。 他社は18,000円請求している中で5,000円というのは神対応です。 機器の弁済金がここまで安いのにはビックリですね。 むしろ他の業者が取り過ぎているという考え方もできますね。 おすすめ理由5.海外利用が安い 実はめっちゃWiFiは、海外でもWiFiが使えて、しかも 料金が安く使えます。 利用する国によって金額が違います。 対応エリア 一日あたりの料金 中国、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラデシュ 850円 上記以外の国 1,250円 めっちゃWiFiが使用可能の国及び詳細の料金については「」をご覧ください。 1日850円で利用できるのであれば、 海外用のレンタルWiFi(イモトのWiFi等)を借りずに、めっちゃWiFiを使い続けたほうがお得ですね。 同じサービスを展開している、どんなときもWiFiと比較しても海外利用時の料金は安いです。 注意点としては、 海外利用時の高速通信は1日1GB迄、 日本時間の午前9時~8時59分迄を1日としています。 1GB使わなかったからと言って、翌日に残りの通信量を持ち越すことはできません。 残念ながら他にめっちゃWiFiの口コミがありませんでした。 今後、情報が入り次第追加していきます。 めっちゃWiFiのガチレビュー 2019年10月9日に申込をしました。 申し込み完了時の自動返信メールは来なかったため、申込できているか不安になりましたが、10月11日に配送手配完了のメールが届きました。 家に届いたのは10月11日の午後佐川急便で届きました。 写真の通り、中に入ってた物は、• モバイルルーター(U2s)• 商品送付のご案内の書類• Smart Mobile Phone利用規約• ご契約前の重要事項説明• スマモバのカタログ 端末及び書類が入っており、ポケットWiFiの契約の中では一番書類が多かったです。 めっちゃWiFiは電源を入れただけで直ぐに使えました。 WiFiへの接続方法ですが、端末の裏側に、接続IDとパスワードが記載されています。 実際に速度を計測してみました。 めっちゃWiFiはどんなときもWiFiと同じで無制限に使う事も出来ます。 どんなときもWiFiよりも契約解除料がやすかったりとお得な点が多いので、安く使いたいという人にはめっちゃWiFiがおすすめです。 めっちゃWiFiのデメリット デメリット1.本人確認書類の提出が必須 めっちゃWiFiでは、本人確認書類の提出が必要です。 本人確認書類は下記のいずれかの写真を申込フォームで提出する必要があります。 運転免許証• 日本国パスポート• 健康保険証+住所確認書類• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者健康福祉手帳• 在留カード(旧外国人登録証明書)+外国パスポート• 在留カード(永住者)• 特別永住者証明書• 住民基本台帳カード+住所確認書類 どれか一つを提出すればいいのですが、写真とってアップロードするのが意外と手間だったりしますよね。 スマモバ(めっちゃWiFiの運営元)は通信では有名な企業なので心配はないと思いますが、 個人情報を渡すというのも怖いですね。 本人確認書類は申し込みの時必要ですので、めっちゃWiFiを契約する場合は、本人確認書類を準備しておいてください。 本人確認書類の提出ができない場合は、めっちゃWiFiはおすすめしません。 書類提出の必要のない「どんなときもWiFi」とかの方が良いです。 デメリット2.問い合わせフォーム・問い合わせ電話がない!? 実は、めっちゃWiFiの公式サイトに問い合わせフォームは存在しません。 電話番号も大きく記載はされておらず「めっちゃWiFi重要事項説明書」にコッソリ記載されていました。 カスタマーサポート:0570-022-577(受付時間10時~18時) 急ぎで質問がある人は、営業時間内にカスタマーサポートに問い合わせの電話を入れることをおすすめします。 出来る事なら、お問合わせフォーム等も作ってほしいですよね。 日中は仕事で電話できないという人多いと思います。 クレジットカード払いにしか対応していないポケットWiFiのプロバイダが多いです。 クレカでの支払いができるなら基本的にクレカで支払った方がお得です。 口座振替の場合は、口座振替手数料等が取られたりしますので、クレカ払いよりも多く支払う事になりやすいです。 めっちゃWiFiよりも安く使えるのが「Mugen WiFi」 めっちゃWiFiは契約解除料が安かったり、月額料金が安いと言われていますが、実は「Mugen WiFi」の方が安く利用することができます。 まず、料金を比較してみますが、 月額料金 契約解除料 Mugen WiFi 3,280円 1年未満の解約の場合:9,500円 1~2年未満の解約の場合:5,000円 3年目以降:0円 めっちゃWiFi 3,480円 9,800円 3年目以降 0円 上記の通り、「月額料金」も途中解約時の「契約解除料」も 「Mugen WiFi」の方が安いです。 しかもMugen WiFiは30日間全額返金保証もありますので、契約して速度がいまいちだったという事があっても、返金が可能です。 めっちゃWiFiは無制限WiFiの中では安く使えますが、それよりもMugen WiFiの方がさらにお得です。 無制限に使えるWiFiを検討している人には「Mugen WiFi」が一番おすすめです。 めっちゃWiFiのまとめ めっちゃWiFiは月額料金3,480円でネットが無制限につかえるという事で注目が集まっていますが、 先ほど紹介した「Mugen Wifi」の方が月額料金も3,280円と200円も安く使う事ができます。 サービスの内容もめっちゃWiFiと同じ無制限にネットが使えますので、料金が安いMugen WiFiを選んだ方がいいです。 無制限WiFiは2019年10月頃から一気に増えてきましたが、サービス内容はほぼかわりませんので、出来る限り料金が安いポケットWiFiを選ぶようにしてくださいね!•

次の