フレッチャー 艦 これ。 フレッチャー級

合同艦隊旗艦、改装「Fletcher」、抜錨!・任務攻略編成・艦これ二期

フレッチャー 艦 これ

最も成功し、量産された、そのが私、 s です。 とは、『~』に登場する、時のに所属した〈 ,DD-〉をにした()である。 担当は、担当は民裕希。 お疲れさまです。 Fletcher級駆逐艦ネームシップ、Fletcher、着任しました。 末から行われた、9『』のE-4としてされた。 艦ということで、ように「出る人はあっさり出るが、出ない大変なことになる」。 しかもの場合はがSと最高だったためか極端に率が低く、さらにE-4は当然のようにだったために物資の消耗も落にならず、さらにはが強でSもままならない状態だったため(甲ではAでもしたが、丁ではSのみだった)、通りの様相を呈していた。 また、のも率が決して高くはかったため こちらも中が悪なだった 、そちらで精根尽き果てたは次回以降のに望みを繋ぎ、泣く泣く今回はを諦めてE-5へ進んだとも。 晩『』で前段である域のでが確認。 初登場とはうって変わって第一でので格段に周回が容易であり 編成艦にもよるが輸送でもSが充分出来る 、処で出会えたも少なくない。 としては先だってされたスに続く2人のとなる。 大方の予想では、次にされるは、タフィ3でのスのでにも出てくるホーだと思われていたところで、まさかのであった。 のにより、の未艦は残り隻になった。 そんなの容姿はというと、での豊かさはス同様のン。 装はスと同様のい変形(ただし、スでは(濃い色)だったセーの襟や袖、やはになっているので、受ける印は異なる。 またの色もは(色?)になっている)、頭にはを付けている(このは、スの飾り同様に艦を模している。 スのと形が違うのは、前期と後期の艦形状の違いより)。 になると頭にはさらに付きののを付けるが、これはの受けた従軍章()を模したものと言われている(後述の通り、は生涯で27個のを受章している)。 ちなみに両手に網を持っているのは、(的には、の最初で最後の大となったあの)で、撃沈されたザンプの乗組員の救助で、機転を利かせての浮きの付いた貨物用の網を投入し、多くの命を救った、というが元。 であって、決して漁に備えているわけではない、はず。 出撃しても漂流者が出れば即時救助を行い、が叫ぼうが朗らかに接するなど包容も抜群で 「は私のになってくれるだ!」・・・と宣言するも後を絶たないとか。 後述するでの私のの良さも相まって『』とも引けを取らない強なである 史実て日英の艦とも引けを取らない戦歴だから相応しいとも ちなみに時の港では、ジェンス(〈 ns,DD-7〉)に言及しているが、にするとここがスになる。 時にしか聞けない重なである。 性的には、スと同様である。 においては に周年で私姿を初披露。 にに参加、の柱の一で姿を披露している Lucky 13. お呼びになりましたか? 史実のについては、を参照されたし。 の振りとして隔刊正規、週刊護衛級と並んでよくに出される日刊隻の。 数多くのに参加しつつも生き残り(あの〈〉が大暴れしたすら傷で切り抜けた、どころか〈〉に手傷を負わせている。 また一説によると、大暴れしていた〈〉を止めたのは〈〉だったとも言うが、の混戦ゆえ定かではない)、ついたあだ名が「13」という。 (13の意味にも諸説あり) まぁにはさらにOとかいますが• 従軍章()をで15個、で5個、で7個の生涯27個受章した武勲艦。 といったところである。 ちなみに図鑑で述べている「後ににも配備されました」というのは論自身のことではなく、艦の〈ヘイウッド・L・エドワーズ,DD-6〉と〈・P・リー,DD-6〉のことで、それぞれには奇しくもこの時点で未の()2隻の名前が継承された。 DD-〈け〉とDD-〈ゆれ〉がそれである。 あと、時の「、ですか? そんな」は、と共に一旦退役後、のに再就役後、、に参加しつつ多くの新人兵達を実戦で育て上げていったことから「・」と呼ばれたことが。 は私のになってくれたかも知れないだ! あ、この関連動画、これは先程、処理しておきました。 また、関連静画ですか? ありがたいです。 こういったものは、いくつ貰っても嬉しいですね! Thank you so much! この関連商品、試してみますね。 関連項目ですか? ……そうですか。 会ったことない子も多くて……。 えーっと、そうです、100隻を余裕で超えるので。 (アメリ)• フレッチャー(艦これ)• 『』 : : : :.

次の

Johnston

フレッチャー 艦 これ

燃料消費を抑えて周回したいときなどには最適な艦隊と言える。 主に難易度の低い海域で道中の雑魚処理役として運用される。 運用次第で高難易度も狙える ニコラス改が追加されたことで、高難易度での運用も視野に入ってきた。 他に組みやすい編成があり労力に見合うとは言い難いが、活躍できるだけのポテンシャルはある。 Point 艦隊の要であるフレッチャーちゃんに改造が実装されればチャンスはあるかも…? 演習で使う意味はほぼない 演習戦では燃料が消費されないので、この艦隊を使用する意味はほぼない。 素直に戦力の高い別の艦隊を使ったほうが良いだろう。 必要キャラの入手が容易 主役となるフレッチャーを除けば、他のキャラはNキャラのみでも編成が可能。 キャラの入手難易度が非常に低く、 はじめたばかりのプレイヤーでも簡単に編成できるのは嬉しい。 フレッチャー級のキャラ一覧 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フレッチャー以外は全て自由枠 確定枠のフレッチャー以外は全部自由枠なので、低燃費の主力艦と所持しているフレッチャー級で編成しよう。 編成例の艦隊は1戦の燃料消費が6となっており、4隻編成の場合の最小限まで抑えている。 敵の強さに合わせて主力を増やそう フレッチャー艦隊は、キャラクターのレベルや装備の強さによって挑戦できる海域が大きく変化する。 4隻ではきつい!と判断したら、主力メンバーを増やしていこう。 Point! フレッチャー艦隊組んだけど敵に勝てない…みたいな場合は 装備、Lv辺りをちょっと強化してみましょう。 フレッチャーの持つ「フレッチャー級の性能を強化」するスキルの強化を検討してもいいかも。 入れ替え候補 フレッチャー以外と入れ替え候補 3隻目のNフレッチャー級。 性能は他の2隻とほとんど変わらないので、見た目が好みなら入れ替えよう。 などのRフレッチャー艦たち フレッチャー以外と入れ替え候補 レアリティがRのフレッチャー級。 燃料消費が1増えるが、Nのフレッチャー級よりステータスが少しだけ高い。 レンジャーと入れ替え候補 レンジャーと比べると耐久力が低いが装填が高い。 レンジャーと好きなほうを編成すると良いだろう。 主力艦隊は好みで構わない 主力艦隊は低燃費の軽空母をおすすめしているが、燃料消費を気にしないのであれば好きなキャラで構わない。 育てたいキャラなどがいるのであれば、そのキャラを優先して編成しよう。 フレッチャー以外と入れ替え候補 3隻目のNフレッチャー級。 性能は他の2隻とほとんど変わらないので、見た目が好みなら入れ替えよう。 などのRフレッチャー艦たち フレッチャー以外と入れ替え候補 レアリティがRのフレッチャー級。 燃料消費が1増えるが、Nのフレッチャー級よりステータスが少しだけ高い。 ユニコーンと入れ替え候補 N軽空母の中では一番耐久が高い。 消費燃料を減らせるので、戦力に余裕があるのであれば入れ替えよう。 ユニコーンと入れ替え候補 初期状態から特殊弾幕を使える珍しいキャラ。 燃料消費の割に高火力なので、殲滅力を意識するなら試してみるのも悪くない。 高レベルになればボスも倒せる フレッチャー艦隊の主な役割は護衛艦を倒していくことだが、 平均60レベルくらいまで育てればこの艦隊だけでボスも倒せる。 よって、難易度の低い海域は全てフレッチャー艦隊に一任できる。 編成例2:中難易度向け おすすめ配置 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フレッチャー級と相性の良い戦艦を編成 ユニオン陣営がいるほど強くなるプリンス・オブ・ウェールズを主力に投入。 フレッチャー級、ヴェスタル共にユニオン陣営であるので相性が良い。 また、強力な戦艦を起用することで、フレッチャー級の弱点である対空の低さもカバーしている。 フレッチャー艦隊を好んでいる人の中には、同じ条件で6-4を周回しているプレイヤーもいるので、どこまでいけるか挑戦してみるのも面白い。 Point! フレッチャー艦隊の可能性の一つです。 ただし 装備が強い事としっかりしたスキル強化が大前提という事に注意。 入れ替え候補 などのNフレッチャー級 フレッチャー以外と入れ替え候補 Nランクのフレッチャー級。 安定してクリアできるようなら、入れ替えることで消費燃料を削減できる。 プリンスオブヴェールズと入れ替え候補 スキル『LuckyE』によって凄まじい殲滅力を持つキャラ。 スキル発動後には8秒間全ての攻撃を回避するので耐久力も高い。 プリンスオブヴェールズと入れ替え候補 主力に自身以外の戦艦、巡洋戦艦が存在しない時与えるダメージが大幅にアップする。 よって、この編成と相性が良い。 限界突破はおすすめしない フレッチャー艦隊を極めた指揮官のなかには、3-4周回用の編成よりも低燃費で6-4を周回している人もいる。 装備やスキルが育てばいずれクリアできるようになるので、なかなか安定しないからといって限界突破するのはおすすめしない。 演習用フレッチャー艦隊編成 なし。 Point! もしかしたら改造実装などで状況が変わる可能性はあるかもしれませんが、演習でフレッチャー艦隊を使って勝ち抜くのは修羅の道です。 俺のフレッチャーちゃんの「お姉さん気質」を喰らえーッ!という信念があるなら組む形で…。 おすすめの編成記事はこちら.

次の

【艦これ】フレッチャー難民は今回で減るだろうけどジョンストン難民って救済無いのかな?

フレッチャー 艦 これ

DDE改装後のフレッチャー() 基本情報 建造所 社 運用者 艦種 級名 ラッキー 13(Lucky 13) ファイティング・フレッチャー (The Fighting Fletcher) マザー・フレッチャー (Mother Fletcher) ファースト・イン・クラス (First in Class) 艦歴 起工 進水 就役 (再就役) 退役 (再退役) 除籍 その後 に台湾へとして売却 要目 2,100トン 376ft 3in(114. 7m) 最大幅 39ft 8in(12. 1m) 13ft(4. の1隻で、ネームシップ。 艦名は、に上陸をしを受章したに因む。 フレッチャーには「 ラッキー 13」( Lucky 13) や「 ファイティング・フレッチャー」( The Fighting Fletcher) 、「 マザー・フレッチャー」( Mother Fletcher) 、「 ファースト・イン・クラス」( First in Class) という愛称があった。 艦歴 [ ] フレッチャーは、にの社で起工した。 に未亡人であるF・F・フレッチャー夫人によって進水。 に竣工し、ウィリアム・M・コール(W. Cole)の下で就役した。 フレッチャーはフレッチャー級駆逐艦の中で(USS Nicholas, DD-449)と USS O'Bannon, DD-450 に次いで3番目に就役した艦だった。 第二次世界大戦 [ ] 就役したフレッチャーはに配属され、10月5日にのに到着した。 を巡る戦いに加わったフレッチャーは護衛任務と哨戒任務に従事し、10月30日にはを砲撃した。 11月9日に島への上陸を援護するためを出発したフレッチャーは、11月12日に輸送船団への空襲に対して対空戦闘を実施し、数機の撃墜を記録した。 11月13日のではに攻撃を行い、後の自沈に貢献した。 翌14日朝には哨戒機の通報により、前日に(USS Juneau, CL-52)を撃沈していた を追跡したが、逃げられた。 フレッチャーは翌日に補給のためエスピリトゥサント島へ戻り、ヌーメア沖での対潜哨戒任務を行った。 11月29日夜、重巡洋艦(USS Minneapolis, CA-36)、(USS Northampton, CA-26)、(USS Pensacola, CA-24)、(USS New Orleans, CA-32)、軽巡洋艦(USS Honolulu, CL-48)、駆逐艦4隻(フレッチャー他)はガダルカナル島へ向かう日本艦隊迎撃のためエスピリトゥサントを出撃。 これに駆逐艦2隻を加えたアメリカ艦隊は11月30日夜、駆逐艦からなる日本艦隊と交戦した()。 海戦開始時はフレッチャーが先頭で、その後に駆逐艦3隻、巡洋艦5隻と続いていた。 まず前衛の駆逐艦が魚雷を発射(フレッチャーは10本)したが、これは外れた。 続く砲撃では日本の駆逐艦を撃破(後沈没)したが、日本駆逐艦の雷撃で巡洋艦4隻が被雷した。 雷撃およびそれに続く砲撃の後、前衛の駆逐艦は北西に退避し、の西に沿って北上していた。 駆逐艦2隻がニューオーリンズの元へ向かうよう指示され、残る2隻(フレッチャーと ()(USS Drayton, DD-366))は被雷しなかったホノルルと合流後、炎上するノーザンプトンと遭遇。 フレッチャーとドレイトンは救助活動を行ない773名を救助した。 フレッチャーは機転を利かせての浮きが付いた貨物用ネットを投じ多くの生存者を救助している。 ノーザンプトンは沈没した。 救助活動後、2隻はホノルル、駆逐艦1隻と合流し、12月2日にエスピリトゥサントに帰投した。 におけるフレッチャーの活動は続き、哨戒、沿岸砲撃、対空戦闘、撃墜された友軍機の搭乗員救助、日本のの掃討、ガダルカナル島北岸への上陸援護といった多様な任務をこなした。 2月11日、ヌーメアに帰投中の第67任務部隊(司令官:少将)所属の軽巡洋艦(USS Helena, CL-50)から発進し哨戒中のが、艦隊から約17kmほど離れた海域で潜航する を発見。 哨戒機は発煙筒を投下して、近くにいたフレッチャーを攻撃に向かわせる。 フレッチャーは船首から約2700m離れた位置で潜航中の伊十八をソナー探知。 15時27分、フレッチャーは最初の攻撃を行う。 この結果、15時39分にと空気の泡が浮かび上がるのを確認し、4分後には大きな水中爆発音1回を聴取。 フレッチャーは浮かび上がった重油の中心部をめがけてさらに爆雷3発を投下。 この結果、15時46分に片と木片、歯車、その他伊十八のものと思われる物体が浮かび上がり、長い重油の帯ができるのを確認した こうしてフレッチャーはにも戦果を挙げた。 2月21日にフレッチャーは上陸を支援するために出航、3月5日から6日にかけての飛行場を夜間砲撃した。 ソロモン諸島各地への上陸部隊を載せた船団に対するフレッチャーの護衛活動は続いた。 4月23日から5月4日にかけて、フレッチャーはので十分な休息を得ると共に、ソロモン諸島での通常任務を通じて艦を最高の状態に高める機会を得た。 6月19日にエスピリトゥサント島を発ったフレッチャーは、アメリカ本土でのオーバーホールを受けた後で9月27日にヌーメアへ戻り活動を再開、10月31日まで行動した。 その後、フレッチャーはを支援する空母機動部隊に加わり、11月26日と12月4日には日本側の空襲に対して反撃を行った。 沖をゆくフレッチャー。 7月18日。 フレッチャーは12月9日にへ戻り、への侵攻に備えたオーバーホールとでの演習を行う。 1月13日から21日にかけて、フレッチャーは- ()間の輸送船団護衛に従事し、1月30日にはを砲撃する支援集団に加わった。 翌日、への上陸部隊主力と会合したフレッチャーは2月4日まで船団と環礁沖合の哨戒を行った。 へ空になった船団を護衛した後で2月15日にへ向かったフレッチャーは、2月20日・21日にタロアとウォッジェを砲撃するの護衛に加わり、それからエニウェトク環礁沖合の哨戒を行った。 パーヴィス港沖の演習に参加したフレッチャーは、続いて4月18日にの ()に到着。 フレッチャーはここを拠点に、 ()やアリ島、セレオ島への上陸支援砲撃に従事した。 5月にはヌーメアへの船団護衛と対潜哨戒任務を行う。 6月8日、での先頭にいたフレッチャーはの反撃を受けたが、被弾はなかった。 その後も夏を通して、フレッチャーは ()、、の支援や哨戒・護衛といった様々な活動を行った。 フレッチャーは10月12日にに参加する船団を護衛し、10月20日にはへの最初の上陸を援護した。 翌日ニューギニアへ向かった後、11月23日に増援部隊を載せた船団を護衛して再びレイテ島へ戻った。 翌月、フレッチャーは各地での戦闘を支援し、やでの上陸前の砲撃や数度の空襲での対空戦闘を行った。 1月、フレッチャーはを支援し、1月8日には日本軍機1機撃墜を報じている。 翌日には ()を援護し、サン・アントニオ海岸への上陸を支援した。 続いて1月29日にへ入ったフレッチャーは作業の援護を行う。 1月31日にナサグブ湾(Nasugbu Bay)上陸で支援砲撃を実施し、2月13日までの4日間にとの占領、の掃海を援護した。 2月14日、ロス・コチノス岬の日本軍砲兵陣地を艦砲射撃していたフレッチャーに1発の砲弾が命中し、死者8名・負傷者3名を出した。 フレッチャーはを行い、被弾後も30分にわたって砲撃を続けたほか、被弾した YMS-48の乗員を救助した後にYMS-48を砲撃処分した。 フレッチャーはマニラ湾で2月17日まで砲撃を行った。 フレッチャーは5月13日までの間、とへの上陸作戦、での掃海と上陸の援護、フィリピン各地での哨戒と護衛に従事した。 4月30日にはタラカン島で僚艦(USS Jenkins, DD-447)が触雷したため、スービック湾まで護衛を行っている。 その後フレッチャーはジェンキンスの負傷者を移乗させ、オーバーホールのために西海岸に向かった。 のでオーバーホールを行った後、フレッチャーはサンディエゴに留められ、そのままを迎えた。 フレッチャーは1月15日に退役した。 朝鮮戦争 [ ] (USS Kearsarge, CVS-33)と共にのフェイス7の回収に向かうフレッチャー。 5月15日撮影。 3月26日、フレッチャーは DDE-445()に艦種変更され10月3日に再就役する。 5月1日にを出航し、でに加わる。 勃発時、空母(USS Valley Forge, CV-45)と共に停泊中であったフレッチャーは、7月3日にと共に沖に到着した。 部隊にはの空母(HMS Triumph, R16)が加わり、への空爆を開始した。 フレッチャーは、夏までで任務に従事し、のおよびので補給を行った。 9月13日から17日にかけての支援を行い、その後11月11日に母港の真珠湾に帰還した。 11月19日に真珠湾を出港したフレッチャーは、朝鮮半島での作戦任務に就く第7艦隊で空母の護衛を担当する。 護衛任務に加えて2度の艦砲射撃を行い、沖縄の沖合で行われた対潜訓練に参加、のを行った。 6月20日に真珠湾へ帰還し、9月5日から11月24日まではで行われた初の水爆実験()に参加した。 その後5月4日から11月30日まで再びでの任務に従事した。 からまでの間、フレッチャーは毎年、第7艦隊と共に極東での任務に就き、には ()からのの軍民避難()で対潜護衛任務を担当した。 との両年、フレッチャーはとオーストラリアを経由する航海を行った。 この間の主な任務は対潜水艦戦訓練であった。 6月30日にフレッチャーの艦番号は DD-445(駆逐艦)に戻された。 ベトナム戦争 [ ] が勃発すると、現役にあった他の姉妹艦同様にフレッチャーも沿岸へ向かうことになった。 フレッチャーは空襲を行う空母のプレーンガードや地上部隊の砲撃支援といった数多くの任務をこなした。 フレッチャーはから退役するまでの間に4度の西太平洋展開を実施している。 退役 [ ] フレッチャーはにサンディエゴで退役し、同日除籍された。 退役したフレッチャーの艦体はサンディエゴのアメリカ海軍艦艇整備施設(U. Naval Ship Maintenance Facility)で保管された。 フレッチャーはがとして保存する案も出たものの、予算面での問題や、フレッチャーが戦後まもなく退役した姉妹艦に比べて戦後のDDE改装でオリジナルと異なる姿をしていたことなどが原因となり実現することはなかった。 保存の望みが絶たれたフレッチャーは廃棄が決定し、3つの戦争に参加した特筆すべき艦級のネームシップは にのTai Kien Industries Co. , Ltd. にとして売却された。 栄典 [ ] フレッチャーは第二次世界大戦の功績で15個(第二次大戦中のアメリカ海軍艦艇で第5位 )、朝鮮戦争の功績で5個、ベトナム戦争で7個の ()を受章した。 さらに ()(1968年1月18日)と ()2個(および:1959年9月21日、:1961年1月1-7日)も授けられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• www. navsource. org. 2019年2月10日閲覧。 destroyerhistory. org. 2019年2月10日閲覧。 www. zuzuray. com. 2019年2月10日閲覧。 www. ussfletcher. org. 2019年2月10日閲覧。 Naval History and Heritage Command. 2019年2月10日閲覧。 www. combinedfleet. com. 2019年2月10日閲覧。 Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 3-5• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. 戦史叢書第83巻 南東方面海軍作戦<2>ガ島撤収まで、439ページ、Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 7-9• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 18-19• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 17-20• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. 、木俣『日本潜水艦戦史』374、375頁。 www. navsource. org. 2019年2月11日閲覧。 参考文献 [ ]• 木俣滋郎『日本潜水艦戦史』図書出版社、1993年、• 防衛庁防衛研修所 戦史室『』朝雲新聞社• 関連項目 [ ]• (CIC)…艦艇のCICのコンセプトは、第三次ソロモン海戦およびルンガ沖夜戦においてフレッチャーの副長 ()少佐により創出された。 ワイリー少佐はこの功績によりを授与された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フレッチャー DD-445 に関連する および があります。

次の