デスフラッシュ。 アイドルデスゲームTV

パチンコ戦姫絶唱シンフォギア:デスガイジ入門

デスフラッシュ

切歌の特徴• V-コントローラーは1回引いて告知が発生しなければ何回引いても告知は発生しない(突然告知及び告知なし大当りに期待)• モード共通演出(「ギアペンダント役物稼働」「タイトルロゴ傾き」「ボタンバイブ」「楽曲リーチ発展」は除く)発生は大当り確定• 楽曲リーチ発展後はV-コントローラーによる告知は発生しない(引くなら煽り時)• リーチ演出は1パターンのみで前半と後半に分かれている(前半で当たることもある)• リーチ中のBGMがフィーバークィーンIIなら大当たり確定• デスフラッシュ告知発生後はV-コントローラーを引いても「デス」ボイスは鳴らない 変動開始時に引くもよし、リーチで引くもよし、リーチ後半で引くもよし、ボタンを押す前に引くもよし、最後まで引かずに待つもよし、確定演出後に引くもよし、引くタイミングは自由です。 ちなみに、僕はじっと待つ派です。 どこで引こうかいつも考えています。 昔はレバー引きまくりのデスガイジでしたが、もう周りに迷惑をかけるのはやめました(レバーを引きまくって他の客からのうざいうざい視線に快感を得ていた黒歴史とはおさらばデースッ!)。 ただ、最終回転(5回転分)は、V-コントローラーを引いて告知されなかった時の絶望感が半端ないので、僕は流れ星打法を使っています。 残りの回転数表示が4の時に保留を満タンにして、後は7回転目の最終変動が始まってから保留を4個溜める方法です(流れ星演出に使う保留の数は調整できる)。 7回転目は必ずリーチ演出に発展し、リーチ演出が外れるまで電サポは開放されているので、特に焦る必要はありません。 7回転目変動後に溜めた保留の大当たりは流れ星演出に振り分けられます。 切歌と流れ星打法の組み合わせは最強デースッ! 最後に、ここからは僕の実践上になりますが、他のキャラに比べて調&切歌はVストック演出が若干発生し辛くなっている気がします。 他のキャラはVストック演出が発生しないと保留分の信頼度がかなり落ちますが(当たらない訳じゃない)、調&切歌はVストックなしでも平気で当たります。 気のせいかもしれないですけどね・・・。 ちなみに、僕は全回転で強制クリスにされない限りいつも切歌を選択しています!.

次の

新型メルセデス・ベンツSクラスの”フラッシュマウント”ドアハンドルが初めて撮影。加えてSクラス”だけ”のプレスラインも

デスフラッシュ

近年、電子機器に搭載されるプリント配線板は、小型化、薄型化、高密度化に向け、配線のさらなるファインピッチ化が要求されている。 それに伴い、レジスト開口部をエッチング除去し配線形成するサブトラクティブ法に対し、必要な箇所にのみ電解銅めっきにて配線形成し、無電解銅シード層をエッチング除去するSemi-Additive Process(以下、SAP)がより微細な配線形成には有利である。 その中でも近年は銅箔をベースとしたModified Semi-Additive Process (以下、MSAP)が注目されている。 微細配線形成はSAPに劣るものの、サブトラクティブ法よりもファインピッチ化が可能な事より、スマートフォンに搭載されるマザーボードへの展開が進められている。 しかしながら、MSAPは銅箔をベースとするため、無電解銅をベースとするSAPと比較し銅シード層が厚く、この除去に多くエッチングが必要なことから、パターンめっきや前処理の状態によっては、シード層、パターンめっき間のくびれ(以下、アンダーカット)やパターンめっき上の孔食(以下、エッチングピット)が発生しやすい。 これらの発生によって、パターンの剥離や断線等を引き起こすことが懸念される。 改善対策としてアンダーカットについてはパターンめっき前処理において、デスカム処理を実施することで、大幅に低減できることを確認しており、当社ではプラズマ処理によりデスカムが可能な「TAIKAI」、ウェットプロセスによりデスカムが可能な「ウェットデスカム」を展開している。 エッチングピットについてはフラッシュエッチング前に熱処理を実施することにより低減できることが確認されているが、不十分なケースもあり、さらなる低減が望まれている。 そこで当社ではエッチングピットを低減可能なフラッシュエッチング液「POF」を開発したので、本稿ではその性能を紹介する。 しかしながら、この組成は、銅の粒界腐食性が高いため、アンダーカットやエッチングピットが発生しやすいという欠点もある。 (2)フラッシュエッチング後パターン形状 図1にPOFを用いたフラッシュエッチング後のパターン形状を示す。 パターンの極端な縮小や、アンダーカットの発生はみられず、従来品フラッシュエッチング処理と同等の仕上がりとなっている。 図1 フラッシュエッチング後形状比較 (3)エッチングピット抑制性能 従来品でのフラッシュエッチング後のエッチングピット発生時の写真を図2に示す。 発生箇所は限られておらず、パターン箇所、ビア箇所、ベタいずれの箇所にも発生する可能性があり、深さ方向には、エッチング量の数倍に達することもある。 POFは、これらエッチングピットの発生量を低減することができる。 しかしながら、この組成は、銅の粒界腐食性が高いため、アンダーカットやエッチングピットが発生しやすいという欠点もある。 (2)フラッシュエッチング後パターン形状 図1にPOFを用いたフラッシュエッチング後のパターン形状を示す。 パターンの極端な縮小や、アンダーカットの発生はみられず、従来品フラッシュエッチング処理と同等の仕上がりとなっている。 図1 フラッシュエッチング後形状比較 (3)エッチングピット抑制性能 従来品でのフラッシュエッチング後のエッチングピット発生時の写真を図2に示す。 発生箇所は限られておらず、パターン箇所、ビア箇所、ベタいずれの箇所にも発生する可能性があり、深さ方向には、エッチング量の数倍に達することもある。 POFは、これらエッチングピットの発生量を低減することができる。 図2 エッチングピット写真 表1 エッチングピット抑制性能比較 おわりに.

次の

Raspberry Pi 3のキセノン・デス・フラッシュ問題を検証する (ラズパイ2で存在したカメラのフラッシュ光で死ぬ現象をラズパイ3でも検証し、その対処法を探る。)

デスフラッシュ

今月発売されたばかりのシングルボードコンピューター「 」が、フラッシュ撮影すると突然クラッシュしてしまうという変わったバグが「 デスフラッシュ現象」として話題になっています。 Raspberry PiのLiz Upton広報部長は、確かに問題はあるが、ごく限られた条件でしか発生しないとで説明しています。 この現象はキセノンフラッシュやレーザーポインターなど、高輝度な閃光が照射された時に限って発生します。 キセノンランプ以外を使ったフラッシュを含む、他の光では起こりません。 天気の良い日に、カバーしていないPi 2をピクニックや野外フェスなどに持っていっても、全く問題なく動きます。 アカデミー賞のレッドカーペットには持っていかない方がいいですが。 いま、Jonが机の上で1800ルーメンのLEDライトの光をPi 2にあてていますが、Pi 2はしっかり動いています。 (より) そして対処法。 なぜクラッシュ? Raspberry Piを使っていなければほとんどの人は体験することがない問題かもしれませんが、実はこれ、 Raspberry Piだけに起こる現象ではありません。 この問題の根本的な原因は、金属に光を照射すると電力が発生するというもので、太陽電池を動かしている現象でもあります。 Raspberry Pi 2の場合は、半導体のシリコン接合部で光起電力効果が発生します。 この接合部に 高輝度の光が照射されると電力が発生し、Raspberry Pi 2が止まってしまうのです。 Uptonさんによれば、開発チームの調査では、このバグがRaspberry Pi 2の寿命を短くする 証拠は見つかっていないとのことです。 source: via Mario Aguilar - Gizmodo US[] (山田まり)• Tags :•

次の