骨格 診断 わからない。 骨格診断がわからない!苦手なアイテムを取り入れる方法は?

迷子さん必見!骨格診断がわからない、オシャレになれないその原因は・・・・

骨格 診断 わからない

骨格診断で導き出される「似合う洋服」• 「質感」=「素材」• 「ライン」=「シルエット」 洋服は「素材」と「シルエット」の2つを考えるといいので、質感で導き出される「素材」、ラインで導き出される「シルエット」が分かれば、似合う洋服の方向性が分かるというわけです。 例えば、質感はストレートだけどラインはナチュラル寄りという方は、「素材」はストレートを選ぶけど「シルエット」はナチュラルっぽい感じもOKということになります。 それではまず初めに、体の「質感」チェックからご覧ください。 骨格診断「質感=素材」のチェック項目 まずは各タイプ質感の概要です。 あなたはどれにあてはまりそうですか? ストレート 筋肉の「ハリ・艶・弾力」を感じる質感 ウェーブ 筋肉よりも脂肪の「やわらかさ」を感じる質感 ナチュラル 骨が大きく関節や筋が目立つ「骨感」を感じる質感 体の質感を知ることで、似合う素材が分かります。 ストレートの質感は「筋肉」が肝• 顔、デコルテ、背中に筋肉のハリや弾力、ツヤがある• 鎖骨は目立たない• 指の関節や筋が目立たない• 筋肉がつきやすい 質感と素材を合わせると、各タイプの良いイメージが際立つ ストレート ハリのある質感にハリのある素材で、「 高級感」が際立つ ウェーブ しなやかな質感に柔らかく透明感のある素材で、「 華奢」が際立つ ナチュラル ゴツゴツした粗い質感に粗い素材で、「 粋さ」が際立つ 高級感、華奢、粋、どれも引けをとらない、互角の魅力がありますね。 各タイプの選ぶべき素材については、こちらの記事を参考にしてください。 骨格診断「ライン=シルエット」のチェック項目 各タイプの体のライン(体型)の概要です。 どれにあてはまりますか? ストレート バスト、ヒップのメリハリがある、 砂時計のような体型 ウェーブ 上半身が華奢でウエストがしなやかに長い、 洋ナシ体型 ナチュラル 体全体のフレーム(枠)が直線的な、 長方形体型 体のラインを知ることで、似合うシルエットが分かります。 ストレートはメリハリのある「砂時計」体型• 首から肩にかけて距離が短め• バストとヒップにメリハリがある• バストから腰にかけて距離が短め• お尻の形は丸みがあり立体的• 横から見た体に厚みがある• 手は小さ目、手のひらに厚みがある 砂時計のようにバストとヒップの大きさがほぼ均一で、ウエストにくびれがあるメリハリのある骨格です。 くびれ具合は人によるので、メリハリ度合いが弱い方もいらっしゃいます。 ウェーブはしなやかな「洋ナシ」体型• 首はほっそり長め• バストは下がり気味• ウエストからヒップにかけてゆるやかに長い• お尻の形は平たい• 横から見た体は薄さが目立つ• ハイウエストが似合う• 手のひらや足の甲は薄い 薄くてほっそりとした上半身から、メリハリ弱くしなやかに伸びるウエストラインです。 さらにウエストからヒップにかけてゆるやかに広がっていく、まるで洋ナシのような体型です。 横から見ると薄い(細い)ですが、正面から見るとヒップから腿にかけて骨盤が広がり気味なので、下半身が太く感じることがあります。 ギャザーの入ったふんわりスカートや、Aラインワンピースが似合うのは、• 華奢な上半身に対してボリュームのあるシルエットが、華奢さをより際立たせる• 厚みのないヒップにボリュームを施し、横からも正面からもバランスがとれる からですね。 stylebistro. ナチュラルはスタイリッシュな「長方形」体型• 首から肩にかけての距離が長い• 胴は長くてスタイリッシュ• 体フレームがしっかりしている• お尻の形は四角い• ローウエスト、マキシ丈が似合う• 手足が大きめでしっかりしている 首から肩のラインが長く、直線的な肩や腰骨など体のフレームがしっかりしています。 フレームがしっかりしているので、あらゆる洋服を着こなせるタイプ。 特に落ち感のあるシルエットが粋にスタイリッシュに決まります。 vogue. 例えば素材はストレートだけど、シルエットはナチュラルも着こなせるタイプというミックスしている方は結構いらっしゃるので、流行にあわせて臨機応変に対応すると良いですね。 骨格診断の応用 例えば、 ストレートの骨格を持っているけど、いまはオーバーサイズが主流。 ストレートだってオーバーサイズを取り入れたい! という場合は、 素材はストレートが得意なハリ艶のあるものを取り入れて、シルエットはナチュラルの得意とするオーバーサイズを取り入れます。 こちらはロングジャケット+マキシスカート、そして腕まくりという粋なコーディネートですが、素材のハリ艶、高級感、ウエストの位置はみぞおちあたりというポイントは押さえていますね。 こちらもロングジャケット+ワイドテーパードで若干ルーズなボトムスですが、素材のハリ艶、ウエストの位置、高級感はしっかり押さえています。 こんな風に素材とシルエットに分けて考えて、ご自身の得意な部分をどちらか一方は必ず取り入れるという考え方を持つと、流行ともうまく付き合えます。 それでは最後に、各タイプに合った黒のワンピースをご紹介します。 タイプごとの違いをご覧いただきながら、これまでの骨格診断の総まとめをしましょう。 骨格ストレート・まとめ• 顔、デコルテ、背中に筋肉のハリや弾力、ツヤがある• 鎖骨は目立たない• 指の関節や筋が目立たない• 筋肉がつきやすい• 首から肩にかけて距離が短め• バストとヒップにメリハリがある• バストから腰にかけて距離が短め• お尻の形は丸みがあり立体的• 横から見た体に厚みがある• 手は小さ目、手のひらに厚みがある 質感 ハリや弾力・艶がある/ 骨は目立たない ライン バスト、ウエスト、ヒップのバランスが砂時計のような体型 素材 ハリ、ツヤのある、しっかりした素材を選ぶ シルエット バストからウエストをシャープに際立たせる、Xシルエットなど 骨格ストレートにおすすめのワンピースは、こんなイメージ。 鎖骨は細く目立つ• 指が細く白魚のように透けるような手• 筋肉はつきにくい• 太っていてもがっちりではなく、ぽっちゃり• 首はほっそり長め• バストは下がり気味• ウエストからヒップにかけてゆるやかに長い• お尻の形は平たい• 横から見た体は薄さが目立つ• ハイウエストが似合う• 肌質はゴツゴツと筋や骨ばった質感• 鎖骨は太く、真ん中のぐりぐりした骨までしっかり目立つ• 指の関節や筋(すじ)、手のくるぶしなどが目立つ• 筋肉も脂肪も少なめ• 首から肩にかけての距離が長い• 胴は長くてスタイリッシュ• 体フレームがしっかりしている• お尻の形は四角い• ローウエスト、マキシ丈が似合う• 手足が大きめでしっかりしている 質感 ハリはなく、ざらつきがある/骨はゴツゴツ目立つ、筋ばっている ライン 身体全体のフレームが長方形のような体型 素材 ハリはなく、ひらひら軽くもない、落ち感のある素材を選ぶ シルエット ウエストは際立たせず、長く下に落とすシルエット 骨格ナチュラルにおすすめのワンピースは、こんなイメージ。 落ち感のある素材をバサッと粋にまとうだけで、自然体でスタイリッシュな印象に。 他の人には出せない「粋さ」はあこがれの的。 流行を抑えるだけで粋でモードなおしゃれ感が際立ちます。 スタイリッシュな骨格により、嫌味のないおしゃれをいつまでも楽しめることでしょう。 骨格診断にとらわれず、各タイプの魅力をしっかり理解し、それぞれの良いところを自分に活かせるところはないかな?と考えてみるのがおすすめです。 また骨格診断を好みや流行をうまく取り入れられるように、応用できると良いですね。 骨格タイプ別着こなし画像、ピンタレストのご紹介 ピンタレストで骨格タイプ別、おすすめ画像のボートを作成中です。 ご覧になっていただけると、骨格タイプ別の着こなしがより深く理解できると思います。 骨格診断を使って流行を取り入れるためにも、着こなしの参考にぜひ。 もちろん、「メンズ骨格診断」バージョンも作成しています。 随時更新中なので、よろしければフォローしてみてください。

次の

骨格タイプが分からない?自己診断が難しい理由をズバリ解説します!

骨格 診断 わからない

パーソナルスタイリストの河野さおりです。 年齢や体型の変化などから 自分の似合うファッションがわからなくなったり 本来の『自分らしさ』を見失ってしまうことってありますよね。 It's so you stylingではトレンドに流されない『自分だけの定番アイテム』や あなたの個性を活かしたスタイリングをご提案いたします。 *今までいろいろな診断を受けてみたけれどなんだか腑に落ちない、結果を活かしきれない。 *洋服はたくさん持っているのに着こなし方がわからない。 *少ないアイテムですっきりしたワードローブを作っていきたい。 *変わりたいけれど最初の一歩が踏み出せない。 など、 是非あなたのお悩みをお聞かせ下さいね。 ~It's so you styling で『あなたらしいスタイル』を一緒に見つけてみませんか?~• 骨格診断と体型診断 一般的に、パーソナルスタイリストはお客様に似合うものを診断する際、 『骨格診断』をする人が多いですよね。 実は私のお客様の中の8割ほどの人が、過去に他のスタイリストさんなどから 『骨格診断』を受けた経験のある人です。 最近は雑誌などでも特集を組まれていたり、テレビでも取り上げられているのでご存知の人も多いと思いますが、 骨格診断では、体型を 『ストレート』、『ウェーブ』、『ナチュラル』の 3タイプに分類して、それぞれのタイプごとに似合うものをアドバイスしています。 そして私がお客様を診断するときは『骨格診断』ではなく 『体型診断』という診断方法を使っています。 体型診断では、体型を 計測した数値のバランスごとに 『X型』、『A型』、『V型』、『I型』の 4タイプに分類して、それぞれのタイプごとに似合うものをアドバイスしています。 お客様の診断をしていく中で 骨格診断と 体型診断の共通点や違う点、 それから 『骨格診断の結果がなんだかしっくりこない。。。 』というお客様の共通点などがしだいに見えてきたような気がしたので、 今回は、 『体型診断と骨格診断の互換性がある点』 『体型診断と骨格診断の違う点』 を、今まで診断させていただいたお客様たちのデータから考えてみました。 ちなみに今回ここに書いている事は 体型診断の見解として教わった事ではなく 『私のお客様の傾向』なので あくまでも『私調べ』な内容になりますのでご了承下さいね。 骨格診断で素敵になっている人はとてもたくさんいらっしゃいますし、決して骨格診断を批判している訳ではないですからね〜。 骨格診断と体型診断の互換性 まず、互換性があるかな、と感じるのがこの2タイプ。 この2タイプは体型も、似合う物も体型診断と骨格診断とで共通点が多いです。 (注:全く同じ、というわけではありません。 ) ちなみに私自身は『 体型診断:A型』。 どちらかと言えば、 ナチュラルさんの方がV型と共通点が多く、 ストレートさんとV型は互換性は低めな気がします。 体型にメリハリのないI型は、骨格診断で当てはまりにくく、どのタイプになるのか判定しづらいのかもしれません。 で、今回私のカウンセリングでの 体型診断の結果は 『I型』でした。 結果とアドバイスをお伝えすると 『今まで好きでよく着ていたものもバランス的に良かったり、自分の中でどうなんだろうと思いながら着ていたものも合っていたりこれからは自信を持って思い切りお洒落が楽しめそうです。 』 とご感想いただきました。 今まで何度も診断を受けているのに診断結果を活かしきれないでいる 『診断ジプシー』の人は もしかしたら、 『体型診断』で しっくりくる答えがでるかもしれませんよ。 ***************.

次の

骨格ストレートに似合うブランド15選!【ここなら失敗しない!事故らない!】

骨格 診断 わからない

骨格診断で導き出される「似合う洋服」• 「質感」=「素材」• 「ライン」=「シルエット」 洋服は「素材」と「シルエット」の2つを考えるといいので、質感で導き出される「素材」、ラインで導き出される「シルエット」が分かれば、似合う洋服の方向性が分かるというわけです。 例えば、質感はストレートだけどラインはナチュラル寄りという方は、「素材」はストレートを選ぶけど「シルエット」はナチュラルっぽい感じもOKということになります。 それではまず初めに、体の「質感」チェックからご覧ください。 骨格診断「質感=素材」のチェック項目 まずは各タイプ質感の概要です。 あなたはどれにあてはまりそうですか? ストレート 筋肉の「ハリ・艶・弾力」を感じる質感 ウェーブ 筋肉よりも脂肪の「やわらかさ」を感じる質感 ナチュラル 骨が大きく関節や筋が目立つ「骨感」を感じる質感 体の質感を知ることで、似合う素材が分かります。 ストレートの質感は「筋肉」が肝• 顔、デコルテ、背中に筋肉のハリや弾力、ツヤがある• 鎖骨は目立たない• 指の関節や筋が目立たない• 筋肉がつきやすい 質感と素材を合わせると、各タイプの良いイメージが際立つ ストレート ハリのある質感にハリのある素材で、「 高級感」が際立つ ウェーブ しなやかな質感に柔らかく透明感のある素材で、「 華奢」が際立つ ナチュラル ゴツゴツした粗い質感に粗い素材で、「 粋さ」が際立つ 高級感、華奢、粋、どれも引けをとらない、互角の魅力がありますね。 各タイプの選ぶべき素材については、こちらの記事を参考にしてください。 骨格診断「ライン=シルエット」のチェック項目 各タイプの体のライン(体型)の概要です。 どれにあてはまりますか? ストレート バスト、ヒップのメリハリがある、 砂時計のような体型 ウェーブ 上半身が華奢でウエストがしなやかに長い、 洋ナシ体型 ナチュラル 体全体のフレーム(枠)が直線的な、 長方形体型 体のラインを知ることで、似合うシルエットが分かります。 ストレートはメリハリのある「砂時計」体型• 首から肩にかけて距離が短め• バストとヒップにメリハリがある• バストから腰にかけて距離が短め• お尻の形は丸みがあり立体的• 横から見た体に厚みがある• 手は小さ目、手のひらに厚みがある 砂時計のようにバストとヒップの大きさがほぼ均一で、ウエストにくびれがあるメリハリのある骨格です。 くびれ具合は人によるので、メリハリ度合いが弱い方もいらっしゃいます。 ウェーブはしなやかな「洋ナシ」体型• 首はほっそり長め• バストは下がり気味• ウエストからヒップにかけてゆるやかに長い• お尻の形は平たい• 横から見た体は薄さが目立つ• ハイウエストが似合う• 手のひらや足の甲は薄い 薄くてほっそりとした上半身から、メリハリ弱くしなやかに伸びるウエストラインです。 さらにウエストからヒップにかけてゆるやかに広がっていく、まるで洋ナシのような体型です。 横から見ると薄い(細い)ですが、正面から見るとヒップから腿にかけて骨盤が広がり気味なので、下半身が太く感じることがあります。 ギャザーの入ったふんわりスカートや、Aラインワンピースが似合うのは、• 華奢な上半身に対してボリュームのあるシルエットが、華奢さをより際立たせる• 厚みのないヒップにボリュームを施し、横からも正面からもバランスがとれる からですね。 stylebistro. ナチュラルはスタイリッシュな「長方形」体型• 首から肩にかけての距離が長い• 胴は長くてスタイリッシュ• 体フレームがしっかりしている• お尻の形は四角い• ローウエスト、マキシ丈が似合う• 手足が大きめでしっかりしている 首から肩のラインが長く、直線的な肩や腰骨など体のフレームがしっかりしています。 フレームがしっかりしているので、あらゆる洋服を着こなせるタイプ。 特に落ち感のあるシルエットが粋にスタイリッシュに決まります。 vogue. 例えば素材はストレートだけど、シルエットはナチュラルも着こなせるタイプというミックスしている方は結構いらっしゃるので、流行にあわせて臨機応変に対応すると良いですね。 骨格診断の応用 例えば、 ストレートの骨格を持っているけど、いまはオーバーサイズが主流。 ストレートだってオーバーサイズを取り入れたい! という場合は、 素材はストレートが得意なハリ艶のあるものを取り入れて、シルエットはナチュラルの得意とするオーバーサイズを取り入れます。 こちらはロングジャケット+マキシスカート、そして腕まくりという粋なコーディネートですが、素材のハリ艶、高級感、ウエストの位置はみぞおちあたりというポイントは押さえていますね。 こちらもロングジャケット+ワイドテーパードで若干ルーズなボトムスですが、素材のハリ艶、ウエストの位置、高級感はしっかり押さえています。 こんな風に素材とシルエットに分けて考えて、ご自身の得意な部分をどちらか一方は必ず取り入れるという考え方を持つと、流行ともうまく付き合えます。 それでは最後に、各タイプに合った黒のワンピースをご紹介します。 タイプごとの違いをご覧いただきながら、これまでの骨格診断の総まとめをしましょう。 骨格ストレート・まとめ• 顔、デコルテ、背中に筋肉のハリや弾力、ツヤがある• 鎖骨は目立たない• 指の関節や筋が目立たない• 筋肉がつきやすい• 首から肩にかけて距離が短め• バストとヒップにメリハリがある• バストから腰にかけて距離が短め• お尻の形は丸みがあり立体的• 横から見た体に厚みがある• 手は小さ目、手のひらに厚みがある 質感 ハリや弾力・艶がある/ 骨は目立たない ライン バスト、ウエスト、ヒップのバランスが砂時計のような体型 素材 ハリ、ツヤのある、しっかりした素材を選ぶ シルエット バストからウエストをシャープに際立たせる、Xシルエットなど 骨格ストレートにおすすめのワンピースは、こんなイメージ。 鎖骨は細く目立つ• 指が細く白魚のように透けるような手• 筋肉はつきにくい• 太っていてもがっちりではなく、ぽっちゃり• 首はほっそり長め• バストは下がり気味• ウエストからヒップにかけてゆるやかに長い• お尻の形は平たい• 横から見た体は薄さが目立つ• ハイウエストが似合う• 肌質はゴツゴツと筋や骨ばった質感• 鎖骨は太く、真ん中のぐりぐりした骨までしっかり目立つ• 指の関節や筋(すじ)、手のくるぶしなどが目立つ• 筋肉も脂肪も少なめ• 首から肩にかけての距離が長い• 胴は長くてスタイリッシュ• 体フレームがしっかりしている• お尻の形は四角い• ローウエスト、マキシ丈が似合う• 手足が大きめでしっかりしている 質感 ハリはなく、ざらつきがある/骨はゴツゴツ目立つ、筋ばっている ライン 身体全体のフレームが長方形のような体型 素材 ハリはなく、ひらひら軽くもない、落ち感のある素材を選ぶ シルエット ウエストは際立たせず、長く下に落とすシルエット 骨格ナチュラルにおすすめのワンピースは、こんなイメージ。 落ち感のある素材をバサッと粋にまとうだけで、自然体でスタイリッシュな印象に。 他の人には出せない「粋さ」はあこがれの的。 流行を抑えるだけで粋でモードなおしゃれ感が際立ちます。 スタイリッシュな骨格により、嫌味のないおしゃれをいつまでも楽しめることでしょう。 骨格診断にとらわれず、各タイプの魅力をしっかり理解し、それぞれの良いところを自分に活かせるところはないかな?と考えてみるのがおすすめです。 また骨格診断を好みや流行をうまく取り入れられるように、応用できると良いですね。 骨格タイプ別着こなし画像、ピンタレストのご紹介 ピンタレストで骨格タイプ別、おすすめ画像のボートを作成中です。 ご覧になっていただけると、骨格タイプ別の着こなしがより深く理解できると思います。 骨格診断を使って流行を取り入れるためにも、着こなしの参考にぜひ。 もちろん、「メンズ骨格診断」バージョンも作成しています。 随時更新中なので、よろしければフォローしてみてください。

次の