東海 シクロ。 岐阜県自転車競技連盟 普及委員会

東海シクロ第6戦: 自転車ブログ 「青空 ワタル」

東海 シクロ

近日で一番うれしかったことは きよかちゃんが「また」走り始めた事だ。 去年 スチールの森で「ほんとに大丈夫か?」と言葉を掛けたのが最後になって以来だった。 そこまで中が良いわけでもなく こっちが勝手に心配していただけだけど 高木さんのこの写真を見て 涙が少し出るくらい嬉しかった。 日曜日 9時ぐらいに荷物を積んで出発 東名の豊川インターから新城ほうらいパークまで自走。 2日間で弛んだ脚の筋肉を締めたかった。 20キロぐらい走って到着して試走まで時間があったので生徒さん達と談笑しながら M2クラスを見る 生徒さんが良い走り強くなっているのが分かる走り。 若者の生徒さん達は 逆に歯がゆい走りだった。 試走は IRCのチューブレス マッドしかないけれど 1.6気圧で試走 ホイールはシマノのRS81. GOKISOのチューブラーデュカス 1.7気圧で走るが跳ねて仕方がないので少し落とした。 1.6気圧 レース開始時間は14時30分なので 11時20分くらいからクタクタミューズリーを食べました ミューズリー120グラムに牛乳低脂肪 350mlです。 今回はアップは重たいギアを30秒踏んで150ぐらいまで上げたのみ 脚に乳酸を貯めないようにした。 野辺山で感じた事なのだが しっかりアップをして乳酸を貯めてしまうと 除去するのに時間が掛かってしまう。 それに汗をかくと逆に冷えてしまうので ササっと済ませた。 スタートから脚が重たく感じてしまうのはこの為 なんだろうか?と辻浦圭ちゃんに相談した。 スタート前に飲むドリンクは これです 一つ950円と高いですが エナジードリンクよりも健康的だと思います これにスポーツドリンクの粉末1袋を溶かして スタート1時間ぐらい前から飲み始めます 血糖値が上がりっぱなしにします。 20本入荷して在庫過多なので買ってください。 東海シクロクロスのM1は人数が少ないので独立カテゴリーにはならず 2分前にC2が走ります コースは僕のリクエスト通りに ブレーキを使わないコーナーに踏み踏みでした。 階段前のちょこまかしたのは要らなかった気がしますが 今までの東海シクロクロスにはないコースだったと思います。 これはロード向きなコースだよねという声が聞こえてきましたが そもそもシクロクロスはロード選手が冬場のオフトレーニングとして始まったのです。 C1の1位は愛三の小森に2位はニッポの中根 二人が走っている印象は 頭の位置が動かないという点です。 踏み踏みなところがグラウンドなので凸凹が少ないというのもありますが 重た目のギアを一定に踏みまわして行っています 逆に後ろから追っている3人の選手は 松本駿にしては肩を含めて頭が上下に動いてしまっています。 これは重たいギアを1時ぐらいから4時のみ踏んでいるので上下します。 岩田君にしても ギアが軽いのを回しているのでコーナーを抜ける時に 後輪のトラクションが足らずに グリップ感が抜けています。 軽いギアでスピードに乗せるではなく重ためのギアをもう少し速く回せて楽にスピードに乗せれば休めれる時間が増えるし休めれば次のコーナーに向けての準備を整える事が出来るかと思います。 常に頑張っている感じがして せっかく3人から4人の集団で走っているのに休めていないのが勿体ない。 前との車間が開いてしまうので それを埋めようとして力が必要になってしまっている。 軽いギアからスピード上がったと感じでギアを重たくする変速時のショックでリアタイヤが少し滑る。 トラクション抜けを軽くするのではなくトラクションをさらに掛けるようにすれば楽に走る事が出来る。 1周回の中でコーナーが何回あれば 何回も余計にパワーを使っていて いざって所で パワーが足りないから ラストのスピードアップの時に残っていない。 ギア固定で回転数でスピードを上げ下げするメニューを加えると良いかもね。 おっちーは 頭の上体も動かずに上手い走りなのです。 トルクのタイヤに伝わっているけれど ギリギリな所で走っている。 3位になるかなと期待する思いで見ていたのですが 近日のレースにおいて60分走れていなくて30分ぐらいでレースを降ろされているので 60分走り切る体力が付いていないように思えました。 もう少し60分走り抜ける体力を練習で付けた方が良いのではないかと思いました。 レース後に脚が回る気がするってのは レースが練習になってしまっていて普段の練習で負荷が足りてないという事です。 トレーニングしてレースに出て体調を上げていくという考えを持った方がおすすめするけれど 家庭環境や仕事環境もあるので そこは本人次第です。 マジマジと見て 足らない事を書いてしまいました。 走りを見て欲しいという依頼も受けます。 見て 大体の事が分かります。 1周にしても4分45秒で回っている中でトータルにして2秒ぐらいだと思いますが その2秒が次に周には4秒になって 追いかける為に色々な事が雑になっていくんです。 ゴールしてその差は10秒ぐらいだと思いますが 1時間 3600秒の中での10秒ですが ホンの少しのトラクションの差が10秒なのですね。 それが集団の中で走るメリット 集団の中で休むズルさ 今まで東海には無かったコース設定です。 このcourse設計を芝の上でやれたら サイクルクロスと言えると思います。 アベレージスピードもM1で25.5キロなので高速コースだと思います。 国内で走った中で一番楽しいコースでした。 言うのは簡単なので あえて言います。 この新城のコースをもう少し大きく取れれば クリテを未舗装路でやっている感じで 集団でレースが進むのを見ている側にしても ハラハラドキドキがあって楽しさ倍増です。 今回のコースでも見て居て楽しいし楽しかったです。 レーススタートして 兄ちゃんを待ちながら進めるけれど 児玉さんが居るので 一人先を急ぐ事にした 池やんからは ラップタイムをC2とのタイム差を教えて貰いたかったのですが 途中から 「アップアップ」と意味不明な掛け声が始まってしまって 笑 教えて欲しいのはラップタイムだけでもいいのに 後は自分で解釈して ここはもっと踏んでここは のこういう風にはしれば1秒縮まるんだと 比較したかったのですが レースが終わって 「何年僕の付き人しているんだ!」と怒ってしまいました。 応援されたいから日当払ってまで来てもらってるんじゃないと言ってしまいました。 2日間休んだお蔭か 最大心拍が174拍で 平均心拍数が165拍と野辺山での最高心拍が160拍だったのを見ると 回復したんだろうと思いました。 平均ワットは247ワットで NPは190ワットでした。 踏んで所と踏んでない所の差が明確に出ている数字です。 ワットだけみればトレーニングの方が辛いです。 レース走っている方が楽に感じます。 速く全日本を走りたい気持ちです。 終わって 辛い物が食べたいと言うので 港区の四川へ 久し振りに食べましたが 辛いですね 笑 帰宅して 胃腸が熱くって 下痢になりました。 23時には寝ました 月曜日 サイスポの原稿締め切りなので 朝早くに送りました。 気持ちは穏やかですが 身体は下痢です なんであんな辛い物を食べてしまったのか? 怒り心頭です。 11時まで寝て起きて 走りに行きました。 基本練習の 8の字をしました。 1時間半ぐらい走ってから ローラー教室のメニュー書いて 全日本の準備をしようとしましたが 機材にしても大して やる事がなく 準備万端といった感じです。 夕方に生徒さんが来て談笑して帰っていきました。 昨日レースが終わってから ブログに書いた事に対して生徒さんが話に来てくれました。 インターネットでローラーやっているけれど 乗ってはいるけれど 楽な負荷ばかりしている 自分がやらないとならない負荷ってのは分かっているけれど 実際にはやれていない。 一人でやっているとファミコンと同じでやめたかったらいつでもやめれるという難点がある。 誰かに頑張ってると言われたい。 誰かに見られていたい。 ローラー教室に来て下さい。 やっている事がこれで良いのか?という答え合わせ感覚でも良いのです。 やらないのが一番ダメで まだ乗っているのは大丈夫です。 夕飯は食べるのが面倒になって来て ミューズリーで良いかなと思ったけれど 集中してくると食べるのが面倒になってくる。 最低限な物でも食べておもうと思って冷蔵庫と食糧庫を探して作りました チャリダーのディレクターさんにいつも言われるのですが 僕は大したものを食べていないと言われます。 ほんと大したものは食べていないです。 20時からローラー教室 1名さん 週2回来たいという気持ちに応えました リクエストは アップの仕方です。 色々は方法がありますが 僕がやっている事を教えました。 小川の3本ローラーに乗りたいと言ったので終わったら乗ってもらいました。 色々と話す事が出来て 頭の中がすっきりしました ありがとうございました。 休んだ2日間は色々と考えれる時間でした。 なので 色々と書いてしまいましたがすみません。 アーカイブ•

次の

東海シクロクロスに初参戦!2019年愛知牧場

東海 シクロ

- 2016 11月 12 6:03午後 PST 芝で走れない自覚があったので、前回のワイルドネイチャープラザから、週一ですが最寄りの河川敷の芝で練習をしていました。 自宅から往復1時間、準備と片付け20分、練習40分の計2時間の練習です。 走行時間はタイマーをセットして、40分間休まず全力で走ります。 速度を上げてコーナーに進入する練習と、必ず担ぎで走る事を取り入れ、心拍が高い状態で走る事を心がけました。 写真の左手に見えるを担ぎで登ったり、結構密度が高い練習ができた気がします。 平日は自転車通勤しかトレーニングらしいことができないので、休日の僅かな時間が本当に貴重です。 今まで試走の時はコーナーに重点を置いて、曲がりにくいコーナーを何回も練習していたのですが、今回はとにかくレースの速度を意識して全力で走る事にしました。 遠くに見える人を全力で追うイメージです。 最初の連続Uターンのが特に厳しい路面でした。 Photo by Kikuzo 全力で走ってみてわかった事は「振動がスゴい」という事です。 芝の平坦路に見えるのですが、固く締まった土が凸凹しており、速度を上げると視界がブレる振動です。 長袖インナーが腕に擦れて痒くなりました。 とくに写真にある第1コーナー進入直後からまでのが強烈でした。 あっという間に首と腰が痛くなり、まともに走れなくなってしまいました。 これが前述した「まともにスピードを乗せられない」理由でした。 当時、今よりベーススピードが低かった私は、振動が少なかったため芝に隠れている凸凹に気付かず「何でこんなに進まないんだ」と感じていたのです。 前回のワイルドネイチャープラザでアップの仕方がよくわからなくなってしまった私は、まず1回アップをやめて走ってみることにしました。 今回のレースはAM9:00にはかなり気温が上がっており、寒い感じはありませんでした。 厳冬期のレースなら身体が固まってしまうのでアップが必要だと思いますが、今回は暑かったのでナシとしました。 結果、スタートまで身体は冷えず、気分良くスタートまで過ごせました。 ゼッケンNo. スタート後の舗装路は接触して落車するのが怖いので、無理に前に出ようとせず先頭集団にピッタリくっついて、落ち着いて第1コーナーへ侵入しました。 この時点で6〜7番手で進入。 Photo by Kikuzo ここからが苦しい凸凹路面ですが、前日の試走で尻をサドルからわずかに浮かして中腰状態で漕ぐと少しマシに進むと感じていたので、それを意識しつつ走りました。 後に2人ほど抜かれましたが、ペースを崩さないように走りました。 前を走っている方を抜かすチャンスがあり、2周目の中頃で6位くらいだったでしょうか。 前に、ライバル視している佐藤氏の姿が見えるではないですか。 後で知ったのですが、で落車して順位を落としていたようです。 勝てないと思っていたのに目の前にいるので、必死に追いすがりました。 ですが彼のほうが上手、コーナーの進入までは距離を詰めれても、脱出で逃げられてしまいます。 私は小さいターンが苦手なので、道幅が狭いUターンは降車して走り、少しでも距離を離されないように走りました。 ですが4週目位で1人に抜かされ、さらに距離は広がり、その後は追いつけず。 追いつけなかった理由は、心肺機能ではなく太ももと腰の痛みでした。 今回アップをしていませんでしたが、以外に心肺機能はもったのです。 C2ライダーの友人から、「ダンシングはしないの?」と聞かれたことがあります。 渡しの場合は「ダンシング」ではなく「立ち漕ぎ」です。 下手なので基本的に避けて来ましたが、今回のレースは振動が激しく、中腰で漕がざるをえない状況でした。 結果、まず太ももの前側が痛くなり、続いて腰が痛くなりました。 私の脚には、中腰でを続ける力が備わっていないのを思い知らされる事になりました。 そのままゼッケンNo. と同じ7番手でゴール。 前には追いつけませんでした。 コレは出し切れていない。 振動をいなすために中腰で走ると太腿の前側が痛み、腰周りが力んで痛くなってしまいました。 痛みが無ければもっと出し切れていたはず。 以前から立ち漕ぎするとすぐに前側の筋肉が疲れてしまっていたので、体重に対して弱いのが明らかになりました。 筋トレします。 ・グローブ無しが自分に向いていない 暑かったのでグローブ無しだったのですが、振動がモロに腕に来て力んでしまいました。 少しでもグローブのグリップに頼ればもう少しましだったのでは。 夏用のグローブは今年ストックの2着とも破れてしまい、その後買っていませんでした。 平田リバーサイドプラザはもう一度あるので準備しておきたいと思います。 前で左足を先に外して土踏まずでペダルに乗る 2. 右足を外して降りる という手順で降りました。 結果足がもつれず毎回同じ歩数で越えることができました。 写真では躍動感が全くありませんが、背筋も伸びているし、自分としては上出来です。 マウントも焦らず、気を落ち着けて乗れました。 ・順位を大幅に落とさなかった スタートは良くてもその後ズルズル順位を落とす場合が多いのですが、今回は抜かれたけれど抜き返す事もあり、少しレベルアップした感じがあります。 ライバルに追いすがろうとする気持ちも後押ししたと思います。 「負けへんで」のメンタルが肝心ですね。 ・アップ無しでも意外と走れた アップ無しにしたのは、子連れでレースに来ているので、子供の様子を見ながらレースまでに効率よく準備をするのが私には難しいためです。 アップをするとスタートまでバタバタでに余裕がありませんが、今回は余裕を持ってスタートに立てました。 20分〜30分のこの時間が大きい。 それでもまあまあ走れたという事は、若干は先週までのトレーニング効果があったと考えています。 短時間でもキツめのトレーニングをすると少しは向上する事を実感しました。 滑りやすい丸石がゴロゴロ転がっている走りにくいコース。 次こそ表彰台に絡む走りをしたいです。 tkcx3110.

次の

東海シクロ第6戦: 自転車ブログ 「青空 ワタル」

東海 シクロ

シクロクロス競技 シクロクロスの起源は選手の冬季トレーニングの一環として始まり、現在では、とくにの、、で盛んに行われている。 競技は1周が3 - 4キロメートルの不整地の周回路で行われるが、始めに競技時間が規定され、周回数が競技中に決定される。 1周目のラップタイムで規定された競技時間を除算して周回数が定められ、この周回数を最初に消化した選手が勝者となる。 競技時間はロードレースに比べると短く、30分から1時間である。 コースには人工の障害物(柵、階段など)が設けられ、必ず下車して自転車を担がなければならない部分が作られている。 またシクロクロス特有のルールとして、で自転車の乗り換えを含む機材交換が可能となっており、1人の選手に対して複数のピットクルー (アマチュア選手の場合、多くは友人) [ ]が代車を用意してピットにつくことが多い。 使用機材は、上級カテゴリーではの使用が義務づけられているなどの規定がある。 ロードレースがチームでの連携や陽動などの複雑な駆け引きが戦術として大きく作用するのに対して、シクロクロスは選手個人の身体的能力や自転車の操舵能力が結果を左右する。 主要なレースはロードレースのオフシーズンである11月から2月上旬にヨーロッパ各地で行われ、またも同様に冬季に行われる。 多くの選手は他の自転車競技に参戦しているが、シクロクロスにのみ参戦する選手もいる。 同じくロードレースのオフシーズンに集中開催される のよりも現在では人気面で凌駕しており [ ]、最高峰の大会である世界選手権の他に、、、という3つのシリーズ戦も並行して行われている。 なお、以上4つの大会全てを同一年度シーズンに制覇した選手のことを、と呼んでいるが、がに達成した。 オランダ出身のは、で7回優勝している。 歴史 [ ] シクロクロスの起源はに遡る。 その成り立ちにはいろいろな説があり一概には言えないが、一説には自転車選手が隣町までの競走の際、近道のためにフェンスの中に入り畑の中を自転車で走ったのが起源だとも伝えられる(この当時、冬場の休耕地であれば立ち入る事は許されていた)。 これは当時オフシーズン期間にもコンディションを保つ方法でもあり、また不整地を走る事によって自転車の操舵能力、瞬発力を高める訓練にもなった。 初期のの優勝者にこのようなシクロクロスの原型とも言える練習方法として取り入れていた人物がいる。 次第に本来練習であったものが競技として形成され、にで国内選手権が開催され、そしてフランスより生まれたこの競技は次第に近隣の国へと伝わり、に最初の国際大会がで行われ、に(UCI)が正式な競技として認定、には世界選手権が開催された。 その後シクロクロスはを越えてに伝わり、に隆盛、にはアメリカで国内選手権が開かれている。 また、の誕生にこの時代のシクロクロスのレースが関わっている。 機材 [ ] シクロクロス車 シクロクロス車 [ ] 自転車の車種としてのシクロクロス(シクロクロス車、シクロクロスバイク()ともいう)は、シクロクロス競技に最適化された自転車を指す。 特徴は以下の通り。 フレーム や太いタイヤに対応し、泥詰まりを防ぐため各所の隙間は大きくとられている。 乗車姿勢はに比べ上半身の前傾が浅く(アップライトに)なる。 フレーム形状も衝撃吸収性を重視し、曲げ加工を随所に施したモデルが少なくない。 下車しての押しや担ぎが多いことからやといった軽量の新素材が比較的早い時期に導入されていたが、自転車の競技車両としては現在でもフレームが一線級で使用されている珍しいジャンルでもある。 ケーブルのルーティングは競技に特化しているものだと競技中にに泥や埃がかかり、動作の妨げにならないように経由でへとケーブルを廻すを採用しているものが多い。 またロードバイク用、マウンテンバイク用の軸長双方に互換性があるようにしているものもある。 UCIの規定により競技では機材の重さは6. 8kgを超えなければならないとされる。 ハンドル 国際自転車競技連盟認定の公式競技及び未登録でも上位カテゴリーのシクロクロス競技ではドロップハンドルである事が事実上義務付けられる形となっており、またハンドルの幅は50cmを超えてはならない。 しかしながら下位カテゴリーではその限りではない、すなわちマウンテンバイクに使われるようなでも可能な場合がある。 ブレーキ ロードバイクで用いられるに比べ、泥詰まりしにくいカンチレバーブレーキが主に用いられる。 オフロード走行という点からも適する。 長らく国際公式ルールにより競技での使用は禁止されていたが、にUCIの公式発表により解禁された。 タイヤ が用いられる。 幅が太い(開催の競技では33mm以下に規制されている)シクロクロス用のタイヤを用いる。 世界的なトッププロの選手は28mmから34mmまでの様々な太さのタイヤを常備しているという。 通常はブロックパターンのタイヤを履くが、フラットな高速コースではダイヤ目のタイヤを履くこともある。 空気圧は2〜4気圧。 特に大き目の砂利などバンピーなコースでは限界ギリギリの2気圧にする。 ロード同様にWOも増えてきているが、空気圧を下げるとリム打ちパンクするのと、重量面のメリットから、レース用機材はが主流である。 ホイール ロードレースに使用される物より耐久性が要求されるが、入手のしやすさや軽量性などからロードレース用のものが用いられることが多い。 近年では、いくつかのメーカーからシクロクロス用を謳ったホイールが発売されている。 また、プロレベルではカーボン製のディープリムが用いられることが多いが、これは空力効果よりも、リムの高さによって「泥をかきわける」メリットがあるためである。 変速レバー オフロード走行中にハンドルから片手を離すと危険なので、手元変速が用いられる。 そのためかつてはドロップハンドル先端に取り付けるが主に用いられた。 現在ではの使用も広まっている。 服装 [ ] シクロクロス競技では不整地を自転車あるいは自転車を担いで走る必要があるため、選手はランニングに不適なロードレース用のレーサーシューズではなく、ツーリングシューズ、または用シューズを履く。 また競技会場は木々が無造作に生い茂るところも多いために木の枝を衣服に引っ掛けないように、もっと肌に密着した上下一体型のレーシングスーツを着用する事もある。 派生車種 [ ] 競技用のシクロクロス車をもとに、ロードバイクとしての使用も想定した車両も販売されている。 この種の車両はが長い、キャリア取付用や用のねじ穴の存在など、純粋な競技機材としてのシクロクロス車とは異なる部分がある。 参照・脚注 [ ]• 映画『KLUNKERZ』による。 恐らく競技規定が今ほど厳しくなかった時代につきので参戦したモロー・ダート・クラブの連中にジョー・ブリーズなどマウンテンバイクの創始者が触発されたと言う。 詳しくは参照。 [ ]• 一時、ゴム底にシュープレートを兼ねた滑り止め金属スタッドを付けたシクロクロス専用シューズが発売されていた。 Konrad, Gabe(1996). Bicycle Trader Magazine 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Retrieved February 6, 2006• - Retrieved January 15, 2006• - Retrieved August 20, 2005. - Retrieved September 24, 2005. - による、シクロクロスレースの映像• - イギリスのシクロクロス(Cyclo-X)についての情報• - weight weenie cyclocross info and sub 18lb cross bike gallery. - 自転車文化センターのシクロクロス解説ページ.

次の