犬 避妊手術後。 獣医師監修|犬の避妊手術後の変化や注意事項【体験談&FAQ付】|いぬのきもちWEB MAGAZINE

避妊・去勢後のドッグフードの選び方

犬 避妊手術後

追記:現在は完全に傷跡がなくなりました!! 犬の避妊手術後、エリザベスカラーはいつまで装着する? 病院ではエリザベスカラーが装着されます。 「2〜3日もすれば慣れてくる」と言われていますが、残念ながらうちの犬はダメでした。 なので、急遽ドーナッツ型に変更しました。 購入したのは、 空気を入れて膨らますタイプのエリザベスカラーです。 犬に合うエリザベスカラーやウェアを購入するのがベター。 わたしが実際に獣医さんから受けた指導を書いておきます。 犬の避妊手術後の食事 ドッグフードは硬いと消化しにくいので、 お水でふやかしてから与えていました。 手術後は元気がなくなったり食欲がなくなる犬もいますが、だんだんと回復に向かっていきます。 犬の避妊手術後のトイレ 中には痛みで排泄がうまくできなくなる犬もいます。 先ほど述べた通り、ドッグフードが硬いと排泄が難しくなるので、体調が安定するまではお水でふやかたドックフードをあげるといいですね。 犬の避妊手術後の散歩はいつから? うちの犬が一番難しかったのが とにかく安静にすること です。 獣医さんには術後は 最低1〜2週間は走り回ってはいけないと言われました。 傷口が開いてしまうのを避けるためですね。 この「安静に」が子犬には難しかった。 うちの犬が元気がなかったのは手術を行なった当日だけで、 翌日からは元気だったんですよ(笑) むしろ、お散歩中に走り回れないストレスから家の中で走り回ってしまうほど。 エリザベスカラーも2日後に壊すほどヤンチャですからね。 勝手に走り回ってしまうので、止めるのが本当に大変でした。 走り回ったら抱きかかえて落ち着かせたり、噛めるおもちゃを与えて乗り切りました。 ソファーなどにジャンプしないよう 家具の配置を変えることも大事です。 ドッグランなどで走り回るのは避け、傷口が開かないように安静にさせてください。 傷の回復具合は個人差があるので一概には言えないのですが、様子をみつつ散歩を再開させましょう。 我が家は回復が早かったことや散歩に行けないストレスを感じ始めたこともあり、避妊手術5日めに 最低限の散歩を再開しました。 長時間の散歩はやはり2週間後まで待ちましたね。 愛犬の避妊手術まとめ 犬に「避妊手術を受けさせる」と決めたら、不安な部分もあるかと思います。 信頼できる獣医さんと相談し、犬にとってもいい環境を整えてあげることが回復への近道です。 以上、まどぅー()でした。

次の

犬の避妊手術後のケア方法 (画像あり)

犬 避妊手術後

避妊手術においては、先生によってやり方が違うみたいです。 今は、一般的において「子宮・卵巣摘出術」 のやり方を取られている先生が大半だと思いますが。 しかし中には卵巣だけを取り出して子宮は、残したまま、とか、其の両方を残し、卵管を括る等して、着床阻止と言う形を取られている方もいる様ですし。 でも其のやり方は、残された子宮と卵巣に可也の負担を掛ける事になるみたいで、後々やはり疾患に見舞われる可能性が高いようです。 ですから、避妊を考えられるなら、全摘出をやっておられる先生の方が良いかと思います。 因みに家も子宮全摘出と言う形でされました。 多分、オムツされていない個体が多いというのは、既に全摘出で取られているか、外飼いされている方が大半かと思います。 外飼いだったら、生理でも汚れないし、避妊手術の方法も全摘出なら、生理は、当然来ない。 だから「避妊手術をしても、生理は続くのか?」と言うスレに対しては、獣医師が取っているやり方によっては、それもある、と言う事です。 妊娠させない、させたくないとお考えならば、私は、全摘出をして貰う事をお願いした方が、良いと思いますね。 Q 本当に迷いに迷って決断できずにここへ相談へ参りました。 最近は、子供をとるつもりがないのなら、メス犬は避妊手術をするのがよりよい判断的な事があちらこちらで言われています。 私も今のわんこから子供をとるつもりがないので、初めは獣医さんの勧めに従って早めに避妊手術を済ますつもりでおりましたが、周囲に手術反対派が多い為迷いに迷っています。 特にワンコ好きの義母の干渉がしつこく、室内で飼ってるんだから必要ない、痛い思いをさせるのは可哀想、と言ってきます。 実際ヒート中どの程度ソファなど家具や衣服がわんこの血で汚れるか、見た事もないのに「うちで飼ってた柴犬はそんなに血はでなかった」といい 義母は日中は基本外飼いで、夜になると室内に入れる、という飼い方をされてたので血を見る事が少なかったのは当たり前なのですが、飼い方の相違が理解できないようです おむつをはかせる事にもいちゃもんをつけてきます。 室内飼いで8. 5kgのマメタイプの黒柴. メス1歳2ヶ月で、先週2度目のヒートがきました。 頭を撫でるのは勿論、体を触られる事が好きではない子なので、服は勿論マナーパンツも嫌がり、正直ヒート中は血の始末が大変です。 おむつをつけると嫌がって暴れる、という訳ではなく、おしりの違和感でテンションがだだ下がり 耳も左右に開いてぺちゃんこになります しばらくみじろぎもせず、そのうち体中を緊張させたような感じで寝てしまいます。 わんこにとっては大変なストレスかもしれませんが、少しずつマナーパンツに慣らせて血の始末が楽になるなら避妊手術もしなくてもいいのかな?とも思ったり、使わない子宮を体内に留めておくせいで病気の発症のリスクがあがる、とも聞いているのでやはり手術をした方がいい、と思ったり。 みなさんはメス犬、速やかに避妊手術されてますか?されていない方は、ヒート中の血の対策どうなさっていますか?多くの方に意見が聞けると嬉しいです。 よろしくお願い致します。 本当に迷いに迷って決断できずにここへ相談へ参りました。 最近は、子供をとるつもりがないのなら、メス犬は避妊手術をするのがよりよい判断的な事があちらこちらで言われています。 私も今のわんこから子供をとるつもりがないので、初めは獣医さんの勧めに従って早めに避妊手術を済ますつもりでおりましたが、周囲に手術反対派が多い為迷いに迷っています。 特にワンコ好きの義母の干渉がしつこく、室内で飼ってるんだから必要ない、痛い思いをさせるのは可哀想、と言ってきます。 実際ヒート中どの程度ソファなど家... A ベストアンサー 元動物看護師です。 子宮蓄膿症や乳腺腫瘍は早期に避妊手術をすればほぼ確実に予防することができる病気です。 ですから動物の健康を守るのが役目である獣医さんが勧めるのは当然のことかもしれませんね。 ただ、多くの方が健康な身体にメスをいれることに抵抗があるのも事実ですし、病気を予防するために手術をしたのに麻酔の事故で亡くなってしまった子がいるのも事実ですから…正しい答えというのは難しいですよね。 私個人の考えとしては、避妊・去勢手術には賛成です。 子宮蓄膿症は珍しい病気ではありませんし、発症してつらそうにしている子や、破裂寸前の子宮を何度も見てきたので、この病気の怖さもよく知っています。 乳腺腫瘍に関しても、再発しやすく、何度も手術を繰り返していた子を見てきましたし、術後の傷跡は本当に痛々しいものでした。 こういったことを考えると、自分の子にはあんな思いをさせたくないと思ってしまいます。 難しい問題ですが、その子の為にも頑張って決断なさってください。 A ベストアンサー 全然心配する必要は無いですよ。 うちには、2匹の女の仔が(3歳3ヶ月・5ヶ月)居ますが、上の仔は初めてのヒート後にしました。 12月末にヒートが来て、3月の初め頃に手術しました。 定説では初ヒートが来る前にするって言う事に成っていますが、1回ヒートが来ても将来に生殖器関係の病気になる確率は、ヒート前とほんの数%違うだけです(3~5%位) 掛かり付けの病院の先生は、避妊・去勢に関して権威のある先生ですが、1回ヒートが来てからでないと手術しません。 理由は、生殖器関係の臓器が大人になってからの方が、手術のリスクも減りますが、ヒートが来る前の仔に比べると、将来歳を取ってから頻尿やお漏らしをする事が少ないそうです。 でも、2回目以降のヒート後ですと病気になる確率はかなり高くなってしまうそうです。 結論は初めてのヒート前でも後でも大して変わらないんでそんなに考え込まなくても大丈夫です。 今ヒートが来たんで、その2ヵ月後くらい後が良いと思います。 ギリギリ梅雨や夏場に掛からなくて良かったですね。 梅雨や夏の暑い時期は、化膿しやすく治りも遅いって聞きました。 あとは、掛かり付けの獣医さんと話し合って決めてください!! 全然心配する必要は無いですよ。 うちには、2匹の女の仔が(3歳3ヶ月・5ヶ月)居ますが、上の仔は初めてのヒート後にしました。 12月末にヒートが来て、3月の初め頃に手術しました。 定説では初ヒートが来る前にするって言う事に成っていますが、1回ヒートが来ても将来に生殖器関係の病気になる確率は、ヒート前とほんの数%違うだけです(3~5%位) 掛かり付けの病院の先生は、避妊・去勢に関して権威のある先生ですが、1回ヒートが来てからでないと手術しません。 理由は、生殖器関係の臓器が大人にな... A ベストアンサー ヒート直後の方が子宮が大きいので手術しやすいとか直後は避けた方がいいとか病院の先生によって考え方が違うと思いますが一応参考までに書きますね。 年に四ヶ月、ホルモンの関係で安定していない時期があるので発情後二ヶ月は避妊手術はしない方がいいです。 この時期に避妊手術を行うと、体内のプロゲステロンの量が急激に低下してしまうため情緒不安定で攻撃性が強くなるなどの問題行動が出る可能性があります。 3頭目の子はこの内容の通りヒートが終わって2ヶ月後に手術したのですが今も避妊前と変わらずとてもフレンドリーな子です。 内容について簡単にまとめたのでもっと詳しく知りたい時は又質問して下さいね。 Q 1歳のワンコですが、夏に避妊の為 子宮・卵巣全摘出手術を受けました。 ところが2月から出血があり、卵巣が体内に残っている可能性があるとの事。 手術ミスとして 再手術の費用は病院に負担してもらえるでしょうか? 2月の出血時より 4回程診察を受け、何が原因かわからなかったので 尿検査・超音波・レントゲン・膣消毒・血液検査など行いました。 また、初診時より、陰部の傷かもしれないと言うことで 止血剤&抗生剤を処方され、1ヶ月間服用させ続けました。 先日やっと 血液検査で ホルモン値が高く、卵巣が残っているための生理による出血の可能性が高い事がわかりました。 再手術の費用負担だけでなく これまでの診察でかかった費用も返却してもらうことはできますでしょうか? (手術ミスさえなければ 受診する必要もなかったので。 ) 1ヶ月間 必要の無い 止血剤&抗生剤をのませ続けてしまいましたが、ワンコへの体に悪影響はでないのでしょうか? 再度 開腹手術をしなければならないので、体に負担がかかって心配です。 回答 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 子宮卵巣全摘出をしたのであれば、たとえ卵巣がお腹の中に残っていたとしても子宮を摘出しているわけですから、物理的に卵巣と膣は繋がっていないはずなので発情によって膣から出血があるというのはかなり矛盾があります。 よく聞く失敗例は卵巣だけを摘出する避妊手術で卵巣が取りきれていなかった場合などはまた発情で出血することがあります。 いずれにせよそれらの事から病院で相談してみて、費用を負担しろと言われれば違う病院で再手術すると言ってみましょう。 その際に子宮や卵巣が残っていれば医療ミスが実証できるわけです。 これが実証できれば裁判になっても勝てますので有利に交渉が出来ると思います。 医療ミスであれば検査費用や当時の手術代金や慰謝料も含めて返却を求める事が出来ます。 A ベストアンサー 犬の種類にもよりますが、柴くらいの大きさの子では、1週間から2週間、長い子だと3週間くらいは発情出血が見られます。 最初の1週間は、メスが妊娠可能な時期ではないので、オスを避けますが、出血の色が薄めになってきたころ、(1週間から2週間)の時期が妊娠しやすい時期なので、オスにもそれをアピールするようになります。 オスの方も、生理になっているメスのおしっこの匂いとかおしりの匂いで発情しますので、お散歩の時は十分に注意して下さい。 オスはメスの発情のせいで一晩中鳴いて寝れない子もいるくらいです。 だいたい1ヶ月くらいはちょっといつもと様子が違うと思いますが、食欲や元気があるようなら、そのままでも良いと思います。 陰部の腫れは、生理が終わってしばらくすると元に戻ります。 その間に、本人(犬)が舐めてしまうと、赤くなってしまうこともありますが。 気にしなくても大丈夫だと思います。 また、生理の時期は、子宮の入り口が開いているので、感染を起こしやすくなります。 おしっこの回数が増えることも見られますが、あまりにも頻繁だったり、血尿になっていたら、病院へ行って、膀胱炎になってないかどうか診てもらうことも必要ですね。 その他、なにか気になることがあれば病院へ行って見てもらって下さい。 犬の種類にもよりますが、柴くらいの大きさの子では、1週間から2週間、長い子だと3週間くらいは発情出血が見られます。 最初の1週間は、メスが妊娠可能な時期ではないので、オスを避けますが、出血の色が薄めになってきたころ、(1週間から2週間)の時期が妊娠しやすい時期なので、オスにもそれをアピールするようになります。 オスの方も、生理になっているメスのおしっこの匂いとかおしりの匂いで発情しますので、お散歩の時は十分に注意して下さい。 オスはメスの発情のせいで一晩中鳴いて寝れない子もいる... A ベストアンサー うちのこにはヒト用の紙おむつをはかせてます。 市販の犬用生理パッドは、どうしてもなめようとするので、ずれてしまうし、値段も高いです。 おしっこはそのままさせられます。 その子のする量によるでしょうが、1日分くらいは1つのおむつで大丈夫かと。 うんちだけは、様子でわかるので急いで脱がせます。 ヒートが始まると大量にしっぽ穴加工してストックします。 ヒートじゃなくても、お呼ばれした時や人混みに連れ歩くとき、車に乗せるときなどあるので おむつをいつもお散歩バッグに入れておくと使えますよ。 このやりかたはいかがです? A ベストアンサー こんにちは。 我が家にも生後4ヶ月の子犬がいます。 私も子犬を迎えて2週間目くらいの時はケージ外のトイレについて悩んでいました。 我が家の子犬も来た時からケージ内にいる時のトイレは完璧でしたが 外に出すとあちこちにするんですよね。。。 ティッシュと消臭スプレーが手放せませんでした>< 犬は寝床から離れた所でトイレをするのが習性なので ケージから外に出すとどこでもトイレ!って状態らしいです。 まずは外に出して遊んでいる時は目を離さない事。 基本ケージの外に出してる時間を15分~30分の間にして下さい。 ) 遊んでいてトイレをしたくなると床をクンクンと臭いますよね? その行為をしだすと一度ケージに入れます。 そしてケージに戻してトイレが出来たらオーバーなくらいに褒めて フードを1粒与えたり、外に出してあげたりします。 子犬の頃はトイレの回数も多いので覚えてくれやすいと思いますよ。 トイレトレーニングは失敗させない事が大切らしいです。 成功を繰り返して犬に自信をつけさせてあげると良いみたいなので サークルの外に出している時は目を離さないで子犬のトイレの前兆行動を見逃さないように頑張って下さい。 我が家の子犬はこの方法で大体1ヶ月くらいで8割の確率でケージの中のトイレに戻ってするようになりました。 質問者さんのところはまだ2ヶ月の子犬なので焦らず教えてあげてください。 赤ちゃんですから失敗は当たり前ですよ^^ これはケージの中に戻ってトイレをさせる場合になりますが、 宜しければ参考にして下さい。 こんにちは。 我が家にも生後4ヶ月の子犬がいます。 私も子犬を迎えて2週間目くらいの時はケージ外のトイレについて悩んでいました。 我が家の子犬も来た時からケージ内にいる時のトイレは完璧でしたが 外に出すとあちこちにするんですよね。。。 ティッシュと消臭スプレーが手放せませんでした>< 犬は寝床から離れた所でトイレをするのが習性なので ケージから外に出すとどこでもトイレ!って状態らしいです。 まずは外に出して遊んでいる時は目を離さない事。 基本ケージの外に出してる時間を15分~30... Q もうすぐ4ヶ月になるトイプードルです。 現在ケージ飼いで、一日に数回、トータル4時間弱リビングに出していますが、 ケージから出すと、とにかく落ち着きがありません。 じっとしていることはなく、常に何かを噛んでいるか、匂いを嗅ぎ回っているか、ものすごい勢いで走り回っています。 私が、ソファに座っているときなどは、背中を登って髪の毛を噛んだり、顔に飛びついたりと、犬が出ている間は、目が離せず何もできません。 留守番と就寝時以外は自由にさせたいと思っているのですが、今の状態のままでは出来そうにありません。 子犬のうちは、興奮しやすいと聞きますが、成長するにしたがって落ち着くものなのでしょうか? リビングに出す時間は、様子を見ながら、徐々に長くしていけばいいのでしょうか? A ベストアンサー おはようございます。 運動不足の様ですね。 自由奔放に動き回るので出せないと書いてございますが、逆です。 出さないから運動不足になって、ケージから出たら激しく動き回るのです。 飼い主ともっとコミニュケーションを持ちたいと思っている事が満たされない事で暴走してしまうのです。 元気で健康だと言う事です。 月齢からすると家のと同じくらいです。 家のも同様です。 遊びや運動が足りないと夜になって突如として走り出します。 それは、それは見ていてこっけいなくらいに走り回ります。 本来ケージ飼いは、運動が十分に足りている場合の飼い方です。 朝夕の散歩と運動を十分にさせた上での方法です。 月齢と犬種からしてそう運動量も大した事はありませんので、十分に相手をしてやれば収まります。 此れをしないと今後の事で心配な事が増えてきますし、ますます手がつけられなく成る事は間違いありません。 遊びと言うのは、大事なコミニュケーションですし、躾や訓練のために欠かせない要素です。 長い時間一人遊びをさせていると、まったく言う事を聞かない状態になることも多いです。 その時は、手がかからず楽だと思いますが、後になってどうし様も無い状態に陥る事が多いです。 今のうちに飼い主の監督下で遊ばせる様にした方が良いと思います。 月齢が進み運動が足りていれば落ち着きます。 生活にメリハリをつけることで犬も理解します。 遊ぶ時間だとか今は駄目だとか解るようになります。 おはようございます。 運動不足の様ですね。 自由奔放に動き回るので出せないと書いてございますが、逆です。 出さないから運動不足になって、ケージから出たら激しく動き回るのです。 飼い主ともっとコミニュケーションを持ちたいと思っている事が満たされない事で暴走してしまうのです。 元気で健康だと言う事です。 月齢からすると家のと同じくらいです。 家のも同様です。 遊びや運動が足りないと夜になって突如として走り出します。 それは、それは見ていてこっけいなくらいに走り回ります。 本来ケージ飼... A ベストアンサー 保護犬のボランティアをしている経験からお話します。 基本的には室内飼育の犬であっても、首輪の常時着用を勧めています。 というのは、2番の方が書いておられるように、何が起きるか分からないからです。 年間を通して、迷子になる犬の数は少なくありません。 そして、見つかる子は、ほぼ確実に迷子札を付けています。 散歩時に迷子になるだけでなく、雷や大きな音に驚いて家の中から飛び出してしまったというケースもあります。 滅多に起きないことであっても、万が一のことがあったときに、哀しい思いをするのは自分と犬です。 ですので、飼主の名前と電話番号を書いた迷子札の付いた首輪をひとつ常時着用しているようにすることです。 散歩時には、その首輪とは別の首輪、もしくはハーネスにリードをつけて行くようにします。 そうすれば、万が一、首輪抜け、ハーネス抜けをしてしまった場合でも、迷子札のついた首輪だけは体に残ることになり、保護してくださった方も連絡しやすくなります。 つい最近も、友人の犬がそれで見つかりました。 迷子札は札である必要はありません。 首輪に直接書き込んであるものでもだいじょうぶです。 ご検討ください。 保護犬のボランティアをしている経験からお話します。 基本的には室内飼育の犬であっても、首輪の常時着用を勧めています。 というのは、2番の方が書いておられるように、何が起きるか分からないからです。 年間を通して、迷子になる犬の数は少なくありません。 そして、見つかる子は、ほぼ確実に迷子札を付けています。 散歩時に迷子になるだけでなく、雷や大きな音に驚いて家の中から飛び出してしまったというケースもあります。 滅多に起きないことであっても、万が一のことがあったときに、哀しい思いを...

次の

犬の去勢手術後の経過(痛みや腫れ,食欲や元気など)について!

犬 避妊手術後

タップできる目次• 柴犬あずはなが避妊手術をした理由(前置き) 訪れた変化の前に、前提条件として書いておいた方が良いかなと思うので、「なぜ避妊手術をしたのか」について書きます。 簡単に言うと将来の病気リスクを減らすためです。 避妊手術をすることによって防げる、それなりに深刻な病気があるということを説明されて、手術をすることにしました。 他、発情期のストレスを減らすですとか、出血の問題とかもありますが、基本的には将来の病気リスクを減らすということが避妊手術をした理由になります。 また、 花については保護犬として迎え入れるにあたって「避妊手術をすること」が条件となっていました。 花は繁殖犬でしたから、万が一新しい保護先でも同じように扱われることがないようにとの配慮だと思います。 避妊手術は賛否両論で、素人の自分には是非がわかりませんが、夫婦で色々考えた上での結論です。 今はまったく後悔はしていません。 柴犬あずはなが避妊手術をしたタイミング(前置き) 避妊手術のため病院へ行く車中のあずき 前置きの二つ目として、あずきと花が避妊手術をしたタイミングについてです。 あずきは生後約半年で手術をしました。 動物病院で推奨されたタイミングだと思います。 花については、我が家に来てから約3か月後、年齢は2歳の終わり頃に避妊手術をしています。 10月の終わりに我が家の一員になった花。 「年末年始くらいはゆっくりさせてあげたいね」という謎の配慮からのタイミングでした。 柴犬あずきに避妊手術後に訪れた変化 さてようやく本題です。 まずはあずきに訪れた変化から。 あずきは避妊手術をした後から、一切家の中でトイレをしなくなりました。 これは避妊手術が理由かどうかはわかりません。 ただ、避妊手術後、エリカラをしながら家の中で突然お漏らしをした後、一切家の中でトイレをしなくなったのです。 (一度だけ、花が我が家に来たその瞬間になぜか突然ウンチをしたという例外はありますが・・) どうも避妊手術後はホルモンの関係で失禁をすることがあるようなのですが、 あずきの場合はこの一度だけあった失禁がトラウマでトイレに対して何か気持ちの変化があったのでしょうか。 また、エリザベスカラーをしていて、トイレがうまくできなかったというのも、家の中でトイレをしなくなったことと関係があるのかもしれません。 柴犬花に避妊手術後に訪れた変化 花は避妊手術後太りました。 これも避妊手術が原因かはわかりません。 避妊手術後一気に増えたわけでもないのですが、気がつくと8キロ台だった体重が3年をかけて10キロを超えてしまいました。 花は避妊手術をするタイミングではすでに成犬でした。 基本的に成長は止まっていたはずなのですが・・・。

次の