コロイド ヨード。 コロイドヨード(有機性ヨード)療法の有効性について

がん患者を救いたい男の強い思いが「コロイド化ヨウ素水」を引き寄せた

コロイド ヨード

ヨード(ヨウ素)は抱きつき元素と言われ、たくさんの元素とくっつきやすい性質があります。 これが体内に取り込まれると「コロイドタンパク質」へと変化します。 がんやウイルスなどの病気の細胞や有害細胞は、タンパク質を栄養素として取り込みます。 特に悪性度の高い細胞は、成長するために栄養を求めて糖・タンパクを吸収していきます。 そのため正常細胞が栄養不足になってしまい、免疫力が低下し、どんどん悪い細胞がのさばることになります。 このコロイドタンパク質も、通常のタンパク質として悪性細胞に素早く取り込まれます。 こうしてコロイドヨードを取り込んだ病気細胞や有害細胞は、ヨード特有の作用によって、細胞の核が破壊されます。 そして病気細胞や有害細胞は死滅し、最終的にヨウ素と共に体外に排出されるのです。 コロイドヨード 外科療法(手術) 放射線治療 化学療法 治療方法 内服・点滴・吸入 がんの患部を直接切除 がん細胞に放射線を当て死滅 抗がん剤によりがん細胞の活動を抑制 治療対象 全身 局所 局所 局所 デメリット/リスク ほぼ無い ・痛みを伴う ・時間が経つと再発・転移の可能性が増大することがある ・切除が難しい部位がある ・適用不能ながんがある ・正常細胞にも大きなダメージを与える ・強い副作用がある ・治療を行う医師の技量に左右されやすい ・正常細胞も殺してしまうことが多い ・副作用が強く、寿命を縮める可能性がある ・期待するほど効果が出ないケースが多い メリット/特長 ・がん細胞だけを死滅し、弱っている細胞を活性化する ・副作用がほぼない。 ・2時間しか体内に蓄積しない 初期のがんに対して有効 早期がんや外科療法が困難な部位に対して有効 絨毛がん、急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、睾丸腫瘍などに有効性が高い.

次の

MEDIARTCLINIC(メディアートクリニック)

コロイド ヨード

コロイドヨード療法の評判を知って、「試してみたい!」と感じている方もいると思います。 また、「副作用は大丈夫なの?」と心配に思う方もいる思います。 ここでは、コロイドヨードの効果と副作用について説明します。 コロイドヨードで改善が期待できる症例 コロイドヨードは、がん治療で使用されることが多いですが、 悪性細胞のみを選択して攻撃するという性質のため、がんだけでなく多くの病状に有効です。 またヨードは、 正常細胞を活性化する効果があり、 「デトックス、体質改善、活性酸素除去、血流改善、免疫力アップ」 の効果があります。 このため、病気の治療だけでなく、予防や健康の維持をももたらしてくれます。 また、コロイドヨードは 耐性がないので効きづらくなることはありません。 長期間・何回服用しても、初回と効き目は変わりません。 同じ効果が期待できます。 【改善が期待できる病状】 ・末期がんを含む各種がん ・血障害 脳・心臓など ・自己免疫疾患・アレルギー疾患 ・ウイルス性疾患 エイズ含む ・てんかん等の脳疾患 ・糖尿病、腎臓病 ・その他難治性疾患 コロイドヨードの副作用 治療にあたり心配になるのが副作用です。 コロイドヨードは服用後、2時間程度で体外に排出されるため、蓄積する心配がなく副作用の心配はありません。 このため、服用治療は2時間毎に服用する必要があります。 ただし、以下のような副反応 好転反応 はあります。 発熱・湿疹・リンパ節の腫れ・下痢・局所の痛み・腫瘍マーカー値の急激な上昇 コロイドヨードは悪性細胞に対してのみ作用し正常な細胞は傷つけません。 この性質から、今まで改善が困難だった難病の代替医療として注目されています。 禁忌:甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は服用できません。 本サイトの記事は、の研究・実績をもとにしたものであり、「コロイドヨード」の名称にて一般販売されているものとは一切関係ありません。

次の

コロイドヨード水は癌に効果があるのでしょうか? クリニックや通販でも...

コロイド ヨード

MKヨード療法 MKヨードとは、元素であるヨード(ヨウ素)を水素と結合させることにより、 ヨードが持つ毒性をなくし、細胞が利用できるようにしたものです。 日本では、ほとんど無名ですが、今、世界各国が注目している治療法です。 各種がん(余命宣告された患者さんも適応となります。 血管障害(脳・心臓など)• 自己免疫疾患、アレルギー疾患• ウイルス性疾患(エイズを含む)• てんかん等の脳疾患• 病気の予防 などに効果を発揮しています。 内服(飲用)、注射、吸入などの使用法があります。 現在、アメリカ、韓国などで、MKヨードを使った治療が開始されています。 ヨード治療の有利な点• がん細胞のみを殺すことができる• 正常細胞を傷つけない• 副作用がない• ほとんどの抗がん剤には耐性があります。 ヨード製剤における、厚生労働省の見解• ヨード製剤は、医師しか取り扱うことができない。 医師がヨード製剤をつくり、自分のクリニックに来院する患者に、十分な説明をして、患者が納得した上で、使用するのは問題ない。 対面したことがない人への販売は違法である。 (インターネット販売などは、許可しない。 ヨード製剤をつくった医師は、他の医師に販売してはならない。 となっております。 インターネット販売や、素人による販売は違法ですので、ご注意くださいますようお願い申し上げます。 その他の治療法.

次の