同人 ゲーム セーブ データ。 セーブデータのページ−同人ソフト−あ〜お

Savedata

同人 ゲーム セーブ データ

A ベストアンサー >ゲームによってやり方が変わって来るのでしょうか? ほとんどの場合、NO. 1様の仰るような独立したセーブデータの方式を取っているはずですのでインストールフォルダ(セーブデータの入っているフォルダ)さえ見つかればコピー可能と思われます。 <基本的なやり方> 1.インストールフォルダからセーブデータと思われるフォルダを見つける(大体の場合「save」とか「savesata」みたいな名前のハズ)。 2.適当な移送手段(CD、フラッシュメモリ、外付けHDDなどデータ移送できる媒体)にセーブデータをフォルダ丸ごとコピーする。 3.新PCにそのゲームをインストール。 4.新PCの『ゲームをインストールしたフォルダ』内にあるセーブデータフォルダに上述2番でコピーしたデータを上書きする。 この時、インストールされたフォルダと同じ名前のフォルダを旧PC内で検索すれば見つかると思います。 >ゲームによってやり方が変わって来るのでしょうか? ほとんどの場合、NO. 1様の仰るような独立したセーブデータの方式を取っているはずですのでインストールフォルダ(セーブデータの入っているフォルダ)さえ見つかればコピー可能と思われます。 <基本的なやり方> 1.インストールフォルダからセーブデータと思われるフォルダを見つける(大体の場合「save」とか「savesata」みたいな名前のハズ)。 2.適当な移送手段(CD、フラッシュメモリ、外付けHDDなどデータ移送できる媒体)にセーブデー... A ベストアンサー 元のPCにプリインストールされているアプリケーションを、新しいPCにインストールするというのは、多くの場合、『ライセンス違反』になりますので、諦めてください。 また、『ライセンス』上問題が無い場合でも、インストール用プログラムが無い場合には、非常に難しいです。 インストール用プログラム(多くの場合"setup. exe")によってインストールするアプリケーションの場合、 キャビネットファイル ". オンラインゲームはキャラの位置情報・ステータス・セーブデータなどが運営会社の設置しているサーバーに保存されています。 クライアントがこれらのデータをサーバーから読み込むことでゲームをプレイ出来ます。 この方式の特徴はクライアントをインストールしたパソコンなら世界中のどこからでも同じセーブデータでゲームをプレイ出来ることですね。 4の方が触れているので私もこの部分に関して補足を。 私はオンラインゲームのクライアントを持ち運んでいると言いましたが、USBメモリ内からの起動はやっていません。 HDDにクライアントをコピーしてからプレイしています。 理由はUSBメモリのデータ転送速度は非常に遅いからです。 USB2. これらの速度差がどのくらい影響するのかはゲームの種類によって違いますが、実際に試してみればロード時間が長くなっていることを確認できるはずです。 オンラインゲームはキャラの位置情報・ステータス・セーブデータなどが運営会社の設置しているサーバーに保存されています。 クライアントがこれらのデータをサーバーから読み込むことでゲームをプレイ出来ます。 この方式の特徴はクライアントをインストールしたパソコンなら世界中のどこからでも同じセーブデータでゲームをプレイ出来ることですね。 A ベストアンサー そのソフトがOS等に依存して動作する場合、USBに入れても起動しない可能性のほうが高いです。 また、USBメモリにインストールしたときに使用したPCでプレイできたとしても、他のPCで動作はしないと思います。 ハードウェアの接続状態やHDDのパーティションによって、ドライブレターが変わるので、起動できないと思います。 一応、やり方としては、インストールする際にインストール先を聞いてくると思いますので、そのときにUSBメモリを指定すればいいだけです。 それと、USBメモリは何の処理もしません。 転送速度のことならUSB3. 0が転送速度が速いですが、PC側が3. 0に対応していなければ意味が無いです。 A ベストアンサー 厳密には、「OSの入っているHDDとは別のバスを通るHDDに入れたほうが良い」ですね。 今はSATAが主流なのでそのあたりは余り気にする必要は無いのかも知れませんが。 ただ、これには今ではパソコンオタクのおまじない的な意味合いが強い気がします。 という発想の元出てきた話ですね。 まぁ、総じて言えるのは、外付けHDDにはインストールしないほうが良いということだと思います。 はっきり言って、一般人にとってはおまじない的な話なので、「UBS接続等の外接HDDを避ける」程度の認識で良いです。 自分も、昔から弄ってる人なので、OS用に小容量のHDDを一台、別のバスでアプリケーション用にHDD一台 (どちらも内臓型)という構成にしてはいますが、ゲーム類は種類に関係なく、すべてアプリケーション用HDDにインストールしています。 またオンラインゲームに関してですが、これは、インストールの際、アップデートプログラムとかライブラリとか一部のファイルが、OSの入っているドライブに強制的にインストールされるからという理由からではないかと推測しますが、実際のところアプリケーションというのは、大抵の場合、一部のライブラリ等をOSのあるドライブにインストールするものなので、そういう意図で言われているのであれば、眉唾物ですね。 なので、結局のところ、貴方が管理しやすいフォルダ構成にするのが一番良いです。 厳密には、「OSの入っているHDDとは別のバスを通るHDDに入れたほうが良い」ですね。 今はSATAが主流なのでそのあたりは余り気にする必要は無いのかも知れませんが。 ただ、これには今ではパソコンオタクのおまじない的な意味合いが強い気がします。 という発想の元出てきた話ですね。 まぁ、総じて言えるのは、外付けHDDに...

次の

同人ゲームの再ダウンロードについて質問です。自分がプレイし...

同人 ゲーム セーブ データ

「Nintendo Switch Online」は、Nintendo Switchでのオンラインプレイや厳選された懐かしのゲームが楽しめる有料サービスです。 『オンラインプレイ』:オンラインプレイ対戦や協力など、インターネットを通じたオンラインプレイが楽しめます。 『ファミリーコンピュータ 』:いろんなファミコンゲームを手軽にお楽しみいただけます。 『セーブデータお預かり』: Nintendo Switch本体内のセーブデータをインターネット経由でお預かりします。 万一の故障時にもデータの消失を防げます。 一部のソフトを除く• 『Nintendo Switch Onlineのスマートフォン向けアプリ』: オンラインプレイがもっと楽しくなるスマートフォン向けアプリが利用できます。 本商品は1つのニンテンドーアカウントで利用するための『Nintendo Switch Online 個人プラン』の利用券です。 オンラインコード版ゲームソフトについて:本製品はダウンロード番号のみのご提供となります。 カセットやパッケージは付属しません。 ご購入・ご利用の際の注意事項 オンラインコードは購入後すぐにご確認いただけます(予約商品を除く)。 注文を確定すると、コードは に表示されます。 ソフトのダウンロードには、Nintendo Switch本体とインターネット環境が必要です。 ダウンロード番号 16ケタの英数字 を、Nintendo Switchのニンテンドーeショップで入力すると、1台のNintendo Switch本体にソフトをダウンロードして遊ぶことができます。 ニンテンドーeショップで配信が開始されるまでソフトはダウンロードできません。 ダウンロード番号 16ケタの英数字 の有効期間は購入の150日後までです。 必ず購入後150日以内にダウンロードしてください。 再ダウンロードできる期間やソフトを遊べる期間ではありません。 ダウンロード番号に関する詳しい情報は任天堂ホームページのサポート情報ページをご覧ください。 nintendo. html.

次の

Yahoo!ゲームプラス終了にともなうゲームデータ引き継ぎのご案内

同人 ゲーム セーブ データ

A ベストアンサー >ゲームによってやり方が変わって来るのでしょうか? ほとんどの場合、NO. 1様の仰るような独立したセーブデータの方式を取っているはずですのでインストールフォルダ(セーブデータの入っているフォルダ)さえ見つかればコピー可能と思われます。 <基本的なやり方> 1.インストールフォルダからセーブデータと思われるフォルダを見つける(大体の場合「save」とか「savesata」みたいな名前のハズ)。 2.適当な移送手段(CD、フラッシュメモリ、外付けHDDなどデータ移送できる媒体)にセーブデータをフォルダ丸ごとコピーする。 3.新PCにそのゲームをインストール。 4.新PCの『ゲームをインストールしたフォルダ』内にあるセーブデータフォルダに上述2番でコピーしたデータを上書きする。 この時、インストールされたフォルダと同じ名前のフォルダを旧PC内で検索すれば見つかると思います。 >ゲームによってやり方が変わって来るのでしょうか? ほとんどの場合、NO. 1様の仰るような独立したセーブデータの方式を取っているはずですのでインストールフォルダ(セーブデータの入っているフォルダ)さえ見つかればコピー可能と思われます。 <基本的なやり方> 1.インストールフォルダからセーブデータと思われるフォルダを見つける(大体の場合「save」とか「savesata」みたいな名前のハズ)。 2.適当な移送手段(CD、フラッシュメモリ、外付けHDDなどデータ移送できる媒体)にセーブデー... A ベストアンサー 元のPCにプリインストールされているアプリケーションを、新しいPCにインストールするというのは、多くの場合、『ライセンス違反』になりますので、諦めてください。 また、『ライセンス』上問題が無い場合でも、インストール用プログラムが無い場合には、非常に難しいです。 インストール用プログラム(多くの場合"setup. exe")によってインストールするアプリケーションの場合、 キャビネットファイル ". オンラインゲームはキャラの位置情報・ステータス・セーブデータなどが運営会社の設置しているサーバーに保存されています。 クライアントがこれらのデータをサーバーから読み込むことでゲームをプレイ出来ます。 この方式の特徴はクライアントをインストールしたパソコンなら世界中のどこからでも同じセーブデータでゲームをプレイ出来ることですね。 4の方が触れているので私もこの部分に関して補足を。 私はオンラインゲームのクライアントを持ち運んでいると言いましたが、USBメモリ内からの起動はやっていません。 HDDにクライアントをコピーしてからプレイしています。 理由はUSBメモリのデータ転送速度は非常に遅いからです。 USB2. これらの速度差がどのくらい影響するのかはゲームの種類によって違いますが、実際に試してみればロード時間が長くなっていることを確認できるはずです。 オンラインゲームはキャラの位置情報・ステータス・セーブデータなどが運営会社の設置しているサーバーに保存されています。 クライアントがこれらのデータをサーバーから読み込むことでゲームをプレイ出来ます。 この方式の特徴はクライアントをインストールしたパソコンなら世界中のどこからでも同じセーブデータでゲームをプレイ出来ることですね。 A ベストアンサー そのソフトがOS等に依存して動作する場合、USBに入れても起動しない可能性のほうが高いです。 また、USBメモリにインストールしたときに使用したPCでプレイできたとしても、他のPCで動作はしないと思います。 ハードウェアの接続状態やHDDのパーティションによって、ドライブレターが変わるので、起動できないと思います。 一応、やり方としては、インストールする際にインストール先を聞いてくると思いますので、そのときにUSBメモリを指定すればいいだけです。 それと、USBメモリは何の処理もしません。 転送速度のことならUSB3. 0が転送速度が速いですが、PC側が3. 0に対応していなければ意味が無いです。 A ベストアンサー 厳密には、「OSの入っているHDDとは別のバスを通るHDDに入れたほうが良い」ですね。 今はSATAが主流なのでそのあたりは余り気にする必要は無いのかも知れませんが。 ただ、これには今ではパソコンオタクのおまじない的な意味合いが強い気がします。 という発想の元出てきた話ですね。 まぁ、総じて言えるのは、外付けHDDにはインストールしないほうが良いということだと思います。 はっきり言って、一般人にとってはおまじない的な話なので、「UBS接続等の外接HDDを避ける」程度の認識で良いです。 自分も、昔から弄ってる人なので、OS用に小容量のHDDを一台、別のバスでアプリケーション用にHDD一台 (どちらも内臓型)という構成にしてはいますが、ゲーム類は種類に関係なく、すべてアプリケーション用HDDにインストールしています。 またオンラインゲームに関してですが、これは、インストールの際、アップデートプログラムとかライブラリとか一部のファイルが、OSの入っているドライブに強制的にインストールされるからという理由からではないかと推測しますが、実際のところアプリケーションというのは、大抵の場合、一部のライブラリ等をOSのあるドライブにインストールするものなので、そういう意図で言われているのであれば、眉唾物ですね。 なので、結局のところ、貴方が管理しやすいフォルダ構成にするのが一番良いです。 厳密には、「OSの入っているHDDとは別のバスを通るHDDに入れたほうが良い」ですね。 今はSATAが主流なのでそのあたりは余り気にする必要は無いのかも知れませんが。 ただ、これには今ではパソコンオタクのおまじない的な意味合いが強い気がします。 という発想の元出てきた話ですね。 まぁ、総じて言えるのは、外付けHDDに...

次の