ペイペイ ボーナス ライト 上限。 ご利用上限金額について

yahooショッピングのpaypayのポイント付与が複雑でわかりません。

ペイペイ ボーナス ライト 上限

ヤフーショッピングのPayPayの付与上限の説明が全然分かりません。 説明と違うケースが多いのは何故ですか? どこが付与上限に該当しますか? 説明と違うケースが多いのは何故ですか? (回答) 「PayPay残高支払い」はその名の通り決済時にお持ちのPayPayポイントで決済しないと付与されません。 「ストアポイント」は必ず1%分は付与されますよ。 ただしTポイントで付与されるのでTポイントの通帳を確認してみてください。 ヤフー側の見せ方の問題で、少しでもお得感を出すためにやってると思われます。 ただし開催日毎なので毎週日曜日の付与上限が1000円です。 どこが付与上限に該当しますか? ショッピング、PayPayモールでの注文月の上限は1人あたり15,000円相当までです。 獲得上限を超えている場合は、獲得内訳で表示されていても付与されません。 別です。 非常にわかりにくいです。 多分ヤフー内の関係者でこれを理解している人は一部の関係者だけだと思います。 店舗の方もわからない方が多いと思いますよ。 内容を複雑化して、ポイントはめっちゃついてるように見せて実際はあまりつかないっていう風に見せてる感があります。 ちなみに・・・・ お得に買う方法としては 高額商品買うなら 5のつく日に倍倍ストアに参加しているストアだとポイントはめっちゃつきます^^ 10000円以下の商品を買うなら 11、22日のゾロ目の日クーポンで値引きして買うなど ポイントだけでなく、クーポンにも目を向けてみるのもいいですよ^^ キャンペーンまとめページ:.

次の

PayPay連携でよくあるご質問・FAQ

ペイペイ ボーナス ライト 上限

100億円キャンペーンで一気に有名になったRQ決済アプリ「PayPay ペイペイ 」ですが、100億円第二弾が終了して失速するかと思いきや、勢いはとどまる事を知りませんね。 自分もPayPayを最近使い始めましたが、「ワクワクPayPay」や「5の付く日のYahooショッピング」など、かなり日常生活で節約に貢献してくれています。 しかしPayPayのポイントって実は種類が複数あり、「有効期限の有無」や「反映 付与 までのタイムラグ」もPayPayポイントの種類によって異なり、かなり分かりにくいです。 今回はPayPayのポイント『PayPayボーナスライト』『PayPayボーナス』『PayPayマネーライト』について特長を解説していきますよ。 また2019年9月末より登場する『PayPayマネー』についても触れていきます。 PayPayの残高ポイントは3種類ある!有効期限といつ付与されるかが異なる PayPay ペイペイ を使ったことがある人なら気が付くかと思いますが、 PayPayの残高ポイントは実は複数の種類があります。 この他のPayPayユーザーに送金する「PayPay残高を送る機能」や「わりかん機能」にも使えるポイントです。 キャンペーンや還元で貰える『PayPayボーナス』『PayPayボーナスライト』は翌月20日前後に貰える! 対して、PayPayの様々なキャンペーンで付与・還元される特典としてのポイントは、名前の通り『PayPayボーナス』か『PayPayボーナスライト』のどちらかになります。 どちらのボーナスポイントもキャンペーンなどで付与や還元が確定した時には付与されず、翌月の20日前後に付与されます。 『PayPayボーナス』と『PayPayボーナスライト』の 違いはズバリ有効期限の有無で、無期限で使える『PayPayボーナス』に対して『PayPayボーナスライト』は付与の翌日から60日間以内に使わないと失効してしまうので要注意です。 PayPayボーナスライトの有効期限の詳細に関しては、以下のPayPay公式ページで補足されているので気になったらご確認を。 参考: PayPayポイントが消費される優先順位について 特に有効期限のある「PayPayボーナスライト」は、付与から60日後には消滅してしまうので優先的に使いたいところ。 でも安心してください。 今までPayPay残高は払い出し不可能でしたが、『PayPayマネー』は払い出し可能なPayPay残高ポイントとなります。

次の

PayPay連携でよくあるご質問・FAQ

ペイペイ ボーナス ライト 上限

それではPayPay(ペイペイ)残高の確認方法ですが、 まずは基本画面の下の「残高」を選択。 すると以下のような画面になるので、「内訳をみる」を選択。 すると先ほどご紹介した画面になります。 私の実際の画面ですが、1月4日現在のPayPay残高はPayPayライトの3,760円です。 これが1月10日には3,541円がPayPayボーナスへと加算され、合計で7,301円となる予定です。 私は残念ながら全額還元には当たらなかったし、たいして高額な商品を購入しなかったのでしみったれた金額となっています・・・。 PayPay(ペイペイ)残高の使い方&事前確認 さて、PayPay(ペイペイ)残高の使い方ですが、事前の設定をきちんとしておけば普通に店舗で支払いは「ペイペイで」と言って決済をすればいいだけです。 その際に必要な設定としては、支払いの方法をPayPay残高を指定しておくことです。 確認方法(PayPay残高から支払い) アプリの基本画面の右下の「コード支払い」を選択。 すると支払いの画面になりますので、バーコード&QRコード下の「お支払い方法」を確認してください。 ここが「PayPay残高」になっていれば残高から支払いがされます。 ただし、後述しますが条件があります。 もしこちらが以下のようにクレジットカードになっていたら「支払い方法」を選択して、変更をしましょう。 支払い方法を選択すると、PayPay残高か事前に設定したクレジットカードが選択できますので、こちらで「PayPay残高」を設定しましょう。 以上を行なっておけば支払いはまずはPayPay残高からされます。 スポンサーリンク PayPay(ペイペイ)残高の使用上の注意点 PayPay残高使用上の注意 PayPayで支払う際の大原則ですが、 複数の支払い方法を併用して利用することができません!! つまりどういうことかというと、 支払い時にPayPay残高が足りない場合に足りない分はクレジットカード払いができないということです。 購入金額以上の残高がある場合のみ、PayPay残高での支払いが可能です。 ちなみにPayPay残高での支払い設定をしているのに、残高不足している場合は、全額が優先的に以下の順番で支払われます。 マネー、それも残高が不足していたらクレジットカード払いとなります。 ちなみにクレジットカードの設定をしていない場合には当然ながら決済ができません。 銀行口座からチャージを行う必要があります。 チャージについてはYahoo! カードでの可能ですが、Yahoo! このことを理解していないと、PayPay残高から支払いをしようとしてもクレジットカード払いとなってしまうケースが出てきてしまいます。 なので、決済する前には購入金額とPayPay残高をよく確認して、もしPayPay残高を使い切りたいのであれば事前にチャージをしておいた方がいいでしょう。 PayPay残高チャージ方法 チャージについては、事前に設定した銀行口座かYahoo! カードで可能です。 チャージ方法はまず基本画面下の「残高」を選択して、残高画面を表示させます。 残高の左下に「残高にチャージ」とありますので、そちらを選択。 すると、以下の画面が出てきますので、金額を入力して「チャージ」を選択すればPayPayライトとして残高にチャージされます。 PayPay残高へのチャージ方法の変更はいかに枠に「ヤフーカード」か「銀行口座」の表示がありますので、そちらを選択すると、チャージ方法の選択ができますので「チャージする」を選択する前に選んでおきましょう。 上記の通りで、PayPay(ペイペイ)残高には銀行口座かYahoo! カードでのチャージが可能です。 どちらが得かといえば、Tポイントが100円で1ポイント貯まるのでYahoo! カードでのチャージをお勧めします。 PayPay(ペイペイ)残高の使用時のまとめ 2019年1月10日には100億円分のPayPay残高がばら撒かれます。 せっかく還元された金額なので使わない手はないと思いますが、有効期限はPayPay残高の増減があってから2年ですので、何もしなくても2年は失効しません。 なので、利用に再してはそれほど焦らなくてもいいのかなと思います。 ただ、ビックカメラなどが畳み掛けてくるような気がしますので、飲まれないように。 また、PayPay(ペイペイ)は悪用が多発したということで、対策としてクレジットカード払いの際には5万円を上限とした利用制限がされていますが、PayPay残高からの支払いについては適用外なのでご安心ください。 10万円が還元される方は10万円を一気に使うことが可能です。 ただし、その際にはきちんと支払い金額とPayPay残高を確認してクレジットカード払いにならないように気をつけましょうね。 私は還元額が3,500円ほどですので、ファミリーマートなどでちまちまと使おうと思います。

次の