ソリオ フル モデル チェンジ。 スズキ ソリオ 2020年7月の目標値引き相場は?

スズキソリオ、ソリオバンディットを徹底解説!!おすすめグレードは?グレードの違いは?中古車は?

ソリオ フル モデル チェンジ

後部座席は広くても落ち着かない印象だった• 後部座席の突き上げ感が意外と強かったので残念だった• 後部座席の衝撃は大きいものの、助手席の乗り心地は最高だった 後ろの席に座る人にとっては不快感を覚えやすく、ソリオのデメリットの一つなのではないでしょうか。 ソリオの静粛性について ソリオはバンパー形状など細かい部分にも拘りを見せており、風騒音の低減を図っているので静粛性が以前にも増して向上しております。 恐らく、コンピュータを使った解析に加えて風洞実験を繰り返し、スポイラーの形状も検討して空気抵抗の低減を図っているのが静粛性が良いと言われている大きな理由です。 試乗するシチュエーションやタイヤのコンディションによって変わるので一概には説明できません。 それでも、「パワーがある割には静かだった」「助手席の快感が凄くて別世界」「再始動も静かなので特に気にならない」という評価を得ておりました。 静粛性に関してはソリオは全く問題ありませんし、静かに快適に運転できる仕様になっているのです。 ソリオの足回りのスペック メーカー発表のソリオ足回りのスペックです。 Fブレーキ ベンチレーテッドディスク Rブレーキ リーディング・トレーリング Fサスペンション マクファーソンストラット式コイルスプリング Rサスペンション トーションビーム式コイルスプリング(2WD車)、I. サスペンション形式はオーソドックスな組み合わせです。 オーソドックス故にダンパーやスプリングのセッティングは長年積み重ねてきた様々なデータから最適なセッティングが施されています。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

スズキ新型『ソリオ』!2021年にフルモデルチェンジ行われる?

ソリオ フル モデル チェンジ

スズキ 新型ワゴンR 一部仕様変更 新開発「R06D型」エンジン搭載 2020年1月20日発売 スズキは新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」 一部仕様変更を行い2020年1月20日発売する。 今回の一部仕様変更で、「前後の衝突被害軽減ブレーキ」「後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」をCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定した。 「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当。 新型ハスラー同様に、新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。 3kW(3. 9kW(2. 同時に「スイフトスポーツ」の改良も行われる。 2020年4月16日発売であったが「新型コロナウィルス(COVID-19)」の影響により延期となる。 スペック 新型バレーノ 全長 3,395mm 全幅 1,745mm 全高 1,470mm(SHVS車1460mm) ホイールベース 2520mm エンジン 直列3気筒 1. 0L ターボエンジン 「BOOSTERJET」 直列4気筒 1. ライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく伸びている。 スズキもミライースに負けない為にも初のマイナーチェンジを行う。 新型アルトでもレーダーブレーキサポートからレベルアップし「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載する。 安価なモデルが売りのアルトはエネチャージを搭載しているが、ラインナップを追加する形でSエネチャージモデルを追加する。 9kW(2. ベースとなる9代目新型アルトのフルモデルチェンジは2020年10月に発売する。

次の

2020年 スズキ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

ソリオ フル モデル チェンジ

スズキのソリオ・ソリオバンディットがマイナーチェンジでデュアルカメラブレーキサポートなどの安全装備が進化 スズキが販売するコンパクトカーのソリオ・ソリオバンディットは、2018年7月20日にマイナーチェンジの仕様変更を行い安全面やエクステリア面の強化を行いました。 すでに搭載しているデュアルカメラブレーキサポートが、夜間の歩行者にも対応できるようアップデートを行い、バック駐車での自動ブレーキも追加されました。 ほかにもアダプティブクルーズコントロールやハイビームアシストが追加され、サポカーSワイドに該当し、対歩行者への自動ブレーキ・ペダル踏み間違い時加速抑制装置・車線逸脱警報・先進ライトの全てを搭載する車種になりました。 ソリオ・ソリオバンディットに施されるマイナーチェンジでの仕様変更内容を解説します。 スズキ・ソリオの次期モデルは2020年~2021年夏頃に登場? スズキ・ソリオのフルモデルチェンジが早くて2020年内、あるいは2021年夏頃に行われるのではないかとの情報を入手しました。 コンパクトサイズながら広々とした車内空間を有する現行型ソリオは2015年に登場。 パワートレインについては、現行型ソリオと同様1. 2L NAエンジンや1. 2Lストロングハイブリッドに改良を加え性能アップを図るか、バレーノやクロスビーに搭載されている1. 0Lターボを採用する可能性もあります。 スズキ・ソリオに特別仕様車「GX2」「GX4」が新設定! スズキのソリオに便利な快適装備を備える特別仕様車「GX2」「GX4」が新登場 2019年7月11日、スズキ・ソリオの特別仕様車として、ベースモデルよりも快適装備を充実させつつも手頃な価格設定とした「GX2」「GX4」が発売されました。 「GX2」は2WD車、「GX4」は4WD車で、ベース車両にはソリオGスズキ セーフティ サポート装着車が使われています。 爽やかなホワイトルーフを備える2トーンカラーがオプションとして追加され、全部で7色のボディカラーがラインナップしています。 ショッピングや家族の送迎など様々なシーンで活躍してくれます。 また、ソリオGX2とソリオGX4は、安全装備として以下の機能を標準搭載しています。 全方位モニター用カメラはメーカーオプションで装備可能です。 全てのグレードにメーカーオプション設定となっている全方位モニター用カメラパッケージを装着し、ディーラーオプションのナビゲーションを組み合わせると、上空から見下ろしたような映像が映し出せ縦列駐車などが楽になります。 また、死角から近づいてくる人の存在を教えてくれる「左右確認サポート機能」があるので、バック駐車時での巻き込み事故の可能性を少なくしてくれます。 モニターだけを確認しながらの駐車は見落としの可能性もあるので、自分で目視しながら補助的にモニターを活用することが安全な駐車のコツになると考えます。 ソリオ・ソリオバンディットの一部改良で快適装備が拡充 ソリオやソリオバンディットの一部改良により、助手席シートヒーターが2WD車にも採用、ステアリングにもパドルシフトが追加され快適性が増すアップデートが行われました。 ソリオ・ソリオバンディットの快適性アップデート内容• 2WDのハイブリッド仕様車に助手席シートヒーターを採用• ハイブリッドの走行モードスイッチがステアリングホイールに移設• ソリオハイブリッドのMZ・SX・SZ、バンディットにパドルシフトを採用 特にソリオハイブリッドは助手席シートヒーター・走行モード切り替えスイッチの移設・パドルシフトの採用など快適装備がてんこ盛りで、お得感のあるモデルです。 走行モード切り替えスイッチの移設は、ソリオのハイブリッドSX・SZ、ソリオバンディットのSVだけですので注意が必要です。 ソリオ・ソリオバンディットの全グレードに標準装備されている安全・快適装備はコレだ! ソリオ・ソリオバンディットの全グレードに標準装備されている安全装備は「エマージェンシーストップシグナル」「車両走行安定補助システム」「オートライトシステム」「ヒルホールドコントロール」の4つです。 ソリオ・ソリオバンディットの主な安全・快適装備の標準搭載• エマージェンシーストップシグナル• ESP(車両走行安定補助システム)• オートライトシステム• ESPとも呼ばれている車両走行安定補助システムは、様々なセンサーにより車両の安定性をサポートするシステムで、車両コンピューターがエンジン制御やブレーキ制御を行い、横滑り防止装置によるカーブでのスリップやABSによるタイヤロックの防止をサポートしてくれます。 オートライトシステムは、センサーが周囲の明るさを判断して暗くなったと感じたら自動的にヘッドライトを点灯するシステムです。 エンジンを停止した時は消灯するのでライトの消し忘れによるバッテリー上がりを防ぐことができます。 オートマチック車の特徴でもあるクリープ現象と呼ばれるブレーキを離しても前に進む事象がありますが、急な坂道で停止した場合はクリープがあっても後ろにずり下がることがあります。 ヒルホールドコントロールを搭載することで、坂道での発進時に2秒間ブレーキをかけてくれるので、ずり下がりによる後続車への接触の可能性を下げてくれます。 ソリオ一部改良後の価格帯 2WD 4WD ハイブリッドSZ 2,219,800円 — ハイブリッドSZ・全方位モニターパッケージ装着 2,272,600円 — ハイブリッドSX 2,057,000円 — ハイブリッドSX・全方位モニターパッケージ装着 2,109,800円 — ハイブリッドMZ 1,991,000円 2,119,700円 ハイブリッドMZ・全方位モニターパッケージ装着 2,043,800円 2,172,500円 ハイブリッドMX 1,734,700円 1,863,400円 ハイブリッドMX・スズキセーフティサポート装着 1,822,700円 1,951,400円 ハイブリッドMX・セーフティ・全方位パッケージ装着 1,875,500円 2,004,200円 G 1,486,100円 1,614,800円 G・スズキセーフティサポート装着 1,574,100円 1,702,800円 ソリオバンディットはフロントフォグランプをLEDにするなど他車からの視認性と存在感が増すアップデート ガーニッシュがデザイン変更されアクティブな印象になったソリオバンディット ソリオバンディットは、フロントバンパー・フロントグリル・バックドアガーニッシュがデザイン変更され、フロントフォグランプがLEDに変更されるなど他車からの視認性も増して安全性が増しています。 明るいLEDフォグランプならいち早く他車や歩行者に気がついてもらえるので、自車の存在を教えることができ事故回避にも繋がります。 ソリオと同様に新色のクラレットレッドメタリック・ラッシュイエローメタリックが追加され、ブラック2トーンルーフと組み合わせると13通りのカラーラインナップがあります。 他にもボディカラーに新色を2色追加、エクステリアのフェイスリフトなどが行われ存在感が増した1台になりました。 一部改良後の価格帯は、ソリオで148万円から227万円、バンディットで198万円から226万円になっています。 ハイブリッドモデルは2WDのみですが、マイルドハイブリッドモデルでは4WDもラインナップしているので、雪が降る地域の人でも安心して購入できます。 さっそく新しいソリオの見積もりをとって、快適性や安全性が増した車へアップデートしましょう。

次の