ヤフオク 返金 申請。 ヤフオク/PayPayフリマ商品満足サポートを利用!申請と付与までの流れを解説

【報告】ヤフオク詐欺手口対応一部始終!商品が届かないので警察に行ってきたぞ!

ヤフオク 返金 申請

こんにちは! じょにです^^ ヤフオク!ストアでの購入者様とのやり取りには、「落札ナビ」を使用します。 ヤフオク!の場合の「取引ナビ」のようなものです。 私は元々ヤフオク!からスタートしましたので「落札ナビ」も「取引ナビ」と同じように購入者様がやり取りができると思っていたのですが、最近、ご返金をすることがありまして、「取引ナビ」にある[取引を中止する]ボタンを探していたのですがなかなか見つからず、なぜだろうと思い調べていました。 2018年のいつ頃だったかと思いますが、ヤフオク!社(企業という意味でヤフオク!との区別のために敢えて"社"を付けます)の決済方法は、「Yahoo! かんたん決済」で統一になり、取引はすべてヤフオク!社を通すことになりました。 本日は、ヤフオク!ストアでの返金方法についてまとめます。 この記事の目次• 支払いをキャンセルしたい(返金・取引の中止) 以下、ヘルプを参照します。 Yahoo! かんたん決済で支払ったあとにキャンセルしたい場合は、出品者が取引の中止の操作を行います。 落札者が取り消しを希望する場合は、取引メッセージなどで出品者に相談してください。 ここまでは理解できていました。 Yahooかんたん決済の返金の機能について 以下、ヘルプを参照します。 落札者に返金されるまでの流れは、支払い方法により異なります。 詳しくは、「」をご覧ください。 返金にあたっては、事前に取引メッセージなどで相談し、合意してから操作を行ってください。 特定カテゴリ、および ヤフオク! ストアの商品は返金機能を利用できません。 取引相手と直接返金方法などを相談してください。 返金後は、再度Yahoo! かんたん決済での支払いはできません。 返金手続きを行っても、 落札システム利用料などの利用料金はキャンセルになりません。 そうなんです。 ヤフオク!ストアでは返金機能がないのです。 落札者とメッセージ機能でやり取りし、直接返金方法を相談するのが正解とのことです。 キャンセルする方法(出品者の操作) 以下、ヘルプを参照します。 キャンセルする場合は、取引ナビから「取引の中止」を行います。 から取引を中止する商品ページを表示し、取引ナビを表示します。 [発送連絡をする]ボタンの下にある[取引を中止する]をクリックします。 上記しか記載がありませんでした。 やはり、「取引ナビ」のない ヤフオク!ストアは落札者と「落札ナビ」にて返金方法を相談するというのが正規の方法のようです。 ヤフオク!社以外での取引(直接取引)が生じるのでよいのかなぁと思いますが、返金はこれでよいそうです。 まとめ ヤフオク!社としては、返金になっても落札システム手数料はしっかり徴収しています。 ヤフオク!社としては、自社を通じ落札者へ返金となると振込手数料が生じますし、返金額や返金可否の判断といった仲介業務を極力減らすことができますからね、上記流れが合理的なのかもしれません。 今回は、私がはじめに「ヤフオク!」で運用していたことで生じた「ヤフオク!ストア」での運用との違いから生まれた疑問でした。 「ヤフオク!ストア」にもアマゾンやヤフオク!のように、[返金ボタン]のようなポチっと押せば返金完了というしくみがあると便利ですね。 (実は私がただ知らないだけの可能性も大いにあり得ますが、、^^;) 本日もお読みいただき、ありがとうございました。

次の

ヤフオク! 商品トラブル、困った時の対処法教えます!

ヤフオク 返金 申請

Sponsored Links ヤフオクはアマゾンなどのショッピングサイトではなく、あくまで個人対個人のオークション形式。 オークションなので、ずっと利用をしていると必ずといっていいほどトラブルにあいます。 もちろん、メルカリやLINEモールなどのフリマアプリよりは、ヤフオクは出品する為のハードルが高いのでトラブルは少ないです。 また、昔に比べるとヤフー側も色々な対策をとっているのでその被害も少なくなっています。 しかしながら、それでもオークションにはトラブルがつきものであるということは覚えておきましょう。 そして、その中で最も多いと言っても過言ではないトラブルが「落札した商品が届かない」または「商品が説明と違う」です。 既に代金を払っている場合、商品が来なかった残念…で済む問題ではありません。 特に、高額商品などの場合はとんでもない心境になることでしょう。 トラブルが起きたときに焦らずに適切な対応ができるように事前学習をしておきましょう。 ヤフオク(オークション出品)で落札した商品が来ない(届かない) ヤフオクの取引手順はまず 落札者が落札代金を支払い、その後 出品者が商品を発送するという順番のため、「代金を支払ったのに商品が来ない(届かない)」ということがシステム上 起こりえます。 その中には悪意がある場合だけではなく、悪意がない場合もありますので、まずは冷静な対応が必要です。 出品者も人間ですので「売り言葉に買い言葉」のようになってしまうと、結局あなたが損をするということになりかねません。 取引ナビで出品者に連絡をする まずは、取引ナビに催促をした痕跡を何度も残すことが大事です。 例えば、商品説明に入金後 5日以内の発送とあれば、7日くらい経っても商品が届いていなければ取引ナビに書き込みましょう。 そして、それから2日経過しても返事がない場合はもう一度 書き込みをします。 催促の文章については以下を参考にしてみてください。 メッセージは確認して頂きましたでしょうか? 前回もお伝えしましたが、1月27日に落札した商品が未だに届いておりません。 入金もすでに済んでおりますし、非常に困っております。 このままでは、ヤフオク運営サイドに連絡をしてしかるべき処置をとらざるをえません。 私としてもできれば問題にはしたくありませんので、早急に連絡を頂きたいと思います。 [ 自分の名前 ] —— 出品者が個人ではなくショップ(オークションストア)の場合は取引ナビは存在しませんが、「出品者がショップの場合で商品が届かない(来ない)」という問題は想定できないので、ここでは個人を前提として解説しています。 連絡掲示板にも同じ内容を書き込む 取引ナビで1回目の催促を送る際に、念のため連絡掲示板にも書き込んでおきましょう。 正直、可能性はゼロに近いですが、人によっては取引ナビに気付かず、連絡掲示板には気づくかもしれません。 また、連絡掲示板に書き込みをする場合は公開設定を「公開」にして、他の人にもその相手とトラブルが起きていることを伝えておきましょう。 もし、その相手が詐欺師だった場合、他のユーザーの被害を未然に防いであげましょう。 連絡掲示板への書き込み方法• 落札した商品ページを下にスクロール• 「他の利用者への公開」を「公開する」に変更• メッセージを記入して「投稿する」をクリック 評価の欄に商品が届かない(来ない)ことを書き込む 基本的に「取引ナビ」「連絡掲示板」を試しても商品が届かない(来ない)ままであれば、相手が詐欺師 または 大きな事故にあっているなどのトラブルの可能性が高いです。 ここまできて、評価の欄に商品が届かない(来ない)ことを書き込んだところで意味はないことがほとんどですが、次のステップに行く前に一応書いておきましょう。 「出品者を評価する」は取引ナビで受取確認をした後に表示されますが、受取確認をする前に評価をしたい場合は、落札した商品ページのリンクをクリックします。 受取確認をする前に評価をする方法 評価はあとで変更することができますので、まずは「どちらでもない」で商品が届かないことを記入しておき、それでも連絡がなかった場合に再度「非常に悪い」で入力し直すとよいでしょう。 なお、ヤフオクは相互評価のため、全面的に相手が悪い場合でも、こちらが「非常に悪い」の評価をつければ報復評価として、こちらにも「非常に悪い」をつけられる可能性があります。 その場合は、感情的にならず事実をコメントしておきましょう。 また、たとえ報復評価だとしても、一度ついた評価は消すことができませんので、他の取引で「非常に良い」の評価を沢山もらって相対的に「非常に悪い」の評価の割合を下げるしかありません。 ヤフオクで販売を行っている人であれば、このような事態に遭遇する確率も高くなりますので、購入用アカウントと販売用アカウントを別々に作っておくのも一つの手です。 参考: 未着・未入金トラブルお見舞い制度を利用する 評価に書き込みをしても商品が届かない(来ない)ままであれば、ヤフオクの「未着・未入金トラブルお見舞い制度」を利用しましょう。 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」というのは、ヤフオクで商品を落札したのに商品が届かない場合にTポイントでその損額を補ってくれる制度です。 こちらは現金を払っているのに、Tポイントに変わるし、またそのTポイントが付与されるのに時間もかかるので気持ちは晴れませんが、詐欺にあって泣き寝入りするよりはいいでしょう。 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」の申請は落札した商品ページの「ヘルプ」から行うことができます。 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」の申請手順• 落札した商品ページ右上の「ヘルプ」をクリック• ヘルプ画面をスクロールし「ヤフオク護身術」をクリック• 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」をクリック 「未着・未入金トラブルお見舞い制度」をクリックすると申請手順が表示されますので、手順にしたがって申請してください。 ただし、ヤフオクの「未着・未入金トラブルお見舞い制度」には下記の様な利用規約があります。 【適用条件】 本制度は、商品の代金を支払ったにもかかわらず商品が届かない場合または商品を送付したにもかかわらず代金が支払われない場合のいずれかの場合であって、かつ、以下の要件のすべてを満たしている場合に適用されます。 (1)詐欺罪(刑法第 246 条)の被害に該当する場合であること (2)審査の申請前に、 利用者が警察に相談し、被害届を提出していること (3)審査の申請前に、利用者が取引の相手方に内容証明郵便で商品の送付または代金の支払を督促しても、取引が履行される見込みがないこと。 ただし、当社の判断により、本号の要件を満たさない場合でも本制度の適用を認める場合があります。 (4)Yahoo! JAPAN ID を利用して購入申込、落札または出品をしていること (5)利用者が、Yahoo! JAPAN 利用規約(かんたん決済利用規約やサービス固有の利用条件を含みます。 以下「利用規約」といいます)を順守して当社コマースサービスを利用していること (6)当社コマースサービスをきっかけとして行われた取引であり、すべての手続き完了まで当社コマースサービスが利用されていること (7)取引の対象が有体物であること (8)審査の申請前に、審査を申請する取引に使用した利用者のYahoo! JAPAN ID(以下「申請ID」といいます)に 利用者名義でのYahoo! ウォレットの登録が完了していること Sponsored Links フリマ出品(代金支払い管理サービス)で購入した商品が来ない(届かない) ヤフオクは個人間のオークションサイトでしたが、2017年2月に従来の「オークション出品」に加えて「フリマ出品」(即決価格)のサービスを開始しています。 この「フリマ出品」は「オークション出品」と違う点がいくつかありますが、その中の1つに「決済方法(支払い方法)がYahoo! かんたん決済(代金支払い管理サービス)のみ」というものがあります。 この「代金支払い管理サービス」で出品された商品が来ない(届かない)場合は、対処方法が一部違いますので注意してください。 フリマ出品に適用されている代金支払い管理サービスとは 代金支払い管理サービスを利用した商品では、落札者がYahoo! かんたん決済で支払い手続きをしても、すぐに出品者には支払われず、一時的にヤフオクが代金を預かります。 その後、出品者から購入者へ商品が発送され、購入者が受け取った時点(取引ナビで「受け取り確認」をした時点)で、ヤフオクから出品者に代金が支払われます。 これにより「購入者に商品が届かない」「届いた商品が違う」など何らかのトラブルがあった場合、代金が出品者に支払われる前に対処することが可能です。 通常の取引手順 「商品が届かない」場合の手順 ただし、落札者が受け取り確認をしなくても、支払い手続きから14日間経過すると、自動的にヤフオクから出品者に支払われますので、商品は必ず14日以内に確認してください。 「代金支払い管理サービス」が適用されるのは、フリマ出品された商品以外に「カーナビ」「携帯電話本体」「ギフト券」「興行チケット」があります。 取引ナビからヤフオクに報告する 「代金支払い管理サービス」が適用されている商品で支払い完了から8日たっても「受取連絡」をしていない場合、商品ページに「被害報告」ができるリンクが表示されます。 そのリンクをクリックし、現在の状況をヤフオクに報告してください。 ただし、被害報告フォームからの報告は支払いが完了してから14日以内に行う必要がありますので、8日以降14日以内が報告可能期間です。 この期間を過ぎた場合は、一般のオークション出品と同じく取引ナビから順次 出品者に連絡してください。 代金支払い管理サービスを利用している商品の見分け方 通常のオークション出品でも即決価格での出品が可能なため、フリマ出品された商品とオークション出品された商品は一見すると同じように見えます。 ただしフリマ出品で出品された商品は、決済方法(支払い方法)が「Yahoo! かんたん決済(代金支払い管理サービス)」しか設定できないため、商品ページの「決済方法」を確認することで見分けることができます。 「Yahoo! かんたん決済(代金支払い管理サービス)」の表示位置 落札した商品が届いたが商品説明と違う 商品は届いたが「落札した商品が商品説明に書かれていたものと違う」というトラブルについても解説しておきます。 正直なところ「商品が届かない(来ない)」とは違って、こちらの「商品が違う」については数多く見受けられます。 それは出品者に悪意がない「単純なミス」の場合も多くあり得るからです。 この場合も、まずは冷静で丁寧な対応を心掛けましょう。 商品ページを保存する 商品ページの保存はブラウザの「名前を付けて保存…」で保存できます。 (Chromeの場合はページ内の任意の場所で右クリックしてコンテキストメニューを表示) Chromeで商品ページを保存 「ノークレーム・ノーリターン」でも交渉する ヤフオクでは商品説明に「ノークレームノーリターン」や「NCNR」などを記載している出品者も多く見られます。 しかしこれは単に出品者が悪質な落札者を牽制する意味で「落札後に苦情を言わないでください」と宣言しているに過ぎません。 商品説明と明らかに違うものが送られてきたのであれば、遠慮せずに出品者に連絡してみましょう。 出品者は商品知識があるとは限らない 商品説明と違うものが送られてくる場合で多いのが、出品者自身にその商品知識があまりないケースです。 例えば、「iPhone4 32GB docomo」という商品が出品されているとします。 詳しい人ならすぐに分ると思いますが、iPhone4のキャリアはソフトバンクしか存在せずにdocomoはありません。 しかし、この人は何かの勘違いや、代理出品により本当にdocomoと思っているのです。 当然、この商品を買った人がdocomoにiPhoneを持って行っても「このバージョンは使用できません…」と言われるでしょう。 ここで重要なのが、オークションという形式上 出品者が商品に詳しいとは限らないことを理解しておくということです。 これを理解しておけば、あなたが商品を落札する際に、出品者任せにするのではなく自分自身でもその商品について調べることでしょう。 仮に、出品者の商品説明に矛盾やおかしな点を発見した場合は、入札自体を控えるのが無難でしょう。 (どうしてもその商品が欲しい場合は、入札前に出品者に質問をして確認).

次の

「ヤフオク」での返品と返金の対応方法〜迅速な対応がトラブル解決の重要ポイント〜

ヤフオク 返金 申請

ヤフオクでは落札後に様々な理由で取引がキャンセルになってしまうことがあります。 もし代金を支払った後にキャンセルをする場合、落札者からするとキャンセル後に一度支払った代金がきちんと自分へ戻ってくるかが不安になってしまうでしょう。 そんな時、ヤフオクでは取引キャンセル後はどのように落札者へ代金が返金されるのでしょうか? また、代金支払い済みであってもいつまでならキャンセルや返金がヤフオク上で行えるのか?などについて詳しく解説していきたいと思います!• 商品落札後の支払い前にキャンセルがしたい場合はこちら 今回この記事では、ヤフオクで商品落札後に商品代金を支払った後にキャンセルがしたい場合を解説していきます。 もし、ヤフオクで商品代金を支払う前にキャンセルをしたい場合は別の記事で解説していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。 ヤフオクで落札商品の支払い後にキャンセルがしたい場合は? ヤフオクでは、原則的に「代金支払い済みのオークションは取引のキャンセルができない」ということになっていますが、出品者・購入者間できちんと話し合ってお互いが同意した場合は、代金支払い済みでもキャンセルは可能です。 代金支払い後に取引のキャンセルが発生するケース ヤフオクで商品代金支払い後に取引がキャンセルになるケースとして、下記のようなことが考えられます。 ・商品落札後に落札者がキャンセルを申し出た (商品が不要になった、商品を間違えて落札してしまったことが後からわかったなど) ・出品者が発送期限を過ぎても発送してくれない ・商品の欠品・商品の破損が発覚し、出品者から取引のキャンセルの連絡が来た これらのようなケースで、落札者または出品者から取引のキャンセルを依頼することが考えられます。 まずは出品者・落札者共にキャンセルに同意をする まずは落札者が代金支払い後にキャンセルを希望する場合は、出品者へキャンセルができるかどうかを確認をしましょう。 落札者一人の判断で取引のキャンセルはできませんので、キャンセルをする場合は必ず 双方の了承が必要です。 取引ナビ上で出品者とメッセージのやりとりができますので、そこから出品者にキャンセル希望する旨を連絡しましょう。 また、出品者がキャンセルを希望する場合も必ず、同じように取引ナビ上のメッセージから落札者へキャンセルの了承を得てから、キャンセル手続きを行う必要があります。 キャンセル手続きの方法 商品代金支払い後に取引をキャンセルする場合は、出品者が操作する必要があります。 下記の方法で取引のキャンセルを行います。 かんたん決済で支払ってから 10分程度経過すると表示されます。 ヤフオクの取引ナビ上で返金ができる期間とは? ヤフオクでは代金支払い後にキャンセルが発生した場合、ヤフオクの取引ナビ上で返金ができる期間があります。 その期間とは、 落札者の支払い手続き完了から発送連絡前までとなります。 もし発送連絡後にキャンセル・返金が必要になった場合は、取引メッセージなどで出品者と落札者間で返金方法を相談して、個別で返金をするしかありません。 そうなるととても手間ですし、お互いの口座情報を教え合わなければいけないので、できる限り代金支払い後のキャンセルは発送連絡前にするようにしましょう。 キャンセル完了後に落札者に返金されるタイミングはいつ? ヤフオクで落札後に落札者が商品代金を支払い、やむをない事情で取引がキャンセルとなった場合、落札者に商品代金がいつ頃戻るのかが気になりますよね。 その返金方法と返金のタイミングは、落札者が支払った支払い方法により異なります。 支払い方法 返金先 返金日 Yahoo! マネー キャンセル確定と同時 Yahoo! マネーにチャージして支払った場合も、Yahoo! マネーにチャージされます。 また、預金払い用口座から支払った分は預金払い用口座に戻ります。 引き落としが確定した後にキャンセルになった場合は、次月のカード請求時に返金あるいは相殺となります。 ウォレットの受取口座になるため、受取口座の登録が必要です。 下記の4つの支払い方法の場合はこちら インターネットバンキング、ジャパンネット銀行支払い、コンビニ支払い、銀行振込の4つの支払い方法の場合、キャンセルが確定してから返金されるまでの期間は下記となっています。 午後1時までに受取口座を登録すれば翌営業日に、 午後1時以降または休日に登録した場合は翌々営業日に返金されます。 ヤフオクでは発送前であれば簡単にキャンセル・返金作業ができる! 以上が、ヤフオクでは取引キャンセル後にどのように返金されるのか?また、代金支払い済みであってもいつまでならキャンセルや返金がヤフオク上で行えるのか?についてでした。 私個人的に使った感想では、ヤフオクはメルカリやラクマに比べて機能が複雑な割にページが質素で、フリマアプリよりも少し使いづらくてややこしいイメージがありますが、実はヤフオクはキャンセル・返金作業は事務局を挟まなくても出品者自身で行うことができますし、返金作業も早いので、その面では結構楽だったりします。 ただ、ヤフオクの取引ナビ上で出品者がキャンセル・返金手続きができるのは 商品発送前までになります。 発送通知をしてしまうと、これらのキャンセル・返金作業はできなくなってしまい、その後はヤフオクを通さず出品者・購入者間で話し合って手続きをしなければいけないので、かなり面倒だと思います。 もし代金支払い後に取引のキャンセルが発生する場合は、必ず発送通知前にするようにしましょう。

次の