ハリネズミ 湿度。 ハリネズミに適切な温度と湿度は? │ Hedgehog News

ハリネズミに適切な温度と湿度は? │ Hedgehog News

ハリネズミ 湿度

それが良いね!それじゃあ今回はハリネズミに適切な温度と湿度について話していくよ ハリネズミに適切な温度 ハリネズミに 最適な温度は25度前後だよ。 冬場でも20度、夏場なら30度を超えないようにしてあげるのが基本だね。 20度以下や30度以上になると健康に悪影響を及ぼすし、最悪死んじゃうから注意してね。 ちなみに冷房や暖房で室温が激しく変化するのもダメだよ。 これも体調不良を招いてしまうからね。 春や秋のように気温が変化しやすい季節も注意してあげる必要があるよ。 湿度は温度以上に調整が難しいけれど、 温度と違って少しぐらい調整に失敗してしまっても問題ないことが多いよ。 出来る限り努力してあげるという気持ちが大事だと思うよ。 温度や湿度を守らなかったらどうなる? 変化ですか……。 どんなことが起こるのか教えてください! 温度を守らなかった場合 適切な温度を守らないと大変なことになっちゃうんだ。 ハリネズミは温度が20度を下回ると 「冬眠状態」になってしまうよ。 逆に温度が30度を上回ると 「夏眠状態」になってしまうんだ。 つまり 暑くても寒くてもダメということだよ。 もし「冬眠状態」「夏眠状態」になってしまったら、ハリネズミは完全に活動を停止するよ。 心拍数が大きく低下し、そして多くの場合はそのまま目覚めることなく死んじゃうんだ。 野生のハリネズミは十分な栄養を摂取して、季節に合わせて徐々に体作りを行っていくから「冬眠」「夏眠」をしても大丈夫なんだけど、飼育下のハリネズミはそんな準備できないからほぼ確実に死んでしまうよ。 絶対に「冬眠状態」「夏眠状態」にさせないようにしようね。 湿度を守らなかった場合 適切な湿度を守らなくてもハリネズミが即死んじゃうということはないよ。 けれど湿度が適正値から離れるほど、 ハリネズミにとって不快な環境になってしまうという事実は変わらない。 体調を崩しやすくなるし、ハリネズミが本来持つ魅力を楽しむことも出来なくなるよ。 温度と違ってすぐに命にかかわることはないけれど、湿度も大事だということは知っておいてね。 温度と湿度の両方を適正値にしてあげることがハリネズミの健康維持につながるからね。 温度ほどではないけれど、湿度も気にしてあげよう! 温度と湿度をコントロールする方法 コントロール方法は色々あるけどお勧めの方法を教えてあげるよ。 温度をコントロールする方法 温度コントロールで最も一般的なのは 「暖突」と「サーモスタット」を接続する方法だよ。 設定温度以下になると自動的に暖房を起動してケージを暖めてくれる優れものなんだ。 寒冷地を除けば基本的には「暖突」だけで冬を越せるよ。 「暖突」だけでは20度を下回るという時は、「ペットヒーター」や「防寒布」などを併用して保温してあげようね。 冬場はこんな風にいくらでも対策を施せるんだけど、 夏場の温度対策はかなり難しいよ。 唯一の救いは、温度が低い時のハリネズミはあまり兆候なく死んでしまうんだけど、温度が高い時は夏バテの症状を見せてくれることも多いから、最悪その時に早急に対処すれば頑張って持ち直してくれることも多いんだ。 夏の方が死んでしまう前のワンクッションがあるから、最悪を避けられることが多いよ。 夏場の温度コントロールはエアコンを使うしかないね。 外の気温が35度を超える猛暑日なんかは窓を開けたり、扇風機をまわしても温度が30度を超えてしまうんだ。 結局部屋の空気自体を冷やす必要があるからエアコンが必須になるよ。 外の気温が30度程度なら窓を開けたり、扇風機をまわすことで対処できるから、状況を判断して適切な温度コントロールをしてあげてね。 湿度をコントロールする方法 日本ではあまりないだろうけれど、湿度が低い時は湿度を上げてあげる必要があるよ。 湿度を上げるには部屋でお湯を湧かしたり、「暖突」の前に濡れ布巾を設置したりするのが簡単だよ。 まあ日本は湿度が高い国だし、湿度の低さに悩むことはあまりないと思うけどね。 逆に湿度を下げる必要がある場合は多いと思うんだけど、これがなかなか難しいんだよね。 外の湿度が室内の湿度より低い時は空気の入れ替えで調整できるよ。 換気で対応できない時は除湿器を使う必要があるよ。 結局、エアコンでの温度湿度管理が最も効率的なんだよね。 まとめ ハリネズミにとって温度や湿度という要素はとっても大事だよ。 人間も暑いと不快だし寒いと嫌になるけれど、ハリネズミにとっては 生死にかかわるほどの問題なんだよね。 それなのにエアコンで空調管理をすれば電気代がかかるからと、電気代を気にして空調管理を躊躇する人も多いんだよ。 空調管理を躊躇するのであればハリネズミを飼わない方がいいとあたしは思うよ。 もちろん他の手段で温度や湿度の管理が出来るなら良いんだけど、それが出来ないと思うなら飼育しない方がいいよ。 それがハリネズミのため、そして飼い主のためだからね。

次の

ケージ内の湿度を上げる方法 自作装置

ハリネズミ 湿度

少しでもハリネズミと長く暮らせるように、日々の健康チェックは必須です。 ハリネズミはペットとしての歴史が短く、病気についてもまだまだわからないことがあります。 犬や猫のように、診察してもらえる病院が少ないのが現状です。 私たち飼い主にできることは、出来る限り良い飼育環境を整え、健康を維持できるよう努力をすること、そしてその個体がもっている生きるという力を最大限に引き出してあげることです。 健康管理に必要なもの• 体重計• 温度・湿度計• プラスチックケース• 爪切り 体重計…健康管理のため定期的に体重を測りましょう。 温度・湿度計…ハリネズミは暑さ・寒さに弱い動物なので温度管理は大変重要です。 最適温度は24~29度で湿度は40%です。 プラスチックケース…ハリネズミの腹部を見る時、プラケースに入れて下から覗くと良いでしょう。 手袋…病気をしたと時、怪我をしている時は気性が荒くなり、威嚇して触らせてくれません。 その時、素手で触ると噛まれたり、立てた針が手に刺さるなどして危険ですので、手袋(皮手袋がおすすめ)を使って触りましょう。 爪切り…伸びすぎると、目の粗い布に引っ掛け爪が剥がれたり、足に不自然に負担がかかり歩きにくくなってしまいます。 定期的に爪切りをしましょう。 爪を切る道具は犬猫用・・人間用でも良いです。 切る際は、無理に全部切ろうとせず1度に1本ずつでもいいので、無理しないで行ってください。 爪切り方法 慣れている子の場合 ハリネズミが人に慣れている場合、動画のように足ひっくり返し、爪の先端を切ります。 足を持つ際、嫌がるかと思いますが、しっかり固定しないと他の箇所を切る場合がありますので、しっかり固定してください。 爪切りが苦手な子の場合 用意するものは100円ショップで売っている 底が網になっているバスケット。 そこにハリネズミを入れて バスケットを持ち上げると、 こんな感じで足が出るので、出た足を持って爪を切ります。 これでも切らせてくれない場合、獣医に相談するか、爪が削れるようケージにレンガを入れ、レンガの上を歩かせてみてください。 爪切りの注意として、爪には血管が通っているので、深爪すると出血します。 先端を少し切るだけにいておきましょう。 もし、出血した場合、患部を洗うもしくは清潔なガーゼを患部にあて、市販のアルコール消毒液で消毒してください。 患部から細菌感染しないように衛生的な環境を心がけましょう。 健康チェックポイント 食欲はある? 多少の食欲の偏りは見られますが、大好物を食べなかったり、1日中何も食べないことはありません。 また、口の中が痛いと食べ方が変わることがあるので、食べている時の様子も観察しといてください。 排泄物の変化は? 軟便や下痢、水のような便をしていないでしょうか?尿の量や色の変化はないですか?排泄時に痛そうだったり、出にくそうにしていることはないでしょうか?便の変化は消化器系の病気にかかっていることが多いので、異常が続く様だったら、その便を持って病院で診てもらった方がいいでしょう。 行動に変化はない? ふらふらしたり、ぎこちない歩き方をしている、足を引きずっている、活動時間なのにうずくまっている、やたらと落ち着きがない、急に攻撃的になった、といった行動の変化を見逃さないでください。 皮膚や被毛、針、爪の状態は? 脱毛やフケ、傷はありませんか?生え変わりで針が抜くることはありますが、ごっそりまとめて抜けることはありません。 爪は伸びすぎてはいませんか? 目・鼻の状態は? 目の周りに目やにはついてませんか?また、目の輝きは体調は如実に表しています。 生き生きとした目をしているでしょうか? また、鼻は通常少し湿っているのが正常です。 鼻水が垂れていないか観察してください。 呼吸に変化はない? 頻繁なくしゃみ、鼻水、口を開けて呼吸したり、全身を使って呼吸をしているような様子はないでしょうか? しこりや腫れはない? 慣れているハリネズミなら、全身を撫でながらしこりや腫れ、触られると嫌がらる所が無いかをチェックしましょう。 あまり体を触らせてくれない場合は、プラスチックケースに入れて底から見上げ、お腹のチェックをしましょう。 肛門・生殖器周りの汚れは? 肛門・生殖器周りの汚れていないですか?汚れているとかぶれる恐れがあります。 前述と同様に、プラスチックケースに入れて観察するのが良いでしょう。 体重の変化は? 体重は定期的に測り、記録しておききましょう。 成長期や妊娠中でもないのに、体重が急増したり、急に減ったりしていないでしょうか? なんとなくいつもと違う? なんとなく元気がない、いつもとちょっと違う気がするなどと思う事があるかもしれません。 思いすごしと考えず、そのほかの健康状態も良く観察し、気になるようなら動物病院で診察を受けましょう。 動物は自分の口で痛い、辛いと言うことはできません。 まして、辛い時は、外敵から身を守るため余計元気にみせる性質があります。 飼い主さんが、良く状態を観察して異変に気付いてあげてください。

次の

ハリネズミの飼育は一人暮らしだと難しい?温度や湿度の管理は大変?

ハリネズミ 湿度

ハリネズミにちょうどいい温度・湿度は? ハリネズミを飼育するときの理想的な環境は、以下とされています。 温度 26度前後• エアコンや除湿機・加湿器などを使い、ハリネズミにとって快適な空間を用意してあげましょう。 ハリネズミに与える湿度の影響とは? 冬眠・夏眠 ハリネズミは、気温が32度以上になると夏眠、20度を下回ると冬眠してしまいます。 あまり聞くことがないかもしれませんが、夏眠とは、気温が高くなり、ハリネズミがぐったりとして動かなくなってしまう状態を言います。 湿度が高いと、気温が基準より多少低くても夏眠に入ってしまうので注意が必要です。 「眠」という漢字が使われているとはいえ、夏眠・冬眠は仮死状態なので、非常に危険な状態と言えます。 仮死状態中はエサを食べたりすることができないので、最悪の場合、衰弱死してしまうことも。 また、夏眠や冬眠は内臓に影響を与え、命に関わることもあります。 気温や湿度をしっかり管理して、夏眠・冬眠はさせないようにしてあげてください。 もしそのような状態になってしまった場合は、適切な方法で目覚めさせる必要がありますので、獣医師に相談するようにしましょう。 湿性皮膚炎 湿度が高いと、「湿性皮膚炎」と呼ばれる皮膚病にかかってしまうこともあります。 湿性皮膚炎は、皮膚の赤みやかゆみを引き起こし、さらに悪化すると脱毛や潰瘍になってしまうこともあります。 そのため、温度と湿度には十分気をつけなければなりません。 ハリネズミがすごしやすい湿度にしよう! 梅雨や夏になると、どうしても湿度が高くなってしまいがちです。 ハリネズミが気持ちよく過ごせる湿度を保つために気をつけたいことと、気持ちの良い湿度を保つために必須となるアイテムをご紹介します。 湿度計 ハリネズミはとても繊細な生き物です。 湿度にしっかり気を配り、ちょうどいい湿度にするためには湿度計は欠かせません。 吸盤タイプや、金属ケージなら磁石タイプだと、設置しやすくて良いと思います。

次の