在職 老齢 年金 制度 見直し いつから。 年金制度改革関連法が成立 どう変わる?課題は?

【年金制度改革】在職定時改定はいつから適用されるのか?わかりやすく解説

在職 老齢 年金 制度 見直し いつから

現在、働きながら「厚生年金」を受給する人は約368万人、そのうち3割にあたる124万人が年金を減額されている。 現行の年金減額のルールは、「年金(厚生年金の報酬比例部分)+給料」の合計月収で決められる。 65歳以上は合計月収47万円、65歳未満(60~64歳)は同28万円を超えると、超過分の半額にあたる年金額がカット(支給停止)される。 ただし、カットされるのはサラリーマンが加入する厚生年金の報酬比例部分のみだ。 厚労省が10月9日、政府の社会保障審議会年金部会に提出した見直しケースの中では、年金カットを行なう基準を「合計月収62万円」に引き上げる案が有力だという。 「得する年金」をもらえるのは、男性は1961年4月1日(現在58歳)、女性は1966年4月1日(現在53歳)以前に生まれた世代のサラリーマンだ。 たとえば、現在62歳の会社員A氏は63歳になる来年から厚生年金の特別支給(報酬比例部分のみ支給)が始まる。 年金額は約10万円だが、雇用延長後もフルタイム勤務で働き、月給38万円稼いでいるA氏は、現行制度のままでは年金を全額カットされる。 しかし、ルールが変更(基準額62万円に引き上げ)されれば、月額10万円の年金を全額もらえるため、65歳になるまでの2年間で給料を稼ぎながら年金が240万円増える計算だ。 在職老齢年金のルール変更は65歳以降にも適用されることから、すでに年金を受給している世代も、現役世代にもメリットがあるが、とくに男性「58~62歳」、女性「53~60歳」の世代へのプラス影響は大きく、制度改正のメリットを最大に活用するための工夫がより重要になる。

次の

在職老齢年金が廃止へ 最も恩恵受けるのは現在の59~62歳|NEWSポストセブン

在職 老齢 年金 制度 見直し いつから

年金制度改革関連法案は、29日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党に加え、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。 法律では、パートなどで働く短時間労働者の低年金対策として、厚生年金に加入しやすいよう、加入条件のうち企業規模の要件を現在の従業員「501人以上」から、「51人以上」まで段階的に引き下げ、適用範囲を拡大します。 また、60歳以降も就労を促すため、働いて一定の収入がある高齢者の年金を減らす「在職老齢年金」制度で、60歳から64歳の人の年金が減らされる収入の基準額を、今の月額28万円から47万円に引き上げます。 さらに、現在60歳から70歳までとなっている年金の受給開始年齢の選択肢の幅を75歳まで拡大します。 今回の改正は、働き方が多様化し、高齢者の就業機会が拡大していることに対応するとともに、年金財政の安定化のため支え手を増やすねらいがあります。 法律の主な部分は、再来年4月に施行されます。 パートなどで働く短時間労働者は、サラリーマンなどが加入する厚生年金に加入していない人が多く、将来、受け取る年金が十分でないと老後の生活を懸念する声も上がっています。 このため、短時間労働者が厚生年金に加入しやすくするため、現在、従業員「501人以上」の企業に勤めていることが条件となっている企業規模の要件を段階的に緩和します。 2022年10月に「101人以上」に、2024年10月に「51人以上」まで、2段階で引き下げます。 保険料の半分は企業が負担するため、負担が増える中小企業に配慮し、段階的な引き下げとなりました。 「101人以上」にした場合、新たに45万人が。 「51人以上」にした場合、65万人が適用対象となると見込まれています。 いわゆる「就職氷河期」世代の非正規雇用の人などの低年金対策につなげるねらいもあります。 公的年金に上乗せする「個人型」の確定拠出年金=「iDeCo」が利用しやすくなります。 60歳未満となっている加入期間の上限が、65歳未満まで延長される一方、60歳から70歳までの間で選べる受給開始年齢の選択肢が75歳まで広がります。 また、申し込みなどの手続きが、オンラインでできるようになります。 さらに、「企業型」の確定拠出年金に加入している会社員が希望すれば、労使の合意がなくても「iDeCo」に加入できるようになります。 「企業型」と併用する場合、掛金は合わせて月額5万5000円までで、このうち「iDeCo」は、月額2万円までの範囲で自由に組み合わせることができます。 「iDeCo」は、掛金や運用益は非課税となるメリットがあり、老後の資産形成につなげてもらうねらいがあります。 国会審議では、新型コロナウイルスの感染拡大が、年金制度に与える影響についても議論となりました。 今回の改正で、厚生年金の適用が拡大され、企業の保険料負担が増える業種は、旅館や外食チェーンなどです。 これらの業種では、新型コロナウイルスの影響で経営が苦しくなっているところも少なくありません。 このため、要件を緩和するスケジュールを遅らせるよう求める意見も出ましたが、労働者の年金を確保する必要があるとして、当初の案のままとなりました。 負担の増える企業側への目配りが必要となります。 去年の財政検証では、経済が順調に成長した場合、現役世代の平均収入の50%以上の給付水準は維持できるという試算が示されました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が、日本経済や世界経済に大きな影響を与えていることから、試算の前提となる「経済成長率」の設定が変わったのではないかという指摘も出されました。 経済への影響は数年続くという見方もあります。 現役世代の老後の安心を守るために年金財政をどのように維持していくのかが引き続き、大きな課題となります。

次の

4月より、在職老齢年金が一部変更!影響は? [年金] All About

在職 老齢 年金 制度 見直し いつから

65歳未満で年金がもらえる人には朗報! ・・在職老齢年金の見直しについて! はじめに 皆さんいつも「ライフデザイン」のブログをお読みいただきありがとうございます。 在職老齢年金の仕組みをご存知でしょうか。 最近、 話題になっていますが、 今回はその仕組みをわかりやすく解説し、今後どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。 在職老齢年金とは 年金をもらいながら会社勤めをする人は、 年金と給料が両方もらえるわけですが、給料が多い場合には、年金額が減額されます。 この仕組みを在職老齢年金と言います。 現状の制度では、ざっくり言うと、 65歳未満で特別支給の老齢年金がもらえる人は、年金と給料の合計が28万円を超えると年金額が減額されます。 一方、65歳以上の年金の受給者は、年金と給料を合わせて47万円を超える場合に、年金が減額されます。 在職老齢年金の議論は一体何なのか 政府は65歳以上の厚生老齢年金をもらいながら働いている人が、47万円の足枷を気にして、働くのを控えていると考え、 この47万円の基準を、65歳未満の年金受給者も合わせて、62万円や51万円に引き上げようとしたのが今回の議論でした。 しかし、65歳以上で年金と合わせて月47万円の給料をもらう人たちは、かなり高給取りになります。 一般に、 老後に余裕のある生活ができる月の生活費は約35万円と言われています。 現在の47万円でもこの35万円を超えており、 それ以上引き上げても高齢者の働く意欲に改善がないのではないかという議論に押され、結局、62万円や51万円にあげるのを断念しました。 しかし、その恩恵を受けたのが65歳前に年金を貰える世代です。 65歳以上は引き上げが断念されましたが、 65歳未満はその引き上げの部分が残り、特別支給の老齢厚生年金と給料と合わせて47万円という形で決着がつきそうです。 今まで、私の周りでも年金が削減されないように働くのを控えている方 がたくさんいました。 そのような例から考えても、 今回の改正によって、65歳未満の人達の労働力は向上すると考えられます。 65歳未満で年金がもらえる方にとってはなぜ朗報か 今まで28万という足かせがあったため、年金と給料が28万を超える場合は、年金額が削減されていました。 しかし 、今後は削減されていた年金が支払われるため、増えた分を老後資金として貯蓄できるようになります。 これで少しでも、老後の資産形成が容易になればいいと思います。 どのような働き方をすればいいのか 65歳未満が支給される特別支給の老齢厚生年金は、 報酬比例の部分だけですので、以下の表を参考にして、ご自分の報酬比例部分の金額を算出してください。 ただしこの平均給与は生涯平均給与でボーナスも入ります。 例としては、 生涯平均給与が50万円、40年の被保険者期間がある場合、年金額は約132万円になります。 月47万円の足枷が掛からない年収は564万円になり、年金額との差額432万円まで働いても年金が削減されない計算になります。 老後の平均生活費が26万円(年間312万円)なので、毎年120万円(432万円-312万円)を老後に備えることが可能です。 従って、 今まで、働くチャンスがあるにも拘わらず、働き方を制限されてきた方は、より働くことが可能となり老後に備えることができます。 まとめ 今回の在職老齢年金の検討については、最終的に65歳未満の基準が47万円に引き上げられることに落ち着きそうです。 したがって、 65歳未満で年金がもらえる方々が恩恵を受ける結果となり、老後の資金を貯蓄できる環境ができたと言えると思います。 是非とも、このチャンスを利用して老後の資金を貯金して、少しでも、老後に不安のない人生設計を立てていただければと思います。 老後資金のお金の不安を丁寧にお聞きし、解消できるようにアドバイスいたします。 「ご相談お問合せ」でも受け中。 FPオフィス「ライフデザイン」(横須賀市大津町1-21)•

次の