四 コマ 漫画 ネタ。 宿題、4コマ漫画のネタについて学校の宿題で、情報系の教科からな...

萬策大好き。ほんとだよ!「四コマ漫画」

四 コマ 漫画 ネタ

STEP1:NG例から学ぶ やってはいけない4コマ せっかく浮かんだ面白いネタもうまく表現できなくて台無し……そんな4コマ漫画ならではのよくある失敗例とその対策を紹介します。 対策:基本は1コマにつき1~3人。 2人くらいの進行が一番見やすいです。 その為、絵が全然見えなくなり、読む気も失せてしまいます。 対策:4コマは現代物や日常物が一番入りやすい設定です。 他設定の場合でも、なるべく説明をシンプルにするよう心がけましょう。 セリフはなるべく必要最低限の内容まで削りましょう。 フキダシの数、セリフの行数も基本は少なめが好ましいです。 このくらい削っても内容は十分伝わります。 ですが、それだととても単調な印象になってしまい、面白みに欠けてしまいます。 対策:構図を変えたり、カメラワークを使い分けたりするなど見せ方に工夫をつけましょう。 今回は初心者用ということでNG例としてあげましたが、 上級者はあえてこの手法を使うことでいつもと違った印象やアンバランスな面白さとして使う場合があります。 なのでNG例を使ってはいけないということではありませんが、初心者の場合は避けたほうが無難なテクニックです。 STEP2:起承転結とは?知っている人も再確認! 4コマの基本は「起承転結」です。 漫画好きな人はよく聞く言葉かもしれませんが、どういう意味か正確に説明できるでしょうか。 4コマを制作する前に、改めてどんなものか再確認しましょう。 起 物語の始まり。 どういう場所にどんなキャラクターがいて、どういうシチュエーションでストーリーが始まるかを説明します。 承 起のコマから話が少し進みます。 キャラが出てきたり、話しかけられたり、問題が起こったりします。 転 起・承のコマからひと展開起きます。 驚くようなことが起きたり、誰かが急に強い発言をしたりと波乱が生まれます。 結 転を踏まえて、オチをつけます。 オチとはその話を上手くまとめて「面白く」終わらせることです。 この法則以外の展開も色々ありますが、特にこれから4コマを描きたい方はひとまずこのパターンから入ることをおすすめします。 STEP3:日常に「そんなばかな」を起こす 上記の起承転結から、3番目にあたる「転」を使った話作りをしてみましょう。 いかに不可解な言動や非日常な出来事を起こすかで考えると話をたくさん作りやすいです。 このままでは特に面白みもないですね。 こんなシーンに「そんなばかな」の要素を入れてみましょう。 他にもAの場合、「自動販売機から温泉が沸いた」「人が出てきた」、Bでは「告白した先輩が双子だった」「実は同性だった」……など 前のコマからありえない流れを作る「そんなばかな」要素でまず意表をつきましょう。 STEP4:「面白い」オチをつける 「転」の部分に意表をついた展開をもってきました。 その先は「結」で話にオチをつけます。 でも先ほどの例ではいまいちオチが弱いです。 上記で説明した通り、オチとはただ終わらせることではなく「面白い終わり方」をするという意味です。 先ほどの例はまだオチの面白さが弱いです。 転で話を動かしたあと、それをギャグとして決着をつけてみましょう。 展開やセリフのやりとり次第で正統派なつっこみ漫画にも、シュールな漫画にもなります。 転で「そんなばかな」のある展開かと思いきや、更なる「そんなばかな」が待っていた。 という衝撃をオチにもってきたパターンです。 このように、まずは 日常や身の回りから題材を持ってきて、そこになにかしらの意外性を発生させるという法則なら比較的話が作りやすいです。 次は自分で描いてみよう! 4コマ漫画講座、いかがでしたか? 基礎がわかれば案外取り組みやすそうですよね。 他にも様々な話の作り方、パターンなどがたくさんあります。 まずは「起承転結」をしっかり押さえてから、自分に合った方法でいろんな4コマをどんどん作ってみましょう! [著・画:両角潤香(もろずみじゅんか] Web Twitter 漫画家、イラストレーター。 主に角川系や電撃系の少年誌等で活動。 ゲームやアプリのキャラデザインやイラストも多数手がける。 イラスト技法書制作やアミューズメントメディア総合学院講師も行っている。

次の

なんで新聞に四コマ漫画があるの?→すさんだ気持ちを和ませるため。東京朝日新聞日本初の四コマ漫画「正チャンの冒険」から

四 コマ 漫画 ネタ

自分で考えたネタも、ご依頼でもらったネタも、四コマ漫画のネームにする過程は同じです。 白紙の状態から、いかにして四コマ漫画のネームを生み出すのか? その方法を以下より書いていきます。 四コマ漫画のネームの作り方1:ネタをリサーチする 四コマ漫画のネームの作り方の1は、 いただいたネタに関して調べることから始まります。 自分が描こうとしているものが何なのか?をつかむことで、四コマ漫画のネームが描きやすくなります。 例えば頂いたネタが「音声ドラマの内容を四コマ漫画で描く」だとしましょう。 この場合はアイチューンズに音声をダウンロードし、四六時中物語を聴きます。 音声ドラマの内容を四コマ漫画で描く場合、そのドラマの内容、空気感をつかむために常に音声を流し、世界観を把握するのです。 「記事の内容を四コマ漫画に起こす」であれば、その記事を精読して、書かれている内容を把握します。 そしてネタの内容がつかめたら、それをどう四コマ漫画で見せるか?を考えます。 お客さんからいただくネタは、四コマ漫画を作るときのテーマといえます。 例えば「銀行強盗に入った少年の四コマ漫画」というテーマがあれば、四コマ漫画のネームも作りやすくなります。 四コマ漫画を作る時は、まず描くテーマを見つけましょう。 テーマを四コマ漫画でどう見せるかを考えながら、ネームを考えるのです。 四コマ漫画のアイデアを出すために描いた女性のイラスト 四コマ漫画のネーム案を考えるときに、絵をたくさん描くメリットは、2つあります。 本番の四コマ漫画を描く前にキャラクターの絵を手になじませておける 四コマ漫画に登場するキャラクターをたくさん描くことで、本番の原稿用紙に描くときに、キャラの絵が手になじんできます。 ご依頼用の四コマ漫画のキャラクターは、初めて描くものになります。 そのためこの段階でキャラや背景、登場するアイテムなどを描くことで、本番前に絵を描くことに慣れることができるのです。 また四コマ漫画の絵を描くことで、構図や絵の引き出しなどが増え、ネームを描くときのヒントになるでしょう。 四コマ漫画の絵を描くことでネームの発想が浮かびやすい状態を作る 僕は漫画のアイデアを考えるとき、椅子に座っているよりも外で散歩したり、絵を描いたりなどしていた方が発想が浮かびやすくなります。 作ろうとする四コマ漫画のキャラクターや舞台などの絵を描くと、頭が創作モードに入り、描いている絵がキッカケでネームの案が見つかったりします。 「作ろうとしている四コマ漫画に関係する絵を描く」のは、ネームの発想をつかむために釣り糸をたらしている状態です。 絵を描きまくって釣り糸をたらしながら、アイデアが浮かぶのを待つのです。 いざ四コマ漫画のネーム案が浮かんだら、手を止めます。 頭のなかで四コマ漫画の構成を思い描き、必要なことは紙にメモを取ります。 浮かんだ発想をもとに、四コマ漫画のネームを描きましょう。 以下の画像はご依頼いただいた四コマ漫画のネームと、浮かんだ発想をメモした紙です。 落語でも、一つの話のなかでキャラクターの感情や立場が逆転することがあります。 例えば落語の「らくだ」には、キャラクターの立場の逆転があります。 キャラクターの感情や状況が一転するエピソードをつくることで、読者に意外性を与えられるでしょう。 初めに1コマ目と4コマ目で、キャラクターや状況に反対の要素を置く。 その後、 どうして逆転が起きたのか?という方向で2~3コマ目を考えます。 2~3コマ目で勝ち目がないような絶望的な雰囲気を置くことで、4コマ目の勝利のシーンが際立ちます。 注目させたいコマの1つ前のコマに、激しい逆の要素を置くことで、後のコマが目立つのです。 初めに「起」(1コマ目)と「結」(4コマ目)の逆転した状況を考え、そうなるに至った経緯 「承」と「転」にあたる2~3コマ目 を後から付け足します。 「サッカーの試合で味方が負けている」(1コマ目)の例で、2~3コマ目を考えてみましょう。 2コマ目では、敵チームが優位にありました。 しかし3コマ目で「敵のエースが、昨夜食べたフグが原因で腹痛を起こし、退場。 試合の流れは味方に向いてきた」となります。 そして4コマ目で味方が勝利する展開を持ってきます。 3コマ目でフグに当たってエースが腹痛をおこすなら、伏線を1~2コマ目ではっておいたほうが良いでしょう。 伏線とはそれが起こった原因を、読者が分からない程度にほのめかすシーンをいれるということです。 伏線をはらないでいきなりエースの腹いたを描くと、読者には都合がよい展開に見えてしまうかもしれません。 またネタを四コマ漫画のネームに起こすときは、「起承転結」の型に当てはめると作りやすくなります。 オチを描く 起承転結の流れにそってネタを考えることで、四コマ漫画っぽいネームができます。 起承転結の順番は、変えても大丈夫です。 起承転結だけでは四コマ漫画のネームの描き方が分からないときは、「1コマ目と4コマ目を先に考える」創作法を使いましょう。 筆者は上のような発想を使って、以下のご依頼用四コマ漫画のネームを作りました。 もしくは四コマ漫画の1コマ目と4コマ目に逆転の状態を作り、後からそうなるに至った経緯 2~3コマ目 を考える 四コマ漫画のネームを考えるときは、リラックスしている状況で行いましょう。 その後、自分の中で漫画とアートは一つとなり「漫画アート」の創作を始める。 2010年~2013年ころにFC2やSeesaa 無料ブログ でブログを書いていました。 2016年9月にワードプレスでブログ「天才漫画アート芸術家」を立ち上げ、今に至る。 漫画描き、絵描き、ブロガー、漫画アートYouTuber、Webライターなどをしています。 これら全部ひっくるめて漫画アートです。 僕にとって生きること全体が漫画アート!漫画アートは僕にとって表現をこえた宇宙であり、生きることそのもの。 詳細なプロフィールページはただいま作成中。 漫画アートで世界を変える(change the world with manga art)!これが筆者が向かうところです。 1000年に一人の天才クリエーターと確信する漫画アート芸術家は、「漫画アートで人類史上の最高傑作を生みだす!」という目的へ向けて、今日も容赦なく爆進していきます!.

次の

四コマ漫画にチャレンジ!│ポニーのブログ

四 コマ 漫画 ネタ

STEP1:NG例から学ぶ やってはいけない4コマ せっかく浮かんだ面白いネタもうまく表現できなくて台無し……そんな4コマ漫画ならではのよくある失敗例とその対策を紹介します。 対策:基本は1コマにつき1~3人。 2人くらいの進行が一番見やすいです。 その為、絵が全然見えなくなり、読む気も失せてしまいます。 対策:4コマは現代物や日常物が一番入りやすい設定です。 他設定の場合でも、なるべく説明をシンプルにするよう心がけましょう。 セリフはなるべく必要最低限の内容まで削りましょう。 フキダシの数、セリフの行数も基本は少なめが好ましいです。 このくらい削っても内容は十分伝わります。 ですが、それだととても単調な印象になってしまい、面白みに欠けてしまいます。 対策:構図を変えたり、カメラワークを使い分けたりするなど見せ方に工夫をつけましょう。 今回は初心者用ということでNG例としてあげましたが、 上級者はあえてこの手法を使うことでいつもと違った印象やアンバランスな面白さとして使う場合があります。 なのでNG例を使ってはいけないということではありませんが、初心者の場合は避けたほうが無難なテクニックです。 STEP2:起承転結とは?知っている人も再確認! 4コマの基本は「起承転結」です。 漫画好きな人はよく聞く言葉かもしれませんが、どういう意味か正確に説明できるでしょうか。 4コマを制作する前に、改めてどんなものか再確認しましょう。 起 物語の始まり。 どういう場所にどんなキャラクターがいて、どういうシチュエーションでストーリーが始まるかを説明します。 承 起のコマから話が少し進みます。 キャラが出てきたり、話しかけられたり、問題が起こったりします。 転 起・承のコマからひと展開起きます。 驚くようなことが起きたり、誰かが急に強い発言をしたりと波乱が生まれます。 結 転を踏まえて、オチをつけます。 オチとはその話を上手くまとめて「面白く」終わらせることです。 この法則以外の展開も色々ありますが、特にこれから4コマを描きたい方はひとまずこのパターンから入ることをおすすめします。 STEP3:日常に「そんなばかな」を起こす 上記の起承転結から、3番目にあたる「転」を使った話作りをしてみましょう。 いかに不可解な言動や非日常な出来事を起こすかで考えると話をたくさん作りやすいです。 このままでは特に面白みもないですね。 こんなシーンに「そんなばかな」の要素を入れてみましょう。 他にもAの場合、「自動販売機から温泉が沸いた」「人が出てきた」、Bでは「告白した先輩が双子だった」「実は同性だった」……など 前のコマからありえない流れを作る「そんなばかな」要素でまず意表をつきましょう。 STEP4:「面白い」オチをつける 「転」の部分に意表をついた展開をもってきました。 その先は「結」で話にオチをつけます。 でも先ほどの例ではいまいちオチが弱いです。 上記で説明した通り、オチとはただ終わらせることではなく「面白い終わり方」をするという意味です。 先ほどの例はまだオチの面白さが弱いです。 転で話を動かしたあと、それをギャグとして決着をつけてみましょう。 展開やセリフのやりとり次第で正統派なつっこみ漫画にも、シュールな漫画にもなります。 転で「そんなばかな」のある展開かと思いきや、更なる「そんなばかな」が待っていた。 という衝撃をオチにもってきたパターンです。 このように、まずは 日常や身の回りから題材を持ってきて、そこになにかしらの意外性を発生させるという法則なら比較的話が作りやすいです。 次は自分で描いてみよう! 4コマ漫画講座、いかがでしたか? 基礎がわかれば案外取り組みやすそうですよね。 他にも様々な話の作り方、パターンなどがたくさんあります。 まずは「起承転結」をしっかり押さえてから、自分に合った方法でいろんな4コマをどんどん作ってみましょう! [著・画:両角潤香(もろずみじゅんか] Web Twitter 漫画家、イラストレーター。 主に角川系や電撃系の少年誌等で活動。 ゲームやアプリのキャラデザインやイラストも多数手がける。 イラスト技法書制作やアミューズメントメディア総合学院講師も行っている。

次の