ブログ 稼げるのか。 一般人はブログ収入でいくら稼げる?上位2%ブロガーが解説【稼ぐ方法】

【2020年最新】ブログのジャンルの決め方!今から初心者でも稼げるジャンル3つ

ブログ 稼げるのか

ブログの収益報告されている情報を集めまくってブログの収益報告の平均統計を出してみました。 数値を出してわかったことをまとめています。 結構なボリュームになったので、時間がある時にでもお読みください。 上図: 今回調べた50のブログの平均PVの推移 月末月初になると各ブロガーさんが運営ブログの収益報告を発表したりしていますが、1ヶ月ごとに色んなブログからの情報が来るためにまとまった情報を調べたいと思ったことがキッカケです。 ブログ運営をしていて、アドセンスやアフィリエイトでお金を稼ごうと思っている人の参考になれば。 Webに公開されている収益報告情報をとにかく調べて、Excelにポチポチと数字を入力していく作業は大変でしたが、調べていく内に 各論としての「稼げるブログと稼げないブログの違い」が見えてきたり、集めた数字から 総論として「ブログで稼ぐためには何が大切なのか」が少し見えてきました。 ブログ運営を長くやってる方からすると既知の事柄も多いかもしれませんが、ブログ初心者の方などには自信を持ってオススメできる内容になりました。 noteとかでの有料販売を考えましたが、なんか嫌なのでブログで公開します。 なので、この記事が参考になると思った方は周りのブロガーの皆さんにシェアしてあげてください(笑)• 情報の集め方 最初に結論を書きたい所ですが、情報収集の方法だけ先に書いてから結論に移ります。 統計としては十分とは言えませんが、 ある程度信頼できる情報だと思います。 はてなブックマークやGoogleで「ブログ 収益報告」などで調べてヒットしたブログや、日々私が参考にしているブログの収益報告をピックアップしています。 完全なアフィリエイトサイトは今回の対象外です。 ただし、ブログ形式でアフィリエイト商材を扱っているブログは含まれています。 したがって、ブログ型の運営方式でアドセンスやAmazon、楽天、A8、nendなどの広告収益を上げているブログの平均収益になります。 広告以外の情報商材収益やサロン収益などは除外しています。 結論: 半年やれば40,000円くらい稼げる 長々と先延ばししてもアレなので、さっさと結論を書きます。 50のサンプルから、 ブログ開始から半年後の平均収益が約40,000円であることがわかりました。 下記が今回集めたサンプルから抽出した数値です。 その時点での累計記事数の平均値は125記事となっていて、3日に約2記事を書いているペースです。 つまり、 3日に2記事を半年間書き続けることができれば、そのブログは月に40,000円稼ぐことができると一般的には言うことができます。 ただし、その横の行に算出してある収益額の中央値を見ると13,911円となっているように、稼げるブログが平均値を引き上げている傾向が見られます。 稼げるブログのパターンは後述しますが、やはりブログ運営の知識を持っている人が運営している場合が多く見られました。 サンプルが50しかない中央値であることを加味すると、 ブログ運営のこと(SEO対策・ライティングの知識等)をあまり知らないけど、ネットで記事を読んで勉強しながら頑張った人の場合は半年後にはざっくり月20,000円くらい稼げるようになるのが一般的といった感じでしょうか。 割に合うと思う?思わない? この6ヶ月後の収益額が平均値40,000円、中央値13,911円であるいう数字を見て、ブログで稼ぐことについてどう判断されるかは読者の方には委ねます(笑)読者の方はどう思いますか?おそらく、下記のような考え方の例があるかと思います。 素人が手を出しても半年頑張って20,000〜40,000円しか稼げないのか... 微妙だな• ある程度勉強すれば半年後には何もしなくても40,000円は稼げそう。 その後運営を続けて行ったら、半年〜1年後で合計30〜40万円くらいのお小遣いになる• 専業・副業ブロガーが混ざった上でのこの数値なら、専業で行くなら平均値を上回る自信はある こんな所でしょうか。 ちなみに私の感想としては、 半年頑張って月20,000円だとかなり少ないなと感じました。 ただし、月20,000円ラインのブログは趣味レベルのブログが多いため、主婦の方などが趣味の一環としてブログを執筆しています。 このようなブログが中央値を下げています。 なので、ただの趣味ブログではなく、ある程度稼ぐことを目的としてしっかり頑張って継続して、良いコンテンツを書き続ける努力をしている場合は、平均値くらいは稼げると思います。 最初の3ヶ月を耐えられるかどうか ブログやメディア運営は最初の3ヶ月を耐えられるかどうか、 3ヶ月経てば伸び始めるとよく言われますが、今回の調査でもそれの裏付けはできそうです。 下記の表の黄色い部分を見てください。 収益の平均値が大幅に伸びている所が3ヶ月目と4ヶ月目の間です。 数字を集める時にもちろん目視で収益報告ブログの数字を見ていたのですが、その時の感覚としても 3〜4ヶ月目のタイミングで収益額が4桁から5桁に変わっている人が多いと感じました。 3ヶ月経つまではアナリティクスを見過ぎないように笑 3ヶ月が経過した段階でPVがぐっと伸び始めています。 3ヶ月間頑張って書き溜めたコンテンツが蓄積されたために流入が単純に増えただけではなく、それぞれの記事とそのブログが検索エンジンに評価されることで 1記事あたりの集客力(PV数)も伸びているタイミングがココなんですね。 3日に2記事のペースで記事を書いていれば、一般的にはここで諭吉レベルの収益が手に入るようになるということですね。 1ヶ月目、2ヶ月目の数字を見てるとやはり悲惨なもので、月の収益がランチ1食または2食分ほどしかありません。 もちろん数百円しか儲かっていないブログも沢山ありました。 ブログを始めた時はやはりこの点が辛いですよね。 ですので、 この表を見てもらって、「3ヶ月頑張れば数字は良くなるはず」とエネルギーになれば嬉しいです。 最初はあまりアナリティクスばかり見てもテンションは上がらないので、適当に見るくらいにしましょう笑 1記事あたりの集客力が伸びるのは4ヶ月経ってから 先にも少し書きましたが、4ヶ月経つと1記事あたりの集客力がぐっと向上します。 伸びる記事と伸びない記事 この時期になると、ブログの中で「PVを稼いでいる記事」と「PVを稼げない記事」に分かれてきます。 このタイミングでやっておきたいことが「PVを稼いでいる記事のリライト」ですね。 良い評価を受けている記事のクオリティをさらに上げることで検索結果のさらに上位を狙っていくタイミングです。 また、この記事がアフィリエイト商材を扱っている記事なのであれば、CVRを上げるためにコンテンツの見直しをすることが収益アップに繋がるはずです。 選択と集中 一方でPVを稼げていない記事は放置しておきましょう。 選択と集中を意識し、優秀な子だけを伸ばす感覚で、落ちこぼれちゃんは心を鬼にして無視した方が良いです。 このあたりまでブログを継続していくことができていれば、ブログ運営がすごい楽しくなってくると思います。 月に50,000〜100,000PVを稼ぎ、収益もそれなりに出てきてるので、ブログを読んでもらって、お金を稼いでいる感覚が出てきます。 なんとかこのあたりまで踏ん張るのが鍵ですね。 雑記型ブログと特化型ブログのどちらが良いか? 50のブログサンプルを見ていく中で、ブログのタイプとして雑記型でなんでも書いていくスタイルのブログと、ある程度ジャンルを絞った特化型ブログの2つがありました。 特化型はリターンが大きく、雑記型は安定感がある 見ていた時の感覚として、 平均的に安牌で稼げるのが雑記型で、当たった時の伸びが大きいのが特化型という印象でした。 雑記型は幅広いキーワードでユーザーを集客できますが、あくまで雑記であるためにGoogleからの評価の伸びが特化型に比べると遅いのかもしれません。 また、雑記型+アフィリエイトの場合は、特化型のそれに比べると信頼性が落ちるため、CVRが比較的低いのだと思います。 特化型の場合は、ジャンル選定を間違えるとかなり悲惨な結果が待っているというリスクもありながら、うまくジャンルを選べればかなり収益を上げています。 ジャンルミスの要因はいくつかありますが、 広告単価の低いジャンルやアフィリエイト商材が活かせないジャンルがそれに該当します。 趣味レベルでのブログにその傾向が高いと感じましたね。 「なかなか稼げない!」と収益報告で嘆いているのを見ると「あぁ、そのジャンルは相当がんばってもきついよね... 」みたいな感じでした。 一方で トレンドを汲み取りつつ、アフィリエイト商材との相性が良いブログはびっくりするくらい伸びています。 平均値を引き上げているのがこの手のブログですね。 個人的には特化型推し 雑記型と特化型の良し悪しが上記のような感じなので、どちらを選ぶかは自分の方向性や目的によるかとは思います。。 最初は特化型で攻めてみながら、ネタが切れてきたりつまらなくなってきたら雑記に幅を広げてみてもいいかもしれません。 他のブロガーさんの記事とかを読んでいても書いてありますが、ブログで月10万とか20万円稼ぎたいことを目的としている場合は、特化型から入ったほうが良いと思います。 アドセンスとアフィリエイトどちらが良いか? ブログの収益報告には収益チャネルを丁寧に公開しているブロガーさんもたくさんいました。 アドセンスはほぼ全員が導入し、次点でAmazonと楽天、その次がA8はバリュコマ、nendや忍者でした。 ブログでの広告チャネルは結構あるわけですが、超特化型アフィリエイトブログでない限り 広告の種類によって収益に大きな差は見られません。 したがって、あまりどの広告を使うかを迷う必要はないかと思います。 アドセンスとAmazonから始めればOK アドセンスを早く導入しておいて、記事によってはAmazonや楽天を使うのがいいんではないでしょうか。 50のブログの中でうまくA8やバリュコマのようなアフィリエイトASPで収益を継続的にあげている所は少なかったです。 Amazonや楽天アフィリエイトだと、記事に関連する商品をペタッと貼っているだけで収益に繋がったりするため、そこまでアフィリエイト的な専門知識がいらないのが導入しやすい理由ですね。 独自ドメインとはてなドメインのどちらが良いか? 独自ドメインか無料ブログサイトのサブドメのどちらがいいかは非常に微妙な感じでした。 独自ドメインブログの方が平均収益額が高かったのですが、独自ドメインにしているブログの方がブログ運営知識を身に付け、割と本気で収益化を図っているという要因があるのではないかという仮説です。 今回の調査ではここは仮説のままで検証には至っていません。 今からブログをやるなら独自ドメインで ただ、一般的にはやはり独自ドメインを取得し、ドメインを育てることが推奨されています。 これはブログ運営にかぎらず、数年前から流行っているキュレーションメディアなどの専門家の意見としても有名です。 このブログは独自ドメイン取っていないんですけどね。 独自ドメインに切り替えた後の一時的なPV減少が恐いので(笑)このブログ以外に運営しているブログやサイトは全て最初から独自ドメインにしていますが。 オススメ 1日1記事かければ、1年後には月の収益が10万円になる 今回の数値から、平均的な記事の執筆ペースは3日に2記事ということがわかりました。 この平均執筆ペースだと一年後の収益は約60,000円が平均値となっているのですが、毎日1記事を執筆すればPVの増加を前倒しでき、1年後の記事数も平均値を上回るため、月の収益額は10万円ほどになる見込みです。 多分、10万円以上いくと思います。 平均が3日に2記事ということは、頑張っている人は毎日記事を書いているわけですね。 事実1ヶ月の更新記事数が40記事くらいの方もいます。 ブロガーによってブログを書く目的や収益化の目標値も異なるので、更新頻度やその内容などはそれぞれだと思いますが、 この記事で紹介した数値を参考にすれば、どういった方向性で記事を書いてけば目的が達成されるのかというおおよその見通しは立てられるのではないでしょうか。 KPIは「記事数」 この調査を通じての結論としては、 ブログで稼ぐためには継続した記事執筆が必要条件であり、一番重要だというシンプルなものですね。 事業運営経験がある人ならKPIという言葉を使ったことがあるかと思いますが、 ブログ運営のKPIは記事数です。 PV単価の相場はある程度決まっていますし、記事あたりの集客力もある程度決まっています。 PV単価や1記事あたりPVなどの変数ももちろん改善できますが、そもそもの記事数があってこその話です。 ジャンル選定にだけは気をつけながら(とはいっても気にし過ぎることもないですが)、とにかく記事を書き続けましょう。 3ヶ月間は大変かもしれませんが、4ヶ月目に数字が伸びることをただ信じ、ひたすらに記事を書くだけです。 がんばりましょうー!.

次の

趣味ブログは稼げる?稼げない?ブログ・アフィリエイトで稼ぐ方法とは?

ブログ 稼げるのか

目次 稼ぐための趣味ブログを作ろう! 「趣味ブログでは稼げない!」一般的によく言われていますが、これは間違っています。 確かに稼ぐ事を考えずに、ただひたすら趣味ブログを書いているだけでは稼げないです。 しかし、しっかりとした戦略を持ち運営すれば、趣味ブログでも稼ぐ事は十分可能です。 ジャンルによって稼げる額は変わってくる 「稼げる」と言っても、 どれだけの額を稼げるのかはジャンルによって変わってきます。 投資が趣味の方であれば、「株」「FX」などを取り入れたブログ記事を書けば、それこそ100万、200万と稼げる可能性はあります。 反対に「釣り」「パチンコ」などの、アフィリエイト案件が少ないようなジャンルであれば、稼げる上限は決まってくるでしょう。 それでも 「グーグルアドセンス」「アマゾンアソシエイト」「楽天アフィリエイト」などを使えば、月に数万~数十万円程度までは稼ぐ事が可能です。 稼ぐためのルール1:無料ブログは使わない まず趣味ブログを運営する場合ですが、 無料のブログサービスを利用することは止めて下さい。 「アメブロ」「ライブドアブログ」といったサービスは無料で使いやすいのですが、それなりにデメリットを持っています。 これはブログサービス側の判断で、ブログを消されてしまう可能性があるという事です。 ちょっとした規約違反などでブログを削除されても、無料ブログを使っている限りは文句を言う事はできません。 月に数万、数十万稼げるようになったブログを、ある日突然消されたら辛いですよね・・・ 他にも無料ブログには、広告規制やサイトが自分の所有物にならないなど、重大なデメリットを抱えています。 アフィリやブログを行うならワードプレス一択 稼ぐつもりのない趣味ブログなら無料のサービスでもOKですが、稼げるブログを運営するのであれば 「ワードプレス」と「レンタルサーバー」を使ってブログを開設しましょう。 ブログ運営で一番人気のレンタルサーバーは、断トツで エックスサーバーです。 ハイスペックで複数のブログ運営ができるし、 ブログがアクセスを稼げるようになってもサイトが重くなりません。 アフィリやブログで稼いでいる人は、かなりの高確率で「ワードプレス+エックスサーバー」を利用しています。 エックスサーバーを契約すれば、管理画面からワードプレスを簡単にインストールしてブログ運営が行えます。 ・ スポンサードリンク 稼ぐためのルール2:グーグルアドセンスをとにかく貼る ブログで稼げるようになるためには、 「広告」を利用する必要があります。 趣味ブログを運営していても、アドセンスの広告さえ設置しておけば、いくらかの収入にはなります。 アクセスが伸びれば収入も伸びる 極端な話をすると、グーグルアドセンスでの広告収入は、アクセス数の増加と共に伸びていきます。 アクセスが月に10万PV、50万PVと増えれば、グーグルアドセンスで10万円、50万円と稼ぐ事は可能です。 趣味ブログといえど一定の需要さえあれば、後はグーグルアドセンスを貼っておくだけで稼げるようになります。 アドセンス広告はたくさん貼ろう たまにサイトのデザインばかり考えて、アドセンスを1箇所にしか貼っていないブログを見かけます。 本気で稼ぎたいのであれば、 アドセンスは最低でも3箇所は貼るようにして下さい。 ブログ記事の 「上部」「中部」「下部」、ある程度アクセスが増えればアドセンスの「関連広告」なども利用するべきです。 貼りすぎはよくありませんが、ブログで稼ぐためには最低でも3つは広告を貼るべきです。 稼ぐためのルール3:アフィリエイト広告を売り込む 趣味ブログを見ていて感じるのは、広告の売込みをしてないのが非常にもったいない! 趣味でブログを書く事は良いと思います。 しかし広告の売込みを行わなければ、収入につなげる事はできません。 とは言ってもアフィリエイト商品を言葉巧みに売り込むのは難易度が高いです。 初心者であれば、 「売り込み」ではなく、「紹介」で稼ぐべきです! 最後にアマゾンアソシエイトや楽天アフィリエイトを紹介する! 初心者がアフィリエイト広告で稼ぐには、変な売込みを行わずに 「アマゾンアソシエイト」や 「楽天アフィリエイト」の商品を紹介するだけでOKです! 例えば趣味で行っている、釣りブログの場合。 これだけでも一定数の商品は売れていきます。 どんなブログでも関連商品を売る事は可能ですよね。 アマゾンや楽天の商品であれば、ユーザーも購入しやすいので、変な売込みを行わなくても一定数量は売れていきます。 大切な事はどのページでも、必ず1つは商品を紹介する事。 そうすれば一つ一つの記事が稼げるページになり、ある程度PVが集まった時に収益が格段に伸びます。 稼ぐためのルール4:記事のタイトル選定 趣味ブログで稼ぐには、 「PV」を集めなければいけません。 一般的に使われているのは、 「SEO」を利用した集客ですね。 これはグーグルの検索上から人を集める方法です。 そのためには一つ一つのブログ記事を、 グーグルの検索上で上位に上げる必要があります。 タイトル選定と記事の質が大切 300文字程度の日記のような記事ばかりでは、人を集める事はできません。 しかし意識して2000文字~3000文字の文字量と、必要な気ワードが含まれている記事を書けば、グーグル検索からアクセスを集める事が可能です。 さらに大切なのは、 人を集められるタイトル選定をすること。 タイトル1「10月24日、本日の釣り日記」 タイトル2「東京で川釣りが行える場所10選!プロが教えるおすすめのポイントは?」 上記二つの記事タイトルを見てください。 「タイトル1」は趣味ブログでありがちなタイトルです。 これは検索キーワードを意識していないので、人を集める事ができません。 しかし「タイトル2」は違います。 「東京 川釣り おすすめ ポイント」「東京 釣り 場所」というような、検索されやすいキーワードを意識してタイトル設定がされていますよね。 こういったキーワードで検索をかけてきたユーザーを、自分のブログへと呼び込むことができます。 このようにブログを書く時は、ユーザーが検索をかけるキーワードを狙ってタイトルを決める必要があります。 これを上手く行えば、検索からユーザーを上手く集客できるようになります。 広告と情報を共存させよう 趣味ブログで稼げるサイトと稼げないサイトは存在します。 その違いは「広告と情報を共存させられているか?」です。 趣味でブログを書くのはOKですが、必ず「広告」を載せるようにして下さい。 「グーグルアドセンス」「アマゾンアソシエイト」「楽天アフィリエイト」これらを使うだけでも、十分稼げるようになります。 まとめ 以上です。 今回は、趣味ブログで稼ぐ方法についてご紹介しました。 趣味ブログは稼げるのか稼げないのか・・・? その答えはブログの運営方法にあります。 何も考えずに趣味ブログを運営していても稼げません。 しかし有料ブログを使い、記事のタイトル選定を考えたり、広告を上手く使えば、趣味ブログでも十分稼ぐ事は可能です。 このやり方はブログ運営でも難易度が低く、 初心者の方でも比較的簡単に稼げる方法です。 「ブログで稼げない!」 「趣味ブログで稼げるようになりたい!」 こんな風に悩みを持っている方は、是非実践してくださいね。

次の

ブログで稼ぐことは想像以上に大変です【3,000回くらい絶望します】

ブログ 稼げるのか

確かに、ブログは資金なしでも簡単に作ることができるため、すぐに稼げるというイメージを持っている方が多いかもしれません。 しかし、結論からいえば、ブログとはいえ立派なビジネスですから、お金が稼げるようになるまで時間がかかるのは当たり前。 最初の全くアクセスが集まらない3ヶ月間は確かにしんどいのですが、それを乗り越えると月10万円、30万円、100万円と大きな収益を得られるようになるのがブログです。 そのため、今回は ブログで月に10万円稼げるようになるまでにどのくらいかかるのか、それと合わせて、ブログアフィリエイトで稼ぐための秘訣を徹底解剖していきます。 弊社でも1つのブログから月に450万円、最大900万円以上を稼いでおり、その経験を踏まえた内容ですのでお見逃しなく。 Contents• しかし、実際のところ、ブログビジネスを始めたものの挫折してやめてしまう人が少なくないというのもアフィリエイトビジネスの真実です。 実に約90%の人が5000円も稼げずに諦めてしまうと言われているほど。 では、なぜそこまで諦めてしまう人が多いのか・・・その理由はシンプルであり、簡単に稼げると勘違いしている人がほとんどだから。 冒頭でもお話した通り、ブログはあくまでビジネスであり、0から1を生み出すためにはどうしても時間がかかってしまうのは当たり前なんですよね。 したがって、ブログで稼ぐためには、まずブログで稼げるようになるまでどのくらい時間がかかるのかを理解しておくことが重要になります。 ブログで月10万円以上を稼ぐにはどのくらい時間がかかってしまうのか、それはズバリ、約半年と考えておいた方がいいでしょう。 というのも、Google新しくできたブログを評価するまで約3ヶ月と言われており、その3ヶ月間は全くといっていいほどアクセスが伸びないからなんですね。 3ヶ月記事を執筆してブログを運営すると、徐々に数字が伸びていきますので、そこからいよいよ収益化していくというのがブログビジネスの仕組み。 「半年で月10万かよ」と思うかもしれませんが、今の生活に10万円がプラスされることを想像してみてください。 たかが10万、されど10万円であり、ブログビジネスの最大の魅力は資産となること。 実際、ブログでの収益は右肩上がりに伸びていくのが自然であり、月10万円、30万円、50万円、100万円と徐々に得られる収入が上がっていきます。 弊社で運営しているブログでも2年以上運営して月に最大900万円、1年3ヶ月で月に450万円以上を生み出しました。 ブログは長期間であればあるほど、アクセスを集めて収益を伸ばしていくビジネスということを理解して取り組めば、挫折せずに済むでしょう。 先ほどのデータとは打って変わって、1年以上アフィリエイトを継続している人の40%が月に10万円以上も稼いでいるとのこと。 つまり、諦めずに継続していれば、稼げる可能性が高いというのが「アフィリエイト」というわけですね。 また、現在、初期費用がかからず、リスクもなしでブログを使って稼ぐことができるネットビジネスを特別講義として期間限定でお話しています。 それこそ、今回取り上げている ブログビジネスですので、あなたにとっても価値のある内容かと思います。 初心者でもわかりやすく0から稼ぐ方法をお話しておりますので、下記から無料で学んでみてください。 世の中の99%の人が知らない"新時代のお金の稼ぎ方"を無料公開中。 初期費用がほとんどかからず、失敗してもリスクがない、自動化もしやすく、大きな額を稼ぐことができるため、非常に魅力的なビジネスであることは言うまでもありません。 唯一のデメリットが先ほどからお話している通り、時間がかかってしまうこと。 そんなブログアフィリエイトで稼ぐための秘訣はどのようなものがあるでしょうか? その秘訣とは・・・ズバリ、3ヶ月で100記事を投入すること。 というのも、Googleがブログを評価するまで約3ヶ月かかると言われており、さらに、100記事をブログに投入したあたりから一気にアクセスが伸びていくと言われています。 それは弊社がブログを運営していることでも実感していることですので、この3ヶ月100記事というのは1つの目安と言ってもいいでしょう。 そのため、基本的にブログの執筆ペースは毎日最低1記事を書き続けること。 普通に考えるとわかると思うのですが、記事数が増えれば増えるほど、ブログの入り口が増えるわけですから、記事を増やすというのは理にかなった戦略です。 まずはGoogleにブログを認めてもらってアクセスを増やすということから意識してブログに取り組んでみるといいでしょう。 今回はブログ収益とPVの相関関係についてお話をしていきましたが、自分には難しいと感じた方は下記の『クビでも年収1億円』を読んでみましょう。 私がサラリーマンの時にネットビジネスで0から稼げるようになった方法の全てをお話していますので、ネットビジネスをするのであれば非常に参考になるはずです。 現在、期間限定で無料プレゼントしていますので、ぜひ下記から無料でお受け取りください。 サラリーマンの人生を変える最強の一冊を全ページ無料で公開中。 参考: まとめ ブログは簡単に取り組めるあまり、簡単に稼げると勘違いしている人も多く、それゆえほとんどの人が挫折して諦めてしまうのが実情。 もしブログで月に10万円以上を稼げるようになりたいのであれば、最低でも3ヶ月以上は継続して取り組むことが何より重要。 ブログは最初こそ時間がかかってしまうものの、月に30万円、50万円、100万円と稼げる可能性を秘めているビジネス。 ブログアフィリエイトで稼ぐ秘訣は何よりも早くGoogleに認めてもらうことが重要であり、3ヶ月で100記事を書きあげてしまうことが重要。 名前:小玉歩 性別:男性 1981年生まれ、秋田県出身。 ネットビジネス界の異端児。 一部上場企業で勤めながらも、副業で始めたネットビジネスで年収1億円を稼ぎ、会社をクビになってしまう。 この経験を書籍として出版した(KADOKAWA)は処女作にして10万部という異例のヒット作となり、コミック版・実践編とシリーズ累計15万部を記録する。 その後も出版依頼が殺到し(幻冬社)、(徳間書店)、(朝日新聞出版)と立て続けにヒット作を生み出す。 現在ではネットビジネス界にとどまらず、某日本No. 1口コミサイトの運営から50店舗超の美容室グループの集客コンサルティング、メジャーアーティストのWEBプロデュースや某テレビ番組のDVD販促キャンペーンのプロデュースを手掛けるなど、多岐に渡る事業において事業を展開。 経営者・事業家・マーケター・プロデューサー・コンサルタント・講演家と、決して一つの枠組みで括る事の出来ない存在だが、何より説得力のあるアウトプットとどんな人をも惹き付ける人間力を兼ね揃えた「エンターテイナー」として、日々ビジネスシーンに多大な影響を及ぼしている。

次の