カカオトーク 出会い系。 カカオトークで出会いを探すのは間違い!?LINEとは違う活用方法を解説

カカオトーク

カカオトーク 出会い系

もくじ• 出会い系で電話番号の交換はSNSがダダ漏れ 出会いアプリに限らず見ず知らずの人と電話番号の交換は絶対にしてはいけません。 電話帳に追加されたら最後、LINE・カカオ・Facebook・ツイッター・インスタ・怪しい出会いアプリ・その他の婚活アプリに、「利用しているユーザー」で表示されてしまいます。 まだ見ぬこれから新しく生まれるアプリも含めてです。 LINEやFacebookなどほぼすべてのアプリが会員を利用者を増やしたいがために、初期設定で電話帳の吸い上げが有効になっています。 メールアドレスの交換は迷惑メールの危険性があります。 メッセージアプリのほうがブロックもできて便利なので推奨はしません。 カカオがよくてLINEの交換がダメな理由 メッセージアプリはLINEをメインで使っている人がほとんどですが、 LINEのアカウントには、本名、タイムライン、プロフィールの画像だったり、個人情報がテンコ盛りです。 今は書いてなくても、いずれ書きたくなるかもしれないし、タイムラインにイイネされたら、その友人も見られてしまいます。 疎遠になったらブロックをすればいいですが、会う前にいろいろ知られてしまうのは気持ち悪いですよね? したがって、出会いアプリはカカオをサブ的な位置づけにして交換をオススメします。 カカオトークの使い方 カカオトークはLINEと同じように使えるメッセージアプリです。 インストールをすれば分かりますが、5人に1人の割合で友達が同時にやっています。 インストールしていない人は、むしろラッキーです。 ニックネームもタイムラインもプロフィールも真っ新なアカウントを使えるわけですから。 出会いアプリでカカオの交換に応じないような男性は無視でいいです。 カカオもLINEと同様に18歳以上であることの確認をしないとIDの検索ができないので注意してください。 カカオのIDを交換する掲示板は会えない QRコードでLINEとカカオのIDを張り付けて交換する掲示板も多数溢れていますが、 登録も不要で簡単に拡散できるため業者の巣窟になっています。 ここにIDを掲載してしまうと、迷惑メールのように「友達かも?」に見知らぬアカウントが表示されます。 メッセージも頻繁にくるため、使いにくくなってしまいオワアカ(終わったアカウント)になります。 仲良くなったら電話番号の交換を忘れずに ここまでは出会い系で連絡先の交換による危険を煽ってきましたが、 出会いアプリで実際に会って信頼できる関係になったら電話番号の交換は必ずしてください。 メッセージアプリは、発展途上の不安定な存在なのでスマホの故障や機種変更のちょっとした手違いでアカウントを簡単に失ってしまいます。 LINEの一言にも「新しいアカウントはコチラです」と書いている友達も多いです。 中国人のLINEの乗っ取りも続いていて友達に迷惑をかけるだけなくアカウントが最終的に消されます。

次の

カカオトーク

カカオトーク 出会い系

カカオなら個人名がバレない? チャットアプリで不特定多数の人と連絡先を交換する場合、正式な個人名はすぐに教えたくないですよね。 ラインの場合はフルネームで登録している人も多いと思います。 この場合、チャットアプリで知り合った人にラインを教えるのは抵抗があるはずです。 その点、 カカオであればニックネームで登録ができますので、身バレする可能性は低いです! まだ出会ってもいない相手と連絡先を交換する場合は「カカオ」の方が安全というわけですね! 業者対策 ひまトーク系のアプリには多くの 「業者」と呼ばれる存在がいます。 彼らはライン交換を誘って、悪質なサイトに誘導したり、、 ラインIDを回収して通販サイトに誘導したり、、 ネットワークビジネスやねずみ講に勧誘したり 関わると非常に面倒な存在です。 このような業者にラインを教えてしまうと、自分のラインIDが流出してしまうかもしれません。 そのようなリスクを考えると、まずはカカオのID交換をする方が無難です。 カカオであれば、最悪、アカウントを削除すれば問題ありません。 大抵の業者は「ライン」に誘導してきます。 「カカオ」交換ができない相手には十分に警戒したほうが良いですね。 カカオのID交換をする方法 冒頭で書いたように「ひまチャット」「友達作りトーク」「マリンチャット」など。 このようなチャットアプリは連絡先の交換はできません。 ラインはもちろん、カカオでもメールアドレスでもNGになります。 そのため多くのチャットアプリでは 「禁止ワード」が設定されています。 相手とカカオ交換をした場合、アプリの利用停止になってしまう恐れもあります。 そのようなリスクを考えた場合、直接的な言い方で交換はしない方が良いでしょう。 「カカオ教えて」 「カカオのID交換しよう」 こういったメッセージを送ってしまった場合、禁止ワードに抵触し、凍結されてしまうかもしれません。 ネットの出会いはカカオ 基本的にはLINEはリアルな社会で出会っている家族や、知り合い専用。 カカオはSNSやネットで出会った人たち専用。 このように、 ネットで知り合う場合には「カカオ」だけを使うことが多いようですね。 ですので、もしも相手がラインを教えてくれなくても、カカオの交換ができれば大丈夫です!! ひつこくラインを聞くようなことは辞めましょう! ひまチャット系アプリで女の子とカカオ交換する方法 では、チャットアプリでカカオ交換するコツをご紹介しましょう! 基本的に無料のチャットアプリで出会うには、まずアプリ内で女の子と仲良くなる必要があります。 可愛い女の子の場合、1日に100通くらいのメッセージが男性からくるようです。 そんな彼女たちとカカオのID交換をするのは簡単なことではありません。 ポイント チャットアプリでモテるポイントは・・ 他の男性と差別化をして女の子から信頼を得ることが一番の近道です!!.

次の

カカオトークを出会いに活用する方法、落とし穴と本当のおすすめアプリ|マッチルール

カカオトーク 出会い系

もくじ• カカオトークが出会い系で使われる理由 なぜLINEではなくカカオトークが利用されるのか疑問ですよね。 実はカカオが使われやすいのには、5つの理由があります。 気軽に連絡先を交換できる 私はLINEをメインで使っていて、カカオトークはサブ感覚で使用しています。 圧倒的にLINE利用者が多いから、 カカオはリアルの友達と切り分けにも便利。 LINEだとトークラインの投稿など、出会い系で出会った人には開示したくない情報もたくさん載せているので、連絡先としては教えたくないものです。 カカオトークなら個人情報もバレにくいし、気軽に教えられます。 LINEのDを教えるのを渋っても、カカオならって人もたくさんいます。 連絡先を交換するときの敷居が低いのも、出会い系で使われやすいポイントですね。 知名度が低いので浮気がバレにくい 日本ではさほど知名度が低いから、 浮気用にもよく使われます。 カカオトークはLINEほど知名度がないので、アプリに詳しくない人だと一眼ではトークツールとは分からないです。 しかもカカオはアイコンを偽造できて、トークツールじゃないように見せかけることもできちゃうのがポイント。 アイコンさえ変えちゃえば、全く浮気はバレません。 出会い系を浮気相手探しに使っている人には必須のツールと言えます。 LINEと同じようにコミュニケーションが可能 カカオトークの機能はLINEとほぼ同じ。 チャットによるトークと通話を使えてスタンプの送信も可能です。 気軽にコミュニケーションを取りやすいので、 相手とのやりとりがしやすく仲を深めやすいのがポイント。 出会い系でまだお互いを知らない段階でも、気軽に連絡先交換しやすく、かつコミュニケーションが取りやすいツールとして活用されています。 通知をオフする機能がある LINEと同じくポップアップの通知を切ったり、パスワードをかけてロックする機能もついています。 カカオトークを使っていることがバレたくない人、浮気用に使っている人には非常にありがたいツール。 LINEにパスワードをかけたりしていると疑われやすいですが、 カカオならまず中身を見られるリスクも低いです。 「通知がポップアップされて浮気がバレた…」なんてことも回避できる機能がついているので、出会い系を使っている人はカカオトークを入れている人が多いです。 無料でメッセージも通話もできる 無料で利用できるので、出会い系でポイントを消費せずにで利用できます。 出会い系をつかっている男性側は、1通でも早くLINEやカカオに以降したがります。 カカオトークはLINE同様で利用料がかかりません。 メッセージや通話を無料で利用できるので、利用への敷居が低いのです。 カカオトークを出会い系で使う上での注意点 次にカカオを出会い系で使っていく上での注意点をまとめました。 出会い目的の掲示板を使うのは絶対NG カカオIDを貼り付ける出会い目的の掲示板なるものがあります。 覚えておいていただきたいのは、このような掲示板を利用するのは絶対にNGであること。 出会い目的の掲示板を使うと、以下のような危険性があります。 詐欺被害• 個人情報の流出• 怪しいユーザーからの友達申請• 未成年淫行 フレンド掲示板というものもありますが、フレンドという題名を隠れ蓑にして詐欺や援助交際の相手探しが横行していることも。 実際に起こりうるリスクについて、1つずつ詳しく見ていきましょう。 詐欺被害に遭う可能性 カカオで連絡先交換をした相手から金銭を要求される可能性があります。 手口としては、あなたの同情を誘ってお金を振り込ませるもの。 例えば 「親が病気でお金に苦労している」「私の余命はあと数ヶ月」などと言って、あなたの同情を誘い、お金を振り込ませます。 実際に私も利用しましたが、変なメッセージがたくさんきました。 「怪しいな」と気付けるなら良いですが、本当に寂しかったり、相手に依存してしまうとお金を払ってしまうことも。 もちろん代償として体の関係を匂わせたりしてきますが、引っかからないように注意が必要です。 個人情報の流出 カカオトークのIDをリアルのSNSアカウントと同じにしている人がいますが、こういう人は特に気をつけてください。 SNSでアカウント検索されると、 あなたの個人情報が特定されてしまいます。 イタズラでTwitterにIDを晒されたりすることもあります。 掲示板は不特定多数のユーザーが出入りしているので、自分の個人情報につながるものを投稿するのは、非常に危険です。 怪しいユーザーからの友達申請 掲示板にIDを貼り付けると、いろいろな人から友達申請がきます。 本当に出会い目的の人もいれば、詐欺目的の人や体目当ての人も多数。 女性だと 「3万円でパパ活しませんか?」「お小遣いをあげるからSMしよう」なんて誘いは山のようにきます。 最悪犯罪に巻き込まれたり、事件の被害者になるようなことも。 不特定多数の人間が利用している掲示板に、 カカオトークIDやQRコードを貼り付けるのは絶対にやめましょう。 未成年淫行 自分でも知らないうちに、未成年淫行に手を染めてしまうこともあります。 カカオトークは、援助交際やパパ活の相手探しの巣窟です。 危険なのは、相手が未成年者だった場合。 お互いに合意の上で性行為を行なったとしても、逮捕される可能性があります。 有罪になれば前科がつきますし、あなたの社会的立場も崩壊し全てを失う可能性も。 年齢を偽って連絡を取ってきて、関係を持った後に 「未成年だ」ということをネタに脅迫してくるような悪質な女子高生もいます。 連絡先の同期を切っておくこと カカオトークには、連絡先を自動で同期する機能があります。 この連絡先同期機能はプライバシー設定で変更することができるので、切っておきましょう。 知り合いがカカオトークを利用していた場合、自分にも相手にもおすすめユーザーという形で表示されてしまいます。 カカオトークを秘密で使いたい方は、必ず切りましょう。 さらにカカオには「携帯電話番号の割り当て」という機能があるのですが、この機能が問題。 現在携帯電話の番号は、解約されると半年程度で他の人に使いまわされます。 例えばあなたの友人がカカオに登録する際に使用した電話番号を、半年後に他の人が使用する可能性があるということ。 しかしあなたのトーク上には、あなたの友人の名前が表示されるのです。 友人と思ってコンタクトを取ったり、個人情報を開示してしまうと赤の他人に自分の情報が流出します。 上記のリスクをを避けるためにも、 連絡先の同期機能は切って使用するのが安全なのです。 ID作成をする際には身バレしにくいのを使う カカオにはID作成の機能がありますが、作成時にはTwitterやFacebookアカウントとは違う文字列を使用しましょう。 同じIDを使用すると、SNSアカウントを検索されて相手に個人情報を特定されるリスクがあります。 またSNSアカウントを知っている友人や知人が、カカオトークであなたのIDを検索する可能性もあります。 ID検索機能は切っておくのがおすすめ。 一度作成したIDは変更できず、どうしても変更したい場合はアカウントを削除する必要があります。 面倒な手間を省くために、自分自身を守るためにもID作成の時には身バレしにくいIDを設定するようにしてください。 カカオトークと安全な出会い系アプリを使おう! カカオトークが出会い系に使われやすいメリットと注意点を紹介しました。 実際に使ってみて、カカオトークは気軽に連絡先交換ができる上機能もLINEと変わらないので、非常に使いやすいツールです。 出会い系を使うならぜひ入れておくと便利。 カカオを使うときに気をつけるべき点はありますが、自身でプライバシー設定やID作成を行うこと、掲示板を使わないことを守れば危険は避けられます。 犯罪や詐欺に巻き込まれないためには、 本人確認がされる出会い系のアプリを使うのがベスト。 まじめに相手を探している人が多いアプリなら、詐欺業者もいませんし、体目当ての変な人に当たる可能性は低いでしょう。 サブで使えるカカオトークで連絡先交換をすれば、万が一変な人にあたっても個人情報を特定されにくくなります。 気軽に使いやすいカカオトークと、安全性の高い出会い系アプリを使って、 リスクを回避しながら相手探しができます。 >> 今回紹介した記事の注意点を守って、ぜひカカオトークを利用してみてくださいね。

次の