国民 健康 保険 保険 料 免除。 国民健康保険の免除・減額の条件や基準、申し込み方法について

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について Q&A|豊島区公式ホームページ

国民 健康 保険 保険 料 免除

早川幸子 [フリーライター] 1968年、千葉県生まれ。 明治大学文学部卒業。 編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。 現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。 13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday 青be の「お金のミカタ」を執筆。 「日本の医療を守る市民の会」発起人。 知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴 国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。 ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。 民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。 Photo:PIXTA 新型コロナウイルスの猛威が、世界を席巻している。 世界全体の感染者数は200万人を突破し、死亡者も13万人を超えた。 日本国内の感染者数も増加の一途をたどっており、4月16日11時の時点で、8582人の感染が確認されている。 そして、そのうち136人が亡くなっている〔厚生労働省発表より〕。 爆発的な感染拡大を防ぐために、4月7日、安倍晋三首相は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法による緊急事態宣言を発令。 対象地域は、感染が拡大している東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県、期間は5月6日までの約1カ月間だ。 これを受けて、対象地域の知事は、住民に外出自粛を求め、事業者に対して施設の利用制限を要請。 東京都は11日から、その他の府県も週明けから、事業者に対して休業要請を行うこととなった。 さらに、ウイルス感染は人が移動することで拡大するため、16日には緊急事態宣言の対象地域が全都道府県へと広げられた。 緊急経済対策で打ち出された 国民健康保険料の減免措置 今回の措置は、未知のウイルスの爆発的感染を阻止し、市民の命を守るためのものではあるが、人の動きを制限すると同時に経済も回らなくなる。 とくに、運転資金の少ない中小企業や自営業者、ギリギリの生活を送っている低所得層の人々にとって、休業は死活問題だろう。 そのため、国は緊急事態宣言発令と同時に、雇用と生活を守るための大規模な経済対策も打ち出しており、その内容は、各種税金や保険料の支払い猶予や減免、運転資金の貸し付け、返済不要の現金給付など多岐にわたっている。 「政府の対策は、スピード感がない」「利用基準がわかりにくい」といった批判も多いが、現状を乗り切るためには、自分が使える制度を探して、余さずに申請することが大切だ。 そのひとつが、自営業者や非正規雇用の人が加入している国民健康保険料(税)の減免措置だ。 国民健康保険法の第77条では、「保険者は、条例又は規約の定めるところにより、特別の理由がある者に対し、保険料を減免し、又はその徴収を猶予することができる」と、保険料の減免について定めている。 今回は、4月7日に閣議決定された「『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』について」で、生活に困っている世帯や個人への支援のひとつとして「感染症の影響により一定程度収入が下がった方々等に対して、国民健康保険、国民年金等の保険料の免除等」が盛り込まれた。 この閣議決定を実行するため、令和2年度の補正予算でも、国民健康保険料、介護保険料等の減免を行った市町村等に対する財政支援として365億円が計上され、財政的な裏付けもできたため、保険料の減額、または免除を受けられることになった。 どんな人が国民健康保険料の減免を受けられるのか。 具体的に見てみよう。

次の

国民年金が払えない!保険料払わないとどうなるの? [年金] All About

国民 健康 保険 保険 料 免除

国民年金保険料っていくら? 令和2年度の国民年金保険料は月額1万6540円です。 翌月末日までに支払わなければなりません。 この15年間で月額約3000円も上がっています。 会社員と公務員は給料からの天引きになるので、実際に月額1万6540円を支払わなくてはならないのは20歳以上60歳未満の自営業者や退職者、所得の高い主婦(夫)、配偶者が会社員・公務員以外の主婦(夫)等です。 失業中等支払うのが大変な場合は、国民健康保険や住民税の支払いが優先されがちで、国民年金保険料は後回しになることが多いようです。 【国民年金の満額についてはコチラの動画をご覧ください】 国民年金保険料を支払わない期間が長期間あるとどうなる? 国民年金保険料を支払わない(滞納)期間が長いと、デメリットは10年の期間を満たせず将来老齢年金がもらえないだけではありません。 障害年金でも保険料納付要件を満たせず、請求もできない事態や家族が遺族年金を受けられない事態もあります。 年金保険料を支払うのが大変に感じるときでも「支払わない」だけではダメなのです。 年金保険料免除・猶予、学生特例納付の申請をしましょう。 多種多様な国民年金保険料免除・猶予制度、基準の所得は? 年金保険料申請免除や猶予は所得の基準や失業や被災に対しての考慮もあります。 まずは所得による基準を確認してみましょう。 市区町村役場の国民年金課で手続きをしてみましょう。 法定免除 生活保護の生活扶助を受けている場合、障害年金1、2級の受給権者は市区町村役場へ「国民年金保険料免除理由該当届」を届け出ると、「全額免除」扱いになります。 申請月から2年1カ月前までの期間について、さかのぼって申請することができます。 前年所得の基準の目安を挙げます。 全額免除が単身で所得57万円以下、妻子1人扶養で所得127万円以下。 半額免除が単身で所得118万円以下、妻子1人扶養で所得188万円以下。 若年者猶予 50歳未満で経済的な理由(低所得等)や離職、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 所得の基準は全額免除と同じです。 学生特例納付 20歳以上の学生のための制度です。 経済的な理由(学生本人の所得が118万円以下)、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 申請免除や若年者猶予よりこちらの手続きが優先です。 国民年金保険料免除や若年者猶予、学生特例納付の申請は原則、毎年行うこと! 住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請を毎年行い、「保険料滞納期間」を無くするようにしましょう。 今年度(7月から来年6月)年金保険料の免除・猶予が認められても、来年度(来年7月以降)はわからないので忘れずに毎年7月に、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けましょう。 ただし「全額免除」「納付猶予」は申請書に翌年度も同じ申請をする旨を書くと、「全額免除」「納付猶予」が認められた人に対して、翌年度は申請書の提出を省略することができます。 学生は毎年4月に学校が窓口で手続きを行っているので、20歳になったら誕生月に、その後は必ず毎年4月に学生特例納付の手続きを行いましょう。 もちろん市区町村役場でも手続きができます。 今年は新型コロナ拡大防止のため、多くの大学等で休校していることでしょう。 入学直後で学生証が発行されてない等の事情がある場合は、更新前の学生証や仮の学生証を添付すれば市区町村役場で申請手続きができます。 学生証や在学証明書等が添付できなくても学生の身分が確認できれば、添付書類なしでも受付してもらえるとのことです。 新型コロナウイルスによる雇止めや失業、廃業などは所得ゼロとして審査 今年に入り、新型コロナ感染拡大を防ぐため、休業をやむなくされた事業所や、雇止めにあったり、失業したりした方も多いことでしょう。 国民年金保険料の支払いですが、通常の状態だと免除申請は、申請者本人、配偶者および世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が審査の対象になります。 ただし、新型コロナ感染拡大により、失業、事業の廃止(廃業)または休業の届出を行っている場合の免除申請は、失業した方・事業を廃止等された方の所得は、「ゼロ」として審査されるのです。 【関連記事】.

次の

母子家庭の国民健康保険料の免除

国民 健康 保険 保険 料 免除

国民健康保険の免除について 国民健康保険の免除について 国民健康保険に加入すると加入月数に応じて保険料がかかります。 保険料は医療分、後期高齢者支援金分、介護分(40歳から64歳までの人)の合計額を、年度(4月から翌年3月)を単位として計算します。 さらに各区分の保険料は、加入者に均等に負担していただく均等割額と、所得に応じて負担していただく所得割額で構成されています。 保険料は加入者ごとに計算し、世帯で合算します。 この均等割額や所得割額を算出するための料率、世帯の限度額は毎年度見直しされます。 国民健康保険は、社会保険などに加入していない方が必ず入る必要があります。 無職であっても加入しなければならず、収入のあるなしに係わらず保険料を納めなければいけないわけです。 そのため、事情によっては保険料の支払いが大きな負担となり、支払いが滞ったり、無理だったりという場合もあると思います。 財産や遊ぶお金はあるのに保険料は払えない、というような理屈は通りませんが、病気や震災などにより所得が大幅に減った場合や、前年度よりも所得が減少して、やむを得ず支払いに困っている方には、救済の措置として保険料の減額や減免などの免除制度が設けられています。 今回は、国民健康保険料の減免などの免除制度について解説します。 減免等の免除制度の概要 災害や所得が減少したなどの理由で、国民健康保険料を納めるのが難しい、困っているという方は、場合によっては、保険料の免除や、一部負担にすることができます。 国民健康保険の免除・減額の条件については各市町村によって異なりますが、減額および免除等は世帯全員の所得を合計したうえで決定され、7割、5割、2割のなかから減免率が選ばれます。 保険料均等割軽減 国民健康保険の免除制度における、それぞれの減免率に対応する所得は以下の通りです。 申請されている所得に基づいて、しかるべき割合を適用したうえで軽減されます。 ただし、独自の自治体で設定されている減額および免除の制度等、申請が必要な場合もありますので、各市区町村にお問い合わせください。 保険料の減免 災害など特別な事情によって、資産・能力の活用を図ったにもかかわらず、生活が著しく困窮して保険料を納められなくなった世帯で、生活が一定の水準を満たさなくなった場合、これから納期限が到来する期別保険料のうち所得割額について、一定の期間減免する制度があります。 非自発的失業者に係る保険料の軽減 65歳未満で会社の倒産や会社の都合で退職した人で、雇用保険の「特定受給資格者」又は「特定理由離職者」である方は、国民健康保険料が軽減される場合があります。 まとめ 国民健康保険は、病気やケガをした場合に安心して医療を受けることができるよう、加入者が普段から保険料を納め、医療費の負担を支えあう、助け合いの制度です。 すべての人が何らかの医療保険に加入することとなっている我が国の「国民皆保険制度」の中核として、国民健康保険は地域住民の医療の確保と健康の保持増進に資しており、加入者が納める保険料によって運営されています。 国民健康保険の保険料収納が不足すると、十分な給付が行えなくなり、国民健康保険に加入している方の医療費負担が大きくなってしまいます。 助け合いの制度である国保を守るためにも、必ず納期までに保険料を納めなくてはなりませんね。 しかし、経済的にどうしても支払が無理な状態になった場合は、減免など対応策があります。 細かな条件は地方自治体によってもことなることもありますので、自治体の窓口に問い合わせましょう。 支払が無理だから、未払いの状態にしておくことのないよう、必ず相談することが大切です。

次の