ミリオン 映画。 ミリオンダラー・ベイビーの感想!後味が悪いって本当?

上映スケジュール

ミリオン 映画

マギーはボクサーとして自分の存在価値を証明しようと考え、ロサンゼルスにあるフランキー・ダンのボクシングジムの扉をたたきます! フランキーは若い頃はカットマン(止血係)として優秀な働きをしてきた人間で、その後はトレーナーとなってジム経営をしてきました! このジムにはフランキーの古くからの友人の元ボクサーで、雑用係のエディがいて、彼はこのジムの一角に暮らしていました。 マギーは何度もフランキーにトレーナーになってくれと頼みますが、女の面倒はみないと頑なに拒否しました! そんな様子を観ていたエディーは、練習しているマギーを見て彼女の素質を見抜きトレーナーとなって面倒をみればいいじゃないかと打診してくれました。 そんな同情心などもあり次第に少しずつマギーのトグを見るようになりますが、彼女の才能は一気にここで開花していきました! 試合に挑むたびにどんどん相手を倒してしまうマギーの強さはどんどん知れ渡るようになり、結果的に階級をあげなければ対戦相手がいないという状況にまでなってしまいました! イギリスのチャンピオンとのタイトルマッチにまでたどり着いた二人は、ついにタイトルを手にすることができました! 次の試合で危険な反則をする「青い熊」と呼ばれるビリーとの試合を受けることを決め、100万ドルのマッチにチャレンジすることになりました。 この試合はマギー優位で進んでいきましたが、ラウンド終了後にビリーが反則パンチを放ち、これが原因で彼女はコーナーにあった椅子に首を打ち付けてしまい骨折、全身不随の体となってしまいます。 それでも諦めずにフランキーはさまざまな病院を調べ、彼女がもとに戻るためにできることはないかと模索しますが打つ手がありませんでした。 そしてフランキーは自分が選んだことでこのような状態になったことに対してやり場のない怒りや罪悪感に苛まれていき、マギーは家族からの支えもないことや完治することがない現実に絶望して自殺未遂を繰り返すようになっていき、自分の人生を終わらせほしいと自殺幇助を懇願しますが、フランキーは宗教的タブーと、実の娘のようにかわいがってきた彼女の願いの間で苦悩しますが、最終的には彼女の選択を尊重し大量のアドレナリンを打って姿を消してしまいました! ミリオンダラーベイビーのモクシュラの意味 この映画の中で、モクシュラという言葉がキーワードとなって使われます。 マギーがタイトル戦に挑戦するときに、フランキーは系教徒なので背中にで「モ・クシュラ」と書かれた緑色のガウンをプレゼントします。 そして、試合に勝ったらその意味を教えると伝えますが、結果的に試合に勝てなかったため言葉の意味を伝え損ねていました。 それでは、の中に出てくるこの言葉の意味はいったいなんでしょうか? 「よ、お前は私の血だ」 映画の中で自殺幇助をするお別れのときに、フランキーはマギーにこの言葉の意味を伝えました! 感想 この映画を観た個人的感想をここからはシェアしていきたいと思います! まず、とに囲まれているのに、の存在感は抜群に良かったと感じました! さらに、ボクシングをやっていた夫が教えてくれましたが、女性がパンチを繰り出すのはなかなか大変らしく、彼女はよくあれだけ体を鍛えて動きも良かったのでそうとう練習したんだろうと感心していましたが、個人的にもよく動いていたと思います。 そして体もいい感じに作れていたので、さすがにプロだと感じさせてもらえました! 物語の細部にの繊細な感性が活かされているのもとても良かった。 人を思いやるの演技力も安心して観ていられ、映画の中に引きずり込まれる内容に目が離せなくなりました! 淡々と流れる物語の中に、家族とうまくやっていけないフランキーの悲しみや、家族崩壊しているマギーの家族をそれでも求めてしまう彼女の子供心が垣間見え、切ない気持ちにもなりました! カではさまざまな論争が起きて、多くの反応があったようですが、個人的にはが語った、はカン・ドリーム観を表現したものだという意見に共感したけれど、あなたはどうでしたか? 最後のシーンに関しては、論争に参戦するような意見はなく淡々と眺めていました! 後味が悪い理由は? すでに書いたとおり、はカン・ドリームを表現した映画だと監督は話していましが、観た人たちの感想はさまざまで、生きる機会を軽視したなどといった意見もあるほど最後の生命維持装置を外すという場面が問題視されたことなどで、後味が悪い映画だという意見も数多くあるようです。 こう言われる理由は他にもあり、ボクシングシーンの描き方に関してあまり良い印象がないといった意見もあるようです。

次の

ミリオンダラー・ベイビー感想。最高の映画との出会いに感謝。キュートな笑顔のマギーと老トレーナー、フランキーの疑似父娘物語【感想】 │ Frentopia

ミリオン 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 パリ、モンマルトルの小汚いアパートの一室を画家のミシェルと彫刻家のプロスペルとは共同のアトリエとしている。 ミシェルには許嫁がある。 ベアトリスというオペラ・リリック座のダンサーでミシェル等のアトリエと向き合った部屋に彼女は住んでいる。 というのはミシェルがかなり浮気だったからで、今朝も彼女は繕ってやった古い上着を持って来てやるとミシェルは美しい有閑婦人と抱合っているので怒って了う。 そして警官に追われて彼女の部屋に逃込んできたスリの親分クロシャールに気前よく其の上着を遣った。 一方ミシェルは大勢の借金取りに攻められているとプロスペルが富くじが当ったといって駆込んでくる。 ミシェルは百万フランの金持ちになって跳んで喜んだが、肝腎の富くじ券が見つからない。 やっと古い上着のポケットに仕舞い忘れていたのを思い出したが、その時にはクロシャールはオペラ・リリック座のテノール歌手ソプラネリに売払っていた。 でミシェルがクロシャールの骨董店へ行って尋ねるとクロシャールはソプラネリから掏摸取った時計を見せて、此の時計の持主に売ったという。 そこへソプラネリの訴えで警官がやって来て、ミシェルを掏摸と間違えて警察へ引張られ留置場に投込まれる。 身分を証明して貰うつもりで呼んで貰ったプロスペルは上着の行方だけきくとミシェルは見たことも無い男だと証言する。 プロスペルは先に富くじ券を見付けたら半分貰う約束をしたので是が非でも、先に手に入れるつもりなのだ。 でミシェルは借金取り連中を呼んでやっと証明して貰って釈放された。 それからオペラ・リリック座の楽屋裏で、ミシェル、プロスペル、それにクロシァールの部下大勢がソプラネリが舞台に着て出ている上着を取ろうとして大騒ぎを起す。 が結局上着はミシェルとベアトリスが乗ったタクシーの屋根の上にあったのである。 それと気付いて取るとクロシャールの部下が拳銃をつきつけて奪って了った。 ミシェルの部屋では借金取りや近所の人達が集まって景気よくシャンパンを飲んで浮かれている。 ミシェルか落胆して富くじ券は見つからない、と言おうとするところへ、クロシャールが持って来てくれたので、ミシェルは始めて陽気になった。

次の

上映スケジュール

ミリオン 映画

お得キャンペーン 夫か妻が50歳以上なら 映画2人で2,400円 夫婦どちらかが50歳以上なら映画を2人で2,400円でご覧いただけるキャンペーンを実施中です。 同上映時間、同作品に限る 年齢証明+夫婦揃ってお買い求め頂く事で割引を適用します。 チケットは2人揃ってお買い求めください。 各種割引、サービスデー、キャンペーン料金の併用はできません。 各種割引は、必ずお会計の前にご提示ください。 チケットはご本人様でお買い求めください。 各回入替制・指定席制となります。 チケット発券後の払戻し・キャンセルは一切お断りしております。 作品、用途に合わせて迫力・臨場感のある音響を楽しんでいただけます。 ミリオン1 184席 、ミリオン3 110席 は中継上映設備を完備し、演劇やコンサート等、映画以外のデジタル映像作品の提供が可能です。

次の