メルペイ メリット。 【口コミと使い方】メルペイとは?? デメリットは還元率0%だけどメルカリ利用者には恩恵あり!!

メルペイあと払いとは?メリット・手数料・支払い方法の設定を完全解説

メルペイ メリット

今や、2200万人という利用者を誇るフリマアプリであるメリカリ。 どんどん新しいサービスが加わったり、機能が加わったり、今後もさらに利用者が伸びていくことが予想されています。 そんなメルカリのサービスの1つである「」で利用できるお買い物に便利なあと払いサービス「メルペイあと払い」が、2019年4月から始まりました。 「メルペイ」といわれるメルカリのスマホ決済は利用したことがあるけれど、「メルペイあと払い」は利用したことがなかったり、知っているけれど利用方法が分からないなんて方も多かったりするのではないでしょうか。 そこで今回は、「メルペイあと払い」について解説していきます。 「メルペイあと払い」でもっと便利にお買い物を楽しみましょう。 メルペイの「メルペイあと払い」とは? 「メルペイあと払い」とは、 今月お買い物した代金を翌月に支払いできる、あと払いサービスです。 メルペイの支払いができるコンビニやスーパー、オンラインショッピングなどで利用することができます。 支払い方法を「あと払い」に設定すれば、翌月初めに「あと払い」分の明細が到着するので、支払い方法を選択後、月内にいつでも支払いを行うことが可能です。 支払い期間は決まっているけれど、支払日はご自分のタイミングで選択できるのがとっても嬉しいですよね。 しかも、アプリ内にある残高で支払いを行う「残高払い」を設定すれば、手数料も無料でとってもお得です。 「今は手持ちがないけど、来月まで待っていたら、この商品はなくなってしまうかも…」なんてこと、お買い物していたらありますよね。 それを「メルペイあと払い」にするだけで、欲しいものがすぐ手に入り、自分のタイミングでお支払いができるという画期的な仕組みが「メルペイあと払い」です。 メルペイあと払いのメリット 欲しいものを手持ちのお金がなくても、購入できるというのは「メルペイあと払い」の大きなメリットといえます。 お金が入るタイミングまで待っていると、欲しかったものが買えなくなっていたなんて、悲しいこともよくあることです。 それを「メルペイあと払い」を設定するだけで、欲しいものを欲しい時に手に入れることを可能にしてくれます。 また、決済方法はメルペイと同様にスマホだけで可能なので、キャッシュレスで買い物できる分、楽チンでもあります。 クレジットカード払いとは異なり、銀行口座からの支払い以外は、支払うタイミングも自分で選べるので、支払い日に焦ったりしなくていいというメリットもありますよ。 手持ちのお金がなくても欲しいものを欲しい時に買える• スマホ決済なのでキャッシュレスで買い物できる• 支払うタイミングも自分で選べて、支払い日に焦らなくていい メルペイあと払いの設定方法・使い方 ここからは、メルペイあと払いの具体的な設定方法や使い方について解説していきます。 メルペイあと払いを利用してみたい方は、ぜひ、参考にしてくださいね! メルペイあと払いの手数料 メルペイあと払いを利用するときには手数料が必要です。 この手数料は、あと払いを行うときにかかる費用で、メルペイ残高以外での支払いには、原則300円の手数料がかかります。 メルペイ残高払いを選択した場合は、その場ですぐに精算することもできますし、自動引き落とし設定で11日、16日、26日のいずれかの精算日を選択することが可能です。 300円の手数料がかからないということと、使い勝手がいいというところから、メルペイ残高払いが最もオススメな支払い方法といえます。 メルペイあと払いはメルペイ利用設定が必須! メルペイあと払いをするには、メルペイを利用できる状態にする必要があるため、下記の条件を満たす必要があります。 メルカリの会員登録が必要• メルペイの初期設定を行う• メルペイにご自身の銀行口座を登録する 1のメルカリの会員登録はメルカリのアプリをダウンロードして、会員情報の入力を行い登録を行うだけです。 メルペイあと払いには必須ですから、まず第一に行いましょう。 次に、メルペイの初期設定ですが、メルカリアプリを開いたら、画面下のメニューにある「メルペイ」をタップしてください。 メルペイを開くと、「売上金・ポイントをお店で使う」という項目があるので、そちらをタップして、「設定をはじめる」から電子マネーの情報を追加し、カード情報を入れたら設定完了です。 メルカリ内だけでなく、実店舗でもメルペイを利用できる設定が完了したことになります。 最後に、メルペイ後払いのためには銀行口座を登録しましょう。 メルカリアプリの中のメルペイをタップして、「便利にお買い物!お支払い用銀行口座を登録」というボタンから銀行口座の入力を行います。 以上の3つの条件を満たせば、メルペイだけでなく、メルペイあと払いを利用することができます。 メルペイあと払いの設定方法 メルペイの利用設定が済めば、「お店でのあと払いを設定する」という項目がアプリ上で表示されるので、そちらをタップして、メルペイあと払いの利用の上限額を入力し、「この金額ではじめる」をすれば、設定完了です。 実際に、メルペイあと払いを使うためには、購入手続きおよび支払い画面から「メルペイあと払い」を選択し、支払い決済すると「あと払い」として決済が行われます。 メルペイあと払いで限度額を設定する方法 メルペイあと払いでは限度額が設定できます。 メルペイ画面で「お店でのあと払いを設定する」という項目から、上限金額の設定できるので、ご利用予定に応じて金額設定しましょう。 上限金額は、1,000円〜50,000円までの間で設定可能ですが、普段メルカリを積極的に利用しているかどうかが、上限額をどこまで上げられるかに関わっています。 「あと払い=ツケ払い」ですから、メルカリという会社が、あなたをどれだけ信頼しているか(メルカリの利用状況)ということがあと払いできる金額に影響するということです。 上限額が最初1,000円以上は設定できないということもよくあります。 もっと「メルペイあと払い」できる金額を増やしたいという方は、積極的にメルカリを活用することで、少しずつ上限額の設定を上げられる可能性があります。 いずれを選択するにしても、あと払いを行った翌月の1日にメルペイあと払いの支払い通知がアプリで到着します。 支払い通知が到着した月の月末までに、いずれかの方法で支払しましょう。 「メルペイ残高支払い」を選択する場合、メルペイ支払い画面から、「メルペイ残高」もしくは「ポイントを使用」で利用する残高とポイントを入力して、支払いを押せば、支払い終了です。 「銀行口座振替」を選択する場合、支払い画面から「口座振替の設定」をしておけば、翌月27日に自動的に引き落としがされるように設定できます。 自動引落日は、11日、16日、26日に設定することも可能です。 メルペイあと払いで支払い履歴を確認する方法 メルペイあと払いを使っていると、上限金額が高い人は、「あれ?今月いくらあと払いしたのかな?」と分からなくなってしまうこともありますよね。 上限額が高いほど、あと払いをいくら支払うのかが、家計にも響きますから、しっかりと確認する必要があります。 「メルペイのあと払い残枠」から上限額に対して、残りのあと払いできる金額が表示されているのを確認することもできますし、「あと払い履歴」をタップすれば、どこでいくら使ったのかまで把握することが可能です。 履歴を確認しながら使えると安心ですよね。 メルペイあと払いの注意点 ここからは、メルペイあと払いの注意点を解説していきます。 使い始めてみたら、思わぬ落とし穴が…なんてことにならないように、事前に注意点をしっかり把握して、スムーズにサービスを利用できるようにしましょう。 メルペイあと払いは支払い延長できない メルペイあと払いは、支払いの延長ができません。 決済の翌月末までに必ず支払いを行う必要があります。 もし、期限までに支払いができない場合には、メルカリおよびメルペイの機能を制限される可能性や債権として第三者に回収を委託されることもありえます。 その他、年率14. 6%の遅延損害金を請求されることもありますので、支払い期限は必ず守りましょう。 せっかくのあと払いという制度を便利に利用するためにも、定められた支払い期限を必ず守るという信頼を積み重ねていくことが大切です。 メルペイあと払いが使えるのは18歳以上 メルペイあと払いというサービスは、利用できる上限額がメルカリ利用頻度などから設定されているように、メルカリからの信頼でできる現代版ツケ払いのような制度です。 そのため、お金をあとから支払いできる能力があるという社会的担保がされない18歳未満は利用できません。 18歳を超えていたとしても、20歳未満の未成年である18歳、19歳の場合には、保護者の同意がサービス利用に必要です。 「メルペイあと払い」は、お金を先に借りておくようなサービス制度ですから、社会的信用を付与される年齢での利用をするように定められています。

次の

【2020】PayPay(ペイペイ)メリット・デメリット・評判!マストで使うスマホ決済

メルペイ メリット

メルカリ利用率一位の沖縄ではCMも流れているので、気になっている人は多いんじゃないでしょうか? メルカリアプリ内でもメルペイの通知が出てくるので、 「使ってみようかな?」と思っても 「本当に沖縄のお店で使えるのかな?」「どこのお店で使えるのかな?」と思っている人も多いですよね。 そこで今回は、実際に使えるお店と使い方、そして他のPayサービスと比べてメルペイの便利なところやメリットを紹介していきます。 メルペイのメリット 僕は沖縄で楽天Pay、PayPay、LINE Pay、メルペイを利用していますが、 メルペイならではのメリットがありますので、紹介したいと思います。 メルカリの売上金を使える やはり これが一番便利なポイントですよね。 他のPayサービスは銀行口座やクレジットカードからチャージしなければいけません。 支払い方法を簡単にしたアプリのイメージですが、メルペイは違います。 メルカリというインターネット上にある自分のお店で、商売をして売り上げたお金がリアルなお店でもシームレスに使えるようになったわけです。 iDを使って支払える 今のQRコード決済アプリはとても便利なのですが、 使い方が面倒なところがありますよね。 「アプリを起動して、QRを読み込み、金額入力」もしくは、「アプリを起動して、バーコードを読み取ってもらう」 というように、手順が多いです。 しかし、 iDの場合は ApplePay・おサイフケータイに登録してリーダーにタッチするだけで支払いができてしまうんです。 やってみたら分かりますが、 メチャクチャ便利です。 QRコード決済は少額決済が主な利用シーンなので、これはかなり大きなメリットですよ。 そして、 使える場所が少ないことも課題の一つです。 特に沖縄の場合は、使いたいけど使えるお店が少ないってことは多かったはずです。 しかしiD決済の場合は約90万店で利用ができる点もメリットですね。 割引率の高いクーポンが使える メルペイは支払い金額に対しての還元は行っていないのですが、 割引率の高い独自のクーポンを発行しています。 定期的にクーポン内容は更新されているので、しっかり確認しておく必要があります。 メルカリからのシームレスなスマホ決済という便利さに加えて、クーポンを使って節約もできることは大きなメリットですよね。 メルペイは沖縄で利用するべきか? これまで紹介したように、メルペイは他のPayサービスとは少し違う側面を持っていますよね。 そんなメルペイを沖縄では利用するべきなのか?ということなのですが、 僕はメルペイをおすすめできます。 沖縄はメルカリ利用率一位なので売上金を利用できることは大きなメリットですし、iDが使えるので沖縄でもかなり便利に利用できますよ。 もしメルカリを使っていない人は、ぜひ使った方がいいです。 沖縄在住だからこそメルカリはメリットありますからね。

次の

「メルペイ」の店舗導入のメリットを解説|デジタルトランスフォーメーションを支援するはじめてのDX

メルペイ メリット

本記事ではメルペイの特徴やサービス、メリットに加え、組み合わせるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。 あなたは本記事を読むことで、自分にメルペイが合っているかを知ることができ、かつメルペイ利用でポイント高還元を実現できるようになります。 メルペイとは?サービスの仕組みや概要を解説 メルペイは全国170万ヶ所でスマホによる支払いができるスマホ決済サービスで、運営はメルカリの関連会社であるメルペイが行っています。 何故、スマホで支払いができるかというと、メルペイはメルカリアプリを介して事前にチャージした残高から支払うプリペイド式の電子マネーだからです。 銀行口座やメルカリの売上金をメルペイにチャージし、メルペイで買い物をすると、そのチャージ残高から利用額が差し引かれる形です。 プリペイドカードのアプリ版のようなイメージとなります。 メルペイの最大の特徴はメルカリの売上金をリアル店舗の支払いに使えることで、メルカリの売上金を現金化する場合にかかる手数料が不要なため、メルカリの売上金をコストをかけずに利用することができます。 メルペイはダウンロード無料のメルカリアプリで利用できます。 メルペイを使うメリット3つ 現在、スマホ決済サービスは乱立している状況ですが、メルペイには他のスマホ決済サービスにはない様々なメリットがあります。 ここではメルペイを利用するメリットとして、以下の3つの項目について解説していきます。 メルカリの売上金を支払いに使える メルペイにはメルカリの売上金を支払いに使えるというメリットがあり、メルカリユーザーなら絶対に知っておきたいメルカリ活用術になります。 メルカリの売上金を現金化しようとすると1万円以下の場合は手数料がかかりますが、メルペイの売上金をメルペイの支払いに使う場合は手数料が不要となるのです。 メルペイはセブンイレブンやマツモトキヨシ、吉野家、ブックオフ、GEOなど、少額決済が主となる店舗での利用が可能なので、メルカリの売上金の消費にはもってこいです。 iDのタッチ決済に対応 多くのスマホ決済がバーコード決済のみを採用しているなか、メルペイはバーコード決済と「iD」のタッチ決済を導入しており、よりスピーディな支払いができるというメリットがあります 「iDはドコモ運営の電子マネー」。 「iD」のタッチ決済は、会計時に店員に「iDで」と伝え、専用の端末にスマホをかざすだけなので、アプリの起動やバーコード画面の準備が必要なバーコード決済よりもスムーズかつストレスフリーな支払いが可能です。 iDは全国100万ヶ所で利用でき、支払い額は連携させたクレジットカードから支払いが行われます。 また、iD決済は実質的なクレジットカード払いなので、利用額のクレジットカードのポイントが貯まります。 ポイント高還元なクレジットカードを連携させれば、メルペイ利用によるポイント高還元も可能です。 \ メルペイにおすすめ! / メルペイスマート払いが使える クレカ不要の後払い メルペイはスマホ決済で唯一クレジットカード不要で後払いができ、支払いの手間の多くを省くことができます。 メルペイには「メルペイスマート払い」という独自機能があり、1ヶ月間の商品購入代金の支払いを翌月にまとめることができるのです。 代金は、メルカリアプリで、銀行口座の残高からチャージしたメルペイ残高を使って支払えます。 また、設定を行えば、11日、16日、26日の中から指定した日に自動で支払いが行われるようにすることもできます 自動引き落とし設定。 クレジットカードは持ちたくないけど、毎回購入代金を支払うのは面倒というあなたには、メルペイスマート払いは便利な機能と言えます。 メルペイが使えるお店は? メルペイは現在170万ヶ所で利用することができ、多様な店舗で利用が可能です。 メルペイはLINE Pay、au PAY、d払いと「Mobile Payment Alliance」を結成し、加盟店舗普及における協力体制を取っているため、利用可能店舗が急激に増加しているのです。 実際、メルペイの利用可能店舗数は主要スマホ決済サービスである、楽天ペイ 300万ヶ所 、au PAY 150万ヶ所 、PayPay 170万ヶ所 、d払い 125万ヶ所 にも見劣りしません。 具体的には、メルペイは下記のように多様な店舗で支払いが可能です。 【メルペイ利用可能店舗例】 ダイコクドラッグ トイザらス ビックカメラ コジマ ソフマップ BIG ECHO BOOK-OFF ほっかほっか亭 マルモトキヨシ 松屋 吉野家 Right-on ROUND1 ロフト ローソン セブンイレブン サミット GEO JapanTaxi メルペイはiD決済を基本にするのがおすすめ メルペイにはバーコード決済とiD決済の2種類の決済方法がありますが、ポイントが付くiD決済を中心にするのがおすすめです。 メルペイのバーコード決済にはポイント還元がありませんが、iD決済は登録のクレジットカードから支払いが行われるため、利用額分のクレジットカードポイントが貯まるのです。 また、支払いの利便性もiD決済の方が上で、バーコード決済のようにアプリの起動が不要なのです。 iD決済は会計時に「iDで」と伝え、専用端末にスマホをかざすだけで支払いが完了します。 メルペイ利用におすすめのクレジットカード3選 ここではメルペイのiD決済を利用する際におすすめのクレジットカードを3枚紹介していきます。 何れも厳選を重ねたポイント高還元カードなので、メルペイを利用するなら、何れか1枚は保有しておくようにしましょう。 iDキャッシュバックというのは、iD利用分請求金額から値引きしてくれる実質的なキャッシュバックサービスで、iD利用者ならポイントの使い道に困ることはありません。 ローソンをよく利用するというあなたはdカードへの入会がおすすめです。 【三井住友カード】コンビニでポイント還元率2. 三井住友カードはポイント還元率0. さらに、三井住友カードの利用で貯まるポイントの「ワールドプレゼント」は、1ポイント5円分として、iD利用分の請求額からの値引きに利用できるため、ポイントの使い道に困ることはありません。 今なら 12,000円分のプレゼントを受けられるキャンペーンが実施中なので、入会するなら今がチャンスです 2020年4月31日まで。 【iD対応イオングループ店舗例】 ・マックスバリュ ・まいばすけっと ・光洋 ・ザ・ビッグ ・イオン ・イオンスーパーセンター ・ウエルシア イオンカードセレクトの利用で貯まる「ときめきポイント」は、1ポイント1円分の電子マネー「WAON」に交換し、イオンなどWAON加盟店51万店舗での買い物に利用できます。 イオンカードセレクトにはWAON機能が付いているため、イオンカードセレクトでWAONによる買い物ができます。 イオンカードセレクトは入会金・年会費無料で利用できるため、イオングループの店舗利用者なら持っておいて損はありません。 また、今なら 最大5,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンが実施中です 2020年5月10日まで。 メルペイはネットショッピングにも対応 メルペイはネットショッピングにも対応し始めており、今後、ますます利用できる店舗は多くなっていくことが予想されます。 メルカリのネットにおける不要品売買の可能性に注目する企業は、今後どんどんと加盟店として参加してくる可能性が高いからです。 メルカリは既に2,000万人の利用者を抱える巨大サービスで、メルペイはその売上金を使って買い物ができる決済サービスです。 そのため、メルカリの売上を支払いに使えるメルペイには購買に関する巨大な可能性があり、ネット決済を導入している多くの企業が、今後メルペイの加盟店にネット店舗として参加することが予想できるのです。 現在、メルペイで利用できるネットサービスは以下の通りです。

次の