リトル ナイトメア ノーム。 リトルナイトメア攻略!全ノームハグと銅像破壊場所の最速手順を解説。

『LITTLE NIGHTMARES

リトル ナイトメア ノーム

シックス リトルナイトメアズに登場する黄色い雨合羽を着た少女です。 ノームを食い殺し、レディを食い殺し、果てはゲスト達を数多殺傷。 ラストシーンでは行き場の無くなった孤島に取り残されており、彼女の物語はバッドエンドを迎えました。 成熟していない子供で、生い立ちからして精神的に問題があるかもしれないという「」の代表例です。 シックスの正体 ダブルミーニング シックスの正体を説明するに、一番分かり安いのはそのネーミングです。 Six:数字の6、6才児、6番目• Sics:病気の SixとSicsは英語の同音異義語。 どっちも読み方が同じという駄洒落みたいなものですが、彼女の持つ二面性を表現するために意図的に付けられたものだと推察されます。 実は2人いるんだけど、それを1人として読者に誤認させる叙述トリックがありますが、本作のシックスもそれと似たような描写ではないでしょうか。 表がSixで、裏がSics。 お腹を空かせた孤児の6歳児と、Sixがキャリアとなっている病原体を擬人化した存在が重ね合わさった状態です。 序盤は孤児の少女Sixのみですが、彼女が伝染病のキャリアとなってからは、内に潜む病原体を擬人化した存在としての描写が増えていきます。 少女シックス Six 劇中の情報から推察する少女であるシックスの生い立ちは、保護者の自殺から孤児になってしまった少女です。 首吊りをしている謎の人物 肉親だと思われます 孤児院に収監された彼女ですが、その生活は我慢できるものではなかったようで、監視の目をかいくぐり、管理人の腕を切り落として外へと逃げ出します。 果たしてそれは正しい行動だったのか、それは定かではありません。 ネズミ取りに掛かったネズミを食べるまでして空腹を凌ぎますが、その行動こそが彼女を病原体のキャリアへと変えてしまいます。 空腹に耐えかねた彼女の目の前には、罠に掛かったネズミの姿が……。 病原体の擬人化 Sics それ以降のシックスは空腹に突き動かされるときに、咳き込むような仕草を見せるなど、病原体との同一性が表れるようになります。 病原体の飢えとは、自身を増殖させる欲求に他なりません。 シックスが盗み食いをしていたと思われるキッチンのコック達も、同じように咳き込んでいることから、シックスを媒介としてMOW内部で感染が拡大していることが分かります。 突如としてレディを捕食しはじめるシックス 少女シックスの仲間であった筈のノーム、恐ろしい存在であったレディをも食い尽くすなど、病原体の増悪は留まることを知らず、やがてあのラストシーンへと繋がっていきます。 次々とゲスト達を殺める本編のラストシーン 浮浪児だったシックスが動き回った結果、病原体は瞬く間に感染を広げ、多くの人々を死に至らしめ、僅かなノーム達を残して誰もいなくなりました……。 リトルナイトメア-ズ- 英語だと複数形 というタイトルが持つもう一つの意味もここで回収されます。 子供達の悪夢• 人々を死に至らしめる小さな悪魔たち ラナウェイ・キッド キッドはDLC3作品に登場するもう一人の主人公で、同じくMOWに捕らわれた孤児です。 劇中の表現からは、水難事故で両親を失い孤児院に収監されたようですが、生活の質が悪いことに耐えかねて、シックスと同じく脱走しました。 」 どうもキッドには高い行動力とリーダーシップがあったようです。 ノームの正体 キッドの物語が示すことは、本編から登場しているノームたちの正体がなんであるか……ということです。 ノームとはヨーロッパの伝承における働き者の妖精です。 炭鉱などに棲息して人間を手伝ってくれると言われていますが、その正体が分かるのが鉱山で働いていたノームたちが暖炉にあたって休憩しているシーンです。 ノーム達が暖を取っているシーンですが影の形に注目。 そこにいるノームたちの影は人間の子供のものになっており、その正体が鉱山で働かされている児童労働者であることが分かります。 この辺りの歴史的事情は有名な写真家がいるのでリンクを乗せておきます。 20世紀前半における過酷な児童労働者の姿を捉えています。 最初の犠牲者 すっかり浮浪者としての生活が板に付いてきたラナウェイが辿り着いたのは、レディの経営する店でした。 そこでレディの持つコンプレックス、秘密を知ってしまったが故にノームに変えられてしまいます。 ノームに変えられるということが何を挿すのか、あまり想像したくない話ではありますね。 そしてノームとなった彼を待ち受けていたのは、シックス 伝染病 でした。 DLC3でのラストシーン。 どこかで見たようなソーセージに歩み寄るキッドが描かれます。 次に襲われたレディの正体が老婆であったこともあわせて、伝染病の犠牲が免疫が弱い子供、老人から始まるという側面を表すことになっています。 怪人たち リトルナイトメアでは様々な怪人たちが登場しますが、子供たちの恐怖心というフィルターが掛かっている面を考慮しなければいけません。 管理人 盲目の管理人で、子供達を人形にしてしまう怪物……とシックスは思っていました。 舞台となっている20世紀初頭の欧米では、孤児院の管理などは誰もやりたがらず、普通の仕事には付けないような人の就職先にもなっていました。 管理人が盲目であることは、そんな世情を表しているように思えます。 複数に渡って登場しますが、それが同一人物であるという保証はありません。 特に序盤の管理人はしがない靴職人であり、夜な夜な子供たちのオモチャを自作しており、収入が少ないのか、自分が来ている衣服もみすぼらしい。 そんな彼の腕を切り落とし、施設から飛び出したことは様々な意味でシックスの分岐点となったのではないか……と思います。 レディ レディは高級料理店、子供達を酷使する鉱山等を経営する資本家の女性で、厚塗りの化粧によって自身の歳を偽っています。 自身の美貌に自身を持ち、それに執着していた彼女は、素顔を見てしまったキッドを捉えて、ノームに変えてしまいます。 レディの素顔はDLC3で見ることができます シェフ シックスが盗み食いを繰り返していた厨房のシェフです。 浮浪者となっていたシックスを追い回すうちに伝染病をうつされ、のちのパンデミックを発生させる原因となってしまいました。 シックスと同じような咳をする姿が見受けられます。 咳き込む双子のシェフ。 これがラストの遠因になりました。 ゲスト レディの高級料理店に訪れる財産を持つ大人達です。 シックスが飢えて苦労しているのに、彼らは丸々太っています。 また子供であるシックスに比べれば大食漢であり、シックス自身も食べようとするのではないか、という恐ろしい勘違いをさせました。 ラストシーンは彼らが病に倒れ、次々と死んでいくという刺激的な表現になっています。 まとめ とまぁ、ここまでリトルナイトメアの世界が、あくまで現実のできごとを置き換えて描いている、本作は20世紀初頭で起きていた孤児達の生活や、貧富の差を題材にし、それをダークファンタジー風に描写した作品として解説してみました。 といってもこれは私の解釈に過ぎませんから、純粋にファンタージ世界だと捉えるもよし、また異なるメタファーと考えるもよし。 抽象化された世界で、映像だけで表現しているため、受け取り方には幅が生まれています。 様々なヒントがちりばめられているので、繰り返し見てみれば、まだ新たな発見があるかもしれないですし、色んな考察をしてみるのも面白いと思います。 続編の発売も決まっているので、そのリリースが楽しみです。

次の

ノーム リトルナイトメア

リトル ナイトメア ノーム

リトルナイトメア、すごく面白かったですね。 私はとある方のプレイを見させていただいたのですが、「LIMBO」や「INSIDE」等の雰囲気に似てるなと思いました。 初見殺しも多いみたいですし、あまり画面に色味が無いのも、ダークさを感じさせてくれていい雰囲気だと思います。 他のブログ様等でもたくさん考察されていて今更ですが、個人的にまとめていきたいです。 あくまで個人的な感想と考察なので、間違っている点も多々あると思いますが、あぁこんな考えもあるんだな的な感じでスルーしてください。 主人公「SIX」について まず特徴ですが、 ・周りのオブジェクトに対して小さい シックスに対して回りのオブジェクトが大きすぎたり、はたまたちょうどいい大きさもあったりと、シックスは他の生物と違う種族か何かなのでしょうか。 度々出てくるノームは、色んな作品で出てくる大地の妖精と見ていいでしょう。 ノームは地中に住む小人らしいので、シックスもその類なのかも。 ・黄色のレインコート 黄色いレインコートは、シックスが子供であることを表現しているのでしょうか。 大人になったらこんな色のレインコートは着ないでしょうしね……。 また、に出てくる「黄衣の王ハスター」を彷彿とさせます。 ステージ中にある「目」に見られると石化してしまうのもそう感じた理由です。 (後述します) ・顔が全く見えない シックスに限らず、この作品に出てくるキャラクター達は顔、というより、プレイヤーから見て、目が見えません。 女管理人「レディ」も仮面ですし、双子のシェフも、レザーマスクを被っている描写がありました。 (顔の下から手を突っ込んでました) 腕の長い「管理人」も皮が被さってますし。 自分の見た目にコンプレックスを持っている人に対して鏡を見せつけるというのもお約束ですね。 デメントのダニエラさん参照。 ・裸足 靴が散らばっているステージがありましたが、あれは外から来たゲストが穿いていたものでしょう。 最初から靴を履いていないシックスは、外から来たゲストではなく最初からのこ船の住人という事を意味しているのでしょうか。 ・はらぺこ シックスは公式サイトで「お腹を空かせた」と表現されています。 シックスが捕食するシーンがありますが、パン、お肉、生きたネズミ、シックスを心配してくれたノーム、最後にレディと、次第に食べるものが狂気じみてきます。 動物は「何が食べ物なのか」というのを周りの環境から(親や仲間の動物)から学びますが、こんな環境ではシックスの倫理観がおかしくなっていくのも頷けます。 食欲の権化 シックスこの食べっぷりは「蠅の王ベルゼブブ」をも彷彿とさせます。 ベルゼブブはで6番目の「暴食」を司る悪魔でもあります。 ラストのシーンでシックスが魂を吸っている時、周りに黒い虫のような物が飛んでいるのは、蠅ではないでしょうか。 同じく暴食を司るは、亡者を貪り食うといいます。 ゲストは皆死んだ目をしてますし、亡者みたいなものでしょう。 名状しがたい者 また、上記でシックスはハスターとも書きました。 船の中にはあちこちに目のモチーフが描かれています。 序盤では目から放たれる光に当たると石化してしまう描写もありました。 で目はエルダーサインと呼ばれ重要な象徴です。 このエルダーサイン、ハスターに対して抜群の効果があるそうです。 TRPGとかだと、足止めとかに使われますね。 「管理人」と「首吊り」 身体に対してかなり腕の長い「管理人」と、序盤に出てきた、足の長い「首吊り」。 昔話だと腕の長い生き物には、対として足の長い生き物がつきものなのですが、足長さんは死んで(仮)いましたね。 身体のサイズには合わない、立ったままのイス、脱いでいない靴、遺書っぽい手紙。 自殺したにしては不自然だと思うのですが。 見ちゃいけないもの(レディの素顔とか)を見て殺されてしまったのか……。 また、手長さんは目が見えていないのに、監視室がありましたね。 昔は足長さんが監視していたのでしょうか。 レディとシックスの関係性 母子説、姉妹説、他人設、クローン説と色々ありますね。 私はレディは「バアル・ゼブル」説が一番しっくりきました。 このバアル・ゼブルは、ベルゼブブと同一とされている神様ですね。 「主人」「地主」を意味するそうで、船の主としても合っています。 レディは魂さえ吸えれば食事は必要無いみたいなので、そうなると、シックスは「レディから取り除かれた食欲という概念」という存在でしょうか。 TOAの完全みたいな。 シックスは食べた物の能力を吸い取る能力があるみたいで、「吸い取る」というのはレディの力を引き継いだようにも思えます。 そうなると、物語のラストでレディがシックスに食べられたのも、予定調和なのかも。 レディが食欲という概念を切り取りシックスという存在を作り上げ、次第に能力に目覚めて行き、最終的に自分自身を食べさせ、シックスを船の主に仕立て上げ、また食欲という概念を切り取り……みたいな無限ループ。 ICOの女王もそんな感じでしたね。 船を永久に動かし続ける為に、ずっと主でいるために、自分が永遠に生き続ける為に。 監視者の目 目は「監視、管理」をも意味します。 有名な所だと、のの目とか、のの目とかでしょうか。 大いなる存在が、自分より上位の世界にはいるんだぞという。 この作品の場合だと、目はレディの監視する目だと思うのですが、ゲームロゴは、目とシックスが重なったデザインになっていますね。 これはシックスが見られているという意味にも取れますし、シックスがいずれレディになり、監視するようになるという意味にも取れます。 シックスのさみしさ 公式サイトで、シックスは「一番のくらやみの中に独りとらわれた女の子」と紹介されています。 シックスがレディの娘ならばレディが育ててもいいと思うのですが、シックスの「食欲」はある意味レディにとっても脅威であるので、変に刺激しないように監禁していたのでしょうか。 それか一切倫理観を植え付けない為か。 シックスには最終的にレディを食べてもらわなきゃいけないので。 また、シックスはノームを見つけたらきゅっと抱きしめる動作をします。 この動作、すごくかわいいのですが、反面、シックスが愛情を求めているようにも見えました。 抱き枕が無いと寝れない人は寂しがりやみたいな。 そりゃあこんな小さな女の子がこんな暗い所に閉じ込められたら寂しいよなぁ。 まだまだ誰かに甘えたい年頃だろうし、かわいいものは抱きしめたいだろうしね。 倫理観崩壊してても、。 また、「普通の子どもならとうの昔に音をあげていたような出来事であっても」「立ち向かっていく」とも紹介されています。 これ、遠回しにシックスが「普通の子ども」ではない事を言っている…?。 レディのコンプレックス レディは自分の顔を嫌っている描写がありましたね。 女性が自分の顔を嫌う理由として想像できるのが、ひどいケガをしたとか、生まれつき醜いとか、老いたとか…… 生まれつき自分の顔が嫌いだったら、あんなに船中にを飾らないと思うんですよね。 ある一定の期間から自分の顔が嫌いになり、だから布をかけて隠している、とか。 小さい子供の絵は布がかけられていないですし。 自分が美しいままでいる為には、自分を捕食し、自分と成り替わってくれるシックスは必要不可欠な存在なはず。 だから船の奥深くで、ちょうどよい時期になるまで監禁しておいたのでしょうか。 名前 直訳だとレディは貴婦人、淑女あたりだと思うのですが、「奥様」「お嬢さん」という意味にも取れます。 名前ではなくて、ただの呼び名っぽいですね。 レディがわざと自分(レディ)を自分自身(シックス)に食べさせる永劫機関説を採用すると、レディは何回も「食べられた」存在なので、特定の名前が無い方が自然なのかも。 そうなると、「シックス」という名前も、単純に「6番目の自分」という意味合いに取れます。 タイトルの「LITTLE NIGHTMARES」と複数形になっているのも…… いかんせん明確な説明が一切ない作品なので、エンディングはプレイヤーの想像にお任せします。 というのが開発の意図なのでしょうが、謎多き作品でした。

次の

LITTLE NIGHTMARES

リトル ナイトメア ノーム

エンディングについて 新たな王となったシックス レディには魔術とも思われる特別な力があった。 また、レディはゲストたちを洗脳し操ることによって異常な食事をさせ、そこから力を得ていたと思われる。 最後、シックスはレディを食すことにより、レディのこの強大な闇のエネルギーを吸収する。 ゲストたちが陣取る食堂をシックスが歩いて行くと、ゲストたちからも闇のエネルギーを吸収していく。 そして、闇のエネルギーを吸収されたゲストはそこで果ててしまう。 そして闇の力をまとったシックスはモウの新たな支配者であり、同時に新たな預言者(蠅の王)でもある。 王を見送るノームたち 目の印のある扉が開き、神々しいまでの光が差し込む。 その光に向かって階段をあがっていくシックスをノームたちが見送る。 このとき現れるノームの数は それまでにハグしたノームの数である。 chapter4でシックスの餌食となったノームは数えないので、最大で12匹となる。 12という数字はキリストの12人の弟子である「12使徒」を想像させる。 シックスはキリストの暗喩なのか? シックスによる贖罪 キリスト教では「すべての人間は生まれながらにして罪を背負っている」と考えられている。 そして、キリストが全人類の罪を身代わりとして背負い十字架にかけられた(処刑された)ため、人類の罪は許されたと考える。 これがキリストの贖罪(しょくざい)の精神である。 罪は子供達の中にももちろん存在する。 ゴールディングの「蠅の王」はまさしくそのことをテーマに描かれた小説である。 この小説では、無人島に流れ着いた無垢な少年たちが閉塞した環境の中で次第に暴力性に目覚めていく様が描かれている。 そしてこの小説の中での原罪の象徴として描かれるのが豚の頭部として登場する「蠅の王」なのである。 小説の中で、サイモンという名の少年は蠅の王から次の話をされる。 「おまえはそのことを知ってたのじゃないのか?わたしはおまえたちの一部なんだよ。 おまえたちのずっと奥のほういるんだよ?どうして何もかもだめなのか、どうして今のようになってしまったのか、それはみんなわたしのせいなんだよ。 」(新潮文庫「蠅の王」p245より引用) この小説において「蠅の王」というのはキリスト教で言うところの「原罪」の暗喩である。 小説内の少年たちと同様に、シックスの中にももちろん原罪は存在するはずだ。 ゲームのエンディングにおいて、シックスは闇のエネルギーをレディやゲストたちから吸い出して自らの身にまとう。 ここでいう「闇のエネルギー」というのはまさしく人間の原罪そのもののように見える。 ゲストたちの「暴食」は7つの大罪に数えられる罪の1つである。 食べては吐いてを繰り返すゲストたちはまさしく暴食という名の罪を犯す罪人たちである。 ゲストは「罪を重ねる」ことが役割であり、ゲストが生み出した罪をモウの原動力に変えているのがレディなのだと考えられる。 モウの外観イメージを見ると、モウのてっぺんの煙突のような構造物からは黒い煙が黙々と吐き出されているが、この煙はゲストたちが子供の肉を食べまくるという大罪によって生み出されたものだ。 最終的にシックスを取り囲む闇のエネルギーは、外への扉が開かれる前に消えてしまう。 そして、光に包まれながら階段をのぼるシックスは神々しくもある。 シックスはキリストがそうしたのと同じように、 自らが彼らの罪を背負うことによってモウを浄化したのではないか。 その証拠に、エンドロール後のモウの煙突からは黒い煙が消えている。 ノームのその後 シックスを見送るノームたちはシックスに従う者たちである。 以下はキリストの言葉である。 「わたしは世の光である。 わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。 」 ノームは本来、闇の住人であるが、シックスにより光の住人となったと考えれる。 「ノームはよそ者と友好関係を築くと長生きできない」とされているのは、人間としての命を持つようになり「寿命」が与えられるという意味なのかもしれない。

次の