トキハ 本店。 トキハ

トキハ

トキハ 本店

概要 [ ] を起点に南北に走る大分市のメインストリートである沿いに位置する。 地上8階・地下2階の本館と、地上6階・地下2階のトキハ会館がを挟んで隣接している。 このうち、本館部分、または、本館全体とトキハ会館1-4階の物販・飲食部門を合わせた部分がトキハ本店と呼ばれる。 本館の売場面積は、約42,564。 本店の年間売上高は329億2400万円(2013年度)。 トキハ本店は、1936年(昭和11年)4月に開店。 1988年(昭和63年)10月8日に別府店が開店するまで、52年間にわたってトキハ唯一の店舗であった。 また、1943年(昭和18年)9月にが廃業してから、2000年(平成12年)12月ににが開店するまで、57年にわたって大分市内唯一の百貨店であった。 このため単に「トキハ」と言えばこの店舗を指し、が開店するまでは特に店名はなかった。 しかし、別府店開店にともない大分店と呼ばれるようになり、同じ大分市内にわさだ店が開店した後は本店と呼ばれるようになった。 トキハ本店前の中央通り沿いには、大分バス本社前停留所の1-2番のりばがあって、本館の1階正面には大分バス総合案内所が設けられており、トキハ本店前は実質的にのとして機能している。 沿革 [ ]• (昭和11年)3月 - 店舗竣工。 1936年(昭和11年)4月 - 開店。 鉄筋コンクリート構造4階建。 (昭和12年)4月 - 増築工事完成。 5階建、1,200坪余となる。 (昭和20年)3月 - 1-2階が接収され、1階が、2階が大分電信電話局となる。 1945年(昭和20年)7月 - により5階を焼失、3-4階で営業継続。 (昭和24年)3月 - 全館での営業再開。 (昭和29年)5月 - 増築工事竣工。 本社及びを併設。 地階に映画館「トキハ地下映画劇場」 が設けられた。 (昭和31年)11月 - 増築工事竣工。 文化ホール、ギャラリーを増設。 (昭和34年)12月 - 増築工事竣工。 冷房設置開始。 (昭和45年)2月 - 大規模増築工事竣工。 店舗面積が2倍になる。 (昭和50年)10月 - 大規模増築工事竣工。 現在の本館の規模となり、当時、西日本(神戸以西)最大であった。 (昭和60年)10月 - トキハ会館開業。 本館改装。 (昭和63年)10月 - トキハ別府店開店に伴い、本店と呼ばれるようになる。 (平成7年)3月 - トキハ会館1階を改装。 (平成15年)3月 - トキハ会館2階催し場を改装。 1-2階部分を「Twinkle City」とする。 (平成17年)10月 - 本店改装。 地下2階に「街の駅トキハ」新設。 (平成20年) - 屋上プレイランド(遊園地)閉園。 (平成21年)3月 - 本店1階正面(大分バス総合案内所を含む)を改装。 (平成25年)11月 - 2014年度に予定する大規模改装計画が明らかになる。 春に予定されているJR大分駅ビルの開業をにらみ、地下2階から6階(4階を除く)をリニューアルし、商品別に構成している売場をコンセプト別展開や家族連れ向けの滞在型に転換。 同時に改装するわさだタウンとの合計での投資額は15億-20億円を予定。 (平成26年)7月19日 - 大規模改装の一部としてを移転リニューアルオープン。 2014年(平成26年)10月23日 - 大規模改装完了。 (平成28年)11月18日 - 13時40分頃に地下1階でが発生して約200m 2に煙が充満。 客・従業員約1,800人が屋外に避難し、従業員2人が煙を吸って病院に運ばれた。 トキハ本店とトキハ会館は営業を中止。 火災は15時頃にした。 (平成31年)1月31日 閉店• (平成31年)5月4日 ルイヴィトン跡に(九州最大級の店舗面積)開店(約340平方メートル)。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月)• ペイトンプレイス 2F• トミー ヒルフィガー 4Fメンズ 6Fチルドレン• ベアミネラル 1F• クレージュ 3F• TO BE CHIC 3F• 洋惣菜デリフェリーチェ B1F• ハウスオブローゼプレシャスブーケ 会館2F• クーム 2F• 22オクトーブル 2F• プリーツプリーズイッセイミヤケ 3F• ユキコ・ハナイ 3F• ゲラルディーニ 3F• DKNY 3F• リフレクト 3F• KLラガーフェールド 3F• クリスチャン・ラクロワ 3F• アニエスベーオム・アンファン 会館1F• ロエベ 1F• セリーヌ 1F• カルティエ 1F• ロンシャン 1F• クラランス 1F• 花王エスト1F• アナスイコスメティック 1F• カルバンクライン 3・4F• パサージュミニオン 2F• マリークワント 2F• ホコモモラ 2F• オゾック 2F• MKミッシェルクラン 2F• アリスバーリー 2F• ブリジット 2F• ポールスミスウィメン 2F• ディアープリンセス 2F• エル 2F• ケティー 2F• ヴェールダンス 2F• フィユコムサデモード 6F• 牛丼吉野家 1F(大分バスFC)• 大分バス本社 脚注 [ ] []• トキハ本店には以下の駐車場がある。 ・ トキハ第1パーキング(トキハ会館地下) - 約600台 ・ トキハ第2パーキング(トキハ会館南側) - 約210台• 大分歴史事典. 2014年4月4日閲覧。 ただし、1978年(昭和53年)4月に子会社の臼杵トキハが開店している(後にトキハ臼杵店となり、2006年(平成18年)2月に閉店)。 2002年2月19日時点のよりアーカイブ。 2007年10月26日閲覧。 大分歴史事典(大分放送)• 中原行夫の部屋(原資料「」). 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年6月25日. 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年8月22日• 大分合同新聞. 2013年11月13日. 2014年4月4日閲覧。 読売新聞. 2014年10月24日. 2014年10月29日閲覧。 大分合同新聞、2016年11月19日• トキハ• トキハ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

本店|ふるさと大分の百貨店トキハ

トキハ 本店

概要 [ ] を起点に南北に走る大分市のメインストリートである沿いに位置する。 地上8階・地下2階の本館と、地上6階・地下2階のトキハ会館がを挟んで隣接している。 このうち、本館部分、または、本館全体とトキハ会館1-4階の物販・飲食部門を合わせた部分がトキハ本店と呼ばれる。 本館の売場面積は、約42,564。 本店の年間売上高は329億2400万円(2013年度)。 トキハ本店は、1936年(昭和11年)4月に開店。 1988年(昭和63年)10月8日に別府店が開店するまで、52年間にわたってトキハ唯一の店舗であった。 また、1943年(昭和18年)9月にが廃業してから、2000年(平成12年)12月ににが開店するまで、57年にわたって大分市内唯一の百貨店であった。 このため単に「トキハ」と言えばこの店舗を指し、が開店するまでは特に店名はなかった。 しかし、別府店開店にともない大分店と呼ばれるようになり、同じ大分市内にわさだ店が開店した後は本店と呼ばれるようになった。 トキハ本店前の中央通り沿いには、大分バス本社前停留所の1-2番のりばがあって、本館の1階正面には大分バス総合案内所が設けられており、トキハ本店前は実質的にのとして機能している。 沿革 [ ]• (昭和11年)3月 - 店舗竣工。 1936年(昭和11年)4月 - 開店。 鉄筋コンクリート構造4階建。 (昭和12年)4月 - 増築工事完成。 5階建、1,200坪余となる。 (昭和20年)3月 - 1-2階が接収され、1階が、2階が大分電信電話局となる。 1945年(昭和20年)7月 - により5階を焼失、3-4階で営業継続。 (昭和24年)3月 - 全館での営業再開。 (昭和29年)5月 - 増築工事竣工。 本社及びを併設。 地階に映画館「トキハ地下映画劇場」 が設けられた。 (昭和31年)11月 - 増築工事竣工。 文化ホール、ギャラリーを増設。 (昭和34年)12月 - 増築工事竣工。 冷房設置開始。 (昭和45年)2月 - 大規模増築工事竣工。 店舗面積が2倍になる。 (昭和50年)10月 - 大規模増築工事竣工。 現在の本館の規模となり、当時、西日本(神戸以西)最大であった。 (昭和60年)10月 - トキハ会館開業。 本館改装。 (昭和63年)10月 - トキハ別府店開店に伴い、本店と呼ばれるようになる。 (平成7年)3月 - トキハ会館1階を改装。 (平成15年)3月 - トキハ会館2階催し場を改装。 1-2階部分を「Twinkle City」とする。 (平成17年)10月 - 本店改装。 地下2階に「街の駅トキハ」新設。 (平成20年) - 屋上プレイランド(遊園地)閉園。 (平成21年)3月 - 本店1階正面(大分バス総合案内所を含む)を改装。 (平成25年)11月 - 2014年度に予定する大規模改装計画が明らかになる。 春に予定されているJR大分駅ビルの開業をにらみ、地下2階から6階(4階を除く)をリニューアルし、商品別に構成している売場をコンセプト別展開や家族連れ向けの滞在型に転換。 同時に改装するわさだタウンとの合計での投資額は15億-20億円を予定。 (平成26年)7月19日 - 大規模改装の一部としてを移転リニューアルオープン。 2014年(平成26年)10月23日 - 大規模改装完了。 (平成28年)11月18日 - 13時40分頃に地下1階でが発生して約200m 2に煙が充満。 客・従業員約1,800人が屋外に避難し、従業員2人が煙を吸って病院に運ばれた。 トキハ本店とトキハ会館は営業を中止。 火災は15時頃にした。 (平成31年)1月31日 閉店• (平成31年)5月4日 ルイヴィトン跡に(九州最大級の店舗面積)開店(約340平方メートル)。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月)• ペイトンプレイス 2F• トミー ヒルフィガー 4Fメンズ 6Fチルドレン• ベアミネラル 1F• クレージュ 3F• TO BE CHIC 3F• 洋惣菜デリフェリーチェ B1F• ハウスオブローゼプレシャスブーケ 会館2F• クーム 2F• 22オクトーブル 2F• プリーツプリーズイッセイミヤケ 3F• ユキコ・ハナイ 3F• ゲラルディーニ 3F• DKNY 3F• リフレクト 3F• KLラガーフェールド 3F• クリスチャン・ラクロワ 3F• アニエスベーオム・アンファン 会館1F• ロエベ 1F• セリーヌ 1F• カルティエ 1F• ロンシャン 1F• クラランス 1F• 花王エスト1F• アナスイコスメティック 1F• カルバンクライン 3・4F• パサージュミニオン 2F• マリークワント 2F• ホコモモラ 2F• オゾック 2F• MKミッシェルクラン 2F• アリスバーリー 2F• ブリジット 2F• ポールスミスウィメン 2F• ディアープリンセス 2F• エル 2F• ケティー 2F• ヴェールダンス 2F• フィユコムサデモード 6F• 牛丼吉野家 1F(大分バスFC)• 大分バス本社 脚注 [ ] []• トキハ本店には以下の駐車場がある。 ・ トキハ第1パーキング(トキハ会館地下) - 約600台 ・ トキハ第2パーキング(トキハ会館南側) - 約210台• 大分歴史事典. 2014年4月4日閲覧。 ただし、1978年(昭和53年)4月に子会社の臼杵トキハが開店している(後にトキハ臼杵店となり、2006年(平成18年)2月に閉店)。 2002年2月19日時点のよりアーカイブ。 2007年10月26日閲覧。 大分歴史事典(大分放送)• 中原行夫の部屋(原資料「」). 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年6月25日. 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年8月22日• 大分合同新聞. 2013年11月13日. 2014年4月4日閲覧。 読売新聞. 2014年10月24日. 2014年10月29日閲覧。 大分合同新聞、2016年11月19日• トキハ• トキハ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

トキハ 本店

トキハ 本店

概要 [ ] を起点に南北に走る大分市のメインストリートである沿いに位置する。 地上8階・地下2階の本館と、地上6階・地下2階のトキハ会館がを挟んで隣接している。 このうち、本館部分、または、本館全体とトキハ会館1-4階の物販・飲食部門を合わせた部分がトキハ本店と呼ばれる。 本館の売場面積は、約42,564。 本店の年間売上高は329億2400万円(2013年度)。 トキハ本店は、1936年(昭和11年)4月に開店。 1988年(昭和63年)10月8日に別府店が開店するまで、52年間にわたってトキハ唯一の店舗であった。 また、1943年(昭和18年)9月にが廃業してから、2000年(平成12年)12月ににが開店するまで、57年にわたって大分市内唯一の百貨店であった。 このため単に「トキハ」と言えばこの店舗を指し、が開店するまでは特に店名はなかった。 しかし、別府店開店にともない大分店と呼ばれるようになり、同じ大分市内にわさだ店が開店した後は本店と呼ばれるようになった。 トキハ本店前の中央通り沿いには、大分バス本社前停留所の1-2番のりばがあって、本館の1階正面には大分バス総合案内所が設けられており、トキハ本店前は実質的にのとして機能している。 沿革 [ ]• (昭和11年)3月 - 店舗竣工。 1936年(昭和11年)4月 - 開店。 鉄筋コンクリート構造4階建。 (昭和12年)4月 - 増築工事完成。 5階建、1,200坪余となる。 (昭和20年)3月 - 1-2階が接収され、1階が、2階が大分電信電話局となる。 1945年(昭和20年)7月 - により5階を焼失、3-4階で営業継続。 (昭和24年)3月 - 全館での営業再開。 (昭和29年)5月 - 増築工事竣工。 本社及びを併設。 地階に映画館「トキハ地下映画劇場」 が設けられた。 (昭和31年)11月 - 増築工事竣工。 文化ホール、ギャラリーを増設。 (昭和34年)12月 - 増築工事竣工。 冷房設置開始。 (昭和45年)2月 - 大規模増築工事竣工。 店舗面積が2倍になる。 (昭和50年)10月 - 大規模増築工事竣工。 現在の本館の規模となり、当時、西日本(神戸以西)最大であった。 (昭和60年)10月 - トキハ会館開業。 本館改装。 (昭和63年)10月 - トキハ別府店開店に伴い、本店と呼ばれるようになる。 (平成7年)3月 - トキハ会館1階を改装。 (平成15年)3月 - トキハ会館2階催し場を改装。 1-2階部分を「Twinkle City」とする。 (平成17年)10月 - 本店改装。 地下2階に「街の駅トキハ」新設。 (平成20年) - 屋上プレイランド(遊園地)閉園。 (平成21年)3月 - 本店1階正面(大分バス総合案内所を含む)を改装。 (平成25年)11月 - 2014年度に予定する大規模改装計画が明らかになる。 春に予定されているJR大分駅ビルの開業をにらみ、地下2階から6階(4階を除く)をリニューアルし、商品別に構成している売場をコンセプト別展開や家族連れ向けの滞在型に転換。 同時に改装するわさだタウンとの合計での投資額は15億-20億円を予定。 (平成26年)7月19日 - 大規模改装の一部としてを移転リニューアルオープン。 2014年(平成26年)10月23日 - 大規模改装完了。 (平成28年)11月18日 - 13時40分頃に地下1階でが発生して約200m 2に煙が充満。 客・従業員約1,800人が屋外に避難し、従業員2人が煙を吸って病院に運ばれた。 トキハ本店とトキハ会館は営業を中止。 火災は15時頃にした。 (平成31年)1月31日 閉店• (平成31年)5月4日 ルイヴィトン跡に(九州最大級の店舗面積)開店(約340平方メートル)。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年2月)• ペイトンプレイス 2F• トミー ヒルフィガー 4Fメンズ 6Fチルドレン• ベアミネラル 1F• クレージュ 3F• TO BE CHIC 3F• 洋惣菜デリフェリーチェ B1F• ハウスオブローゼプレシャスブーケ 会館2F• クーム 2F• 22オクトーブル 2F• プリーツプリーズイッセイミヤケ 3F• ユキコ・ハナイ 3F• ゲラルディーニ 3F• DKNY 3F• リフレクト 3F• KLラガーフェールド 3F• クリスチャン・ラクロワ 3F• アニエスベーオム・アンファン 会館1F• ロエベ 1F• セリーヌ 1F• カルティエ 1F• ロンシャン 1F• クラランス 1F• 花王エスト1F• アナスイコスメティック 1F• カルバンクライン 3・4F• パサージュミニオン 2F• マリークワント 2F• ホコモモラ 2F• オゾック 2F• MKミッシェルクラン 2F• アリスバーリー 2F• ブリジット 2F• ポールスミスウィメン 2F• ディアープリンセス 2F• エル 2F• ケティー 2F• ヴェールダンス 2F• フィユコムサデモード 6F• 牛丼吉野家 1F(大分バスFC)• 大分バス本社 脚注 [ ] []• トキハ本店には以下の駐車場がある。 ・ トキハ第1パーキング(トキハ会館地下) - 約600台 ・ トキハ第2パーキング(トキハ会館南側) - 約210台• 大分歴史事典. 2014年4月4日閲覧。 ただし、1978年(昭和53年)4月に子会社の臼杵トキハが開店している(後にトキハ臼杵店となり、2006年(平成18年)2月に閉店)。 2002年2月19日時点のよりアーカイブ。 2007年10月26日閲覧。 大分歴史事典(大分放送)• 中原行夫の部屋(原資料「」). 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年6月25日. 2014年4月4日閲覧。 大分合同新聞. 2008年8月22日• 大分合同新聞. 2013年11月13日. 2014年4月4日閲覧。 読売新聞. 2014年10月24日. 2014年10月29日閲覧。 大分合同新聞、2016年11月19日• トキハ• トキハ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の