皇族 殺人。 皇室と未解決の厚別区殺人事件とプチエンジェル事件

宮家・旧皇族の一覧

皇族 殺人

「皇室にだけ、敬語を使い、敬うべきと、特別扱いすることは、『主権在民』『法の下の平等』をうたった憲法の原則に反する」とアピールした。 さらに記者自身の問題として、「敬語表現を無自覚に用いる限り、皇室に対するメディアの批判的視点は生まれにくくなる」と自省した。 当時の共同通信社の『記者ハンドブック』第6版(1990年3月発行)には、「皇室に対しては、敬語を使う。 敬語が過剰にならないようにし、特に二重敬語は使わないよう注意する。 敬語はワンセンテンスに一カ所を原則とする」と規定されていた。 この基準から言えば、敬語を「一切使わない」という選択肢は最初からない。 鹿児島支局からのアピールを受け、社内でも各地の支局などで論議されたが、最終的に組合本部は「理解はできるが、闘争として容認できない」と断を下す。 社内的に処分も取り沙汰されるなか、アピールは撤回された。 鹿児島支局の記者たちは馬術大会を取材し、12行の記事を4人で分担して敬語なしで書いた。 その後、一人一人、1文章ごとに敬語を付け加えたという。 記者たちの悔しさが伝わる話だ。 鹿児島支局の挑戦は実を結ばなかったが、皇室敬語報道のあり方について、社内の関心は高まった。 同社の『記者ハンドブック』はその後改訂を続け、現在では、かなり抑制の効いたスタイルで記事が書かれている。 記事の最初の動詞、1回だけ敬語を付け、未成年の皇族には敬語は付けない。

次の

天皇家の秘密とは?日本人が知ってはいけない皇室のタブーと闇【日本の真実】

皇族 殺人

娘が見つかって喜んでいる夢を見た 「ママ! 」 と呼びかけられ、娘が帰ってくる場面が夢にまで出てくる。 ハッと目覚めると、頭の中に記憶された映像を書き留めようと、慌ててメモを取る。 《娘が見つかって抱きしめ合い、喜んでいる夢を見た》 これが正夢になる日を今か今かと待ち望んでいるのは、千葉県成田市に住む小倉とも子さん(37)である。 昨年9月21日、山梨県道志村のキャンプ場で突然、行方不明になった美咲ちゃん(8)の母親だ。 「あれ以来、長女の姉は不登校に、夫は口数が少なくなりました。 日々の生活でそういう場面を見ると、あのとき自分がついて行けばよかったと。 思い出すたび、悔やんでも悔やんでも悔やみきれない気持ちになります」 あの日、とも子さんは正午過ぎに、美咲ちゃんと3歳上の長女の3人で「椿荘オートキャンプ場」に車で到着した。 先着していたほかのキャンプ仲間に合流し、7家族27人が集まった。 夫の雅さん(39)は、仕事の都合で翌日に来る予定だった。 一同は昼食に、天ぷら蕎麦を食べた。 午後3時半ごろ、おやつのチョコバナナを食べ終えた子ども9人が、近くの沢まで遊びに出かけた。 遅れて食べ終えた美咲ちゃんは1人、先に行った9人の後を追いかけた。 その際、とも子さんは、 「ママ、行っていい?」 と声をかけられ、「いいよ」と答え、小走りする美咲ちゃんの後ろ姿を見届けている。 およそ10分後、大人たちが子どもを迎えに行ったが、そこに美咲ちゃんの姿はなかった。 心配した大人たちは周辺を捜し始めたが、美咲ちゃんは一向に現れず、日没が近づく前に警察に連絡。 夕方に警察が到着し、捜索が始まった。 以来、警察や自衛隊、消防隊はこれまで、延べ約1700人を投入した。 とも子さんも、夫と一緒に現場に泊まり込み、白い運動靴がボロボロになるまで捜し続けた。 しかし、美咲ちゃんが姿を現すことはなかった。

次の

華族令嬢の生活とは?大正・昭和のスキャンダルや殺人事件エピソード

皇族 殺人

眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)の婚約延期が発表されてから約1年となったが、宮内庁は先頃、4月末をもって天皇陛下が退位された後の皇族方の外出を伴う公務の分担について発表した。 天皇皇后両陛下が毎年、地方に足を運ばれてきた、いわゆる「三大行幸啓」である全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会は、皇太子ご夫妻が引き継がれる。 新天皇・新皇后はさらに国民文化祭を加え、「四大行幸啓」に臨まれるという。 一方、皇太子ご夫妻が出席されてきた7つの地方行事のうち、4つは秋篠宮ご夫妻に譲られる。 「眞子さまも秋篠宮ご夫妻が出席されてきた公務のうち、『全国都市緑化祭』など3つの行事を引き継がれます。 今後、ますます皇族としての重責を担われることになる。 眞子さまが結婚され、皇室を離れたら、皇族としてそれらの公務を担うことは、基本的にできません。 今回の公務の分担を知って、眞子さまは何を感じられただろうか。 母・佳代さんが抱える借金問題について、それまで沈黙を貫いていた小室さんは、文書を通して初めて公に言及。 寝耳に水の秋篠宮さまは愕然とされたという。 「秋篠宮さまは文書について、発表前日のメディアからの問い合わせによって知ったそうです。 長女の結婚を左右する重大な事柄を、他人づてに聞いた秋篠宮さまは、さぞ驚かれたことでしょう。 さらに発表当日、《眞子さまも文書の公表を把握している》という報道を目にされた。 《眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。 眞子さまも文書の公表を把握している》と報じたのは共同通信だが、一体、誰がわざわざそんな情報をメディアに漏らしたのか。 それを目にした秋篠宮ご夫妻が、眞子さまに対して複雑な思いを抱えるのは、火を見るよりも明らかだ。 小室さんの代理人弁護士は、週刊誌のインタビューにこう話している。 《眞子さんは、圭さんが発表した文書の存在と内容、そしてこういう形(マスコミを通じて)で、皆さんにお届けするというのを知っていらっしゃった。 これは圭さんが言っていたことです。 圭さんは、『(眞子さまが)知っていました』と公に説明せざるを得ない、という判断をしたのです》 なぜ小室さんが眞子さまのかかわりを「公に説明せざるを得ない」と判断したのか、その意図は不明だが、つまり、小室さんが意図的にメディアに報じさせたということである。 そして結果的に、眞子さまとご家族の仲を急激に冷え込ませることになった。 さらに、宮内庁関係者はこう衝撃を受けたと明かす。 「関係者の中で話題になっているのは、小室さんが発表した文書の最後に使われている『どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます』という一文です。 一般のかたにはピンと来ないかもしれませんが、皇族方が出される文書の中では、おなじみのフレーズです。 なぜ一般人の文書に、その言葉が使われたのか。 眞子さまであれば、今まで何度となく、そのフレーズに親しんでこられたでしょうから」(前出・宮内庁関係者) 改めて、小室さんの代理人弁護士に、眞子さまが文書をどれだけ把握されていたのか尋ねた。 「文書の存在と内容、こういう形で皆さんにお届けすることは知っていらっしゃいました。 『把握』とは言っていません。

次の