竜巻 なんj。 サメ映画ってもうネタ切れしてきてないか?「ジョーズが最初にして最高」「よし!サメの惑星で映画作ろう」「もうあるぞ?」 2chサメ映画まとめ

【災害】アメリカ南部で竜巻 少なくとも33人死亡 コロナ感染拡大による外出自粛指示解除し避難呼びかけも およそ60の竜巻が確認

竜巻 なんj

「シャークネード」とは、に放送、発売されたである。 は安心の『』、配給はみんなの『』。 には続編の「シャークネード 2」が発売された。 には3作の「シャークネード ・」が発売される。 には「シャークネード4」、には「シャークネード5 」、そしてには作となる「シャークネード6 ・」が放送された。 ストーリー シャークネード で3つの巨大が発生、上を経由してから上陸、へと進攻した。 のによる暴とからの冠により、はと化す。 だが、このは更にとんでもないものを伴っていた。 なんと上を移動する際に様々なの大群とぶつかった結果、吸い上げられて宙を舞ったの大群を抱え込んだまま上陸してしまったのである! かくして、は前代未聞の大に陥った。 暴とに、 中からの速を加速に変えて突撃して襲い掛かってくるの特攻部隊(たまに事着して潜部隊に変貌)までもが加わった未曽有のから、たちは果たして生きのびることはできるか シャークネード カテゴリー2 の退治で一躍となった、に関する講演と親戚たちに会うために行きのに乗っていたが突如乱気流に巻き込まれる。 の外を見たがみたものは、 を恐怖のどん底に陥れた宙を舞うたちであった・・・ そう、あのがにも出現したのである! の地下、地上、中で暴れまくる!い??はたしては親戚と合流し、を退治することはできるのか シャークネード エクストリームミッション いずれので多大な貢献をはたしたはで受勲されることになったが、そこへ の史上最大のスのが出現し、のみならず洋沿のがと化してしまう・・・ 今回のがスが巨大すぎるため地上からの破壊は困難であり、はに勤めると共に 、からを吹き飛ばすを実行に移す・・・! 登場人物• ・(リー・・)。 冒頭では沿でを経営しつつ代わりをしていた。 想いなのだが気味の心配性で、しかも心配の仕方というのが「各種から の落下、の発生まであらゆる事態に備えておく」という明後日の方向に向いたものだったため、開始時にはついていけなくなったプとはして仲が険悪になっており、達からも煙たがられている。 また、な一面があり作中でもに襲われた友人を臆せず助けに行く、冠したに取り残されたに閉じ込められた達を救出するなどの活躍を見せていた。 ただし、これも行き過ぎていたらしくからは「もっとにを向けてほしい」と不満の種になっていたらしい。 座右の銘は「センタ・パラタス」(で「備えは万全」)。 がロスまで向かっていることを知り、心配のあまりを守るためにロスへと向かう。 ここまでの説明だとただのちょっと頭がキテるにしか思えないが、 その正体は凄まじい身体と技術を 兼ね備えた人。 「片手でをなす」、「飛んできたの群れをでも撃ち漏らさず撃墜」、「突っ込んできた大のをでっ二つにする」と、清々しいまでのっぷりでに負けない活躍を見せる。 特に最後のでの唐割りだが、飛んできたが作中の形状とからの大の個体(kgほど)、が作中の描写から最大である(速m~m)だと仮定した場合、 「でも時速0kmで突っ込んできた、取り並みの重量があるを微動だにさえせず一両断した」というおそるべき所業を成し遂げたことになる。 そして「2」ではをとし、更にっぷりの増したと化しての軍勢相手に大暴れする。 プ・ウェクス の元妻で、とディアの。 前述のとおりとはしており期間を設けて交代制での面倒をみつつ、はコというと交際している。 コの登場後3分待たずにこの世とを隔てた仲になったがなんだかんだでと暮らしてきたことから緊急時の協調性は抜群で、シャークネードの脅威からを守ろうと奮戦する。 シャークネード2では、とのよりを戻しているが行きので悲劇にまきこまれる・・・• ので、にしたばかりの(にも記載がいため、達がどちらの姓を名乗っているかは不明)。 しかしその実の血を脈々と受け継いでおり、の座右の銘を自身も使ってみせたり、謀としか思えないような消滅を立案してへで向かうなどしてみせた。 また、身体的にもの人体質を受け継いでいる節があり、によりを失い乱暴な勢いで不時着したが、かすり傷と気絶だけで済んでいた。 ディア ので、やはりやと同じくを煙たがっていた。 しかし、の場合それに加えて「はばかり気にかけて自分を二の次に見ている」といった思い込みもあった模様。 作中では険悪だったにも関わらず息の合っているの様子に不機嫌になるといった様子も見せていた。 でがきちんと自分のことも想ってくれていたことを知り、事わだかまりが解けた。 の店で従業員として働いていたで、の壮絶な体験からを深く憎んでいる。 がと思っていて気になっていたらしく、妻子がいたことを知ってを受けていた。 () 後半でと協しての消滅を敢行したものの、最後のの消滅に失敗しにりついたを追い払おうとした際にを崩し、落下して下にいた特大のに喰われてしまった。 ……が、なんと転落時に勢いがつき過ぎて噛まれずにされたため傷で、しかもそのがでを飲み込んで逆にをで切り裂かれ、 脱出したに引っり出されて事生還した。 みんな大好きの工具。 では後半からの近用として要所要所で活躍し、最後の突貫にも付き合った。 そして2ではへと昇格し、使い手のの人性も相まってどもを通りに上げる八面六臂の活躍をに見せつけた。 前述のようなのな扱い方でも破損どころか不具合一つ起こさないという的な機性と頑強さを誇っており、のか代の用務室から何らかの形でに出回った可性が摘されている。 を爆破するための必須。 話題・外部評価 「砂を泳ぐ(ビーチ・」、「山を泳ぐ(・)」、「巨体(・)」、「双頭(・)」、「下半身が()」、「(・)」と、の代名詞ながら幾つもの怪良作が生まれ続けるの中から新たに産を上げたの新。 ので宙を舞い、暴の勢いのままの大群が襲い掛かるというぶっ飛んだ設定と、それに負けじと快過ぎるを繰り広げるのがベタベタなをするに大ウケした。 で、2共に(はシャークネード2間放送と題して放送、2はでの放映が内初)されたため、内での知名度も高い。 そしてなんと、「シャークネード 2」のに放送時のを込んだ 「」 がと一緒に収録されて発売された。 本側でも一部のを熱狂させており、シャツや、などが作られている。 また、まさかのでゲーもあり、簡単な障物ながら途中でED曲が流れたり でしっかりを使ったりと、要点を押さえた作りになっている。 特筆すべき点として通常はか、あるいは怪物化していることが多いではしくが豊富で、の他にも、、など多種多様なが取り扱われているのも見どころの一つである(大ののの下にがくっついているという細かい描写も。 更に続編ではなんての他、まで混ざった混沌の軍勢と化している)。 「」にて解説回でしたの一つとして取り上げられている他、好きでもあるも絶賛。 のにとツをお供に見るのに最適なので、店で見かけたら是非手に取っていただきたい。 なかった? 下のにちゃんと1も2も取りえてございます。 関連生放送 でも定期的にシャークネードの配信が行われており、2間連続、時間連続、時間連続配信でシャークネードをし続けるという頭がになったようなも開催されている。 また、初開となる最新作を有料配信もしている。 (特集で本作の他、上記のの一部を取り上げている)• (とんでも特集で本作を紹介している).

次の

米で竜巻、30人が死亡し10州以上で停電。外出禁止令も一時的に解除。

竜巻 なんj

7717• 564• 416• 19364• 1743• 496• 387• 881• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1089 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

サメ映画ってもうネタ切れしてきてないか?「ジョーズが最初にして最高」「よし!サメの惑星で映画作ろう」「もうあるぞ?」 2chサメ映画まとめ

竜巻 なんj

「シャークネード」とは、に放送、発売されたである。 は安心の『』、配給はみんなの『』。 には続編の「シャークネード 2」が発売された。 には3作の「シャークネード ・」が発売される。 には「シャークネード4」、には「シャークネード5 」、そしてには作となる「シャークネード6 ・」が放送された。 ストーリー シャークネード で3つの巨大が発生、上を経由してから上陸、へと進攻した。 のによる暴とからの冠により、はと化す。 だが、このは更にとんでもないものを伴っていた。 なんと上を移動する際に様々なの大群とぶつかった結果、吸い上げられて宙を舞ったの大群を抱え込んだまま上陸してしまったのである! かくして、は前代未聞の大に陥った。 暴とに、 中からの速を加速に変えて突撃して襲い掛かってくるの特攻部隊(たまに事着して潜部隊に変貌)までもが加わった未曽有のから、たちは果たして生きのびることはできるか シャークネード カテゴリー2 の退治で一躍となった、に関する講演と親戚たちに会うために行きのに乗っていたが突如乱気流に巻き込まれる。 の外を見たがみたものは、 を恐怖のどん底に陥れた宙を舞うたちであった・・・ そう、あのがにも出現したのである! の地下、地上、中で暴れまくる!い??はたしては親戚と合流し、を退治することはできるのか シャークネード エクストリームミッション いずれので多大な貢献をはたしたはで受勲されることになったが、そこへ の史上最大のスのが出現し、のみならず洋沿のがと化してしまう・・・ 今回のがスが巨大すぎるため地上からの破壊は困難であり、はに勤めると共に 、からを吹き飛ばすを実行に移す・・・! 登場人物• ・(リー・・)。 冒頭では沿でを経営しつつ代わりをしていた。 想いなのだが気味の心配性で、しかも心配の仕方というのが「各種から の落下、の発生まであらゆる事態に備えておく」という明後日の方向に向いたものだったため、開始時にはついていけなくなったプとはして仲が険悪になっており、達からも煙たがられている。 また、な一面があり作中でもに襲われた友人を臆せず助けに行く、冠したに取り残されたに閉じ込められた達を救出するなどの活躍を見せていた。 ただし、これも行き過ぎていたらしくからは「もっとにを向けてほしい」と不満の種になっていたらしい。 座右の銘は「センタ・パラタス」(で「備えは万全」)。 がロスまで向かっていることを知り、心配のあまりを守るためにロスへと向かう。 ここまでの説明だとただのちょっと頭がキテるにしか思えないが、 その正体は凄まじい身体と技術を 兼ね備えた人。 「片手でをなす」、「飛んできたの群れをでも撃ち漏らさず撃墜」、「突っ込んできた大のをでっ二つにする」と、清々しいまでのっぷりでに負けない活躍を見せる。 特に最後のでの唐割りだが、飛んできたが作中の形状とからの大の個体(kgほど)、が作中の描写から最大である(速m~m)だと仮定した場合、 「でも時速0kmで突っ込んできた、取り並みの重量があるを微動だにさえせず一両断した」というおそるべき所業を成し遂げたことになる。 そして「2」ではをとし、更にっぷりの増したと化しての軍勢相手に大暴れする。 プ・ウェクス の元妻で、とディアの。 前述のとおりとはしており期間を設けて交代制での面倒をみつつ、はコというと交際している。 コの登場後3分待たずにこの世とを隔てた仲になったがなんだかんだでと暮らしてきたことから緊急時の協調性は抜群で、シャークネードの脅威からを守ろうと奮戦する。 シャークネード2では、とのよりを戻しているが行きので悲劇にまきこまれる・・・• ので、にしたばかりの(にも記載がいため、達がどちらの姓を名乗っているかは不明)。 しかしその実の血を脈々と受け継いでおり、の座右の銘を自身も使ってみせたり、謀としか思えないような消滅を立案してへで向かうなどしてみせた。 また、身体的にもの人体質を受け継いでいる節があり、によりを失い乱暴な勢いで不時着したが、かすり傷と気絶だけで済んでいた。 ディア ので、やはりやと同じくを煙たがっていた。 しかし、の場合それに加えて「はばかり気にかけて自分を二の次に見ている」といった思い込みもあった模様。 作中では険悪だったにも関わらず息の合っているの様子に不機嫌になるといった様子も見せていた。 でがきちんと自分のことも想ってくれていたことを知り、事わだかまりが解けた。 の店で従業員として働いていたで、の壮絶な体験からを深く憎んでいる。 がと思っていて気になっていたらしく、妻子がいたことを知ってを受けていた。 () 後半でと協しての消滅を敢行したものの、最後のの消滅に失敗しにりついたを追い払おうとした際にを崩し、落下して下にいた特大のに喰われてしまった。 ……が、なんと転落時に勢いがつき過ぎて噛まれずにされたため傷で、しかもそのがでを飲み込んで逆にをで切り裂かれ、 脱出したに引っり出されて事生還した。 みんな大好きの工具。 では後半からの近用として要所要所で活躍し、最後の突貫にも付き合った。 そして2ではへと昇格し、使い手のの人性も相まってどもを通りに上げる八面六臂の活躍をに見せつけた。 前述のようなのな扱い方でも破損どころか不具合一つ起こさないという的な機性と頑強さを誇っており、のか代の用務室から何らかの形でに出回った可性が摘されている。 を爆破するための必須。 話題・外部評価 「砂を泳ぐ(ビーチ・」、「山を泳ぐ(・)」、「巨体(・)」、「双頭(・)」、「下半身が()」、「(・)」と、の代名詞ながら幾つもの怪良作が生まれ続けるの中から新たに産を上げたの新。 ので宙を舞い、暴の勢いのままの大群が襲い掛かるというぶっ飛んだ設定と、それに負けじと快過ぎるを繰り広げるのがベタベタなをするに大ウケした。 で、2共に(はシャークネード2間放送と題して放送、2はでの放映が内初)されたため、内での知名度も高い。 そしてなんと、「シャークネード 2」のに放送時のを込んだ 「」 がと一緒に収録されて発売された。 本側でも一部のを熱狂させており、シャツや、などが作られている。 また、まさかのでゲーもあり、簡単な障物ながら途中でED曲が流れたり でしっかりを使ったりと、要点を押さえた作りになっている。 特筆すべき点として通常はか、あるいは怪物化していることが多いではしくが豊富で、の他にも、、など多種多様なが取り扱われているのも見どころの一つである(大ののの下にがくっついているという細かい描写も。 更に続編ではなんての他、まで混ざった混沌の軍勢と化している)。 「」にて解説回でしたの一つとして取り上げられている他、好きでもあるも絶賛。 のにとツをお供に見るのに最適なので、店で見かけたら是非手に取っていただきたい。 なかった? 下のにちゃんと1も2も取りえてございます。 関連生放送 でも定期的にシャークネードの配信が行われており、2間連続、時間連続、時間連続配信でシャークネードをし続けるという頭がになったようなも開催されている。 また、初開となる最新作を有料配信もしている。 (特集で本作の他、上記のの一部を取り上げている)• (とんでも特集で本作を紹介している).

次の