バイオリニスト 鷲見。 鷲見三郎

鳥貴族で働いてしまった鷲見恵理子(バイオリニスト)の年収や結婚は?【激レアさんを連れてきた】

バイオリニスト 鷲見

「激レアさん」世界的バイオリニストのスミさん(鷲見恵理子)が出演! 2020年5月2日放送(アンコール放送)「激レアさん」に、勘違いで鳥貴族でバイトした、 世界的バイオリニストのスミさん(鷲見恵理子)が登場します。 世界的バイオリニストとしてずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので居酒屋・鳥貴族を貴族が集まるサロンとうっかり勘違いして面接を受けてしまったそうです。 なぜ音楽活動の傍ら、居酒屋で鶏肉を仕込むことになってしまのでしょうか。 ここでは、「激レアさん」に登場した、スミさん(鷲見恵理子)のプロフィール・経歴。 鳥貴族でのバイトの話についてまとめました。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)のプロフィール&経歴は? 名前:鷲見恵理子 すみ えりこ 生年月日:1975年9月17日 年齢:44歳(2020年5月現在) 出身地:東京都目黒区 学歴:ジュリアード音楽院卒業 受賞歴: ミケランジェロ・アバド国際音楽コンクール優勝 1994年 アリチェ・ベルコレイタリア国際音楽祭優勝 2007年 所属事務所:アーツ・アイランド 鷲見恵理子さんの祖父は、日本のクラシック界を牽引した バイオリン指導者の鷲見三郎さんです。 桐朋学園大学の教授、数々の音楽コンクールの審査員を務め、1978年には勲四等旭日小授章を受章されています。 鷲見三郎さんの門下生出身者は、佐藤陽子さん、澤和樹さん、千住真理子さんなど、日本の著名なバイオリニストのほとんどが鷲見三郎さんの門下生と言われるほどです。 鷲見三郎さんの長男で鷲見恵理子さんの父親は、桐朋学園大学の名誉教授でバイオリニストの鷲見健彰さんで、母親の野冨子さんもバイオリニストです。 日本の皇族の方々やルクセンブルク皇太子や世界的指揮者の小澤征爾さんが自宅に来られたそうです。 バイオリニスト一族に生まれた鷲見恵理子さんは、3歳の頃から祖父、両親よりバイオリンの指導を受けていたそうです。 小学6年の頃には、第41回全日本学生音楽コンクール東日本大会小学生の部で2位を獲得しました。 鷲見恵理子さんは、1989年の中学2年生の時に渡米し、 ジュリアード音楽院プレカレッジに入学しました。 留学時代の仕送りは、一か月約100万円だったそうです。 鷲見恵理子さんは、1995年にジュリアード音楽院に在学中、20歳のときにカーネギーホールでニューヨーク・デビューリサイタルをたししました。 日本だけでなく、アメリカ、イタリア、オーストリア、北欧、ブルガリア等、海外でも幅広く活動し、様々な有名オーケストラと共演しています。 音楽院に在学中からリサイタルデビューし、現在も世界的に活躍するバイオリニストです。 14歳でNYのジュリアード音楽院へ留学。 19歳で「ミケランジェロ・アバド国際バイオリンコンクール」で優勝。 20歳には「カーネギーホール」でソロデビューリサイタル 24歳でイタリアに渡り貴族たちと優雅なバイオリン生活 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)はなぜ鳥貴族の面接へ? 鷲見恵理子さんは、母と父が体調を崩したのをきっかけに日本に帰国します。 アルバイトのきっかけは、自分だけでもしっかり稼いでいかなくてはならないと思ったことです。 料理・洗濯・掃除など家事全般の経験もなく、ファミレスやカラオケ・居酒屋・コンビニも当時行ったことがなかったそうです。 インターネットを見ていて目に飛び込んできたのが、「鳥貴族 募集」の文字です。 「日本にも貴族がやっている店があったんだ! 」と感動した鷲見恵理子さんは、意気揚々とアルバイト面接に出かけます。 (イタリアには、貴族が経営しているホテルがあったそうです。 ) 鷲見恵理子さんが40歳のときです。 面接当日は、普通なら「履歴書」を持参するはずですが、鷲見恵理子さんが持参したものは、 自分が演奏したバイオリンの音源が入ったCD・ ミラノ宮殿で演奏した時の映像を収録したDVDだったそうです。 アルバイトの面接時、自分の思い描いていた貴族サロンとはかけ離れたイメージの店内に、さすがの鷲見恵理子さんも、 「なんか思っていたのと違うな」とは思ったそうです。 しかし、それでも「店の奥」か「店の裏」などに貴族がいるのだと信じていたそうです。 浮世離れした感覚ですよね。 自分が働く場所は、ここしかないと思い、当時面接を担当していた店長に「是非ここで働かせてください!」と懇願されたそうです 鷲見恵理子さんの熱意と、手渡されたCD類を見て「食えなくなった音楽家崩れがバイトに来たな」と店長が思って採用されたそうです。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)の鳥貴族での仕事とは? 鷲見恵理子さんの鳥貴族での仕事内容は、 鶏肉の仕込み(お肉の切り出し・ つくねのタネ作り・レバーのトリミング・成形)だったそうです。 鷲見恵理子さんにとって、初居酒屋体験だったそうです。 鳥貴族での仕事を続けながらもバイト仲間に、「このお店は、貴族の前で演奏できるようなチャンスはないのかしら?」などと質問を投げかていたそうです。 バイト仲間の中には、クラシック大好きなおばさんもいらしたそうです。 バイトの件は、ご家族には内緒だったとのことです。 制服(かっぽう着)は毎日クリーニングに出していたそうです。 ただクリーニングでは間に合わない日もあり、家の洗濯機にかっぽう着を入れたときに、お母さんが見つけて驚いたそうです。 レバーのトリミングで血がついたかっぽう着を見て、お母さんは仰天したのです。 そこで、鳥貴族でバイトしていることを初めてお母さんに打ち明けたそうです。 鷲見さんのバイト料は1か月で約4万7千円でした。 ちなみに、バイオリニストとしての一回の報酬は数十万円だったそうです。 それでも、毎月決まった日にお金が入ってくることが楽しみになったそうです。 鳥貴族のバイトとバイオリニストを並行して行っていたため、ダブルブッキングもあったそうです。 世界的音楽家の演奏会と鶏肉の仕込みとどちらを優先するかで悩むこともあったそうです。 (そのときは、店長に事情を話して鳥貴族のバイトの休みをいただいたそうです。 ) 鷲見恵理子さんは、「何やら違うぞ」という思いも確信に変わり、ようやく自分の勘違いに気がついたといいます。 しかし、自分が決めたことだからと、鶏肉を仕込む仕事を9か月間も続けました。 バイトも長くなると串打ちの作業も行うことにより、バイオリニストの大切な手を傷つける可能性があるため辞めることを決意したそうです。 すぐにお仕事を辞めなかったのは、「1人で生きていけるようになりたい!」という熱い思いがあったからだといいます。 なんと鳥貴族のバイトのおかげで、指の力が強くなり、バイオリンも弾きやすくなったそうです。 「鳥貴族のバイトが青春でした!」と、鷲見恵理子さんは語っていました。 「激レアさん」鷲見恵理子(スミさん)の現在は? 鷲見恵理子さん(スミさん)は、2018年の放送からほぼ2年経った現在、ダイエットされてウエストが12. 5cmも細くなったそうです。 体重も6kg減量されたそうです。 トレーニングジムの減量大会でも優勝されたそうです。 何事にも真面目に努力される鷲見恵理子さんに感心します。

次の

鷲見恵理子(すみえりこ)の年齢や結婚は?鳥貴族バイトの勘違いがヤバい!バイオリンコンサートの情報も【激レアさん】

バイオリニスト 鷲見

名前:鷲見恵理子 すみ えりこ• 生年月日: 1975 年 9 月 17 日 44 歳• 出身地:東京都目黒区• 学歴:ジュリアード音楽院卒業• 受賞歴:ミケランジェロ・アバド国際音楽コンクール優勝 1994 年• アリチェ・ベルコレイタリア国際音楽祭優勝 2007 年• 所属事務所:アーツ・アイランド 鷲見恵理子さんは、 1995 年にジュリアード音楽院に在学中、カーネギーホールでニューヨーク・デビュー。 日本だけでなく、アメリカ、イタリア、オーストリア、北欧、ブルガリア等、海外でも幅広く活動し、様々な有名オーケストラと共演しています。 サラサーテやパガニーニ、バッハの演奏を得意とし、女性でありながらもダイナミックかつエレガントな演奏に定評があります。 鷲見恵理子さん自らも、とても上品で美しい方です。 結婚しているかどうか気になりチェックしてみましたが、公表されておらず、まだ独身の可能性が高いです。 音楽院に在学中からリサイタルデビューし、現在も世界的に活躍するバイオリニストですから、音楽に集中した生活を送っているのでしょうね。 鷲見恵理子の家族もバイオリニスト? 美しすぎるバイオリニスト、鷲見恵理子さん。 ご家族もバイオリニストということで、チェックしてみました。 まず、鷲見恵理子さんの祖父は、日本のクラシックの音楽界に貢献した指揮者でありバイオリン指導者の 鷲見三郎さん。 桐朋学園大学の教授、数々の音楽コンクールの審査員を務め、 1978 年には勲四等旭日小授章を受章しています。 鷲見三郎さんの門下生出身者は、佐藤陽子さん、澤和樹さん、千住真理子さんなど。 日本の著名なバイオリニストのほとんどが鷲見三郎さんの門下生と言われるほど、クラシック界では有名な存在です。 その鷲見三郎さんの長男で鷲見恵理子さんの父親は、桐朋学園大学の名誉教授でバイオリニストの鷲見健彰さん。 母親の野冨子さんもバイオリニストです。 さらに叔父の鷲見四郎さん、娘で鷲見恵理子さんの叔母にあたるの鷲見加寿子さんもバイオリニストというから、すごいです。 そんなバイオリニスト一族に生まれた鷲見恵理子さんは、 3 歳の頃から祖父、両親よりバイオリンの指導を受けます。 1987 年の小学 6 年の頃には第 41 回全日本学生音楽コンクール東日本大会小学生の部で 2 位を獲得。 1989 年の中学 2 年生の時に渡米し、ジュリアード音楽院プレカレッジに入学してアメリカでもバイオリンを学びました。 知れば知るほど、鷲見恵理子さんの経歴、一族、すごすぎます! 鷲見恵理子の激レアさんでの鳥貴族話も! 音楽界のサラブレッド、お嬢様育ちで、容姿も才能にも恵まれ、世界的バイオリニストとして活躍していた鷲見恵理子さん。 2018 年 1 月 8 日放送のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。 」に登場、驚きの過去が明らかになります。 それは、居酒屋チェーン「鳥貴族」でアルバイトをしていたことでした! しかも、アルバイト当時は 40 歳。 わりと、最近です 笑 イタリアに在住していた鷲見恵理子さん。 アルバイトのきっかけは、ご両親が病気をしたことで一時帰国し、自分だけでもしっかり稼いでいかなくてはならないと思ったことです。 今まで、ヨーロッパの貴族の前で演奏をしていた鷲見恵理子さんは、「鳥貴族」と聞いて、 「貴族が集まるサロンのようなところが日本にもあった!」 と勘違いして面接を受けに行ってしまったのです。 そして採用されてしまった鷲見恵理子さんは、働き始めて自分の勘違いに気づきます。 しかし、自分が決めたことだからと、鶏肉を仕込む仕事を 9 か月間も続けました。 ルクセンブルグ皇太子夫妻の前でも、演奏経験のある鷲見恵理子さん。 居酒屋の厨房で、裏方の仕事をしていたなんて信じられませんが、ひとまず続けたところが、さすがです。 研究員のオードリー若林正恭さんも、「今までの激レアさんの中で一番怖い」と驚いたとのことです。 そんな鷲見恵理子さんが、 2020 年 5 月 2 日の「激レアさん SP 」に再登場! エレガントだけれど、面白い鷲見恵理子さんにまた会えるなんて、嬉しいですね。 まとめとして 国際的バイオリニストなのに、勘違いして鳥貴族で働いてしまった鷲見恵理子さん。 面白すぎるエピソードなので、ドラマや映画にならないかなぁと思ってしまいました 笑 鷲見恵理子さんの今後ますますの活躍に期待します!.

次の

【歴代】上手いと思うヴァイオリニストのランキング【史上最高】

バイオリニスト 鷲見

2020年3月22日 米子市文化ホール メインホール 詳しくは右図をクリックしてください。 2019年12月12日 よみうり大手町ホール 詳しくは右図をクリックしてください。 2019年9月7日 浜離宮朝日ホール 詳しくは右図をクリックしてください。 2019年7月12日 霞町音楽堂 詳しくは右図をクリックしてください。 パガニーニ「カプリース全曲演奏会 2019年7月12日 霞町音楽堂 詳しくは右図をクリックしてください。 ヴォイサリオン ミスター・プリズナー 2019年3月3日〜10日 詳しくは右図をクリックしてください。 特別演奏会IN滋賀 2018年7月25日 詳しくは右図をクリックしてください。 福岡公演 2018年7月18日 詳しくは右図をクリックしてください。 2018年2月16日 詳しくは右図をクリックしてください。 「四季」全曲〜ヴィヴァルディの世界〜 2017年10月1日より4日まで 各地で開催 詳しくは右図をクリックしてください。 ヴォイサリオン ゴーストクラブ 2017年8月31日〜9月7日 詳しくは右図をクリックしてください。 2017年4月23日(日) 所沢ミューズ・アークホール 詳しくは右図をクリックしてください。 2016年8月31日 杜のホールはしもと クリエプレミア音楽朗読劇 「女王がいた客室」 「Mr. Prisoner」 2016年8月27日より9月5日 シアタークリエ 詳しくは右図をクリックしてください。 〈シューベルトの夕べ〉 2016年6月24(金) 浜離宮朝日ホール 詳しくは右図をクリックしてください。 イタリア Premio Nazionale La Torretta 受賞アーティストがミラノの王宮で奏でた音色をこの夏あなたの街で響かせる! 2015年8月1日より29日まで 全国各地で開催 詳しくは右図をクリックしてください。 祖父鷲見三郎氏は日本ヴァイオリン界の発展に大きく貢献した名教師。 両親もヴァイオリニストという文字 通りヴァイオリン一家に育つ。 3歳から祖父、両親より正式にヴァイオリンを学ぶ。 1989年に渡米、ジュリアード音楽院プレカレ ッジに入学。 1994年にジュリアード音楽院に入学しドロシー・ディレイ、室内楽をパールマンとの共演で名高いサミュエル・サン ダース各氏に師事。 同年ヴァイオリニストの登竜門であるミケランジェロ・アバド国際音楽コンクール(イタリア)にて優勝。 その後、カーネギー・ホールにてニューヨーク・デビューリサイタルを開催。 ニューヨーク エヴリフィッシャー・ホールにて演奏。 海外においては、 アメリカ、イタリア、オーストリア、北欧、ブルガリア等で活動。 ポーランド国立放送交響団、ソフィア国立フィルハーモニック、ロイ ヤル・メトロポリタン・オーケストラ、キエフ室内管弦楽団、サンレモ・シンフォニーオーケストラ、ハンガリー・ヴィルトーゾ・チェ ンバー・オーケストラ等、多数のオーケストラと共演。 また、ウンベルトジョルダーノ音楽祭(イタリア)やマンデラーマイスター音 楽祭(ドイツ)等にも出演。 日本では、サントリーホール、東京国際フォーラム、オペラシティ武満メモリアルホール、紀尾井ホール、 東京文化会館小ホール等での公演の他、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー、東京ロイヤル・メトロポリタン・オーケストラ トウキョウ・モーツアルトプレイヤーズ等と共演多数。 林真理子原作TBSドラマ「不機嫌な果実」に出演した。 ・ルクセンブルグ皇太子ご夫妻の前で演奏。 2006年ブルガリアで同国最高峰オーケストラのソフィア国立フィルハー モニーとサラサーテのカルメン幻想曲を収録、2007年アリチェ・べルコレイタリア国際音楽祭にて優勝、2009年ミラノ国立ヴェ ディ音楽院サーラ・ヴェルディにてオーケストラ・アカデミア・デレ・オペレと共演。 同年ハンガリー・ヴィルトーゾ・チェンバー・オ ーケストラとブダペストのハンガリー国会議事堂にて日本人として初演奏。 光り輝く作品構成と純粋な思考に満ちたきらめくドラマ性にも繋がった。 (イ タリア・コリエレ・デラ・セーラ紙)」と絶賛された。 現在イタリア・ミラノに在住し、イタリアやオーストリアを中心に活動。 ミラノに てトレッタ賞受賞。 鳥取県のふるさと大使に任命される。 イタリア・コルティナ・ダンぺッオにてディノ・チャーニ音楽祭に出演。 その際マスタークラスを行い後進の指導にもあたる。 近年アバドコンクール審査員を務める。 エドワード・ウルフソンに師事し、彼の師であるメニューイン、ミルシュタイン、シェリング等の教えを受けた。

次の