ブロンコ ビリー。 ブロンコビリーがテイクアウト開始、限定メニュー「炭焼き ハラミステーキ重」や「ビリーハンバーグ弁当」など4種を販売|食品産業新聞社ニュースWEB

ブロンコビリー 北綾瀬店

ブロンコ ビリー

出演: , ,• 形式: 色, ドルビー, ワイドスクリーン• 言語: 英語• 字幕: 日本語, 英語• リージョンコード: リージョン2 このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。 詳細についてはこちらをご覧ください• 画面サイズ: 1. 78:1• ディスク枚数: 1• 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ• 時間: 117 分• カスタマーレビュー:• ASIN: B00005QWS4• JAN: 4988135533234• Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 149,158位• イーストウッド監督・主演、ウエスタン・コメディ。 カウボーイとインディアンの時代へ人々を誘う"ワイルド・ウエスト・ショー"。 6人の団員を引き連れ、全米各地を巡業するリーダーのブロンコ・ビリーは、一座の花形スターだ。 ところがそんな彼らの中に、莫大な遺産を相続する高慢ちきな資産家令嬢が紛れ込んだことから、大乱闘あり、列車強盗あり、の大騒動へ! 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 西部ショーの花形スター、ブロンコ・ビリー。 ある日彼らの一座に結婚相手から逃げてきた高慢ちきな資産家令嬢のリリーが紛れ込む。 2人は次第に惹かれていくが、ビリーは過去に縛られ気持ちを打ち明けられずにいた…。 現代版ウェスタンコメディ。 各地を巡業する一座は、ひょんなことから乱闘あり、列車強盗ありの大騒動へと発展していく…。 有名なヒット作品での彼のイメージはタフでワイルドだったり、苦虫を噛み潰したような シリアス顔だったり、時には頑固でプツッと切れたら鉄拳が飛んで来そうなヒーロー像を誰もが脳裏に刻まれて いるがこんなイーストウッド作品も私的には大歓迎で沢山見たいと思うのだ。 この映画のDVDは何度もリリース されてはいるが、毎回字幕版ばかりでテレビ放送した時の山田康雄氏の日本語吹替えが入って居ないのが残念だ。 更にDVD版ではなく、ブルーレイ版に至ってはリリースすらされていないと云う状況で何とも勿体無い話である。 劇中、孤児院の子供役で息子のカイル・イーストウッドと娘のアリソン・イーストウッドが共演を果たしている。 イーストウッド作品には多数出演していて私生活では愛人でもあったソンドラ・ロックが去年 2018年11月3日 亡くなってしまったのは気の毒な事だ。 「ダーティハリー4」以降は映画で見かける機会が無かったのが残念だ。 それにしてもイーストウッドは馬とカウボーイハットが板に付く。 元々こっち出身で人気を博した俳優だからね。 結構、面白い作品だったんだなぁ、と今更ながらに感じています。 初めて観た当時はEastwoodと言えば、アクションスターのイメージが強かった 特にHarry刑事役が強烈すぎた ので、 こういったほのぼのとしたLove-Comedyっぽい作品は私にとって余り、馴染まなかったのが本音です。 しかし、それから25年ほどたち、私もオッサンとなった、今、このような作品のEastwoodもとても魅力的であり、 更に驚きなのが、当時、何処が良いのかさっぱりわからなかったソンドラ・ロックまでがマシに見えてしまうのだから 人間って年取ると映画を見る目も変わってしまうんだなとつくづく感じました。 とりあえず、最近のEastwoodの主演作・監督作にはどうにも付いていけない方にお薦めします。 個性派バイブレーヤーのジェフリー・ルイスが死んだ。 と言っても、今の映画ファンの間では、ジュリエット・ルイスの父親とのイメージが強いのかも知れない。 「夕陽の群盗」でも「デリンジャー」でも、ギャング団の一員としてファナティックで狂暴な悪役を演じていたものの、死に方はぶざまで、どこか憎めない役柄であった。 数多いフィルモグラフィーの中で印象的なのは、クリント・イーストウッド監督や主演の諸作品、やはり、ルイスと言えばイーストウッド映画なのである。 初共演となった「荒野のストレンジャー」では、なんとイーストウッド演じる主人公の保安官を撲殺する無法者。 そして、遂には、「ダーティファイター」ではイーストウッドの相棒役にまで出世するのだ。 (もっとも、もうひとり?の相棒であるオラウータンに見せ場を持って行かれた感があるが、、、笑) 「ブロンコビリー」は、古き良き西部に憧れ、伝説の早撃ちブロンコ・ビリーに憧れる靴屋のセールスマンが、転身して!、ドサ廻りの見世物的な「ワイルド・ウエスト・ショー」を立ち上げ、座長として田舎町を回る話。 過剰なまでのアナクロニズムへの傾斜と夢と浪漫を追い続ける男の心意気が、広大な西部の青空に沁みとおる如く、たおやかに描かれている。 インディアン、ベトナム戦争脱走兵、黒人ら、社会の片隅でひっそりと生活する事を余儀なくされた者からなる座員たちの仲間意識、そして、悪態を尽きながらも彼らの面倒を見るイーストウッドの眼差しの温かさが心地良い。 当時、私生活でイーストウッドの愛人であった、あの高慢なソンドラ・ロックでさえ、一座の機微と優しさに触れ、魅力的な女性になっていく。 そして、全編に流れるユーモラスなタッチも特筆ものだ。 観客の火遊びで見世物小屋が焼失してしまい、悲嘆に暮れる彼らが窮地の中で思い立ったのが、何と列車強盗!(笑)。 三角布で覆面し、馬にまたがり、銃で列車を襲うシーンは、ドンキホーテそのものだが、その感性や天晴れと思わせる。 今作でルイスが演じたのは弁護士役、と言っても、もちろん切れ味鋭いエリートではなく、ソンドラ・ロックに金目当てで近づかれ、結婚しながらも、主導権を取られ、抱く事も拒絶され、結局すごすごと逃げ出してしまう男。 正に、何をやっても情けなくも憎めないルイスの集大成みたいな役柄であったが、70年代の負け犬テイストが漂ってきて親近感を覚えたものだ。 その後もイーストウッド映画に何本か出演したものの、91年の「許されざる者」以降はお呼びが掛からなくなってしまったルイス。 イーストウッドは仲間を大切にする映画人であるし、ふたりの間に何か特別な事があったとは思えない。 でも、イーストウッドが、「許されざる者」を契機にそれまでのマスメディアからの黙殺、冷遇視から一転、名匠としてハリウッドで名声を確立していく過程で手掛けた第一級の名作群ではなく、それ以前のB級アクション映画群こそイーストウッド的な映画愛に満ち溢れた心躍るものがあったと感じる者には、それらの作品でルイスの雄姿に出逢えた事が幸福だった。 正に、それゆえに、ジェフリー・ルイスなのだから。 謹んで、ご冥福をお祈り致します。 この映画、いいなぁ。 場末のドサ周りに落ちぶれても、夢と、希望と、紳士の心を失わない、愛すべきブロンコ・ビリー(クリント・イーストウッド)。 たった3ドルの両替のために銀行に入るとき、出てきたオバハンに敬礼してレディ・ファーストだし、そんなビリーに惹かれてくじゃじゃ馬娘(熟女?)のミス・アントワネット(ソンドラ・ロック)に対してネイティブアメリカンの古参おばさん団員(シエラ・ペチャー)が味のある一言。 「アパッチではそれを愛っていうのよ、自分から逃げないで」。 今日びだと「先住民」といわなきゃならないところを、インディアンって言ってるのもいいなぁ。 ラストでミス・アントワネットが茶目っけな笑顔で登場したときの、一座みんなの驚きと、ドク(スキャットマン・クロザース)の、真っ白い歯並びをもろ出しにした最高に嬉しそうなあの笑顔。 あの顔だけでこっちも嬉しくなっちゃう。 いいなぁ。 こういう、一途な男と勝ち気な女性がくっついてめでたしめでたしっていうのは、古きよきアメリカ映画の伝統ですよね。 映画マニアは評価しないだろうけど、これが映画の王道ってもんでしょう。 私は、ブロンコ・ビリーとワイルド・ウエスト・ショーのみんなを愛します。 『 』の影響か、タフで、 時として 暴力的なイメージが強いイーストウッド。 しかし、それは、ドン・シーゲルやセルジオ・レオーネの作品においてのこと。 イーストウッド自身の作品では、タフで男らしくあるが、それ以上に「やさしい」人物像 作風も を演じることが多い。 本作でも、時代遅れの西部への夢をひきずるワイルド・ウエスト・ ショーのやさしく 時に癇癪を起こすのだが! 、頼りになるボスを好演している。 彼の車に群がる子どもたちの前に、逆光で、シルエットになったカウボーイ姿のイーストウッドが「手を挙げろ!」と登場する微笑ましいシーンに 失われてしまった時代への美しい憧憬が表れている。 タフで、頑固で、やさしい。 まさにイーストウッド・ヒーローである。 イーストウッドは、ボスとじゃじゃ馬の都会的女性 実生活のパートナーでもあったソンドラ・ロック の恋の駆け引きを軸に まさに『牧童と貴婦人』 、ショーの仲間たちとの楽しい つらくもあるのだが 巡業をやさしく、愛情一杯のユーモアで描いていく。 力まず軽い演出に、いつしか観る者もワイルド・ウエスト・ショーの仲間に迎えられたような感覚になるだろう。 イーストウッド自ら、キャプラ風作品を目指したというだけあって、幸福感に溢れた作品になっている。 本DVDは、本編のみという寂しい仕様。 VHSやレーザーディスクよりは良い画質、音質になっているが、まだまだレストアの余地はありそうだ。 また、イーストウッドのマルパソ・プロは、DVD化に際して、特典をあまり付けさせない方針ということらしいが、将来的に、特典映像も収録して、再発売して欲しいところだ。

次の

ブロンコビリーの裏技、裏メニューを知って楽しく食事!クーポンゲット方法

ブロンコ ビリー

8 24. 9 5. 8 25. 4 5. 4 22. 9 5. 4 21. 4 3. 0 23. 6 1. 97 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

(株)ブロンコビリー【3091】:株式/株価

ブロンコ ビリー

製作総指揮はロバート・デイリー、製作はデニス・ハッキンとニール・ドブロフスキー、製作協力はフリッツ・マーネイズ、監督は「ガントレット」のクリント・イーストウッド、脚本はデニス・ハッキン、撮影はデイヴィッド・ワース、音楽はスティーヴ・ドーフが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック、ジョフリー・ルイス、スキャットマン・クロザース、シェラ・ペシャー、ダン・バディス、サム・ボトムス、ビル・マッキニーなど。 日本語版監修は高瀬鎮夫。 デラックスカラー、バナビジョン。 1980年作品。 これは、西部男たちの向う見ずの荒っぽさを活劇ショーに仕立てて披露する旅まわりのショーだ。 花形スターの彼の他には、司会役のドック・リンチ(スキャットマン・クロザース)、インディアン混血の中年美人ロレーン(シェラ・ペシャー)、彼女の夫でインディアン・ダンスや曲芸をこなすチーフ・ビック・イーグル(ダン・バディス)、投げ縄の名人レオナード(サム・ボトムス)、左きき2丁拳銃のル・バウ(ビル・マッキニー)、それに愛馬バスターなどがメンバーのメインだ。 彼らはアメリカの中南部を巡業し、時には慈善公演もかって出るが、経済的にはいつも苦しかった。 一座の移動は車で行なわれ、その日もカンサス州のジャンクション・シティに意気盛んに乗り込むと、ビリーは早速興業の許可をもらうために市の役所に出かけた。 窓口で、ビリーはジョン・アーリントン(ジョフリー・ルイス)とリリー(ソンドラ・ロック)という金持ちのカップルを見かけた。 彼らは結婚許可書をもらいに来ていたのだが、遺産相続のためにいやいやジョンと結婚するリリーは、欲ばりの母親をうらみつつも、はるばるニューヨークからカンサスに結婚式をあげる為に来ていたのだ。 結婚式を済ませて、あるモーテルで初夜を迎えることになったリリーは、しかしどうしてもジョンに抱かれる気になれず、拒み通した。 怒ったジョンは、リリーの持ちもの全てを奪い、町から姿を消してしまった。 翌朝目ざめて、仰天したリリーはニューヨークの母親に連絡するために隣りのガソリン・スタンドにとびこむが、1セントのお金もない。 困っているところに出くわしたのがビリーだ。 彼に10セントを借りることにしたリリーは、その金を返すために、ビリーの一座に加わり危険なナイフ投げの的などの役をひきうけるはめになる。 一方、ニューヨークでは、行方知れずになったリリーに、アイリンは大あわて。 殺されたのかも知れないと思った彼女は、弁護士に相談した。 それから間もなくジョンは警官につかまりニューヨークヘ護送されてきた。 弁護士は、ジョンのところへやってきて、ある相談をもちかけた。 ジョンがリリーを殺したことにすれば、アイリンに入り込んでくる遺産のうち、50万ドルは分け前としてジョンにあげるというものだった。 弁護士の甘い言葉に乗ったジョンはすぐにその計画に賛成した。 一方、リリーは、生れも育ちも違うビリーと何かにつけて衝突していた。 しかし、時がたつうちにビリーのみんなに対するやさしさや、子供達から英雄視されている姿に少しずつ惹かれるものを感じるようになっていった。 そして、ビリーが、かつて浮気をした妻を殺して投獄された過去を持っていること、それでも今は過去を忘れて、団員を家族のように愛していることをメンバーから聞き、深い感動を覚えた。 ある夜、リリーは地元のカウボーイたちにつかまり暴行されそうになるが、そこへ現われたビリーやレナートに助けられる。 しかし、レナートが保安官につかまり、その釈放のために、ビリーはせっかくためた貯金を悪徳保安官の前にさし出した。 さらに突然の火事で残りの貯金や道具を失ったビリーは、やけになり列車強盗を計画するが、それも惨めな結果に終った。 ある鉱泉サナトリュームで何とか幕をあけることが可能になった頃、リリー殺しの罪を引き受けて精神病院送りになっていたジョンがそのサナトリュームに来ていた。 彼の口からアイリンらの陰謀の全てを知ったリリーは、事実を明白にするためニューヨークヘ帰っていった。 リリーを失ったビリーの芸は精彩に欠け、一座のメンバーたちを心配させた。 そんなある夜、アビリーンの町でショーの幕を開いたビリーは演技者入場口で衣裳をまとい艶然と微笑むリリーの姿を目にするのだった。 (ワーナー・ブラサース映画配給*1時間56分) ネタバレ! クリックして本文を読む サーカスのテント小屋のような舞台で皿を撃ち、目隠しをして回転版の女性の風船を撃つ。 すごい。 テントが穴だらけになりそうだ。 そもそも、子供たちのためにかなり慈善事業のように公演を繰り返す一座。 団員もビリーに恩義を感じているが、まともな給料をもらってないのだ。 テントが火事になってから大きく変化した。 テントも無くしてしまったし、「列車でも襲うか?」てなノリで列車を待つ仲間。 しかし、列車は止まらず置いてけぼり・・・このあたりはかなり面白かった。 いつも慰問に訪れている精神病院で星条旗を紡いでテントを作るのだが、ここにリリーの元夫が入院中。 それほどの展開にもならず、平和に話が進むというアメリカらしい映画でした。 総合60点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 ) 西部劇の人気がなくなっていった時代にイーストウッドが作ったのは、カントリーの流れる時代遅れな西部劇風の見世物一座の物語。 その見世物の水準が寒いし盛り上がらないし登場人物たちは貧乏だしで、観ているこちらもかなり盛り下がった。 金持ちだが家庭がひどくて不幸で性格がねじまがった女が加入した紆余曲折の後での前向きな彼らは、同じことをやっていてもずいぶんと雰囲気が変わって、生きることの喜びも将来の希望も見いだせていた。 不幸を共有している彼らは幸せも作り出して共有していけるはずだ。 イーストウッドは西部劇でその成功への第一歩を踏み出した。 その後は西部劇はどんどんと下火になって製作本数を減少していくが、この作品を観ていると彼の西部劇や西部開拓民への思い入れ、アメリカを作った人々の歴史への愛情が感じられた。 「星条旗よ永遠なれ」が流れて全てアメリカ国旗で出来たテントの下での演目は、時代が変わっても西部開拓魂は死なないと宣言しているようだ。 売れない貧乏旅芸人の生活を観ていると辛そうで自分も気が重くなるので個人的にあまり好きな主題ではないのだが、イーストウッドの愛情や思い入れが伝わってきた。

次の