カレー 作り 置き 保存。 【カレーの保存】容器のニオイが気になったらチェック! プロおすすめの裏ワザ

カレーの保存方法|冷凍も常温もスパイスで日持ちが長引く?|きになるきにする

カレー 作り 置き 保存

夏は暑くて食欲が落ちやすいですが、そんなときでも食べやすいメニューと言えばやっぱりカレーですよね。 美味しいうえに作るのも簡単なので、一度にたくさん作って保存しておく人も多いはずです。 とはいえ、夏場のカレーで心配なのが、「作り置きしても大丈夫?」という疑問。 それと保存方法や二日目の温め方ではないでしょうか。 やっぱり少しでも美味しく食べたいですからね。 気温が低い冬場でしたら、コンロの上で翌日まで放置しても問題ないでしょうが、暑い時期はカレーそのものが傷んでしまう可能性があります。 ここでは、夏場でも安心してカレーを楽しめる保存方法をはじめ、傷みにくくするコツや二日目カレーの美味しい食べ方などについてもご紹介します。 夏場の暑い時期にカレーを常温保存しておくと、鍋の中で「ウェルシュ菌」という細菌が繁殖しやすくなります。 これは食中毒を引き起こす菌で、大抵の菌ならば加熱処理で退治できますが、ウェルシュ菌は加熱処理しても死滅することはありません。 栄養価の高いカレーは、菌にとっても栄養の宝庫。 ウェルシュ菌が繁殖しやすい温度は20~55度と言われていますので、常温で一晩置いたら……結果は想像できますよね。 日本の夏が過酷なのは言わずもがなですが、いくらエアコンで室内を冷やしたとはいえ、室温が20度を下回ることはないはずです。 ゆえに、 気温が高い夏場はカレーの鍋をそのままコンロに放置するのは控えたほうが無難です。 夏場の正しい保存方法は? リミットは〇日以内? 夏場にカレーを作った場合の適切な保存方法ですが、菌の繁殖を抑えるためには20度以下で保存することが重要になります。 つまり、 翌日に食べる分のカレーはすぐに冷蔵庫で冷やすことをオススメします。 電気代の節約のために荒熱が取れるのを待つ人もいるようですが、冷めるのを待っている間に菌が増殖する可能性も! すこし面倒ですが、できれば氷と水を入れたタライなどに鍋をつけてカレーをかき混ぜ、冷やしきってから冷蔵保存するのがベストです。 加えて、「冷蔵庫には何日ぐらい保存できるの?」という疑問も湧きますよね? 一般的に 冷蔵庫で保存できる(美味しく食べられる)リミットは3日と言われていますので、 長期的に保存したいのであれば冷凍庫を利用しましょう。 その際、カレーに欠かせない具材のジャガイモやニンジンは冷凍すると味が落ちてしまうので、すり潰してから保存することをオススメします。 食中毒にならないためのポイント 作り置きのカレーで食中毒を起こさないためのポイントは、全部で3つ。 小分けにして保存する• 再加熱時にしっかり火を通す• 早め(遅くても3日以内)に食べる いくつもパックするのは面倒だからといって残ったカレーを全てひとつにまとめてしまうと、中心部にこもっている熱はなかなか引きません。 食べる分だけ小分けにすれば中に取り込む酸素の量も増えて食中毒予防の効果も上がります。 また、菌を死滅させるには、再び食べる時にしっかりと火を通すことが重要です。 「温まったかな」と感じたところから更に5分くらい加熱すれば、より安全性は高まります。 その際、十分にかき混ぜながら加熱することで、カレーの中に酸素が取り込まれ、菌の増殖が抑えられます。 そしていちばんの予防が、早めに食べきってしまうこと。 冷蔵しているからと言って、何日も放っておけばそのぶん食中毒のリスクも高まります。 翌日か、遅くとも翌々日には食べましょう。 食材によって傷み具合は違うの? カレーに使われる具材のなかで最も傷みやすいのがジャガイモです。 ジャガイモは火を通すことで足が早くなり、なおかつ冷凍での保存にも向かないので注意が必要です。 とはいえ、カレーにジャガイモはつきもの。 なくてはならない存在ですよね。 作ったその日に食べる場合や冷蔵保存する場合は気にする必要はありませんが、先にも述べたように 冷凍で保存する場合はジャガイモをすり潰すか、あらかじめ別に茹でて(蒸かして)利用&保存するのがいいでしょう。 翌日以降に食べる時はそのジャガイモをカレーに混ぜます。 手間は掛かりますが、こうすることで食中毒の危険を抑えられるほか、ジャガイモの味や食感も存分に楽しめます。 また、カレーを作る際、 擦り下ろしたショウガやニンニクを入れるとカレーが傷みにくくなります。 ショウガやニンニクには強力な抗菌・殺菌効果があり、食中毒のニュースでよく耳にする大腸菌O-157も殺菌することができます。 カレーに深味を持たせるスパイスにもなりますので、ぜひ取り入れてみて下さい。 二日目のカレーの温め方。 冷たいカレーを温めるベストな方法は湯せんです! 一般的には、お湯で温めるのがいちばん美味しく食べられると言われています。 カレーを冷蔵保存する時点で、鍋やタッパーではなく フリーザーパック(湯せんOKか要確認)に入れます。 この時、解凍して食べやすいように一人前ずつ入れるのがいいでしょう。 平らに並べて積み重ねれば、冷蔵庫の中でも場所を取りません。 湯せんの仕方は市販のレトルトカレーと同じ。 加熱時間はカレーの量にもよりますが、沸騰したお湯に2~3分程度入れれば食べごろ。 水から投入する場合は、10分くらいと見ておけば十分です。 コンロや電子レンジで温める方法は「早い」、「手間が掛からない」といった便利な一面もありますが、手間を掛けて美味しくいただく選択肢も捨てがたいですよね。 それぞれの生活スタイルや好みによって使い分けてみてはいかがでしょうか。 夏場カレーの作り置きは大丈夫? 【まとめ】 保存方法によりますが、夏場のカレーの作り置きは問題ありません。 とはいえ、コンロの上での常温保存は食中毒の原因となるウェルシュ菌が繁殖しやすくなるので禁物。 また、他の食材へにおいが移るのを防止するためにも、カレーは一度鍋から取り出して、タッパーやフリーザーパックで冷蔵&冷凍保存しましょう。 具材のジャガイモは傷みやすいので、あらかじめ取り出して保存するのがオススメ。 いずれにしてもほんのひと手間加えるだけで、夏場でも安全に美味しくカレーが食べられます。 夏にカレーを作りすぎてしまったときの参考にしてくださいね。

次の

カレーの作り置きは夏でも大丈夫? ベストな保存方法と温め方

カレー 作り 置き 保存

超便利!知ってトクするいろんな料理の残り物の保存方法はこちら カレーの保存について 実はカレーのようにとろみのついた食材はさめにくく、表面が冷めても内側で菌が繁殖してしまうことがあるのです。 なので、よく混ぜて冷ますか、平べったくして保存するのが良い方法です。 用意するもの• おたま• ジップロックなどのチャック袋• お茶碗 下処理 足の速いジャガイモなどの食材を取り除いておきましょう。 あらかじめジャガイモを別ゆでしてトッピングする方法だと簡単です。 カレーの保存法・冷蔵バージョン 2日以内に食べきる場合はこの方法がお勧めです。 STEP1:急速に冷ます 団扇で仰ぎながら混ぜ、中までしっかり冷まします。 STEP2:冷蔵庫へ 鍋の蓋をして、冷蔵庫に入れます。 冬場でも、暖房でキッチンが暖かくなる場合がありますので、必ず冷蔵保存しましょう。 カレーの保存方法・冷凍バージョン 3日以上開けて食べたい場合はこの方法をお勧めします。 STEP1:チャック袋のセット お茶碗にチャック袋をこのようにかぶせると、きれいに入れられます。 STEP2:カレーを入れる カレーを、お椀の内側に入れるようにして、袋に入れます。 STEP3:空気を抜く しっかり押さえて空気を抜き、チャックを閉めます。 STEP4:日付を書く 製造日を袋に記入しておきます。 STEP5:横向きに冷凍 冷凍庫の中に横向きにおき、数時間凍らせます。 STEP6:縦向きに冷凍 ある程度凍ったら、縦向きに収納すると取り出しやすくなります。

次の

カレーは何日まで食べれる?冷蔵庫で10日目のカレーを食べてみた結果

カレー 作り 置き 保存

保存するなら季節に関係なく、冷蔵庫か冷凍庫で 夏場の暑い時期はもちろん冬の寒い時期でも、カレーを保存するなら必ず冷蔵庫・冷凍庫で! 次の日に食べるから 台所は寒いから平気でしょ 胃が丈夫だからへっちゃら〜 そんな考えで常温保存をするのは大変危険な行為です! 時間が経つとだんだんおいしくなるカレーですが、そのおいしさが引き出されるのと同時に、食中毒を引き起こす原因となる細菌が繁殖します。 鍋のままだろうが、他の容器や皿に移していようが、常温保存は絶対ダメ! せっかくのおいしいカレーが台無しにならないように、 保存は必ず「冷蔵庫 or 冷凍庫」です。 常温放置でも大丈夫なのはどのくらい? 夜ご飯用に作ったけれど、家族全員が食べ終わるまでは鍋のまま常温放置。 そんなご家庭も多いかと思います。 ときには、夕食のカレーを常温のまま朝まで放置してしまったりも。 数時間のことなら、わざわざ冷蔵庫に入れるまでも……と思いますよね。 たったの数時間ならそこまで神経質になる必要はないと思います。 ただし、真夏の暑い時期や湿気の多い時期はできるだけ冷蔵庫に入れましょう。 また、妊娠中の方・授乳中の方・小さなお子さん・ご高齢の方などは、危険だと思ったら避けましょう。 何かあってからでは遅いです。 体調の悪いときや体が弱っているときにも注意が必要です。 カレーの保存方法、保存前の冷まし方 カレーはにおいが強い食べ物です。 保存するときは、密閉できるタッパーやジップロックなどのジッパー付き保存袋に入れます。 冷蔵庫での保存なら鍋のままでも可能ですが、冷蔵庫の中がカレーのにおいでいっぱいになるので、他の食べ物ににおいが移る危険があります。 冷凍庫での保存の場合、容器が冷凍に対応しているかの確認を。 温かいカレーを冷蔵庫・冷凍庫に入れるのに冷めるのを待つ間にも、カレーの中で菌が繁殖していきます。 保存するときは、 しっかり加熱した後、できるだけ早く冷ます必要があります。 鍋のまま保存:ふたを外した鍋の底に、ボウルなどに入れた冷水を当てて冷ます• 容器や保存袋:できるだけ浅いものや平らなものに入れて、素早く冷ます じゃがいも・にんじんは冷凍保存に向かない野菜 カレーに入れる野菜の定番ですが、残念なことに 「じゃがいも・にんじん」は冷凍に不向きな野菜です。 冷凍したじゃがいもやにんじんは、カスカスのおいしくない味と食感になってしまいます。 じゃがいもやにんじんを入れたカレーは、次の二つのどちらかの方法で冷凍保存してください。 じゃがいもやにんじんを取り除いてから冷凍する• じゃがいもやにんじんを潰してから冷凍する 保存しておいたカレーの温めは必ず鍋で 鍋のまま冷蔵保存していた場合、そのまま加熱します。 冷凍の場合は、冷蔵庫で自然解凍してから温めます。 温める場合、 電子レンジを使うのではなく鍋で温めます。 冷蔵庫で保存していたカレー、冷蔵庫で解凍したカレーを鍋に移し、弱火でゆっくり温めます。 よく混ぜながらしっかり全体が加熱するまで火にかけます。 電子レンジでの加熱がなぜいけないかというと、カレーのように濃い液体のものは温めるのにムラができやすく、十分に加熱できないからです。 食中毒に気をつけるためにも、しっかり加熱できる鍋での温めをおすすめします。 冷蔵庫・冷凍庫での保存は何日まで? カレーと言っても様々で、入れる具材や保存量も違うので一概には言えませんが、だいたいの目安です。 冷蔵庫での保存:3日• 冷凍庫での保存:1ヶ月 冷蔵庫や冷凍庫の設定温度、開閉頻度、保存状態などによっても変化します。 注意!食べたらダメ・危険なサイン 保存したカレーは、においや見た目でダメだと判断したら、やめておきましょう。 食べたら危険なサインはこれ。 酸っぱいにおい• 変なにおい• カビが発生している• 変な色をしている いつもと違うと少しでも感じたら、もったいないかもしれませんが食べないでください。 保存方法と温め方のまとめ• 保存前は素早く冷ます• じゃがいも・にんじんは取り除くか潰す• 鍋に移して弱火で加熱。 よく混ぜながらしっかり温める• 冷蔵庫での保存は3日以内、冷凍庫なら1ヶ月以内• 危険そうなら食べないでおく.

次の