犬 に あげ て は いけない 食べ物 10。 【獣医師監修】犬が食べてもいい野菜!犬にあげてはいけない中毒の危険(ダメ)がある野菜!|hotto(ホット)

犬に与えていい食べ物・ダメな食べ物一覧

犬 に あげ て は いけない 食べ物 10

もくじ• わんちゃんの命関わるもの【重要】 わんちゃんが食べてしまうと命に関わるものがありますが、絶対に抑えておきたいものを抜粋して解説します。 身近な食材で冷蔵庫にも入っている食材は特に要注意です。 つまみ食いされて焦る前にチェック! ネギ・ニンニク・ニラ ネギの成分は、わんちゃんの血液の成分を壊してしまうので、食べてしまうと危険です。 ネギそのものを食べなくても、鍋にネギが入っていてそのつゆを飲んでしまって命を落とすわんちゃんもいますので、とにかくわんちゃんに触れさせないようにしましょう。 ニンニクとニラもネギ科の食べ物なので、扱いはネギと同じ扱いをしましょう。 ネギなどは家庭にある食材なので、つまみ食いされないように高い位置に保管しておきましょう。 チョコレートやカカオを含むもの チョコレートに含まれているカカオ成分が、ネギと同じように血液に影響を与えてしまって、命の危険になります。 チョコレートに関しては、5キロの体重で板チョコ1枚が命の危険になる量と言われています。 ですが、カカオ成分の含有量はチョコレートによって違うので、板チョコ半分を食べてしまった!なんだか心配…そんなときは、すぐに獣医さんの診察を受けましょう。 そのとき、食べたチョコレートのパッケージを持っていくと診察の一助になります。 アルコール類 コップに入っているカクテルを飲んでしまった!そんなときは、減っている量を確認しましょう。 3分の1程度であれば様子を見ても問題ありませんが、基本的には身体に入れてはいけないものですので、たとえ3分の1程度でも「大丈夫でしょ」と判断せずに、動物病院に行くようにしましょう。 お酒は夜に飲むことが多いので、どうしてもトラブルが夜に発生することがほとんどです。 夜間診療をしてくれる動物病院を探しておくといざというときに早い対処ができます。 柑橘類!食べる機会は少ないけれど(一部の果物) 柑橘類は皮に毒素が含まれています。 小さいころにみかんの皮を口に含んで怒られた経験のある人もいるのでは?人間が口にする分にはほとんど害はありませんが、わんちゃんが口にしてしまうと、毒素が身体に回ってしまいます。 小さい身体ですから、毒素が回ってしまうのはなんとなく想像できますよね。 吐いてしまったり下痢の原因になって、最悪の場合は命の危険に! ほうれん草 シュウ酸という成分が入っていて、結石症を起こす可能性があります。 結石症は一見軽く見がちですが、実は放っておくと命の危険もある症状です。 人間の食卓には並ぶことも多いので、「目を離した隙に食べられてしまった!」なんてことのないように気を付けましょう。 少量であれば問題ないけれど、できれば避けたほうが良い物 間違って食べてしまっても少量であれば問題ないものもあります。 ですが油断は禁物!できれば避けてほしいものをお伝えします。 甲殻類 エビやカニなどの甲殻類はわんちゃんの消化に悪いので、体調を崩してしまう可能性があります。 ひとかけら程度であればほとんど害はありませんが、小型犬になればなるほど少量で危険ゾーンに入ります。 もし食べてしまったときは絶食させて下痢で脱水症状にならないように、しっかり水分補給をさせましょう。 人間用の牛乳 人間用の牛乳を飲んでも命の危険にはなりませんが、お腹を壊す可能性があります。 「乳糖」という成分が入っていて、わんちゃんには乳糖を分解する酵素を持っていないのです。 その代わりにわんちゃんが飲むことのできるミルクは「ヤギミルク」です。 味は脱脂粉乳のようなさっぱりとした味わいです。 もしミルクをあげるのであれば、ヤギミルクをあげましょう。 ヤギミルクをあげる時の注意点ですが、わんちゃんはヤギミルクを飲むと約1時間後におしっこをします。 身体の中を循環させてくれるので、出先であげるときは気を付けてくださいね。 おしっこを我慢するわんちゃんでもおしっこをしてしまいます。 カフェイン入りの飲み物 カフェイン入りの飲み物は命に関わることはほとんどありませんが、コーヒーを飲む人は注意しましょう。 わんちゃんは人間が食べたり飲んでいるものは、味が濃くておいしいものと思っています。 つまり飼い主さんの目を盗んで飲んじゃおう!と思っています。 悪気はないのですが、飼い主目線では飲んでほしくないものです。 カフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。 お茶や紅茶にも入っています。 実はカフェインの量はコーヒーよりも紅茶の方が多いんです。 ですので、紅茶を飲んでしまったときは水やヤギミルクを飲ませたりして、とにかくカフェインを外に出すようにしましょう。

次の

【獣医師執筆】犬が食べてはいけないものは? 危険な食べ物と中毒症状について|みんなのペットライフ

犬 に あげ て は いけない 食べ物 10

もくじ• わんちゃんの命関わるもの【重要】 わんちゃんが食べてしまうと命に関わるものがありますが、絶対に抑えておきたいものを抜粋して解説します。 身近な食材で冷蔵庫にも入っている食材は特に要注意です。 つまみ食いされて焦る前にチェック! ネギ・ニンニク・ニラ ネギの成分は、わんちゃんの血液の成分を壊してしまうので、食べてしまうと危険です。 ネギそのものを食べなくても、鍋にネギが入っていてそのつゆを飲んでしまって命を落とすわんちゃんもいますので、とにかくわんちゃんに触れさせないようにしましょう。 ニンニクとニラもネギ科の食べ物なので、扱いはネギと同じ扱いをしましょう。 ネギなどは家庭にある食材なので、つまみ食いされないように高い位置に保管しておきましょう。 チョコレートやカカオを含むもの チョコレートに含まれているカカオ成分が、ネギと同じように血液に影響を与えてしまって、命の危険になります。 チョコレートに関しては、5キロの体重で板チョコ1枚が命の危険になる量と言われています。 ですが、カカオ成分の含有量はチョコレートによって違うので、板チョコ半分を食べてしまった!なんだか心配…そんなときは、すぐに獣医さんの診察を受けましょう。 そのとき、食べたチョコレートのパッケージを持っていくと診察の一助になります。 アルコール類 コップに入っているカクテルを飲んでしまった!そんなときは、減っている量を確認しましょう。 3分の1程度であれば様子を見ても問題ありませんが、基本的には身体に入れてはいけないものですので、たとえ3分の1程度でも「大丈夫でしょ」と判断せずに、動物病院に行くようにしましょう。 お酒は夜に飲むことが多いので、どうしてもトラブルが夜に発生することがほとんどです。 夜間診療をしてくれる動物病院を探しておくといざというときに早い対処ができます。 柑橘類!食べる機会は少ないけれど(一部の果物) 柑橘類は皮に毒素が含まれています。 小さいころにみかんの皮を口に含んで怒られた経験のある人もいるのでは?人間が口にする分にはほとんど害はありませんが、わんちゃんが口にしてしまうと、毒素が身体に回ってしまいます。 小さい身体ですから、毒素が回ってしまうのはなんとなく想像できますよね。 吐いてしまったり下痢の原因になって、最悪の場合は命の危険に! ほうれん草 シュウ酸という成分が入っていて、結石症を起こす可能性があります。 結石症は一見軽く見がちですが、実は放っておくと命の危険もある症状です。 人間の食卓には並ぶことも多いので、「目を離した隙に食べられてしまった!」なんてことのないように気を付けましょう。 少量であれば問題ないけれど、できれば避けたほうが良い物 間違って食べてしまっても少量であれば問題ないものもあります。 ですが油断は禁物!できれば避けてほしいものをお伝えします。 甲殻類 エビやカニなどの甲殻類はわんちゃんの消化に悪いので、体調を崩してしまう可能性があります。 ひとかけら程度であればほとんど害はありませんが、小型犬になればなるほど少量で危険ゾーンに入ります。 もし食べてしまったときは絶食させて下痢で脱水症状にならないように、しっかり水分補給をさせましょう。 人間用の牛乳 人間用の牛乳を飲んでも命の危険にはなりませんが、お腹を壊す可能性があります。 「乳糖」という成分が入っていて、わんちゃんには乳糖を分解する酵素を持っていないのです。 その代わりにわんちゃんが飲むことのできるミルクは「ヤギミルク」です。 味は脱脂粉乳のようなさっぱりとした味わいです。 もしミルクをあげるのであれば、ヤギミルクをあげましょう。 ヤギミルクをあげる時の注意点ですが、わんちゃんはヤギミルクを飲むと約1時間後におしっこをします。 身体の中を循環させてくれるので、出先であげるときは気を付けてくださいね。 おしっこを我慢するわんちゃんでもおしっこをしてしまいます。 カフェイン入りの飲み物 カフェイン入りの飲み物は命に関わることはほとんどありませんが、コーヒーを飲む人は注意しましょう。 わんちゃんは人間が食べたり飲んでいるものは、味が濃くておいしいものと思っています。 つまり飼い主さんの目を盗んで飲んじゃおう!と思っています。 悪気はないのですが、飼い主目線では飲んでほしくないものです。 カフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。 お茶や紅茶にも入っています。 実はカフェインの量はコーヒーよりも紅茶の方が多いんです。 ですので、紅茶を飲んでしまったときは水やヤギミルクを飲ませたりして、とにかくカフェインを外に出すようにしましょう。

次の

犬に与えてはいけない食べ物、食べさせていいものまとめ。種類と理由は?

犬 に あげ て は いけない 食べ物 10

今回は、犬が食べても大丈夫な食材と注意したい食材や、健康維持に必要な5大栄養素、ドッグフード以外の食べ物を与える際の注意点について解説します。 飼い主さんが与える食べ物は、愛犬の健康に直結します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 犬が食べてはいけない・注意したい食べ物 まず最初に、犬が食べると危険な食材を見ていきましょう。 中毒症状を起こすおそれがある主な食材• アボカド … 果肉や皮に毒素があり、嘔吐や下痢を引き起すことがあります。 ぶどう … 腎不全や下痢などの中毒の報告が多く、腎臓病の犬はとくに危険です。 プルーン … 葉、種、茎が有毒で、呼吸困難やショック症状を引き起こすおそれが。 なす … アクがカルシウムと結合すると、尿石症の原因になるおそれがあります。 いちじく … 皮、葉、果肉に中毒成分が含まれています。 生のぎんなん … 生のまま食べると中毒症が起こることが。 与えないほうが無難でしょう。 生卵(白身) … 卵白に含まれるアビジンがビタミンB群のビオチンを分解してしまうため犬にはよくありません。 ただし、加熱すればOK。 マカダミアナッツ … 食後12時間以内に嘔吐やけいれんなどの中毒症が見られることがあるので、注意してください。 ネギ・にら・ニンニク・タマネギ … 血液中の赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こすおそれが。 犬が食べてはいけない食べ物の代表格といえるでしょう。 消化不良を起こしやすい主な食材• イカ・タコ … 身が硬いので、消化しにくく、嘔吐や下痢の原因に。 ごぼう … 食物繊維が豊富でアクも強く、与えない方が無難です。 貝類 … 大量に摂取すると酵素チアミナーゼ(アノイリナーゼ)がビタミンB1を分解するため、ビタミンB1 チアミン)欠乏を発症するおそれがあります。 えび・かに … 消化が悪く、殻を誤飲するおそれもあるので注意しましょう。 わかめ … 未消化のまま便に出て来てしまうことがあるので、与えないようにしましょう。 このほかにも、 カロリーオーバーになりやすいので、脂肪分が多い肉や魚、パンの耳などは与えないほうが無難です。 犬に与えると危険な食べ物はたくさんありますので、ドッグフード以外のものを与えたい場合は事前に確認するようにしましょう。 犬が食べてもよい食べ物 では、犬が食べても大丈夫な食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。 野菜類 きゅうり / ブロッコリー / さつまいも / トマト など 【ポイント】犬は食物繊維を消化しにくいため、野菜類の与えすぎは軟便や便秘の原因に。 硬い部分は 切り落とし、加熱したり、刻んだりしてから与えるようにしましょう。 果物類 いちご / バナナ / りんご / スイカ など 【ポイント】皮や筋、芯、種は取り除き、食べやすい大きさにカットして与えるのが基本です。 葉や茎に有毒成分が含まれる果物もあるので注意しましょう。 また、糖分が多いので与えすぎは禁物です。 肉類 鶏肉 / 牛肉 / 豚肉 / ラム肉 など 【ポイント】生肉は、食中毒の原因菌が付着していることがあるので加熱してから与えましょう。 脂身は消化不良を起こすこともあるので、なるべく取り除き、赤身などを与えるようにしましょう。 魚類 まぐろ / さけ / さば など 【ポイント】さっとゆでて与えましょう。 新鮮であれば生でも大丈夫な食材ではありますが、寄生虫がいる場合があるので注意が必要です。 また、塩分を多く含む魚は避け、骨や皮はきちんと取り除きましょう。 与えてよい食材でも、犬の体質によってはアレルギー反応を起こすことも。 初めて与える際は少量にして、頻度や量にも十分注意してください。 犬に必要な5大栄養素とは? 犬は人と同じように、バランスのとれた食事を与える必要があります。 ここでは、犬の健康維持に欠かせない「5大栄養素」とその働きをご紹介します。 タンパク質 体を構成する筋肉、骨、内臓、血液……これらすべての材料となるのがタンパク質です。 タンパク質には、植物性と動物性がありますが、犬は動物性タンパク質のほうが消化吸収しやすいといわれています。 脂質 脂質は犬が運動するためのエネルギー源になる栄養素で、少量でも強力なエネルギーに変わる効率のよさが特徴です。 また、細胞膜やホルモンの材料や、体温保持の働きをするほか、内臓を保護したり、ビタミンの吸収を助けたりする働きもしています。 炭水化物 炭水化物は、糖質と食物繊維から構成されています。 糖質は犬が運動するエネルギーとして、食物繊維は腸の運動を活発にする働きなどをもっています。 ビタミン 直接エネルギーになるわけではありませんが、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素がきちんと機能するようサポートする、重要な役割を果たす栄養素です。 ミネラル ビタミン同様に3大栄養素の働きをサポートしますが、それに加えて歯や骨なのどの体の組織を構成する役割も。 ちなみに、犬は人よりもミネラルの必要量の割合が高いと考えられ、鉄、カリウム、カルシウムなど計12種類のミネラルが必要とされています。 栄養バランスを考えるとドッグフードがベター このように、犬に必要な栄養はさまざまで、バランスも考えて毎日与えるとなると、かなりの困難が予想されます。 しかし、 「総合栄養食」のドッグフードなら、犬に必要な栄養素がバランスよく配合されて作られているので、水とともに適量を与えていれば、健康の維持ができるのです。 犬の健康を考えるのなら、手軽に栄養バランスの整った食事を与えられる「総合栄養食」のドッグフードを主食とするのがベストといえるでしょう。 ドッグフード以外の食べ物をあげるときの注意点 では、ドッグフードの以外の食べ物を愛犬に与える場合は、どのような点に注意したらよいのでしょうか。 また、体調のよくないときにはおやつは控え、持病のある犬は、事前に獣医師に相談することも大切です。 また、人用に調理された食べ物は油や調味料を使っているため、肥満や病気の原因になるケースも。 ほかの食べ物をあげたぶん、ドッグフードの量を減らすようにしましょう。 また、犬が食べやすい大きさにして与えることもポイントです。 手作りおやつの場合は、できるだけその日のうちに食べ切るようにしましょう。 愛犬の健康のためにも、年齢や体型にあった「総合栄養食」ドッグフードを! 「総合栄養食」のドッグフードには、「子犬用」「成犬用」「高齢犬用」と、ライフステージ別に分類されたものや、体型別に分類されたものがあります。 子犬と高齢犬では、必要な栄養素のバランスが違いますし、肥満傾向の犬は、やせ型の犬に比べると控えておきたい栄養素もあります。 愛犬のドッグフードを選ぶ際は、ライフステージや体型に合ったものを選び、どんなドッグフードがいいのか分からない場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいでしょう。 たまに「愛犬がドッグフードを食べない」と、ドッグフード以外の食べ物を与えてしまう飼い主さんがいますが、犬も人と同じように、食欲がわかない日もあります。 食欲以外の体調に異変がない場合、まずは1〜2日様子を見てみるのもよいでしょう。 それでも食べないのであれば、獣医師に指示を仰いでみてください。 大切な愛犬に健康で長生きしてもらうためにも、正しい食生活を提供してあげましょうね。

次の