マンチカン 歴史。 みんなの猫図鑑

長毛のマンチカンが可愛い!ぬいぐるみみたいな魅力にメロメロ♡

マンチカン 歴史

com 名前の由来は「オズの魔法使い」に出てくる小柄なマンチカン人。 大人になっても仔猫のようにかわいらしい様子を見せてくれます。 彼らはどんな歴史を持った猫なのでしょうか。 マンチカンは、遺伝子の突然変異による自然発生の猫種です。 短い足の猫の存在は、イギリスで1944年に初めて報告されたといわれています。 その後、旧ソビエトやアメリカでも同様に、短い足の猫の存在が報告されていましたが、本格的に歴史に登場するのは1983年。 アメリカ・ルイジアナ州のトラックの下で暮らしていた短い足の猫でした。 ブラックベリーと名付けられたその猫は妊娠しており、彼女から生まれた仔猫の半分は短い足をもっていました。 この短い足の猫は様々な遺伝子上の研究の結果、健康体であることがわかりました。 また、足の長い猫と交配させてみると、足の短い子猫が生まれたことから、本格的にマンチカンのブリードがスタートしました。 マンチカンは1991年に開催されたキャットショーで初めて展示されましたが、当初は短い足による遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する一方、ほかの猫にはない特徴的でかわいらしい容姿に魅了され、その健全性を信じようとする人たちが入り乱れ、大論争を巻き起こしたといいます。 キャットショーでの発表当初は「単なる突然変異」と結論付けられてしまったマンチカンですが、後に短い足の猫が様々な土地で見つかったことから、その猫たちも交配に用いられるようになりました。 こうして近親交配のリスクが低下したことから、マンチカンは1995年、国際的な猫の血統登録団体であるTICA(The International Cat Association)に新しい猫種として正式に公認されました。 com TICAではマンチカンのボディタイプをセミ・フォーリンと位置付けています。 平均的な体長は60㎝ほど、体重は雄が3~4. 5kg、雌は 2. 3~3. 6kgほどとされています。 足の短い猫として知られているマンチカンですが、実際に短い足のタイプは全体の2割程度で、「中足」・「長足」のタイプも多くいます。 マンチカンは様々な猫と交配されてきたため、毛の色や模様が非常に多彩です。 TICAでも長毛・短毛関わらず、すべての模様、カラーが公認されています。 ただ、交配による猫の弱体化を防ぐために、TICAでは短い足のマンチカン同士、また、他の純血猫との交配を禁じています。 近年、人気品種であるスコティッシュフォールドやアメリカンカールのような耳折れの猫種と交配され、耳折れの特徴を持つマンチカンをペットショップ等で見かけることもありますが、これらの猫はTICAの認定を受けられないため、血統書が発行されることはありません。 com 大人になってもころんとした姿が可愛いマンチカン。 TICAの基準によると、マンチカンの頭の大きさは中型で、その形はほぼ正三角形あるいは丸みを帯びた修正くさび形、輪郭は少し丸みがかっています。 耳は中ぐらいの大きさで、頭部の端についています。 クルミ形の目は大きく、目じりが少し吊り上がっています。 目のカラーはグリーン、ブルー、カッパー、ゴールド、オッドアイなど、すべての色が認められています。 また目の色と被毛の色との関連性はありません。 猫種としてはまだまだ新しい品種であるマンチカン。 好奇心旺盛でキョトンとした愛らしい表情をいつまでも眺めていたいですね。

次の

世界一足の短いネコ~マンチカンの歴史・価格・飼育方法を紹介

マンチカン 歴史

短い足で、テトテト歩く姿が愛くるしいマンチカン。 その可愛らしい見た目と、陽気な性格で高い人気を誇ります。 今回は、マンチカンの性格や特徴についてご紹介しましょう。 マンチカンの性格とは? 陽気な性格で、好奇心も旺盛。 遊ぶことが大好きなマンチカンは、飼い主はもちろん、同居する他のペットとも仲良く接することができる猫種です。 好奇心がとにかく強いことから、じっとして過ごすことは少なく、活発にあちこち動きたがります。 更に性格で特徴的なのは、人懐っこいことです。 飼い主にべったりとくっつき、甘えたがります。 その甘えっぷりは、他の猫とは比べ物になりません。 また社交的な性格であることから、多頭飼いにも適していると言えます。 その一方で、マンチカンは臆病な面も持ち合わせており、しつけの際に注意を要します。 強く怒り過ぎると、恐怖心を抱いてしまうため、優しく接するように心がけましょう。 なお、オスのマンチカンはメスに比べてより穏やかで優しい性格をしています。 初心者にオススメなのは、オスのほうです。 メスのマンチカンは、オスに比べて活発な子が多くいます。 マンチカンの特徴とは? 足が短いことは、マンチカンの代表的な特徴です。 その短い足で歩く姿は愛くるしく、見る人の心を和ませます。 足は短いものの、素早く動くことができ、筋肉もしっかりついていることから、他の猫種と同様にジャンプも上手。 低い姿勢で素早く駆け回ることから、「猫のスポーツカー」と称されるほどです。 しかし、短い足で活発に動き回ることで、足には大きな負担がかかっているのは事実。 他の血統証明書付の猫に比べ、より一層の健康管理が必要です。 なお、「全てのマンチカンが短足である」ということではありません。 足が長いマンチカンも多く存在するものです。 血統がマンチカンであれば、足の長短に関わらず、マンチカンとしての「血統登録」がなされます。 また、その歴史上、さまざまな猫種と交配されてきたことから、長毛や短毛、あらゆる色柄が認められています。 マンチカンは人懐っこく甘えん坊、そして短い足の可愛らしい姿から、人気があります。 しかし、その短い足や腰は、マンチカン特有の病気にもかかりやすいため健康管理に注意が必要です。

次の

【猫の品種】スコティッシュフォールドが1ページでまるわかり~特徴・歴史から遺伝性の病気(骨瘤)まで

マンチカン 歴史

「マンチカンってどんな猫?」 「どうしてあんなに足が短いの?」 この記事ではこうした質問に答えていきます。 マンチカンを飼おうと思っている方、マンチカンに興味がある方々にむけて、マンチカンってどんな猫かを解説していきます。 個性があふれ出ているマンチカンについて知って、「ふ〜んこういう猫なのか」と思っていただけると嬉しいです! ではさっそく見ていきましょう。 マンチカンってどんな猫? マンチカンを見てだれもが思う感想は「足が短い」ということでしょう。 僕も初めてマンチカンという猫を知ったときには、「こんな足が短い猫がいるんだ!」と驚いたものです。 実はこれ、遺伝子操作をしているわけでも、人の手によって作り出されたものでもなく、突然変異で自然発生した猫なんです。 ちょっと驚きですよね。 自然発生した猫種ではありますが、足がとっても短いという点を除けば普通のイエネコと特に変わったところはありません。 短い足をちょこちょこ動かしてよく遊びますし、持ち前の陽気さで飼い主さんとも仲良くなれます。 「足が短いイエネコ」それがマンチカンという猫なのです。 マンチカンの身体的特徴 マンチカンの猫種認定については、主だった登録団体のすべてが公認しているわけではありません。 ですからこの記事では、マンチカンを公認している猫の登録団体「」の情報に基づいて解説していきます。 目はクルミ型• 頭は丸みのあるくさび型• 身体はややがっしりしている• ほお骨(ほっぺたの骨)が高い• 耳はバランスの取れた大きさで、先端がやや丸い 簡単にいってしまえば「前後の足が短ければマンチカン」です。 それ以外は普通のイエネコとほとんど変わりはありません。 大きさ• 小型〜中型 成猫の体重は約2キロ〜4キロくらい ちなみに、世界一身長が低い猫として2013年にギネスブックに登録されているのもマンチカンで、床から肩までの高さは13. 34cmしかないそうです。 iPhoneよりも低いということは、相当小さい猫ですね。 被毛(ひもう)• あらゆる毛色・パターンが認められる マンチカンはさまざまな猫と交配されてきたため、毛の色やパターンが非常に豊か。 一般的にマンチカンは毛が短いとされていて、毛が長いマンチカンは「マンチカンロングヘアー」と呼ばれたりします。 マンチカンの性格 マンチカンの性格には大きく3つの特徴があります。 その見た目からはイメージできないくらい早く走ります。 体の低さが車の「シャコタン」のようで、 「猫のスポーツカー」と呼ばれることも。 ほかの猫とも一緒に飼うことができますし、飼い主さんに積極的に関わろうとしてきます。 初めて会う人にもなつくことが多いのも特徴の1つ。 マンチカンの足が短い理由 マンチカンの足がとっても短い理由は、 長骨(ちょうこつ)に影響を与える優性遺伝子(ゆうせいいでんし)が突然変異(とつぜんへんい)をおこしたからです。 なんだかよく分からないですねぇ、、、 長骨とは、、、 人でいうところの上腕骨や大腿骨などの長い骨のこと 優性遺伝子とは、、、 遺伝子の2つの型(優性と劣性)のうち特徴が現れやすい方の遺伝子のこと 突然変異とは、、、 新しい形質が出現して、それが遺伝すること ものすごーく簡単にいうと 「足が短くなる遺伝子を持って生まれたから」ということです。 その結果、 足の短いマンチカンが生まれる確率は全体の2〜3割くらいになります。 ちなみに残りの8割くらいは、普通の猫と変わらない足の長さか、中くらいの足の長さで生まれてくるようです。 つまり、マンチカンには3種類の足の長さ(短足・中足・長足)の猫がいるというわけです。 でもマンチカンとしてTICAで血統猫として認められるには、足が短いのが絶対条件です。 なんかいろいろと複雑なんですねぇ、、、 マンチカンって骨に異常が出ないか心配… たしかに繁殖当初は「足が短いことから、腰の骨やお尻の骨、関節などに問題を抱えやすいのではないか?」と心配される声が上がりました。 しかし 「高齢のマンチカンでも特にそのような症状は見られない」とブリーダーたちは報告しています。 さらに、もし遺伝的な異常があればTICAも血統猫として認めることはなかったでしょう。 優性遺伝子というのもポイントで、これがわかったことにより短足の特徴だけが遺伝され、ほかの骨には異常が出ないこともわかりました。 まだまだ新しい猫種ですが、遺伝的に致命的な問題はないと言えるでしょう。 マンチカンの歴史はいがいと最近 1994年 アメリカの猫登録団体「TICA」は新種開発プログラムの対象としてマンチカンをはじめて指定 2002年 TICAはマンチカンをチャンピオンシップ・ステータスに昇格させ、マンチカンという猫種を登録。 猫種としては、かなり最近の種類。 現在でもすべての猫団体が認定しているわけではなく、「TICA」と「UFO」のみの登録となっています。 とはいえ、時間がたてばこのような状況も変わってくることでしょう。 マンチカン以前にも足の短い猫は存在していた マンチカンが自然発生であることを考えると、足の短い猫はけっこう古くから存在していたという可能性も十分考えられます。 足の短い猫についてもっとも古い記録は、 1944年 イギリスのウィリアム・ジョーンズ博士の論文です。 その中でジョーンズ博士は「足の短い猫は4世代続いていて、8歳の黒い雌を含めて、みんないたって健康体であった」と書いています。 その後の第二次世界大戦でこの猫たちは、途絶えてしまったと考えられています。 1956年 ドイツのマックス・フォン・イーゴン・ティエルが、「1953年にスターリングラード(現在のヴォルゴグラード:ロシアの北西側にある都市)で足の短い猫を見かけた」と記録にとどめる。 1970年 アメリカのニューイングランドでも、足の短い猫が目撃される。 このように断片的ではありますが、足の短い猫についての記録は残されています。 現在のマンチカンの血筋 現在のマンチカンの血筋は、1983年アメリカのルイジアナ州から始まります。 1983年 音楽教師のサンドラ・ホケンデルさんが、愛車の小型トラックの下で、足の短い猫2匹を見つける。 自宅に連れかえって保護。 2匹のマンチカンのうち、黒いほうを 「ブラックベリー」、グレーのほうを「ブルーベリー」と名付ける。 ブラックベリーはサンドラさんが引き取り、ブルーベリーは友人に譲ったそうです。 その後、ブラックベリーは子猫を生むことに。 生まれてきた子猫もやはり足の短い猫で、その中で 「トゥールーズ」と名付けられたマンチカンを、友人ケイ・ラフランスに譲る。 トゥールーズは自宅周辺のいろいろな猫たちと自然交配を繰り返したため、近所ではマンチカンの野良猫が増えていったとか。 話は最初に戻り、、、 1994年 アメリカの猫登録団体「TICA」は新種開発プログラムの対象としてマンチカンをはじめて指定。 2002年 TICAはマンチカンをチャンピオンシップ・ステータスに昇格させ、マンチカンという猫種を登録。 という流れになっています。 まとめ:マンチカンとはどんな猫? この記事のポイントをまとめておきます。 マンチカンとは、足が短い猫のこと• 短毛であれ長毛であれ、足が短ければマンチカンです• 名前の由来は、オズの魔法使いに登場するマンチキン族• マンチカンの始まりは、ブラックベリーとトゥールーズという2匹の猫• 「足が短い」という点いがいでは、普通の猫と変わりません マンチカンの足の短さは、だれもがそれを見て「あーマンチカンだ」とわかるモノがあります。 とってもユニークで愛情たっぷりのマンチカンは、飼い主さんをしあわせな気持ちにさせてくれること間違いなしです。

次の