韓国ドラマ スリーデイズ あらすじ。 映画『スリーデイズ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

朱蒙(チュモン) の一覧ページ

韓国ドラマ スリーデイズ あらすじ

スリーデイズ 放送局・放送時間 SBS 韓国放送 2014年03月05日 放送開始 BSフジ 2015年10月08日 放送開始 全16話 木曜 17:00〜 スリーデイズ 公式サイト スリーデイズ ストーリー いくつもの過酷な訓練を乗り越えてきたテギョン(パク・ユチョン)は、大統領を守るためなら死をも恐れない一流の警護官。 ある朝、テギョンは父が交通事故で負傷を負ったという知らせを聞き、病院に駆けつける。 同じ日、大統領のイ・ドンフィ ソン・ヒョンジュ は支持率アップを狙い市民の前に姿を現す。 周辺は異例の厳戒態勢が敷かれ、テギョンも任務につくが、その最中に父が他界。 葬儀の後、父の部屋が荒らされていることに気付いたテギョン。 侵入者が陸軍大佐のヤン・デホであることを突き止め、家を訪ねるとデホは首から血を流して倒れていた。 デホは、「3月5日、大統領が死ぬ」という言葉を残し、息を引き取る。 翌日の3月5日、大統領は休暇のため別荘を訪れるが、その夜に突然の停電が起こり、闇の中に3発の銃声が響きわたる。 警察官たちは急いで大統領のもとへ向かうが、現場で発見されたのは警察官2人の遺体のみで大統領は行方不明。 一方、大統領暗殺の危険を伝えようと別荘にやってきたテギョンは、デホの最後の言葉を上司に報告をする。 しかし、すべての証拠が操作され、テギョンは一連の事件の犯人と疑われることになる。 大統領の暗殺を計画したのは、一体何者なのか!?消えた大統領と父の死の謎を追い始めたテギョンは、恐るべき陰謀に立ち向かうことになる。 スリーデイズ あらすじ スリーデイズ 出演者 パク・ユチョン パク・ハソン ソ・イヒョン ソン・ヒョンジュ チェ・ウォニョン ユン・ジェムン チャン・ヒョンソン スリーデイズ スタッフ 脚本:キム・ウニ 監督:シン・ギョンス、ホン・チャンウク スリーデイズ DVD スリーデイズ ブルーレイ スリーデイズ レンタル スリーデイズ PV・動画.

次の

スリーデイズ: 韓国ドラマあらすじ

韓国ドラマ スリーデイズ あらすじ

2016. , , ,• 19感想追加 スリーデイズ~愛と正義~ 쓰리 데이즈 全16話 2014年放送 SBS 平均視聴率 11. 葬儀で女性警官のユン・ボウォンからギジュンの遺留品について尋ねられたテギョンは、やがて父の死に陸軍大佐のヤン・デホが関係していることを突き止めるが、デホは「3月5日、大統領が死ぬ」という言葉を遺して謎の死を遂げる。 翌日の3月5日、大統領が滞在する別荘一帯で停電が起こり、闇の中に3発の銃声が響きわたる…。 キャスト パク・ユチョン ハン・テギョン 正義感あふれるエリート大統領警護員 ソン・ヒョンジュ イ・ドンフィ 大韓民国大統領 パク・ハソン ユン・ボウォン ソジョ派出所の警察官 正義感強い姉御肌 ソ・イヒョン イ・チャヨン 警護室企画室行政法務チーム員。 ユチョンは大統領を守る護衛という格好いい役柄なのですが、本当にクールで格好いいのです。 他のドラマでは優しい笑顔を見せるところに惹かれていたのですが、この作品ではあまり笑顔を見ることができませんでした。 けれど、そのかわり彼のクールなところが全面に押し出されていて、本当に素敵でした。 この作品のすごいところは、次から次へと犯人?らしき人物が変化していくことです。 最初、一番悪いと思っていた人物は殺されてしまい、今まで見方だと思っていた人物が首謀者か?と変わっていくので目が離せません。 その中でもユチョンは疑わながらも最後まで正義を貫いてくれました。 殺されてしまうのか、という危険が何度もありましたが、上手くくぐり抜ける姿にほっと胸をなでおろし、また次の難関に立ち向かうユチョンにドキドキさせられました。 1話を見逃すだけで内容がわからなくなってしまうぐらい展開の早いドラマでしたので、終わるまで座りっぱなしで最後まで見てしまいました。 ユチョン以外もベテランの俳優陣たちが味のある演技をしてくれていましたので、それがドラマの完成度を高めていたのでしょう。 SPって格好いいな、とSPにあこがれてしまいました。 このドラマを男性が見たら、SPになりたいと思ってしまうかも。

次の

朱蒙(チュモン) の一覧ページ

韓国ドラマ スリーデイズ あらすじ

現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じ、協力して未解決事件を追う新感覚のサスペンスドラマ。 「ミセン-未生-」の演出家キム・ウォンソクと、「応答せよ」シリーズ(「応答せよ1988」最高視聴率:18. 8%)や「鬼(トッケビ)」(最高視聴率:20. 5%)など放送するドラマは軒並み大ヒットのTV局<tvN>が再びタッグを組んだ。 視聴者からは「今までの人生で最高のドラマ」「最後の1秒まで心臓をわしづかみにされた」など絶賛の声が相次ぎ、2%で成功と言われるケーブルテレビ局のドラマにもかかわらず、 異例の最高視聴率12. 8%を記録。 その人気は2016年アジア中でヒットした「太陽の末裔」と二分するほどになり、多くのパロディも生んだ。 韓国のゴールデン・グローブ賞ともいえる「第52回百想芸術大賞」では、作品賞、脚本賞、女性最優秀演技賞の3冠に輝くなど、ドラマ賞が開催されるたびにトロフィーが増えている事も話題になった。 放送終了後は、シーズン2を渇望するファンの声も高く、2016年12月に脚本家のキム・ウニは続編をほのめかした。 そして2018年、ついに日本でリメイクされ、新しく生まれ変わる。 日本版のタイトルは「シグナル 長期未解決事件捜査班」で、プロファイラー、パク・ヘヨン役を演じるのはテレビドラマ初主演の若手人気俳優の坂口健太郎。 2018年4月10日よりカンテレ・フジテレビ系火曜よる9時連続ドラマとして放送スタート。 警察のプロファイラーであるパク・へヨン イ・ジェフン)は、ある日廃棄処分となっていた古い無線機を見つける。 すると、突然壊れているはずの無線機から声が聞こえてくる。 声の主は刑事イ・ジェハン チョ・ジヌン)だった。 ジェハンは15年前にヘヨンの同級生が犠牲となった未解決事件の手がかりを伝え、無線機は切れる。 半信半疑なヘヨンだったが、ジェハンが残した言葉をもとに向かった場所で事件の重要な証拠を見つけ、刑事チャ・スヒョン キム・ヘス)と共に謎を解き明かしていく。 これをきっかけにヘヨンとジェハンの無線機での交信が始まる。 交信していくうちに、ジェハンが現代ではなく過去の人間であることをヘヨンは知る。 一方、スヒョンは15年前に失踪した先輩刑事を捜し続けていた…。 古びた無線機を通してつながった現在の刑事と過去の刑事。 彼らが未解決事件を追う中で溢れ出す感情の揺れ動きにも多くの視聴者が惹きつけられた。 「大切な人を守りたい」「伝えられなかった想いを届けたい」といった過去の事件から複雑な想いを抱える刑事たちの想いを無線機が繋ぎ、奇跡を起こす。 「サイン」「ファントム」「スリーデイズ~愛と正義~」などサスペンスに定評のある脚本家キム・ウニが描き出すリアリティのある描写や計算しつくされた伏線が、緊迫感のある物語と人間ドラマを盛り上げ、「最後まで観たら、また最初から見返したくなる」と構成の巧みさも絶賛された。 また、作品を通しての「諦めなければ、未来は変えられる」という希望と願いを込めた強いメッセージは「エピソード毎に泣かされた」と多くの視聴者たちの涙を誘った。 本作では初々しい新米女刑事から、キャリア15年のベテラン刑事の姿まで、20代前半と40代を見事に演じ分けた。 過去のシーンでは切ない片思いを、現代ではイ・ジェフンと緊迫した捜査劇を紅一点として大活躍。 強い信念を持つ愚直な役柄を熱演し、胸が熱くなるような名シーンを作り上げた。

次の