杉山 清貴。 杉山清貴&オメガトライブ 音楽集

杉山清貴ワールド原点回帰 表参道から再び…新アルバムリリース/芸能/デイリースポーツ online

杉山 清貴

杉山清貴は1985年に元歌手の柳沢裕子さんと結婚し、翌年、娘の真浦(まほ)さんが誕生しました。 その後、家族3人でハワイに移住し、オアフ島のハワイカイという高級住宅地での生活をスタートさせました。 音楽活動はハワイと日本を行き来し、レコーディングはロサンゼルスで行うなどグローバルなものになました。 さらに、1992年にはアメリカ永住権を獲得するなど、順風満帆に思われました。 しかしながら、離婚することとなり、杉山清貴は日本に戻り、奥さんと娘さんはアメリカ本土に渡りました。 取得したアメリカ永住権は2006年に返納しています。 結婚前、柳沢裕子さんはデビュー曲「ヨイショ」で歌手デビューするも、ほとんど売れることがなく、そのまま引退することとなりました。 当時の写真がです。 一方、杉山清貴はアマチュアバンド「きゅうてぃぱんちょす」からバンド名を「杉山清貴&オメガトライブ」に改めメジャーデビューを果たし、多数のヒット曲を世に放ちました。 その杉山清貴&オメガトライブの解散コンサートが収録されている2枚組CD「 」に当時奥さんだった柳沢裕子さんの声が収録されていると言われています。 コンサート本編の前にオープニングとしてインストゥルメンタルと2人の女性のナレーションが収録されており、そのナレーションの一人だと言われています。 ナレーションではもう一人の女性から「Hi,Yuko」と呼び掛けられる場面もあります。 離婚後も杉山清貴の左手の薬指には銀色の指輪がはめられていますが、結婚指輪からファッションリングに変わりました。 popular favor•

次の

杉山清貴「型から抜け出すことの繰り返しが人生」孤高の歌い手が出した答え:インタビュー(MusicVoice)

杉山 清貴

Contents• E」 「真夏のイノセンス」(SPECIAL TRACS) 作詞:売野雅勇 作曲:林哲司 編曲:新川博 「HELLO SUMMER」(WITH南佳孝)(SPECIAL TRACS) 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:住友紀人 「NO. E」 「真夏のイノセンス」(SPECIAL TRACS) 作詞:売野雅勇 作曲:林哲司 編曲:新川博 「HELLO SUMMER」(WITH南佳孝)(SPECIAL TRACS) 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:住友紀人 「NO. SUNSHINE BAND 「波」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「MAKAPUU」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 「潮風のFREEDOM」 作詞:亜蘭知子 作曲:杉山清貴 編曲:TOM KEANE 「サーフボードが折れた朝」 作曲:杉山清貴 作曲:林仁 編曲:林仁 「週末のアドレナリン」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「PARADISE OF SURF」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「NEVER END」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「NORTH SHORE SHUFFLE」 作詞:田口俊 作曲:杉山清貴 編曲:TOM KEANE 「UMIKAZE TSUSHIN 」 作詞:康珍化 作曲:林哲司 編曲:林哲司 「NIGHTFALL」 作詞:杉山清貴 作曲:増田俊郎 編曲:K T. SUNSHINE BAND 「MR. HAPPY WALK」 作詞:渡辺なつみ 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「AFFECTION」 作詞:和悠美 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「MELODY」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「THANK YOU FOR CHRISTMAS」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「THIS IS LIFE」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「GIFT」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「HOME TOWN TRAIN」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「未来」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「STYLE」杉山清貴 2007年12月19日 【DISC-1】 「ALWAYS」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「SOUND OF THE EARTH」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「由比ヶ浜。 君と・・・」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「IN THE OCEAN」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「BE MY STYLE」 作詞:渡辺なつみ 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「SUMMERTIME LOVERS? 3秒間の永遠? 」 作詞:渡辺なつみ 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「HOME TOWN TRAIN? ALBUM REMIX? 」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 【DISC-2】DVDビデオ・クリップ 「SUMMERTIME LOVERS? 3秒間の永遠? 」 作詞:渡辺なつみ 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「IN THE OCEAN」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. DESPERADO? 夏の翳り? 」 作詞:青木久美子 作曲:杉山清貴 「永遠の夏に抱かれて」 作詞:松井五郎 作曲:杉山清貴 「僕の腕の中で」 作詞:秋元康 作曲:林哲司 「INSPIRATION」 作詞:青木久美子 作曲:杉山清貴 「月へ帰ろう」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 「EXIT」 作詞:森浩美 作曲:杉山清貴 「OCEAN SIDE COMPANY」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 「DOUBLE RAINBOW」 作詞:田口俊 作曲:杉山清貴 「さよならのオーシャン」 作詞:大津あきら 作曲:杉山清貴 「THE SUNSHINE BAND」杉山清貴 2006年7月26日 【DISC-1】 「GIFT」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「夢の在処」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「明け方届いたメール」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「A HOT SUMMER DAY」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「波」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「THIS IS LIFE」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「情熱楽園」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「愛が燈る場所」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「忘れないでいて」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「DAWN」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 【DISC-2】DVDビデオ・クリップ 「波」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「GIFT」 作詞:園田凌士 作曲:杉山清貴 編曲:KT. 夏の翳り? SUNSHINE BAND 「HULA MOON SESSIONS」杉山清貴 2004年12月22日 「SUMMER SUSPICION」 作詞:康珍化 作曲:林哲司 「WISHING YOUR LOVE」 作詞:吉田朋代 作曲:大森祥子 「サイレンスがいっぱい」 作詞:康珍化 作曲:林哲司 編曲:林哲司 「HEART OF THE SEA」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 「永遠のもう少し」 作詞:大森祥子 作曲:杉山清貴 「水の中の風」 作詞:田口俊 作曲:杉山清貴 「THE SHADOW OF YOUR SMILE」 作詞:Paul Francis Webster 作曲:Johnny Mandel 「FIRST FINALE」 作詞:有川正沙子 作曲:林哲司 「MOON LIGHT JOURNEY」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 「青空が目にしみる」 作詞:亜欄知子 作曲:杉山清貴 「EXIT」 作詞:森浩美 作曲:杉山清貴 「SHADE? 夏の翳り? SUNSHINE BAND 「島からの手紙、海からの返事。 SUNSHINE BAND 「PARADISE OF SURF」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「永遠のもう少し」 作詞:大森祥子 作曲:杉山清貴 編曲:小林信吾 「DREAM」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「もっと空へ」 作詞:大森祥子 作曲:杉山清貴 編曲:小林信吾 「TRULY」 作詞:松井五郎 作曲:杉山清貴 編曲:小林信吾 「AGE OF BLUE~夏 1979~」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「NEVER END」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「BEACH」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「15 SUMMERS」杉山清貴 1998年11月26日 「終わらないレース」 作詞:田口俊 作曲:杉山清貴 編曲:KT SUNSHINE BAND 「LOVING」 作詞:大森祥子 作曲:井上大輔 編曲:西平彰 「月へ帰ろう」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「HORIZON DREAM」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「道端の男」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「SPICED RUM」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「TOO EARLY TO DIE」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「CHINA BLUE」 作詞:MARC CHAN(日本語:杉山清貴) 作曲:MARC CHAN 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「風が止んでも」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「週末のアドレナリン」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「月へ帰ろう」 作詞:和悠美 作曲:和悠美 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「SEED OF FUTURE」 作詞:田口俊 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「RAINBOW SHAVE ICE」杉山清貴 1996年7月10日 「LIFE」 作詞:奥野恵 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「太陽は知っている」 作詞:杉山清貴 作曲:斎藤英夫 編曲:斎藤英夫 「WASTING TIME」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「裸の王様」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「SOMEBODY LOVES YOU」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「雨にうたれれば」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「夏からの手紙」 作詞:青木久美子 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「HOMMOKU BAY」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「PEACEFUL BOOGIE」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「独りきりの夏」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「NIGHTFALL」 作詞:杉山清貴 作曲:増田俊郎 編曲:KT. SUNSHINE BAND 「AMERICAN DREAM」 作詞:杉山清貴 作曲:杉山清貴 編曲:KT.

次の

杉山清貴ワールド原点回帰 表参道から再び…新アルバムリリース/芸能/デイリースポーツ online

杉山 清貴

シティ・ポップスの雄、杉山清貴(60)が13日に約2年ぶりのオリジナルアルバム「Rainbow Planet」をリリースする。 杉山清貴&オメガトライブ~ソロを通じて「ふたりの夏物語」、「さよならのオーシャン」など数々の名曲を世に送ってきた杉山が「一番杉山清貴っぽいかな」という新作の魅力を探った。 1983年は杉山清貴&オメガトライブとしてデビューした年で、東京・表参道は当時の所属事務所があった地だ。 「しょっちゅう表参道に行っていて、これからバブルで街に活気があって、キラキラしていた景色が浮かんできて、一番自分たちの感情が高ぶっている時期の心情からスタートしたら面白いなと」 そこから、円熟した大人のラブソングや、娘を思う父の心情などが歌われていく。 martin naganoプロデューサーとの3作目となる今作には、宮野弦士氏や音楽ユニット「ブルー・ペパーズ」の福田直木といった20代の新進から旧知の売野雅勇氏のような大御所まで、幅広い世代の作家が楽曲を提供した。 還暦を迎えた杉山だが、20代の2人には親和性を感じている。 「僕らが10代20代の時に体験したサウンドの世界を、いろいろなフィルターを通して彼らのモノにしている。 すごくリアルに感じて面白く、アルバムの方向性も見えてきた」 「お父さんがギターマニアで、子供の頃からギターを触って育った」宮野氏、アナログ盤を3000枚所有し「僕らが10代20代の頃に聴いたレコードばかり聴いていて、親子以上に話が合う」福田とは、感性が「合い過ぎちゃって困るくらい」だったという。 一方で、「誘惑のChaChaCha」を作詞作曲したプロデューサー、ギタリストの成田忍は杉山より年長だ。 「ジジイのくせに攻めてるな、と」と、破顔して喜んだ。 杉山は「世代差がなくなってる時代なのをものすごく感じます」と言う。 そんな幅広い楽曲を束ねるのが、杉山の歌だ。 アルバムを通して聴けばまぎれもない杉山清貴ワールドになっており、自身も「一番杉山清貴っぽいかな」と認める仕上がりになっている。 ライブも精力的に行っている杉山だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で19公演の延期、2公演の中止が発表されている。 「エネルギーの交換みたいなものは絶対にある。 それぞれがエネルギーを蓄えて明日に向かっていく。 それがなくなるのは非常にさみしい」と残念がるが、嘆くだけではない。 ガラケーからスマホに替えてまだ数年だが、還暦にしてインスタライブに挑戦し、会えないファンとつながっている。 「こういった形で聴いてもらえるって、すごい時代になったと思う。 使えるものはどんどん使っていきたい」-新しいツールを積極的に取り入れることで、逆境の中でも前に進んでいる。

次の