ウェブ エリス。 ラグビーW杯の優勝トロフィー「エリス杯」 その取り扱いには、厳格なルールが存在する: J

sonia online shop / Rugby World Cup 2019™, Japan スペシャルピンズフレーム SPECIAL PINS FRAME (20 Unions Collection & The Webb Ellis Cup) Limited to 2019 sets with serial numbers (20ヶ国エンブレム&ウェブエリスカップ)

ウェブ エリス

小田原に「ウェブ・エリス・カップ」がやってくる! 小田原に「ウェブ・エリス・カップ」がやってくる!• 日時:2019年9月1日(日)13:00~15:00 場所:小田原地下街「ハルネ小田原」 住所:〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1丁目1-7 ぜひこの機会にラグビーワールドカップの優勝トロフィーをご覧ください。 カップは純銀製で、金箔で覆われたカップの持ち手には、ギリシャ神話のサテュロスとニンフの頭部が施され、また顎鬚のあるマスク、ライオンのマスク、そしてぶどうの木のモチーフにより全体が装飾されています。 ウェブ・エリス・カップの名前は、1823年、英国のラグビー校というパブリックスクールで、ウィリアム・ウェブ・エリス少年が当時の原始的フットボール(サッカーが生まれる以前の競技)のルールを無視してボールを持って走り、ラグビーの創始者となったとされるエピソードにちなみます。 高さ472mm、重さ4. 5kg(台座含む)。 歴代優勝チーム名も刻印されています。 関連する記事• オーストラリア政府のスポーツ外交キャンペーン「AUS+RALLY」(オーストラリー)の公式パートナー第1号に小田原市が選ばれ、ラグビーワールドカップ1[…]• 神奈川県は、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕200日前の節目に合せ、大会オフィシャルスポンサーであるキヤノン株式会社、掲出場所の万葉倶楽部[…]• リオデジャネイロ・オリンピックで金メダルに輝いた女子7人制ラグビーオーストラリア代表チーム・セブンズが7月25日から31日まで、小田原でキャンプを行い[…]• 日時:平成30年9月17日(祝) 14:30~15:15 場所:城山陸上競技場 トレーニングキャンプで使用する城山陸上競技場を、Michael Che[…]• 小田原駅は、全国でも最大級の5つの路線が乗り入れる駅です。 日ごろから、仲の良い5人の駅長が、一致団結して、ワールドカップで盛り上がるラグビー界と、小[…]• 平成29年度より進めてきたラグビーオーストラリア代表のキャンプ誘致について、小田原市、ヒルトン小田原リゾート&スパ及びオーストラリアラグビー協会の三者[…].

次の

ラグビー選手憧れ、優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」とは何か―敗者は一生触れてはいけない…

ウェブ エリス

ラグビー校の隣広場にあるエリス少年の銅像(撮影・峯岸佑樹) 11月のラグビー日本代表の英国遠征中に合間を見て、ラグビー発祥の地とされる英国のパブリックスクール「ラグビー校」を訪ねた。 1人の少年にまつわる歴史を継承するラグビーの不思議な起源と、エリート教育の関係に迫った。 【取材・構成=峯岸佑樹】 ラグビー発祥の地とされるラグビー校の校庭(撮影・峯岸佑樹) ロンドンから特急電車で北西へ約1時間。 ラグビー駅の改札を出ると、巨大なラグビーボールが鎮座する。 住宅街を10分歩くと、映画「ハリー・ポッター」のような歴史を感じさせるレンガ造りの校舎と、青々とした芝の上に立つH形のゴールが見える。 ラグビー校広報のポール・ジョセフ氏は「この校庭でラグビーが誕生したんだ。 当時は除草用の羊をどかして、100人ぐらいで走り回っていたんだ」と胸を張った。 1823年。 校庭でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェブ・エリス少年がルールを破り、ボールを手に持って走り始めた。 これが「ラグビーの起源」とされる逸話だ。 記録がないため真相は定かではなく、作り話という説もある。 エリス少年の銅像前では、女性ガイドが「銅像の顔は彫刻家の息子よ。 エリス氏の写真が残っていなかったの」と仰天告白し、耳を疑った。 さらに、当時のボールの材料で直径60センチ超の豚のぼうこうを見ると「本当にこれでラグビーができたのか…」と、目を疑った。 不思議な気持ちで校舎を歩いていると、壁の落書きやムチの跡が残るしつけ部屋があった。 生徒のやんちゃぶりを想像して、少し心が和らいだ。 ガイドの説明を聞くと「エリート教育」において、ラグビーの役割が重要であったことを知った。 生徒がルール作りや寮単位での対抗戦を自主的に取り組むことで、遊びからスポーツへと変化した。 そのおかげで、悪さをする生徒が減り、リーダーシップを発揮する生徒が育ったという。 英国では、エリス少年の教育普及の貢献も高く評価されている。 19年ワールドカップ日本大会開幕まで9カ月と迫り、開催都市を中心に優勝杯が展示されている。 その名も「ウェブ・エリス・カップ」。 世界中のラグビー選手がこれを欲しさに力を振り絞る。 起源の真相はともかく、その主人公は今も世界中で愛されている。 1567年に全寮制の男子校として創設。 1975年から男女共学となる。 「ザ・ナイン」と呼ばれる英国トップ9校の1つで、多くの生徒は名門オックスフォード大などに進学。 主な卒業生は「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルや、ネビル・チェンバレン元英首相ら。 全生徒数は806人。 ラグビー駅の改札出口にある巨大ラグビーボール(撮影・峯岸佑樹) ラグビー校にあるしつけ部屋(撮影・峯岸佑樹) エリス博物館に展示されている、ラグビーボールの材料だった豚の膀胱(撮影・峯岸佑樹) エリス博物館に展示されている、豚の膀胱がラグビーボールに使われていた時の写真(撮影・峯岸佑樹) ラグビー校にある当時のラグビーイラスト(撮影・峯岸佑樹).

次の

小田原に「ウェブ・エリス・カップ」がやってくる! │ Australia National Rugby Team in ODAWARA

ウェブ エリス

ラグビー校の隣広場にあるエリス少年の銅像(撮影・峯岸佑樹) 11月のラグビー日本代表の英国遠征中に合間を見て、ラグビー発祥の地とされる英国のパブリックスクール「ラグビー校」を訪ねた。 1人の少年にまつわる歴史を継承するラグビーの不思議な起源と、エリート教育の関係に迫った。 【取材・構成=峯岸佑樹】 ラグビー発祥の地とされるラグビー校の校庭(撮影・峯岸佑樹) ロンドンから特急電車で北西へ約1時間。 ラグビー駅の改札を出ると、巨大なラグビーボールが鎮座する。 住宅街を10分歩くと、映画「ハリー・ポッター」のような歴史を感じさせるレンガ造りの校舎と、青々とした芝の上に立つH形のゴールが見える。 ラグビー校広報のポール・ジョセフ氏は「この校庭でラグビーが誕生したんだ。 当時は除草用の羊をどかして、100人ぐらいで走り回っていたんだ」と胸を張った。 1823年。 校庭でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェブ・エリス少年がルールを破り、ボールを手に持って走り始めた。 これが「ラグビーの起源」とされる逸話だ。 記録がないため真相は定かではなく、作り話という説もある。 エリス少年の銅像前では、女性ガイドが「銅像の顔は彫刻家の息子よ。 エリス氏の写真が残っていなかったの」と仰天告白し、耳を疑った。 さらに、当時のボールの材料で直径60センチ超の豚のぼうこうを見ると「本当にこれでラグビーができたのか…」と、目を疑った。 不思議な気持ちで校舎を歩いていると、壁の落書きやムチの跡が残るしつけ部屋があった。 生徒のやんちゃぶりを想像して、少し心が和らいだ。 ガイドの説明を聞くと「エリート教育」において、ラグビーの役割が重要であったことを知った。 生徒がルール作りや寮単位での対抗戦を自主的に取り組むことで、遊びからスポーツへと変化した。 そのおかげで、悪さをする生徒が減り、リーダーシップを発揮する生徒が育ったという。 英国では、エリス少年の教育普及の貢献も高く評価されている。 19年ワールドカップ日本大会開幕まで9カ月と迫り、開催都市を中心に優勝杯が展示されている。 その名も「ウェブ・エリス・カップ」。 世界中のラグビー選手がこれを欲しさに力を振り絞る。 起源の真相はともかく、その主人公は今も世界中で愛されている。 1567年に全寮制の男子校として創設。 1975年から男女共学となる。 「ザ・ナイン」と呼ばれる英国トップ9校の1つで、多くの生徒は名門オックスフォード大などに進学。 主な卒業生は「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルや、ネビル・チェンバレン元英首相ら。 全生徒数は806人。 ラグビー駅の改札出口にある巨大ラグビーボール(撮影・峯岸佑樹) ラグビー校にあるしつけ部屋(撮影・峯岸佑樹) エリス博物館に展示されている、ラグビーボールの材料だった豚の膀胱(撮影・峯岸佑樹) エリス博物館に展示されている、豚の膀胱がラグビーボールに使われていた時の写真(撮影・峯岸佑樹) ラグビー校にある当時のラグビーイラスト(撮影・峯岸佑樹).

次の