ツー ブロック ビジネス。 30代ビジネス髪型メンズ軟毛[ツーブロック]進化し続ける2ブロック! | 軟毛メンズ髪型|25歳以上の出来る男の大人ヘアスタイル!

社会人のツーブロックってダメなの?注意点・おすすめヘアスタイルを紹介!

ツー ブロック ビジネス

トップと前髪はかぶせるので長めに残してください。 襟足は刈り上げずにすっきりと見えるようにカットしてください。 バックは自然に見える長さでカットしてもらいます。 バックは刈り上げずにトップからの流れを生かしてカットします。 前髪は立たせるために短めにしてください。 サイドからトップに向けて長くなるようにカットをしてもらうとセットしやすいです。 耳からトップを結んだラインくらいまでで控えめにしてください。 トップと前髪は長めに残します。 一見するとツーブロックに見えないけれど、かき上げた時にわかるというくらいのささやかな雰囲気に仕上げてください。 額の生え際のラインから耳の上を結んだラインがバックの刈り上げ終了位置になるようにカットしてください。 全体にレイヤーを入れて貰います。 更に全体を梳いてもらうことで毛束感を出しやすくしてください。 バックは自然になじませるのではなく、耳の後ろでがらりとカットを変えてください。 前髪は眉にかからないくらいのラインでカットします。 くせのない髪質の場合はパーマをかけるといいでしょう。 バックに向かって長さが出るようにし、トップからの髪に自然につながるようにしてください。 前髪は眉と目の間くらいのラインでカットします。 くせのない髪質の方はパーマをかけるとセットしやすいでしょう。 長さは3mmくらいがおすすめです。 前髪やトップの髪はかぶせるために長めに残してください。 手櫛で簡単にセットできる髪の作り方は全体にレイヤーを入れることで可能です。 3mm~6mmくらいの長さが良いでしょう。 バックの作り方のポイントはボリュームが耳の上ラインと同じ位置になるようにすることです。 セットしやすいよう、前髪とトップに長さを少し長めに残します。 バックに向かって少し下がり気味になるようにしましょう。 サイドバックもツーブロックから自然につながるようにカットします。 前髪は目の上くらいの長さになるようにカットしてください。 バックはフェードカットで刈り上げてください。 トップにはしっかりと長さを残します。 前髪は分け目に合わせてアシメになるようにカットしてもらいましょう。

次の

ツーブロックのショートカット、ビジネス向けやメンズパーマを厳選|HairMe [ヘアーミー]

ツー ブロック ビジネス

ツーブロックの刈り上げラインってどうなってるの? ツーブロックの下部刈り上げラインは様々ですが、基本的には下記です。 最も多い刈り上げ部が赤のラインの部分。 前額髪際隅部 ぜんがくはっさいぐうぶからのラインです。 それに対して青ラインのように低めの刈り上げの場合もあり、もっと低く、もみあげ部だけ刈り上げた 隠しツーブロックというのもあります。 サイドの張りが気になる方は、一般的な生え際隅部(前額髪際隅部)から分けた高さではなく、それよりも低めに分けてハサミで厚めに刈り上げます。 しかも上部は1cm~1. 5cm程度にすることで上部の髪が少し刈り上げにかぶっているという感じでも良いですね。 ハッキリとしたツーブロックではなくツーブロック風とも捉えられますが、まずはこういったところからスタートするのもありです。 最近のツーブロックは、 内側を全てバリカンでとってしまうことが多いのですが、それだと横の張りが強くでて収まりづらい場合もありますので、ワックスやグリースを付けてセットが上手くできるようになるまでは ツーブロック風が良いと思います。 実際、このようなトップで5cm程度のツーブロック風ショートカットからスタートし、内側に5mmのバリカンを低めに入れてハサミで刈り上げ調整、そして今ではその内側はすべて5mmのバリカンにしている方もおられます。 バックもハッキリとしたツーブロックになってますね。 ハッキリとしたツーブロック 極端に横が張らない方や、多少張っても整髪料を付ければ収まるので気にならない方は、ハッキリとしたツーブロックをはじめからやっても良いでしょう。 写真のように結構サイドが張ってしまう髪質もありますが、最近は全く違和感がなくなってるのが現状です。 一時期はカツラをかぶっているようなヘアだというお年寄りもいましたが、今では芸能人も多くツーブロックをしているのを見ているので、当たり前の髪型になっています。 逆に今風でカッコいいと見ている人も増えているのですね。 髪が濡れている時が一番カールが強く、乾かすと伸びてくるのが特徴。 乾かす時にカールをかなり伸ばしたり、あまり伸ばさずにしたりのアレンジもやりやすいのがメリットです。 水性のジェルなどをつければ結構クリクリの強めのカールのままということもできるのですね。 アイロンを使ったパーマ・アイパー アイロン(コテ)を使ったパーマは髪が濡れている時はあまりかかっているように見えないけど、乾かすと徐々にカールが出てきたり、アイパーの場合は根元が折れてかかりが出てきます。 アイロンパーマとは、楕円形または丸いアイロンの熱をを利用してカールをつけるパーマです。 アイロンのことを一般の方は コテということばを使ったりしますね。 アイパーは平たいアイロンをつかって根元を寝かすこと。 少し堅いイメージがありますが、ピシッと髪を寝かしつけてキメるにはうってつけです。 ロッドで巻くパーマとアイロンでかけるパーマの違いとは? アイロンの方は乾かすと、 最初に決めたスタイル通りに決まってきます。 ドライヤーで乾かさず、自然に乾いてくるセットが決まってくるというのもメリットです。 一見こちらのほうがセットが楽ちん良いように思いますよね。 しかし、一長一短あって、他のスタイルのアレンジがやり難い、できないというデメリットもあるのです。 その点ロッドで巻くパーマは、濡れている時はクリクリでも、 乾くと伸びてくるので乾かし方次第でアレンジがしやすいのが特徴です。 パーマの持ちが良いのはどちら? ロッドでまく一般的なパーマは多少髪が伸びても、毛先までパーマがかかっているので、アイロンパーマと持ちはほとんど同じですが、アイパーはあまり持ちがよくありません。 アイパーは髪の根元だけを利かして寝かせているので、髪が生えてくるとすぐに浮いてしまうのです。 持ちの面や、アレンジがやりやすいということで最近では ロッドパーマを推奨しています。 ツーブロックのショートカット、ビジネス向け6選 今までの経験上、ビジネス向けはパーマなしのほうになると思います。 一部パーマをかける方もいますが、それは軽く流れる程度でドライヤーで乾かせばかけているのかどうか分からない程度のソフトなパーマです。 上記の写真のようにビジネス向けは、極端な薄い刈り上げはしません。 3mm以下のバリカンで肌が青く見えるぐらいに薄くすると、より活動的ですが、ちょっとヤンチャなイメージにとらわれてしまうかもしれません。 下欄の右のヘアでバリカン5mmです。 この方の場合はサイドの内側はすべてバリカンで取ってますが、全部ではなく上部分をハサミで刈り上げても良いでしょう。 トップの長さは上段左で10cm以上ありますが、最も収まりやすい長さは髪質によって多少違いますが、8cmぐらいが基本です。 最も短い下欄の右で5cmです。 まとめ ツーブロックのショートカット、ビジネス向けやメンズパーマについて解説しましたが、いかがでしょうか? 最近は、2mm以下の薄いバリカン、0. 1mmといったバリカンも入れて活動的なツーブロックのショートカットも増えていますが、ビジネス向けでは5mmまでで、ハサミで刈り上げ、肌が青く透けて見えるほど薄く刈り上げないほうが良いです。 また、サイドはツーブロックですが、後ろバック部分はツーブロックにしないか、やっても少しかぶったツーブロック風にするほうが無難ではないでしょうか? パーマについても、アイロンで行うパーマよりもロッドで巻くパーマのほうが、色々とアレンジもしやすいことや持ちも長いので、こちらをおすすめしています。 ただし、ビジネス向けはソフトなパーマです。 初めてツーブロックする方はまずは無難なビジネス向けから始めてみてくださいね。

次の

メンズのツーブロックおすすめの髪型とセット方法【ビジネスもOK】

ツー ブロック ビジネス

ツーブロックとは、どんな髪型? そもそも、ツーブロックってどんな髪型を言うの?って方もいるかと思います。 ツーブロックとは、頭の上部分の髪を長めに残し、下部分は刈上げなど短く切って、長く残した上の髪を被せる繋がりのないブロックを分けた髪型のことです。 スポンサードリンク カッコいいツーブロックを作るには・・・・・? まずどのようなツーブロックがあるか探しましょう。 ツーブロックといっても刈上げる範囲や刈り上げの薄さによって髪型がずいぶん変わってきます。 スタイルブックや雑誌などを見ても良いですし、インターネットで好きなアーティスト、エグザイルやk-popなどを真似ても良いです。 感覚で仕上げるのではなく、「この髪型カッコいい!真似したい。 これにしたい!」という髪型を探しましょう。 そして、その写真を鏡の前に置いてからSTARTです。 ピンやゴム、ダッカールでもいいです。 束める物があれば何でも良いですよ。 前髪をブロッキングしておかないとサイドをカットしたときにサイドをカットしたつもりが、前髪をカットしてしまう失敗があります。 そうなると想像しただけでもゾッとしますね。 危険を回避するためにブロッキングは必ずしておきましょうね。 緑色の部分が刈上げる範囲です。 サイドと襟足が全部刈り上がっているということですね。 大正の関東大震災直後に流行ったことが名前の由来だそうです。 髪の毛をかぶせずにかきあげ、刈り上げ部分を見せる髪型です。 こんな感じにツーブロックといっても色々な形があります。 もっと自分でアレンジして、違う形の物を作っても良いですね。 自分の刈り上げたい部分は決まりましたか? ブロッキングをしましょう。 ブロッキングは短く刈上げる部分と長く残す部分を分ける作業です。 長く残す部分をかきあげて髪の毛が落ちてこないようにダッカールなどで止めます。 下の残った髪の毛をバリカンでカットしていきます。 バリカンを使用する時の注意点。 バリカンは2枚の刃で出来ています。 下の刃は動かない静刃。 上の刃は動く動刃と言います。 バリカンを入れる時は、動かない静刃を地肌につけるように使います。 動刃を地肌につけると、髪の毛にラインが入ってしまったり、地肌が切れてしまう可能性もあるので絶対にやめましょう。 バリカンの設定する長さは、沢山ありますが1mm〜10mmの間が多いと思います。 1mmだと地肌が見えてくる感じで、青白くなります。 5mmだとツーブロックしたのはわかるけれど、青白くはならないぐらいかなと思います。 1㎝だと青くならずナチュラル、自然な感じで仕上がります。 バリカンで失敗しないコツは、長めの厚さで刈上げてみて、目で見て確かめながら徐々に短い厚さのバリカンを使っていくと理想とする長さに近づけることができると思います。 いきなり短くしすぎると後戻りはできませんので慎重にやりましょう。 バリカンの入れる範囲も6パターン紹介しましたが、上のオーバーセクションのパターンもさまざまです。 短くするのか、長くするのか?軽くするのか、重くするのか? ツーブロックのラインをやんわり見せたい方はもみあげに重ねるように切っていきます。 ツーブロックをしっかり見せたい方は耳の高さから斜め上に上がっていくようにカットしていきます。 上の髪の毛は寝る長さが〇 耳裏まで刈上げを入れるツーブロックと後ろも一周ツーブロックを入れる髪型の場合は、ショートスタイルはあまり向かず、髪質の固い直毛の方だとパイナップルみたいに跳ね上がります。 なので、ミディアムスタイルからロングスタイルが適しています。 髪の長さで髪の毛が寝るぐらいが良いと思います。 下のガイドラインができましたか? 今はまだマッシュルームヘアのように重たい感じなっていると思います。 マッシュルームヘアが良いという方は、そのままで毛量調整、セニングすると良いです。 もう少し軽い束感のあるレイヤースタイルにしたい方はレイヤー、段を入れていきます。 そのあとに毛量調整、セニングをしていきますね。 軽い束感のある感じにしたい方はセームレイヤー。 より軽く束感がより目立つようにしたい方はハイレイヤー。 やや重めでふんわりボリュームを出したい方はグラデーションをいれていきましょう。 レイヤーの入れ方は「」に切り方を詳しく掲載しているので参考にしてください。 震災刈りの切り方。 この髪型は、髪の長さ・髪質・生えグセによって難易度がかなり変わるので自分の髪が震災刈りにふさわしいのか、しっかりと見極めましょう。 やりやすい髪質の方は、髪が寝るぐらいの長さがある・猫毛やくせ毛・前髪につむじなどなく全体に横に流れている髪質だと良いです。 逆に向いていない髪質は、短髪・剛毛で直毛・前髪の生えグセがバラバラで毛流れがない髪質だとあまりオススメしないです。 カットの手順はまず髪の毛の生えグセ、毛流れを見ます。 前髪の毛流れとつむじの回転があっていると、やりやすいですね。 髪の毛の流れやすい方向に髪をかき上げます。 右に髪が流れる癖がある人の場合は左側を刈り上げます。 バリカンの入れる範囲の目安としては、瞳の真ん中から頭の「はち」の所 耳の上の出っぱっている部分 まで真っ直ぐ進みます。 はちの所から後ろは、やや円を描くようにラインを取ると良いです。 バリカンの長さは、やや長めをオススメします。 6㎜〜10㎜が丁度良いです。 バリカンのいれる範囲が広いので1㎜や2㎜だと薄すく感じてしまうのであまりオススメしません。 毛量調整はセニングバサミ 梳きバサミ やレザー カミソリ などがありますが、今回はセニングバサミ使って梳いていきます。 セニングバサミと言ってもたくさん種類があるのでどれを使ったら良いか分からないと言う方もいるかと思います。 なので自分にあったセニングバサミを探しましょう。 簡単に説明すると少しづつ梳くことができるセニングバサミとたくさん梳くことができるセニングバサミがあります。 きちんと分けてセニングする。 梳く時はまずツーブロックの高さに合わせて、横に1パネル〜3パネルに分けます。 ひとパネルづつダッカールやピンで止めると、より見えやすくてやりやすいと思います。 ひとパネルごとに前から後ろへ、もみあげ部分から耳裏へと順番にセニングバサミを入れていきます。 根元、中間、毛先と順番に梳きバサミを開閉します。 3回から5回ずつです。 あまり多く梳きバサミを入れすぎると軽くなるどころか、毛が無くなるので注意しましょう! 梳き加減はスタイルやあなたの好みになってくるので、軽めで束感を求めるのであれば多めに梳き、マッシュ系の重めなスタイルにする方は梳きは少なめにし、重めに仕上げましょう。 最後に左右を手で触り同じ質感、軽さになっているかチェックしましょう。 あなたの好みのツーブロックのスタイルはできましたか? セルフカットで自分の髪を切る時にとっても便利な道具がありますので、「」も合わせてお読みください。 スポンサードリンク.

次の