侍 ラーメン。 お品書き|らうめん侍の侍

【クックドア】侍ラーメン(新潟県)

侍 ラーメン

突然の訃報を受け、父のラーメン屋を継ぐ決心をした光は、東京のデザイン会社を辞め、故郷の福岡。 久留米に戻ってくる。 店は相変わらず繁盛していたが、光は自分が選んだ道に自信が持てずにいた。 そんなある日、母・嘉子とかつての活気をすっかり失った屋台街を訪れる。 嘉子が光に語ったのは、無鉄砲な父・昇に振り回され、貧乏のどん底だったが、面白おかしく生きてきたあの頃の思い出であった。 父はどうしてラーメン屋台を始めたのか、そのラーメンにはどんな思いが詰まっていたのか?幼い頃は想像もしなかった父の想いに気付いた光は、やがて記憶を頼りに父親の味を再現しようと試行錯誤を始める。 それは光にとって、自分のラーメン、延いては自らの夢と向き合うことでもあった…。 Rating G C 「ラーメン侍」製作委員会 私自身久留米出身ですので楽しみに見始めましたが開始早々テンポの悪さに見るのをやめようかと思いました。 全体としては朝ドラ風の雰囲気で進行しますが展開は想像がつくものばかりで陳腐。 YouTubeにある久留米市作成の久留米絣PRドラマといい、なぜか久留米に関わる映像作品はこんなものになってしまう…。 平成2年の設定なのにパソコンの液晶モニタはあるわポケットに入る携帯電話はあるわ、あと地元以外の人はわからないからこれはいいのかもしれませんが、六角堂が出てきたりと時代考証はいい加減です。 レビューのタイトルどおりキャストはやたら豪華。 地元出身の鮎川誠、高杢禎彦をはじめ甲本雅裕に西村雅彦、淡路恵子や津川雅彦といった大御所も出てきます。 ラーメン繋がりということか故佐野実がラーメン作りとは関係ないシーンでチラッと出てきたのが個人的に一番面白かった。 九州の屋台ラーメンの心意気を描いたラーメン物語かな。 戦後を生きた親父の屋台を、紆余曲折を経て受け継いだ息子も見ていて気持ち良かった。 どん底の人間の強さみたいなものも良く描けているように思う。 役者もいい。 ストーリーはありがちで陳腐かもしれないが、そこはそれでむしろ逆らわないで良いと思った。 ラストはちょっと中途半端に感じてしまったが、権力の象徴として、役人のどうしようもなさも描かれている。 そういう意味では今の日本の縮図のようにも思えてしまった。 大概は日本の未来に無関心で役人、政治家に任せっぱなし。 日本の屋台骨はどんどんと崩れて行く。 そんな風にも思えてしまった。 ラーメン、実はそれほど好きではないけど、ここのラーメンなら食べに行ってしまうと思う。 とんこつラーメンは正直あまり好きではない。 とんこつ独特の饐えたような匂いが鼻についてしまうからだ。 個人の好みなのでこの際どうでもいいのだが、それでも久留米の屋台には是非行ってみたい。 市役所によると最盛期から比べて2割ほどしか飲食店営業していないとのことなのでかなり寂しくなっているらしい。 元はといえば市役所が屋台の撤去を強制執行したのがさびれた原因なのだが、市民や熱心なファンの中では屋台は久留米の地元文化でありとんこつラーメンの発祥の地として崇められている一方で地元住民の中には駅前の風紀が乱れ屋台文化はもう古いと言った反対意見も多かったのだろう。 親父は渡辺謙がやって息子を大がやれば一番良かったのだが、地元起こしの作品でもあり謙を呼ぶ予算が無かったのだろう。 一方で山口沙也加はこういう気の強い女房役が一番似合うようになった。 以前から男にすり寄るタイプの役柄が多かったが旦那の金玉を掴んで振り回すぐらいの気丈な女房役がピッタリだった。 母親役としても皴も肌のたるみも臆せず堂々とした女っぷりだった。 久留米に実際にある『大砲ラーメン』の親子物語をモチーフに作られたもので「屋台は久留米の文化たい!」という主旨は十分伝わってきた。 儲けも少なく苦労も数多くあっただろうし、ヤクザに絡まれたり警察のお世話になったこともあっただろう。 ただ屋台に来てくれたお客様が美味しいと言って食べてくれることだけを喜びにラーメン作りにに命を懸けで続けてきたことは本当に尊敬に値する。 それは「弾丸ラーメン」だけじゃなくすべての屋台店主に言えることだと思う。

次の

横浜家系 侍 渋谷店

侍 ラーメン

野菜へのこだわり 当店で使用している野菜は、北海道士別市・名寄市を中心とした情熱溢れる契約農家さんから、全国の店舗へ配送されております。 その愛情たっぷりの新鮮で美味しい野菜を、私たちは心を込めて調理させていただき、みなさまの元へお届けしています。 特に店主の家族が育てた大豆は、絶品。 ぷりっぷりとした大豆本来の食感と美味しさに感動していただけるはずです。 また、私どもは、野菜の調理法にもこだわっております。 人参は蒸すことで、人参の甘みを引き出す塩加減と茹で時間に気を配り、じゃが芋は、下茹でした後、二度揚げしてカリッとした食感を引き出し、また、店主のお兄さんが生産する大豆「ゆきほまれ」は、絶妙な歯ごたえを感じる硬さにこだわり、ごぼうは、醤油ベースの煮汁で煮た後、衣をつけて揚げ、ごぼうの風味と食感を活かす。 などなど素材ごとにその味わいを最大限に引き出すように調理しておりますので、野菜本来の美味しさを充分に堪能していただけます。 のカリィは、よく見かけるゴロゴロ大きめ具材のスープカリィとは違い、野菜をちょっと小さめにカットして、種類を多く、たっぷりと入れております。 日ごろ野菜を食べる機会が損なわれがちなお客様へ、一度に多品目野菜の豊富な栄養を摂取してもらいたい、という気持ちが込められております。 米へのこだわり 当店で使用しているお米は、北海道士別市の店主の家族が心を込めて育てた「きらら397」を使用しております。 北の大地の恩恵を受け、愛情込められて育てられたお米は秋に収穫された後、籾殻(もみがら)が付いたままの状態で保存されます。 籾殻に包まれたお米は、水分の蒸発が防ぎ安定した水分量となる為、常に新鮮な状態でお米を保存できるのです。 各店から注文を受けた後、籾摺り(籾殻を取り除き、玄米にする作業)をし、玄米にした後、自家精米し、白米になり、出荷されるのです。 常に新鮮なお米を提供する為に、この様な過程を経て各店へ納品されます。 のお米は、スープへ浸したときの相性をよくするために白米と玄米をブレンドし、やや固めに炊き上げてあります。 玄米は、食物繊維・ビタミン類・ミネラル・鉄分・カルシウムなどが、白米の約3倍も含まれています。 栄養満点なうえ、適度なバランスで配合された玄米のプチプチとした心地よい食感がアクセントとなり、スープカリィとの相性は抜群です。 お店へのこだわり 店内を一度見渡して見てください。 私たちは、お客様に快適に過ごしていただけるよう、そして、外食するうえで必要不可欠とも言える、非日常感の演出にも力を入れております。 それは、店主自身のこだわりの証。 椅子は、アンティーク物を中心とした、中古品ばかり。 一つ一つに思い出がある椅子の数々。 是非、あなた好みを探してみて・・・きっとお気に入りの一脚が見つかるでしょう。 照明たちもこだわり抜いたものばかり。 食事を演出するうえで、灯がもたらす相乗効果を一番に考え、空間ごと、席ごとに照明も厳選しました。 トイレにも注目してみて下さい。 飲食店で唯一、個人の空間となるトイレ。 接客する等の店側との接点がなくなるそんなプライベートゾーン。 だからこそ、おもてなしの思い、気持ちでありとあらゆる、備品を置きました。 お店作りに込めた思いを垣間見ていただければ幸いです。 私たちはあなただけの時間を大切にしたいと考えております。 毎日、スタッフが一生懸命清掃しておりますが、万が一不行きな点がございましたら是非、お申し付け下さい。 私たちのお店は、お客様にとって特別な場所になれるようにこれからも精進し続けます。

次の

侍茶屋|熊本県水俣市|ラーメン

侍 ラーメン

野菜へのこだわり 当店で使用している野菜は、北海道士別市・名寄市を中心とした情熱溢れる契約農家さんから、全国の店舗へ配送されております。 その愛情たっぷりの新鮮で美味しい野菜を、私たちは心を込めて調理させていただき、みなさまの元へお届けしています。 特に店主の家族が育てた大豆は、絶品。 ぷりっぷりとした大豆本来の食感と美味しさに感動していただけるはずです。 また、私どもは、野菜の調理法にもこだわっております。 人参は蒸すことで、人参の甘みを引き出す塩加減と茹で時間に気を配り、じゃが芋は、下茹でした後、二度揚げしてカリッとした食感を引き出し、また、店主のお兄さんが生産する大豆「ゆきほまれ」は、絶妙な歯ごたえを感じる硬さにこだわり、ごぼうは、醤油ベースの煮汁で煮た後、衣をつけて揚げ、ごぼうの風味と食感を活かす。 などなど素材ごとにその味わいを最大限に引き出すように調理しておりますので、野菜本来の美味しさを充分に堪能していただけます。 のカリィは、よく見かけるゴロゴロ大きめ具材のスープカリィとは違い、野菜をちょっと小さめにカットして、種類を多く、たっぷりと入れております。 日ごろ野菜を食べる機会が損なわれがちなお客様へ、一度に多品目野菜の豊富な栄養を摂取してもらいたい、という気持ちが込められております。 米へのこだわり 当店で使用しているお米は、北海道士別市の店主の家族が心を込めて育てた「きらら397」を使用しております。 北の大地の恩恵を受け、愛情込められて育てられたお米は秋に収穫された後、籾殻(もみがら)が付いたままの状態で保存されます。 籾殻に包まれたお米は、水分の蒸発が防ぎ安定した水分量となる為、常に新鮮な状態でお米を保存できるのです。 各店から注文を受けた後、籾摺り(籾殻を取り除き、玄米にする作業)をし、玄米にした後、自家精米し、白米になり、出荷されるのです。 常に新鮮なお米を提供する為に、この様な過程を経て各店へ納品されます。 のお米は、スープへ浸したときの相性をよくするために白米と玄米をブレンドし、やや固めに炊き上げてあります。 玄米は、食物繊維・ビタミン類・ミネラル・鉄分・カルシウムなどが、白米の約3倍も含まれています。 栄養満点なうえ、適度なバランスで配合された玄米のプチプチとした心地よい食感がアクセントとなり、スープカリィとの相性は抜群です。 お店へのこだわり 店内を一度見渡して見てください。 私たちは、お客様に快適に過ごしていただけるよう、そして、外食するうえで必要不可欠とも言える、非日常感の演出にも力を入れております。 それは、店主自身のこだわりの証。 椅子は、アンティーク物を中心とした、中古品ばかり。 一つ一つに思い出がある椅子の数々。 是非、あなた好みを探してみて・・・きっとお気に入りの一脚が見つかるでしょう。 照明たちもこだわり抜いたものばかり。 食事を演出するうえで、灯がもたらす相乗効果を一番に考え、空間ごと、席ごとに照明も厳選しました。 トイレにも注目してみて下さい。 飲食店で唯一、個人の空間となるトイレ。 接客する等の店側との接点がなくなるそんなプライベートゾーン。 だからこそ、おもてなしの思い、気持ちでありとあらゆる、備品を置きました。 お店作りに込めた思いを垣間見ていただければ幸いです。 私たちはあなただけの時間を大切にしたいと考えております。 毎日、スタッフが一生懸命清掃しておりますが、万が一不行きな点がございましたら是非、お申し付け下さい。 私たちのお店は、お客様にとって特別な場所になれるようにこれからも精進し続けます。

次の