大渕アンチ。 大渕愛子氏、根強いアンチの声? 家族の“最高のショット”を公開するも、子供の扱いに猛批判(リアルライブ)

大渕愛子氏、根強いアンチの声? 家族の“最高のショット”を公開するも、子供の扱いに猛批判

大渕アンチ

大渕弁護士-お子さんの頭の形を整えるヘルメットを使用 大渕愛子弁護士は自身のブログで、次男・昴生君(5カ月)の頭の形を整えるため、矯正用のヘルメットを装着し「治療」することを報告。 装着時間は「1日23時間」とのこと。 これに対して賛否両論の声が寄せられています。 大渕氏はこれまでのブログで、昴生くんについて、生まれた時から「 頭の形 頭の半分、左側が絶壁になっていて、全体的に歪みが」あったことが気になっており、「頭蓋形状誘導ヘルメット」を装着し、矯正することにしたことを報告していた。 「ヘルメット、どのくらい装着しておくものなのか…というと、なんと1日23時間です!」と伝え、お風呂に入るとき以外は「ずっと装着するのが原則」とほぼ終日、1日23時間着用することを明かした。 これまでは「 眠くなると、ヘルメットかぶってるとうまく寝付けず、泣いてしまう」ことも。 まだ5カ月の乳児にはなかなか厳しい試練であるようだ。 最近はうつ伏せ寝が多いが、「ヘルメットをつけていると、ヘルメットが顔に食い込んじゃうんですよね」「夜中に泣いて起きて、ヘルメットを外すと、ヘルメットの跡が顔についていたりします」とも。 大渕氏は「目標の23時間までまだ遠い…」とつづっていた。 yahoo.

次の

日記も気ままに日記 大渕愛子ママスタ

大渕アンチ

大渕弁護士-お子さんの頭の形を整えるヘルメットを使用 大渕愛子弁護士は自身のブログで、次男・昴生君(5カ月)の頭の形を整えるため、矯正用のヘルメットを装着し「治療」することを報告。 装着時間は「1日23時間」とのこと。 これに対して賛否両論の声が寄せられています。 大渕氏はこれまでのブログで、昴生くんについて、生まれた時から「 頭の形 頭の半分、左側が絶壁になっていて、全体的に歪みが」あったことが気になっており、「頭蓋形状誘導ヘルメット」を装着し、矯正することにしたことを報告していた。 「ヘルメット、どのくらい装着しておくものなのか…というと、なんと1日23時間です!」と伝え、お風呂に入るとき以外は「ずっと装着するのが原則」とほぼ終日、1日23時間着用することを明かした。 これまでは「 眠くなると、ヘルメットかぶってるとうまく寝付けず、泣いてしまう」ことも。 まだ5カ月の乳児にはなかなか厳しい試練であるようだ。 最近はうつ伏せ寝が多いが、「ヘルメットをつけていると、ヘルメットが顔に食い込んじゃうんですよね」「夜中に泣いて起きて、ヘルメットを外すと、ヘルメットの跡が顔についていたりします」とも。 大渕氏は「目標の23時間までまだ遠い…」とつづっていた。 yahoo.

次の

2020年版!創価学会の芸能人!脱会した芸能人の理由がヤバイ!

大渕アンチ

弁護士の大渕愛子氏が23日、自身のブログを更新し、子供たちの写真を投稿したことで物議を醸している。 「最高の3ショット!」というタイトルでブログを投稿した大渕氏は、長男、次男、そして昨年生まれた長女の写真を掲載。 「みんなニコニコ、最高の3ショット、嬉しいです」と綴り、幸せな様子をうかがわせた。 しかし、ネット上では「出た!幸せの押し売り」という声や、「顔隠すくらいなら、写真載せるな」「男の子は名前公開して顔隠し、女の子は 愛称だけで 名前伏せて顔出す…。 ちょっと理解できない。 スタンプとか付けてまで出す必要はない」と息子たちだけスタンプで目元を隠していることに関する疑問、さらには、「本業がだめだからブログで頑張ってるんだろうな」「タレント気取りな一般人」などの声も多く、大渕氏が最近何をしているのか気になる人も多く見受けられた。 「大渕氏は、2016年に東京弁護士会から1か月の業務停止処分を受けたことがきっかけでテレビから姿を消しています。 この処分は弁護士としての信頼を失っただけではなく、タレントとしてのイメージを低下させ、テレビ関係者の間では、もう彼女の復帰は無理だなという雰囲気でしたよ。 しかし、レギュラーを務めていた『行列のできる法律相談所』 日本テレビ系 だけは、番組で座っていた彼女の席をわざわざ空席の状態で残し、大渕氏の復帰を待ってあげていたんです。 それにも関わらず、大渕氏はブログで『育児を中心とする生活の中で、限られた仕事の時間は、まず弁護士業務や講演活動に充てるべき』と考えたことを理由にレギュラー番組への復帰はしないと報告。 『復帰を待っていてくれていた番組もあり』などと、恩を売るような文面も並び、『プライドが高すぎ』『ふざけるな』と思った関係者も多いと聞きます。 もう以前のように、タレントとしての仕事を持つことは難しいでしょうね」 芸能記者 一方で、本業のほうはそれなりに順調なようだ。 「知名度があるので、過去に処分を受けていても、仕事を依頼する人はいるようです。 俳優で夫の金山一彦さんは育児休暇を取って、忙しい大渕さんを支えているくらいです」 前出・同 ブログを更新するたびに叩かれることも、ある意味いい宣伝になっているのかもしれない。 関連記事.

次の