ニューロ ダイバーシティ。 ニューロダイバーシティについて①言葉の意味と基本知識

ニューロダイバーシティと発達障害: 『天才はなぜ生まれるか』再考

ニューロ ダイバーシティ

バラク・オバマ前大統領と、2011年から日本人として初めてMITメディアラボの所長に就いている伊藤穰一氏の対談が、2016年12月10日発売の『WIRED』誌上に掲載された。 子どもたちがこれから生きる人工知能全盛時代に警鐘を鳴らしつつ、明るい未来展望も語り合う内容だ。 対談では、「ニューロダイバーシティ」の重要性も取り上げられていた。 ニューロダイバーシティとは、すべての脳はそれぞれに考えがあり、違いは優劣ではなく個性だと捉えようというものだ。 伊藤氏は、「モーツァルトとアインシュタインとニコラ・テスラが現代に生きていたならば、彼らはみな自閉症と診断されていただろう」という、動物学者のテンプル・グランディンの言葉を引用しながら、この問題を提起している。 トーマス・エジソンやレオナルド・ダ・ヴィンチ、さらには今日のIT業界をつくってきた偉人たちの多くもそうした傾向があると言われている。 つまり、彼らは今日の教育システムでは、はみ出し者として扱われ、才能が開花しなかった可能性もあるのだ。 その理由は「ニューロノーマル」、俗に言う健常者という1つの枠に入っている子どもだけを対象にしているのが、今日のシステムだからだ。 計り知れない可能性を秘めていながら、何らかの理由で学校教育とは合わず、「自分はダメだ」と思い込まされ、興味を追求する機会さえも失っている子どもたちは決して評価されない。 今回は、そうした一定の枠に入りきらない子どもたちが、興味の対象を広げ、探究心を深め、自分たちの未来に希望を見出せるようにと取り組む動きに着目した。 とりわけ、その中心人物、東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍(なかむら けんりゅう)教授の活動を取材している。 特別支援教育にとどまらない現在の取り組みと未来予想図は、刮目に値する。 子どもたちの将来を見据えた教育に目覚める 今回、紹介したいのは、日本財団と東京大学先端科学技術研究センターが共同で取り組む「異才発掘プロジェクトROCKET」だ。 「ROCKET」とは「Room of Children with Kokorozashi and Extra-ordinary Talents」の略で、そのまま訳せば「志と突出した才能をもつ子どもたちの居場所」といったところだ。 プロジェクトのディレクターを務める中邑賢龍教授は、普通教育どころか、特別支援教育からもはみ出てしまう子どもたちに着目しており「もしかしたら日本の将来を救うようなイノベーションも、そうした子どもたちから生まれてくるかもしれない」と期待している。 「ROCKET」の話をする前に、少し中邑さんのこれまでの足取りを紹介したい。 中邑賢龍さんと言えば、障害や病気による困難を抱える学生の進学や就職といった本人の希望の実現をサポートするプログラム「DO-IT Japan」を立ち上げるなど、数々の障害者支援活動で有名な研究者だ(関連記事:本ウェブサイト特集CO-BO「」)。 インタビューに答える中邑さん 中邑さんは、1984年に香川大学の教育学部の助手として、人間支援工学のキャリアをスタートした。 当時、上司に「お前みたいな若造は現場を見ろ」と言われ、さまざまな事情を抱えた家族を上司と一緒に訪問した。 ある寝たきりの青年の家では「10年前に教えた自分の生徒だ」、別の家では一室に閉じ込められた知的障害の子どもを指して「あれも俺の教え子だ」と言われ、自分に適した学びにアクセスできなかった上司の教え子たちの現状に衝撃を受けた。 上司は「これが今の教育システムが生んだ結果だ。 もちろん、システムを構築している側も、こんな結果は誰も望んでいない。 良かれと思って一生懸命やっているはずだ。 だけど、これでは教育の意味がないだろう」と語ったという。 この上司に「子どもたちが、将来どうなるかを見据えた教育をお前は考えろ」と言われたという中邑さん。 「僕は今でもそれを忠実に守っているだけです」と語る。

次の

日本ニューロダイバーシティ研究会

ニューロ ダイバーシティ

国の通貨は一定量の金の重さで表すP. その中の1~3パーセントが、異端として組織から外れる。 その因子が、次を担っていく。 ニューロダイバーシティ理論と全く同じ構造を述べています。 ダイバーシティ構想は国連でも堂々と謳われている、新しい時流です。 そのコメントがありましたので、「ニューロ・ダイバーシティ」論を学習しました。 ニューロ・ダイバーシティ(英: neurodiversity)は、教育や障害に対するアプローチであり、様々な神経疾患は普通のヒトゲノムの差異の結果として現れるのだ、ということを提唱する。 この神経学的(ニューロロジカル)と多様性(ダイバーシティ)の鞄語は、1990年代後半に、神経学的多様性は本質的に病的なものであるとする通説に対抗するものとして現れた。 ニューロ・ダイバーシティは、神経学的差異は、ジェンダー、民族性、性的指向や障害と同様に、社会的カテゴリーとして認識され尊重されるべきであると主張する。 神経多様性あるいは脳の多様性とも訳される。 ニューロ・ダイバーシティ運動は国際的な市民権運動として存在しており、その最も影響力のある運動として自閉権利運動(英語版)を含む。 この運動は、障害者の権利のスローガンである「私たち抜きに私たちのことを決めるな(英語版)」のもとに、メンバーのセルフ・アドボカシーを推進している。 ニューロ・ダイバーシティの支援者は、神経学的に非定型な人々が、無根拠に受け入れられている「正常」の概念を採用したり、臨床的な理想像に適応したりすることを強要・強制されることなく、彼らの人生を生きることができるようにするための支援体制(包摂に焦点を当てたサービス、収容施設、コミュニケーションや補助のテクノロジー、職業訓練、自立支援)を支持する。 この社会に蔓延している様々の社会規範やスティグマに対抗して、自閉、双極性、その他の神経特性を、病理や障害ではなく、ヒトの自然な変異として位置付ける。 また、(運動の支持者たちは)神経学的差異をヒトの多様性、自己表現、存在の本来の在り方であると信ずるゆえに、それらは治療される必要がある(あるいは治療することができる)という考え方を退ける。 シラキュース大学で開催された 2011 National Symposium on Neurodiversity によれば、ニューロ・ダイバーシティとは:... a concept where neurological differences are to be recognized and respected as any other human variation. These differences can include those labeled with Dyspraxia, Dyslexia, Attention Deficit Hyperactivity Disorder, Dyscalculia, Autistic Spectrum, Tourette Syndrome, and others. 神経学的差異は、その他のヒトの変異と同様に、認識されまた尊重されるものである、という考え方。 それらの差異としてはディスプラクシア、ディスレクシア、注意欠陥・多動性障害、ディスカルキュリア(英語版)、自閉スペクトラム、トゥレット症候群、等々と名付けられている差異を含みうる。 2011年の Pier Jaarsma によれば、ニューロ・ダイバーシティは「論争の的となる考え方」であり、それは「非定型神経発達を普通のヒトの差異と見做す」というものである。 Nick Walker(2012)は、ニューロ・ダイバーシティの概念はどんな神経学的状態にある人々も包含するものであるから、「神経学的に多様な(neurodiverse)人」などというのはありえないし、全ての人々はニューロ・ダイバースである、と論じた。 Walker は代わりにニューロ・マイノリティ(神経学的少数派)という語を「神経学的に定型でない人々を指す、良い、病理化しない言葉」として提案した。 彼は異なる神経学的な様態を持つ人々は「支配的な文化から周縁化され、十分に適応できていない」と言う[5]。 Walker は包括的な概念としてのニューロ・ダイバーシティと、パラダイムとしてのそれ(ニューロ・ダイバーシティを他の形の多様性と同様の社会的力学の影響を受けるヒトの多様性の自然な形として理解すること)とを区別することを提案している。 ニューロ・ダイバーシティ・パラダイムは、ニューロ・マイノリティを神経学的に定型な多数派からの逸脱であるという理由で問題ある(problematic)病的な(pathological)偏りであると表現する病理学的パラダイムと対照される。 自閉権利運動 詳細は「Autism rights movement」を参照 自閉権利運動(autism rights movement, ARM)はニューロダイバーシティ運動の中における社会運動で、自閉の人々、その介助者および社会がニューロダイバーシティの立場(自閉を治療されるべき精神障害というよりも機能的な多様性として受け入れる立場)を取り入れることを奨励するものである。 ARMは様々な目標を掲げている。 それには、自閉的振る舞いに対するよりよい受容;[7]自閉者に対して行動をニューロティピカルなものに制限することにフォーカスしたものではなく、自閉者に対処スキルを教えるようなセラピー;[8]自閉の人々を彼らの思うままに社会化することを可能にするようなソーシャルネットワークやイベントの企画そして、自閉コミュニティをひとつのマイノリティ集団と認識すること]を含む。 自閉の権利やニューロ・ダイバーシティの支持者は、自閉スペクトラムは遺伝的であり、それはヒトゲノムの自然な発現として受容されるべきであると信じる。 この視点はよく似た次の2つの見方とは区別される:自閉は遺伝子の欠陥によって引き起こされるもので、自閉を引き起こす遺伝子を標的として対処されるべきである、とする主流な視点;そして、自閉はワクチンや汚染のような環境要因によって引き起こされ、環境要因に対処することで治療可能であるとする視点である。 自らが自閉である自閉の権利の支持者の多くは、自分たちのことを、「自閉」(autistic)や「アスピー」(aspie)といった、アスペルガー症候群の状態をアイデンティティに内在的(intrinsic)な部分として強調するような語によって記述する。 これは障害者支援団体によって一般に推奨されること、すなわち医学的なあるいは精神的な病状や障害を持つ人について語る際にperson-first language(英語版)を用いること、と対照的である。 Person-first language(英語版)は、病状や障害によって定義されているそれではなく、病状を持つ「人」を強調するものである。 反治療的な視点 自閉症権利運動をすすめる組織のメンバーは、自閉を病気というよりは生き方であると見なし、治療への努力を手放すことを主張する。 中には、自閉と関連付けられる行動や言語の違いを正そうとする標準的な治療、例えば 応用行動分析を、単に的外れであるというだけではなく、反倫理的でもあると主張するものもいる。 自閉権利運動の中で主張される反治療的な見方は「自閉症スペクトラム障害はそれ自体としては障害ではない、自然に起こるばらつきだ。 神経の配線のバリエーションの一つであり、比較的少ない遺伝子発現の亜型だと主張する。 この見方からすると、自閉は一つのユニークな人間のあり方であり、当たり前にいてよいとされ、必要ならサポートを得ることができ、承認されるべきあり方である。 忌避され、差別され、抹消されるべきあり方ではない。 自閉的な人の奇妙さやユニークさは他の様々なマイノリティと同様に容認されるべきであり、「自閉症を治そう」とする試みは、一般的な病気の治療と対比されるものではなく、左利きを治そうとするような時代遅れで馬鹿げた試みである、と主張される。 ARMは障害者権利運動の大きな流れの一部であり、障害の社会モデルを採用している。 この障害の社会モデルにおいては、自閉者が直面する困難は、個人の欠陥ではなく、社会の構造的な差別であると見なされる。 アドボカシー 2013年に自閉特性について当事者やその関係者にオンライン調査を行なったSteven Kappらは「自閉特性は欠陥ではなく違いであるとする見方は、自閉特性の手綱を取り本人の発達にとって利益がある方向へ進めることが重要であると主張する。 この見方は、違いの礼賛と欠陥の治療という誤った対立を超えるものである」と結論づけている。 また、倫理学者のAndrew FentonとTim Krahnによると、ニューロダイバーシティの支持者たちは自閉症や自閉症をとりまく社会状況を再概念化することを目論んでいる。 すなわち、神経学的な違いは必ずしも治療される必要があるわけではないと知らしめること、「〜状態、〜疾患、〜障害、〜病」といった言葉を用いる言語体系を変更すること、新しいタイプの自立のあり方を示すこと、神経学的な違いを持つ人が自分自身の治療についてどんな治療を受けるかあるいは全く受けないかなどをより自由に選択できるようにすることを目指している。 Griffinら[20]は2009年に半構造化面接による調査を行い、自閉症やディスレクシア、運動協調性障害、ADHD、脳梗塞の既往のある学生27人を自分の特性をどう見なすかによってニューロダイバーシティグループと医学モデルグループに分けて分析した。 ニューロダイバーシティという見方を得ることができたのはニューロダイバーシティを提唱するオンラインのサポートグループに接することができたからだと学生たちの多くは報告している。 企業の側からの取り組みとしては、2013年に「エッジの利いたイノベーション」を追求するドイツのソフトウェア会社SAPが、自閉傾向のある人をソフトウェアのテスターとして積極的に雇用することを始めた。 また、米国の住宅ファイナンス会社Freddie Macは、自閉特性のある学生を対象に、有給インターンシップの募集を行った。 歴史 Jaarsma and Welin 2011 によると、ニューロダイバーシティ運動は1990年代にインターネット上の自閉者のグループから始まった。 そして、現在では、神経障害や神経発達障害と診断された人全ての人権を求める闘いとして知られている。 ニューロダイバーシティという用語は、前世紀に唱えられた自閉症の「冷たい母親説」からも距離をとっている。 ニューロダイバーシティのパラダイムは自閉スペクトラム当事者によって主導されているが、次いで出現したグループでは、自閉スペクトラムではない人々、例えば双極者、ADHD者、統合失調症者、統合失調感情障害者、ソシオパス者、睡眠リズム障害者などによっても唱えられている。 ニューロダイバーシティという用語は、オーストラリアの社会学者であるJudy Singerが造った用語である。 そして、出版物に初めて掲載されたのは1998年9月30日で、ジャーナリストのHarvey Blumeがオピニオン雑誌The Atlanticに掲載した記事で使われた。 神経多様性は、生物多様性が生物にとって重要であるのと同じように、人類という種にとって重要な概念かもしれない。 どんな時にどんな神経配線が一番適しているか、全てお見通しにできる人などいるだろうか? 少なくとも、サイバネティクスやコンピューター文化においては、いくらかは自閉的であるマインドが向いていそうだ。 Blumeは、それ以前にも、1997年6月30日のNew York Timesで、ニューロダイバーシティという用語自体は使わなかったものの、「神経学的多元性」というアイデアについて記載していた。 定型発達が支配する世界に住んでいると、自閉者は致し方なく彼ら自身の慣習を手放さなくてはならない。 でも、一方で、彼らは彼ら同士で新たな社会契約を結んだんだ。 その中では、神経多元性を強調している。 この契約は自閉者が集うインターネットフォーラムやWebサイトで生まれた。 …定型発達こそ多様な神経配線のうちの一つだ。 時に数が優勢であるというだけで、必ずしもベストな配線というわけではない。 Blumeはまた国際的なニューロダイバーシティ運動を盛り上げていくためにはインターネットが重要な役割を果たすということを予想していた。 インターネットでのつながりには政治的な意味合いがある。 サイバースペース2000と呼ばれるネット上のプロジェクトでは2000年までにできる限り多くの自閉スペクトラム者を集めることを目指している。 …そもそも、インターネットは自閉傾向を持つ人にとって自分自身の生活を向上させるために不可欠なものである。 というのも、インターネット上の会話は、彼らがコミュニケーションを効果的に行うことができる唯一の方法であることがしばしばあるからだ。 ……私たちにとってますます切迫してくる課題は、オンラインやオフラインで、自分自身をこれまでとは違った仕方で見ること、つまり、ニューロダイバーシティを迎え入れることだ」 何人かの著作家は、最初期の自閉アドボケーターはJim Sinclairであると主張する。 Jim Sinclairは国際自閉ネットワークの初代会長である。 Sinclairは1993年の声明で「我々を憐れむな」と主張した。 自分の子供が自閉症であると診断された親たちは自分の子が自閉症でいることを「人生でもっとも傷ついた出来事」だと考えることがある。 しかし、12歳になるまで喋ることがなかった自閉者であるSinclairは、 自閉的ではない人は自閉症を悲劇であると見なし、親たちは子供と家族のライフサイクル全般にわたって絶望と悲観を味わうものとされている。 しかし、この親の悲観は子供の自閉症そのものに由来するわけではない。 むしろ、親自身の、普通の子供を持ちたかったという願望や子供は普通の子として生まれるだろうという期待が裏切られたことに由来する。 自閉症の底に「普通の子供」が潜んでいるわけではない。 自閉症は一つの生き方であり、生き方全体に及んでる。 自閉症は全ての経験・感覚・知覚・考え・感情を色付けている。 そして、存在のすべての側面に関与する。 自閉症だけを当人から引き剥がすことはできない。 もしそんなことが出来たのであれば、自閉症を引き剥がされて残った人は元の人ではない。 ーー重要なのでもう一度言いますよ。 もう一度考えてみてください。 自閉症は生き方です。 自閉症と人を分けることはできません。 Sinclairは、1990年代初頭に「定型発達」という言葉を造ったことでも知られている。 「定型発達」はもともと自閉的ではない脳を持つ人を表す言葉だったが、現在ではより広く、神経学的に典型的な発達をした人やそういった人の周りに築き上げられた文化を指す言葉となった。 Sinclairも前述のSingerも、神経学的な差異を持った人に対する新しい見方を創造した。 最初は自閉スペクトラムがその対象であったが、結果的に、より広い神経学的差異も対象とするようになった。 批判 ニューロダイバシティという概念は論争的である[4]。 障害に対する医学モデルを支持する人にとって、「障害・欠陥・機能不全」と結び付けられる心的な違いは、生活の多くの側面でインペアメントを引き起こす内的な違いと同一視されている。 医学モデルからすると、ニューロダイバーシティに包含されているような心の状態は、治療することができ・そうすべきである医学的な状態である。 対して、例えばDavid Pollakはニューロダイバシティを「全ての可能な心の状態が平等であることを示す」用語であると評価している。 さらには、ニューロダイバーシティという用語を「依然として医学的すぎる」として拒否する人もいる。 自閉症におけるニューロダイバーシティという概念は、自閉症スペクトラム障害であるが「高機能な」人やそれほど症状が重症ではない人向けに作られた考え方であると批判されることがある。 「低機能な」自閉者は、日常生活においてしばしば重大な不利益を被っており、発達した支援ツールをできる限り使ってもうまく生活を送れないことがある。 「低機能な」自閉者の多くは自分自身の意見や希望をうまく表現できないため、誰が彼らの意見を代弁するか、何が彼らの利益になるか、という点が議論の的になる。 自閉者でありドキュメンタリーAutism is a Worldに出演したSue Rubinは、自分自身は症状の治療を望んでおり、「高機能な自閉症者がニューロダイバーシティの反治療的立場を支持しがちである一方で、低機能な自閉症者は一般的には治療を望むだろう」と述べている。 2011年にJaarsmaとWelinは「ニューロダイバーシティの考え方を拡大して、高機能な自閉も低機能な自閉も包み込むようにすれば、それは問題含みだ。 高機能自閉に限って主張されるニューロダイバーシティだけが道理にかなっている」と書いている。 むしろ、自分にとっての自然なあり方が医学的に劣ったものとみなされることで、診断によって害を受ける者もいる。 そういった狭い範囲であればニューロダイバーシティを主張することができる。 また、いまより少し広い範囲でニューロダイバーシティを主張することはできるだろう。 しかし、限度はある」という[4]。 ニューロダイバーシティが主張する反治療的視点には批判が集まっている。 医学生物学的な治療は、例えば自閉症や自閉症による様々な症状を治療のターゲットにし、現在はそれらを完全には治癒できないにしても、今後生活機能やQOLを明らかに向上させることができるようになるかもしれない。 治療の開発には発明や投資が必要であり、臨床応用するにはしばらくかかるかもしれない。 それでも、新しい治療は将来長きに渡って大きな利益をもたらす可能性がある[35]。 自閉症を「障害をもたらす発達の病気」とみなす人にとって、ニューロダイバーシティの反治療の視点は、患者とその家族の苦悩を軽視することとなる。 自閉症のライターでありブロガーであるJonathan Mitchellは、ニューロダイバーシティ運動に対する反対者であり、自閉症の治療研究を進めるべきであると主張する。 彼は、ニューロダイバーシティを「難しい問題に対して、安易な答えを出している」「自閉症の障害としての側面を軽視している」と批判する。 彼は、彼の症状が彼の人生にとってネガティブに働いてきたと考える。 自閉症があることで「これまでパートナーを得ることを妨げられた」「協調運動がうまくできず、筆記に困難を生じた」「人とうまく交れなかった」「集中することが苦手で、物事をやり遂げることが苦手になった」と述べている。 さらに、ニューロダイバーシティは低機能な自閉症者にとって何の解決ももたらしていない、と主張する[6][39]。 さらに、彼は、Temple Grandinも「自閉症の症状や体験を過度に一般化し、私の苦悩を軽視するような書きぶりであった」と批判する[40]。 こういった主張をすることでMitchellはこれまでニューロダイバーシティ支持者から誹謗中傷を受けている。 ブログで紹介できるのは一部です。 希望の方に「相場相談」「無料メール会員」をご用意しております。 40-41 日経平均 20,584(+129) 上海株式指数 2,820(+0. 8%) NY金 12月限 1,510. 1ドル(-4. 0) NY白金 10月限 853. 8(-5. 9) シカゴコーン12月限 379. 0セント(+2. 4) NY原油 9 月限 56. 37ドル(-0. 73) ブレント原油10月限 60. 64(-0. 66) WTI-ブレント10月限=-34. 29ドル 金、上海プレミアム -0. 1 +1. 12%(+0. 08)、1年物 +0. 15%(+0. 04) 白金リースレート 1ヶ月物-0. 11%(+0. 10)、1年物 +0. 39%(+0. 10) < 金 > 香港空港の13日夕の混乱に5,174円の高値を更新、米CPI(消費者物価指数)が予想を上廻り小反落、米国が中国からの輸入品への関税第4弾の10%の追加関税について一部品目を12月15日に延期すると発表からり大きく5,053円に下げ戻りました。 関税の一部延期の報道に、リスク回避が一気に枚戻し、ドル円は105. 30円が106. 90円に1円60銭のドル高円安、金は高値から55ドル安、原油は2. 7ドル上昇しました。 上下121円の動き、「天井圏特有の乱高下」です。 出来高は夜間で7. 3万枚、前場含めて9万枚超えは今年の最高ペースです。 前営業日の委託玉は連休明けに高値を更新して1,936枚買越して19,534枚の売越残に減少。 売玉-503枚減、買玉1,483枚増は、イレ上げ(売玉のどうにもならない買戻し)もでて、両建の買建もでてです。 イレは不十分、イレが少ない天井には相応です。 先6月限は今日で取組の52%を占め、4,802~5,174円の動きです。 高値での取組が増え、上がれば回転が効くが、ズルッと来れば取り残されます。 5,000円台の売玉は少なそうです。 エッセイ コラム 小説 ビジネス ブログ note 仕事 読書 ライフスタイル フリーランス 就活 転職 プログラミング 移住 田舎暮らし 就職 エッセー ノマド 資本主義 公務員 スローライフ 働きたくない リゾートバイト リゾバ ビジネス 仕事 毎日更新 毎日note ライフスタイル フリーランス 副業 お金 働き方 幸せ 経済 私の仕事 ネットビジネス 仕事術 弁護士 行政書士 税理士 社労士 司法書士 弁理士 サラリーマンは辛いよ 経費削減 特許事務所 ライフスタイル 田舎暮らし 仰せのとおり記事はウイキペディア検索記事です。 この分野については私はぼほ無知な領域でした。 "要は自閉症スペクトラムの人たちは、少数派のマイノリティなので、多数派、いわゆる「定型者」と、少数派の「発達障害者」として分けましょう。 でも、多数派ばかりになると、同じ意見や同じ行動をみんなしてしまうので、そのままでは、同じことが続いてしまって、社会が持たない。 また、ある集団があると潰れちゃう。 だから、少数派の人が、変わった発想を出して、進化させましょう。 というような感じです。 "を拝読し明日香さんはこの分野に精通し勉強していると察しました。 また、近年の傾向として、精神的疾患を持つ人が多く、このnoteでも、間接的にそれを訴えている会員も散見している。 やはりそれは時代的傾向といわざるを得ない。 いや、これはコピペで受け売り記事です。 発信元はウイキペディア検索で無料です。 これは私の知恵袋で、これを60パーセント覚えて知識にすれば大学教授に相当する。 極論すると、これをテキストにして通信教育システムにすれば、学校はいらなくなる。 また私の記事内容は、過去に書き溜めたストックがありますので、その倉庫から探し出して推敲してnoteに晒します。 その点では、他者とのスタート地点が早かったので、余裕があるということです。 それで判ってことは、昨今の発信者は基本的リテラシー不足です。 またパターン化していて個人が見えない。 昔いった没個性というタイプ。 おそらく入試システム丸暗記学習が影響している。 学んだ知識が生きていない。 いまさら愚痴ってもはじまりませんが。 これからもよろしくおねがいもうしあげます。

次の

ニューロ・ダイバーシティとは? 企業で注目される理由

ニューロ ダイバーシティ

ニューロダイバーシティは「神経の」「多様性」を意味する新語。 ニューロダイバーシティにおいて発達障害は、周囲による少しの支援、協力、理解があれば、能力が開花される、と考えられる。 発達障害のカテゴリーである自閉症、ADHD、統合運動障害、失語症、計算障害、読字障害などをマイナスではなく 「違い」の1つとして見る。 あくまでも脳神経の状況が違うので、治療する必要はなく、 周囲による少しの支援、協力、理解があれば、能力が開花される、と考える。 アメリカでは1990年にADA法(障害を持つアメリカ人法)により障害の社会モデル(障害は個人ではなく社会にあるという思想)が確立され、障害児者の教育環境が向上したにも関わらず、自閉症者の多くが失業状態だったり、不完全雇用(著しく能力以下の仕事についている)だったりしている。 一方で近年、 シリコンバレーのエンジニアに自閉傾向を持つ人材がいることが注目されるようになっていた。 有名なのは、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏やアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏だ。 が、これからは成功を当事者のマンパワー次第にするのではなく、 組織的な取り組みで当事者を取り込むことで成功を支援しようという流れになってきたのである。 マイクロソフトなど大手企業が続々採用 自身も自閉症的な傾向があると言われてきたビル・ゲイツ氏。 彼らはAI開発に伴う反復作業(コンピュータービジョン用の写真・動画のラベリングなど)に長時間取り組んだり、論理的推論やパターン認識の高い能力を生かしてAIモデルの体系的な開発やテストに取り組んだりしているという。 またロイターによると、2024年までに110万件のコンピューター関連の求人が出ると見込まれているが、アメリカの大学卒業者数がニーズに追いつかない、とデルで退役軍人や障害者の採用を担当するルー・キャンディエロ氏は指摘する。 「有能な人材を集めるためには、考え方を改める必要がある」 自閉傾向と言われてきたビル・ゲイツ氏が創業したマイクロソフトはニューロダイバーシティの先陣を切り、2018年6月までに56人を雇用したという()。 IBM、HPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)、デル・テクノロジーズ、SAPも採用している。 2019年8月までの実施企業は40~50社と推定されている。 例えば一般的な面接で採用を決める代わりに、数週間のインターンシップで能力を評価する。 そもそも面接のルールは「自分の話ばかりしない」「(特にアメリカでは顕著だが)相手の目を見て話す」、これらは多くの発達障害者の苦手とするところ。 しかし、実際プログラミング実習などをしてもらうと、彼らが働けることがわかる。 企業によっては、採用者には大卒者だけでなく高卒者も含まれている。 そして採用後も、 外部ジョブコーチによる定着支援や、働きやすい環境整備に力を入れている。 こうした支援をすることによって、ニューロダイバーシティ人材は生産性、品質の向上などで、企業に多様なメリットを生み始めていることも証明されている。 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、EYの14人のチーム(うち8人が自閉症スペクトラム)は2018年、同社のコンサルティング契約を自動で組成するアルゴリズムを開発。 月間2000件の契約を組成し、同社は年間労働時間を約50万時間節約したという。 日本では埋もれた人材 ニューロダイバーシティはやがて日本にも上陸するだろう。 AIやデータサイエンスの人材不足などの問題を打開するかもしれない。 撮影:今村拓馬 ニューロダイバーシティで実績を上げたグローバル企業は、それを世界各国の支社にも拡大している。 やがては日本にも上陸するだろう。 日本でも 発達障害者の多くが、周囲の間違った思い込みや理解不足により、働く能力があるにもかかわらずそうでないと判断され、埋もれた人材となっている。 この中には、高学歴でプログラミングや論理的思考力や語学力に優れた人材もいるだろう。 日本はAIやデータサイエンスの人材不足がアメリカ以上に深刻で、政府も企業も危機感を持っている。 障害者の法定雇用率を達成している企業は45. 2020年度末には法定雇用率の2. 発達障害者の雇用は待ったなしの状況だ。 障害者枠は一般枠と比べて給与水準が低く、仕事内容がいつまでも補助的なものが目立つ。 こうした就労は意欲の高い障害者にとってはモチベーション維持が難しい。 外注化や事務職の自動化(AI、RPA)により、障害者への業務切り出しは限界にきている。 ニューロダイバーシティはそうした現状を打開していく可能性がある。 日本の場合、企業と障害者就労定着支援事業との連携があれば、より高度人材の活用は進むだろう。 まだ少ないが、高スキル人材育成を目指す就労移行支援事業所も現れている。 11月1日には東京・秋葉原にAI特化型就労移行支援事業所(ニューロダイブ)が開設。 他にもがある。 企業も支援機関がついていれば、発達障害者を安心して採用でき、支援機関の意見を聞いてコツをつかめば戦力化もできると理解するようになってきた。 ニューロダイバーシティは障害者の職域開拓や雇用率達成、イノベーションの切り札となるだろうか。 長谷ゆう:翻訳者・ライター。 ビジネス、ダイバーシティを中心に取材・執筆・翻訳。 発達障害と診断されたが、富士登山や60キロマラソンに成功し、挑戦やダイバーシティの価値を信じる。 ブルームバーグでニュース翻訳やダイバーシティ推進に携わった。

次の