広島 原爆 投下 日。 原爆被害の概要

戦争体験vol.3 ヒロシマの被爆体験、原爆投下直後から3日間の救護活動|てのん 人ものがたり(ウェブメディア)

広島 原爆 投下 日

昭和20年 1945年)8月6日、月曜日の朝は快晴で、真夏の太陽がのぼると、気温はぐんぐん上昇しました。 深夜零時25分に出された空襲警報が午前2時10分に解除され、ようやくまどろみかけていた人々は、午前7時9分、警戒警報のサイレンでたたき起こされました。 この時はアメリカ軍機1機が高々度を通過していっただけだったため、警報は午前7時31分に解除されました。 一息ついた人々は、防空壕や避難場所から帰宅して遅い朝食をとったり、仕事に出かけたりと、それぞれの1日を始めようとしていました。 この時、広島中央放送局では、情報連絡室から突如、警報発令合図のベルが鳴りました。 古田アナウンサーは、警報事務室に駆け込んで原稿を受け取り、スタジオに入るなりブザーを押しました。 「中国軍管区情報! 敵大型3機、西条上空を・・・」と、ここまで読み上げた瞬間、メリメリというすさまじい音と同時に、鉄筋の建物が傾くのを感じ、体が宙に浮き上がりました。 昭和20年 1945年)8月6日午前8時15分。 人類史上最初の原子爆弾が、広島に投下されました。 原子爆弾は、投下から43秒後、地上約600メートルの上空で目もくらむ閃光を放って炸裂し、小型の太陽ともいえる灼熱の火球を作りました。 火球の中心温度は摂氏100万度を超え、1秒後には最大直径280メートルの大きさとなり、爆心地周辺の地表面の温度は3,000~4,000度にも達しました。 爆発の瞬間、強烈な熱線と放射線が四方へ放射されるとともに、周囲の空気が膨張して超高圧の爆風となり、これら3つが複雑に作用して大きな被害をもたらしました。 原爆による被害の特質は、大量破壊、大量殺りくが瞬時に、かつ無差別に引き起こされたこと、放射線による障害がその後も長期間にわたり人々を苦しめたことにあります。 原爆被害の概要についてもっと詳しくお知りになりたい場合は、ヒロシマ・ピース・サイト(広島平和記念資料館ホームページ)をご覧ください。 関連情報• 外部リンク <外部リンク>.

次の

日本人の7割が知らない?広島と長崎の「原爆の日」はいつ?

広島 原爆 投下 日

交換機に向かって「広島県、8時13分、空襲警報は…」って言いかけた途端なんですね。 ものすごい紫色の閃光がパッと目をいりましてね。 瞬間、ちょっと頭の中では「電気の事故かな?」とこう思ったわけなんですね。 …と、思う間もなくズーンと体が浮き上がって、そのまま意識がなくなったわけなんです。 それで、時間にすれば1分か2分ぐらいのもんじゃないかと思うんですけど、目の前が灰色一色なんですね。 それでおかしい、どうかしたのかしらと思いながらだんだん目を開けてみましたときに、自分が仕事の位置から1m以上飛ばされて、その場で仰向けに倒れてたわけなんですね。 それで「あ、これは何事か起きたのだ。 これは大変なことなんだ。 これはただ普通の電気の故障ではないな」と思いました。 外に出てパッと一瞬外を見ましたら、今まであった参謀本部の立派な建物も全然なくて。 で、なんかもう全般的に茶褐色って感じだったんですね。 赤茶けた感じというわけで。 どうかなったのかしらと、ただキョロキョロ、キョロキョロしていましたら、その時に、防空壕を出ました右側の方にですね、用水路がございまして。 その辺りにいらっしゃいました兵隊さんが「新型爆弾にやられたぞ」と、うめきとも叫びともつかない声でおっしゃったわけです。 で、「新型爆弾…?」っていうのを自分自身心の中で繰り返してみたんですね。 で、「え、新型爆弾どうなってるんだろう、どういうことだろう」と思いましたから、横からお堀端に上がりまして広島の街を見たわけです。 そうしましたらね、一瞬、ばっと目の中に海が入ってきたんですね。 そしてもう家が全然建物がなくて。 赤茶一色の瓦礫の街という風景で、似島がもう目の前にパッとそびえてたわけなんです。 で、もう愕然としましてね、なんかもう血が引く思いというか、頭から血がズーンと下がるような思いがしましてね。 「これは大変だ!広島がやられた!広島がやられた!広島がやられた!」と心の中では思いましたけれど、周りには元気な方はいらっしゃらないわけなんです。 みんなうめいてらっしゃる方とか、誰かわけのわからない方ばかりで。 私はそこにあります電話機の倒れているのを起こしましてね、手当たり次第に回して、一番初めに出てくださった方に「大変です!」って言ったわけなんですね。 (質問者:最初に出た相手は?)その方が福山の司令部の、お名前はあとでわかったんですけど、福山司令部のオガワさんという当時、一等兵の方だったらしいんですね。

次の

原爆投下から70年 薄れる記憶,どう語り継ぐ|NHK放送文化研究所

広島 原爆 投下 日

前回、ポツダム宣言の内容について見てきたよね。 ポツダム宣言が発表されたのは1945年の7月。 ということは、まだこの時点で広島と長崎に原子爆弾は落とされていないわけだ。 ではなぜ、原子爆弾が落とされてしまったのか。 それは、日本側の対応ミスとアメリカ側の策略が関係している。 詳しく見ていこう。 「まだ交渉の余地はある!」 ポツダム宣言を受け入れるということは、どちらにせよ降伏するということ。 つまり敗戦国になるということだね。 当然、これまでで占領している土地は没収されるわけだし、その他もろもろ日本に損なことばかり。 でも、このまま戦争を続けても勝ち目がないことは日本もわかり始めていた。 そんなわけで 「どうせ降伏するにしてももうちょい交渉粘って、いい条件で降伏したい」という考えでまとまった。 だからポツダム宣言が出された時すぐに受け入れなかった。 ただし、ポツダム宣言を受けての会議で「このポツダム宣言を拒否したりしようもんなら、絶対アメリカはものすごい攻撃仕掛けてくるはず。 「黙殺」が招いた悲劇 しかし、この一連の対応を 陸軍は快く思っていなかった。 陸軍は、「降伏なんて軟弱なことができるかよ!徹底抗戦だ!」と叫びだし、マスコミに圧力をかけて当初「ポツダム宣言について政府はノーコメント」とあった記事を「徹底抗戦!」と書かせてしまう。 おまけに、時の首相・鈴木貫太郎も圧力をかけられ、「ポツダム宣言って、カイロ宣言の焼き直しっしょ? あんま重要だとは思わないので 「黙殺」するわ」という発言をしてしまう。 これが大問題になるわけだ。 この「黙殺」という言葉の意味は 「無視する」という意味で翻訳される。 これがアメリカの報道機関に伝わると、 「拒否する」という意味でアメリカ側にとられてしまったんだ。 このタイミングで早々に受諾していれば、原爆投下の未来は変わったかもしれない。 原子爆弾投下 アメリカは、日本の「黙殺」発言を「拒否」と捉えたので、「ああ、日本はポツダム宣言受け入れる気ないのね。 じゃあもう原子爆弾落とされてもしょうがないね」となってしまった。 「黙殺」発言はアメリカに原子爆弾を使わせる「良い口実」になってしまったんだ。 広島 そして来る8月6日。 広島に「リトル・ボーイ」と名付けられた一つの原子爆弾が落とされる。 爆心地付近にいた人は黒焦げになって亡くなったし、ちょっと離れていても崩れた建物の下敷きになって、火災に巻き込まれて亡くなった。 たまたま生き残った人も、爆心地に近ければ近いほど大量の放射線を浴びた。 この時点でもう死んでしまう量の放射線を浴びた人も大勢いた。 そのあとに待っていたのは「黒い雨」とよばれる、放射性物質入りの雨。 これに当たった人もみんな被ばくしてしまった。 こうして、最終的に当時いたとされる 広島市民約35万人のうち、半数近い14万人以上が亡くなった。 長崎 広島に原爆が落とされて間もない8月9日、今度は長崎に「ファットマン」と名付けられた原爆が落とされることになる。 長崎は山が多かった関係で、地形に遮られ難を逃れた地域も多くあったんだけど、 爆弾自体の威力は広島のものよりずっと高いものだった。 爆発後の状況は、広島と全く変わらなかった。 爆心地は消え去り、付近の建物はすべて崩壊・炎上した。 結果 7万人以上が死亡する被害となった。 原爆投下の一番悲惨な点 何が酷いって、この原爆に巻き込まれたのはほとんど軍人ではなく 「民間人」だったことだよね。 本当に何の罪もない人たちが、たくさん死んでしまった。 実は民間人の多い広島に原爆が落とされることとなったのには、一人のアメリカ軍人の影響が結構大きい。 レズリー・グローブスっていう人なんだけどね。 この人は原爆を作るのを推進してた人だった。 で、「巨額の資金をつぎ込んで完成させた爆弾を使わないのはもったいないじゃない」、というクソみたいな考えで原爆を落とそうと考える。 さらに、当時急遽大統領となって日本のことがよくわかっていなかったトルーマン大統領に対して 「広島は軍事的な町なんで、ここに原爆落とそうと思います」とウソを吹き込んだ。 おまけに、「原爆を警告もなしに落とすなんてふざけている!やめてくれ」と原爆を開発した科学者たちがお願いの文書を書いたんだけど、 それをあえてグローブスは大統領に渡さなかった。 グローブスが広島を選んだ理由は、「広島の地形が一番破壊力を確かめやすかったから」というものだったらしい。 この男、どこまでも狂っているね・・・。 こういったことが重なって、民間人の多かった広島に原爆が落とされる結果となった。 実は広島は軍事的な街ではなくて、大量の一般人が犠牲になったということをトルーマンが知ったのは8月8日ごろ。 真っ青になったトルーマンは直ちに止めようとするんだけど、グローブス率いる軍部は暴走していた。 結局長崎への原爆投下も防げなかった。 その後、トルーマンは自身の責任も認めつつ、この一連の動きを隠そうとした。 「原爆投下は、戦争終結を早めるために必要だったんです」と言ってね。 まあ当然この発言は後からとってつけたもので、実際は「日本がそろそろ降伏しそうだぞ」ということを知っていながら原爆投下にGOサインを出していたことが後々分かった。 トルーマンも批判されることになる。 なんにせよ、グローブスというドクズが居なければ、 原爆投下は防げたかもしれない。 そう考えると、なんともいえない気持ちになるよね。

次の