韓国 ドラマ がんばれ プンサン。 韓国ドラマ「がんばれ!プンサン」第6話

韓国ドラマ|がんばれ!プンサンのネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国 ドラマ がんばれ プンサン

韓国ドラマ「どうしたのプンサンさん(がんばれ!プンサン)」キャスト・登場人物紹介です。 ~主要人物紹介~ イ・プンサン ユ・ジュンサン 47歳。 5人兄妹の長男。 工業高校を卒業し自動車修理工場に就職、そして現在は小さな自動車修理工場を運営している。 一度も自分のために生きたことはなく、自分が倒れると弟たちも死んでしまうと思い、とりあえず前だけを見て走って来た。 自分にとっては胸を痛める弟たちだが、妻の立場からはそうでなかったようだ・・・・ イ・ジンサン オ・ジホ 42歳。 プンサンの一番上の弟。 兄の家に居候し、義姉の下で洗車の仕事を手伝ってかろうじて生きている。 イ・チョンサン チョン・ヘビン 35歳。 プンサンの妹で、二卵性双生児の姉。 賢く論理的で冷静な性格だが、礼儀正しく冷たい魅力がある。 正論を真正面からぶつけて家族に傷を与えたりする。 大学病院の医師でプンサンの自慢であり、心の柱だ。 イ・ファサン イ・シヨン 35歳。 プンサンの妹で、二卵性双生児の妹。 遊ぶのが好きでお金を散財して贅沢をする。 そもそも勉強に趣味もなかったし、弟ウェサンの世話や家事をして学校にまともに通えなかった。 成功したチョンサンが自分を馬鹿にするのが悔しくて爆発させ、自責の念と劣等意識を持っている。 そんなチョンサンを偏愛するプンサンに寂しくて、ちゃんと育ててくれなかった恨みを抱いている。 イ・ウェサン イ・チャンオプ 29歳。 プンサンの一番下の弟。 プロ球団への入団を控えていた時、組織の戦いに巻き込まれ肩を痛めて野球を辞めてしまう。 それから廃人のように彷徨って組織に入ってしまうが、プンサンはそんなウェサンを涙で訴えて足を洗わせ、三ヶ月になった。 昼間は自動車修理工場で修理技術を身につけ、夜は代行運転をするが、いつも黒い組織の誘惑を受ける。 カン・プンシル シン・ドンミ 47歳。 プンサンの妻。 4人の義弟妹を自身の子供のように育て、手が乾く間もないくらい洗車の仕事をしてがむしゃらに暮らしてきた。 娘の面倒を見れず、問題児になってしまったのも全て義弟たちのせいだ。 まだ借金に苦しんで心労のために色んな薬を飲むのも、義弟たちのせい。 それでも夫は弟たちの話ばかり・・。 もう耐えられないプンシルは、娘の脱線で衝撃を受け・・ ノ・ヤンシム イ・ボヒ 65歳。 プンサンたち兄弟の母親。 生涯自身のの喜びと幸福だけは考えて生きてきた。 母性愛という言葉は知らない。 最後まで子供たちからお金を搾り取る典型的な悪い母親のキャラクター。 カン・ボグ パク・インファン 70歳。 プンサンの義父で、プンシルの父親。 イ・ジュンイ キム・ジヨン 15歳。 プンサンとプンシルの娘。 プンサンの弟たちのせいでいつも苦しみ、寂しい思いをしている。 家族によって傷つき耐えられず、ある日脱線してしまう。 チョ・ヨンピル キ・ウンセ 35歳。 少女のように女性らしい性格。 表面上は裕福なオールドミスだが、実は財閥家の娘だったヨンピルは特別な傷を抱えて成長した。 その傷のせいで実母にも会わずに生きていくヨンピルは、愛情欠乏症から急激に恋に落ちる。 チン・チハム ソン・ジョンホ 41歳。 チョンサンが勤務する病院の先輩医師。 既婚者だが、チョンサンと恋に落ちる。 子供のために離婚はできないが、チョンサンへの気持ちは本気だ。 カン・ヨラン チェ・ソンジェ 35歳。 チョンサンとは医大の同級生で同じ病院に勤めながら、長い間友人のように恋愛した関係。 チョンサンの家庭環境のせいで家族の反対を受けて離れた彼は、5年ぶりに戻って来てまたチョンサンに求愛する。 チョン・ダルチャ イ・サンスク 60代中半。 スーパーのおばさん。 息子を育てるためにあくせく生きて来たが、未婚の母の痛みを持っている。 チョン・チルボク チェ・デチョル 42歳。 ジンサンの幼い頃からの友達。

次の

どうしたのプンサンさんの再放送は?見逃し配信動画の無料視聴方法も

韓国 ドラマ がんばれ プンサン

「どうしたのプンサンさん(がんばれ!プンサン)」29,30話あらすじ 今までずっと弟たちのために犠牲になって生きてきたプンサンだったが、ジンサンやファサンは親代わりだったプンサンに幼い頃からの不満や恨みを持っていた。 ジンサンとファサンに、プンサンへの肝臓提供の話をするチョンサンとプンシル。 悔しくて言ってるんだ。 ジンサンとファサンに、肝臓提供してくれるように懇願するプンシル。 プンサンへ不満を思うジンサンたちに、弟たちを育てていたプンサンもまた幼かったから、親のようにちゃんとできなかったのは当然だと話すプンシル。 プンサンは弟たちの犠牲になって暮らしてきたから病気になったんだと、ジンサンたちに肝臓提供を迫るプンシル。 お前たちからは肝臓を貰わない。 くれると言っても嫌だ。 ポグに、プンサンが肝臓がんだという事を話すプンシル。 離婚もしたのにプンサンの元に帰ろうとするプンシルをひき止めるポグ。 離婚も借金取りから引き離そうとしてくれたことだと話し、無理やり実家を出て行くプンシル。 だが、最終バスはもう出た後だった。 朝、プンサンの元に行くプンシル。 一晩中、プンシルが来るのを待っていたプンサン。 病気の事は、ジュンイにはずっと内緒にしておきたいプンサン。 プンサンたちとの連絡を絶ち、携帯電話の番号も変えたウェサン。 シムランを田舎に送って行くウェサン。 シムランが子供を産んだら、自分が育てるつもりのウェサン。 ジンサンに検査を受けてくれるように頼むプンシル。 家を出てチムジルパンに泊まったファサンと会い、説得するプンシル。 チョンサンとプンサンが組んで自分を騙して検査したと考え、くやしくて腹が立つファサンだった。 第30話あらすじ 一緒に暮らそうとヤンシムの元に行くファサン。 男と暮らすヤンシムは、男を気にしてファサンを追い返す。 相変わらず、温かく抱きしめてくれることも無く、お金が必要な時だけやってくる母ヤンシムに失望するファサン。 行く当てがなく、フンマンの元に行くファサン。 傷心のまま歩いているファサンを見つけ、声をかけるチルボク。 チルボクが集金したお金を持っているのを知り、ホテルに誘うファサン。 ドキドキしながら付いて行くチルボク。 驚くファサン。 ファサンだけをホテルに残し、家に帰るチルボク。 ヨンピルがオープンさせたカフェの開店祝いに行くチョンサン。 ウェサンと連絡が取れなくなり、ヨンピルの元を訪ねるプンサン。 あれから会ってないし、連絡を取ってないと話すヨンピル。 ウェサンに会わせて欲しいとマ会長の元に行くプンサン。 その封筒をデスクにしまうマ会長。 そのビルの中から、帰って行くプンサンの後姿を見るウェサン。 熱を出したプンサンの処置にやって来るヨランとチョンサン。 チョンサンに、後でプンサンに電話をしてやってほしいと話すプンシル。 プンサンにとって肝臓がんになった事よりも、弟たちから裏切られたショックの方が我慢できないと考えるプンシル。 プンサンへ借金回収を迫る債権者たちへの対応も、プンシルが代わりにする。 プンサンを問い詰め、がん診断保険費を受け取ってその中から自分に渡していたり、ジンサンが使い込んだことが分かるプンシル。 スーパーのおばさんは、プンサンへ肝臓を提供してやれとヤンシムに迫る。 恐れて逃げて行くヤンシム。 友人に電話をして、お金を工面するプンシル。 その通話を聞いてしまうプンサン。 ウェサンの居場所を突き止め、そのクラブに乗り込むヨンピル。 プンサンが探しに来たことをウェサンに話すヨンピル。 プンサンに新しいシャツをプレゼントするプンシル。 それを喜んで着てみるプンサン。 移植提供者が現れたと連絡を受け、喜ぶプンシル。 驚くプンサン。 第31話につづく。

次の

どうしたのプンサンさん(がんばれプンサン) 第19,20話あらすじ

韓国 ドラマ がんばれ プンサン

「どうしたのプンサンさん(がんばれ!プンサン)」29,30話あらすじ 今までずっと弟たちのために犠牲になって生きてきたプンサンだったが、ジンサンやファサンは親代わりだったプンサンに幼い頃からの不満や恨みを持っていた。 ジンサンとファサンに、プンサンへの肝臓提供の話をするチョンサンとプンシル。 悔しくて言ってるんだ。 ジンサンとファサンに、肝臓提供してくれるように懇願するプンシル。 プンサンへ不満を思うジンサンたちに、弟たちを育てていたプンサンもまた幼かったから、親のようにちゃんとできなかったのは当然だと話すプンシル。 プンサンは弟たちの犠牲になって暮らしてきたから病気になったんだと、ジンサンたちに肝臓提供を迫るプンシル。 お前たちからは肝臓を貰わない。 くれると言っても嫌だ。 ポグに、プンサンが肝臓がんだという事を話すプンシル。 離婚もしたのにプンサンの元に帰ろうとするプンシルをひき止めるポグ。 離婚も借金取りから引き離そうとしてくれたことだと話し、無理やり実家を出て行くプンシル。 だが、最終バスはもう出た後だった。 朝、プンサンの元に行くプンシル。 一晩中、プンシルが来るのを待っていたプンサン。 病気の事は、ジュンイにはずっと内緒にしておきたいプンサン。 プンサンたちとの連絡を絶ち、携帯電話の番号も変えたウェサン。 シムランを田舎に送って行くウェサン。 シムランが子供を産んだら、自分が育てるつもりのウェサン。 ジンサンに検査を受けてくれるように頼むプンシル。 家を出てチムジルパンに泊まったファサンと会い、説得するプンシル。 チョンサンとプンサンが組んで自分を騙して検査したと考え、くやしくて腹が立つファサンだった。 第30話あらすじ 一緒に暮らそうとヤンシムの元に行くファサン。 男と暮らすヤンシムは、男を気にしてファサンを追い返す。 相変わらず、温かく抱きしめてくれることも無く、お金が必要な時だけやってくる母ヤンシムに失望するファサン。 行く当てがなく、フンマンの元に行くファサン。 傷心のまま歩いているファサンを見つけ、声をかけるチルボク。 チルボクが集金したお金を持っているのを知り、ホテルに誘うファサン。 ドキドキしながら付いて行くチルボク。 驚くファサン。 ファサンだけをホテルに残し、家に帰るチルボク。 ヨンピルがオープンさせたカフェの開店祝いに行くチョンサン。 ウェサンと連絡が取れなくなり、ヨンピルの元を訪ねるプンサン。 あれから会ってないし、連絡を取ってないと話すヨンピル。 ウェサンに会わせて欲しいとマ会長の元に行くプンサン。 その封筒をデスクにしまうマ会長。 そのビルの中から、帰って行くプンサンの後姿を見るウェサン。 熱を出したプンサンの処置にやって来るヨランとチョンサン。 チョンサンに、後でプンサンに電話をしてやってほしいと話すプンシル。 プンサンにとって肝臓がんになった事よりも、弟たちから裏切られたショックの方が我慢できないと考えるプンシル。 プンサンへ借金回収を迫る債権者たちへの対応も、プンシルが代わりにする。 プンサンを問い詰め、がん診断保険費を受け取ってその中から自分に渡していたり、ジンサンが使い込んだことが分かるプンシル。 スーパーのおばさんは、プンサンへ肝臓を提供してやれとヤンシムに迫る。 恐れて逃げて行くヤンシム。 友人に電話をして、お金を工面するプンシル。 その通話を聞いてしまうプンサン。 ウェサンの居場所を突き止め、そのクラブに乗り込むヨンピル。 プンサンが探しに来たことをウェサンに話すヨンピル。 プンサンに新しいシャツをプレゼントするプンシル。 それを喜んで着てみるプンサン。 移植提供者が現れたと連絡を受け、喜ぶプンシル。 驚くプンサン。 第31話につづく。

次の