鈴木涼美 おすすめ。 ギャルから慶応合格、AV女優から日経記者 鈴木涼美の「夜と昼」

書評・鈴木涼美『女がそんなことで喜ぶと思うなよ』|伏見憲明|note

鈴木涼美 おすすめ

編集Hです。 敬愛する著者の本を出させていただくことは、編集者にとって、最大(&唯一)のよろこび。 そのうえ、ドンピシャのテーマとなれば最強です。 橘 玲さんのは、大卒で普通に会社で働き続ければ、女性でも、特に出世しなくても、産休育休とっても、2億円は(最低)稼げる、というデータから生まれました。 橘さんは、必ず、エビデンスを元に本を書いています。 夫がいきなり、プラス2億円稼ぐことは難しいし、だったら二人で稼げばいいじゃん、というシンプルな話で、個人的にも心底そう思います。 第4回更新しました! 一方、鈴木涼美さんは、30人の女性から取材したエピソードを元に、を書いています(cakesで連載中。 これまた、個人的には、すべてがうなずける。 30人全員を、抱きしめたくなるほど、共感してしまうのです。 おふたりの主張は、全面的に、もちろん共感&納得(でなければ、本は出さない)。 自分としては、なんの違和感もなく、対談を企画しましたが、意外や、最初は話が噛み合わず……。 橘;私はあくまでも、妻が働かないでみすみす生涯賃金を捨てるのは経済的に非合理的だし、妻に家事・育児を丸投げしている夫も2億円損をしているという観点で本を書いたので。 鈴木;ワーママに関していえば、もう専業主婦になっちゃいたい! と思う人も結構いるとは思うんですよ。 女性が活躍する社会になっているんですが、活躍っていうより、もはや酷使。 私は新聞社にいたんですが、働きながら必死で子育てして苦労する意味がどこにあるのかって、割と若いときに思って。 専業主婦が「イケてない存在」になっているのは事実だけれど、子ども抱えて会社勤めするのはもっと無理。 専業主婦になりたいわけじゃないけれど、死ぬほど苦労してまで働き続ける意味はあるのか、と、鈴木涼美さんは主張。 いいモデルがまったくない、と断言します。 確かに、お金がすべてではない。 でも、仕事の意味は、それだけじゃない。 鈴木;専業主婦になってる子はなってる子で、やっぱりすごく承認欲求が全然満たされていないので。 橘;現代社会では、けっきょく仕事から得る承認がいちばん大きいというのがあると思います。 冷静な橘 玲さんと、リアルな鈴木涼美さん。 そして、どちらの言い分も、全部納得……。 そして、最終回で 驚きの結論に! 濃すぎる対談は以下から! 第1回公開中。

次の

知的とエロスの絶妙なバランス…元AV女優の社会学者・鈴木涼美の本が刺激的!

鈴木涼美 おすすめ

アマゾンで変えば瞬殺なんですけど、渋谷で探してる俺っていうストーリーまでセットでツイートしてます。 鈴木先生が好きだから、探してる俺感っす。 その後、一緒に働くんだけど、ある業界のカンファレンスで、講演タイトルを何にするか決めようかって話していた時に、AIに関する講演だったから、AIの話題で盛り上がった。 「AIとの未来を書いた小説ありますよ」「著名な作家がAIとの恋愛とかいろいろ書いてるのww」と言われた。 でも、「でも鈴木大先生がおもろすぎるからwww」「他のものはエンタメとして物足りない」って言われ、なぜか鈴木大先生の話になったのである。 とにかくその才女が鈴木大先生と呼んでいた、その人物は誰って調べたら、ああ、社会学者なのね、くらいの認識であった。 そしてまた、つい最近になってというか昨年のクリスマスイブ。 この記事を見て呟いたのです。 そしたら鈴木大先生からいいねがついた。 この問題について右から左から色々論評があったけども、一番すっきりした考察だったな〜と思っておる。 さすが鈴木先生やって思ってそれからツイートとかインスタとか日刊SPAをウォッチしておりました。 で、本が出るというのでそりゃ買うでしょ。 って事です。 まだ3分の1くらいしか読めてないのだが、冒頭からニヤニヤが止まらない。 どうしよう。 自分は世代としては先生より6つくらい上なのだが、なんとなく同じ時代の先を生きていた気がする。 (バブル崩壊からまだ余韻が残る、そう90年代。 渋谷にはチーマーがいて、女子高生はルーズソックスを履いていた。 ブルセラとかが流行った時か?。 渋谷に行くと絡まれたりあるいはカツアゲされるのではないかという恐怖感にかられ、中堅私立のワイは、大塚のゲーセンに入り浸るか、部活に必死だった時代です。 でも江戸っ子を自負していたワイは、「池袋や新宿、渋谷にいる高校生は、田舎から来てる電車の路線に住んでんだろ、どうせ。 俺は浅草で遊ぶ。 喧嘩には勝てないので、心で蔑みながら、本当に浅草によくいました。 打楽器の専門店があったから。 そうJPC。 ) 散りばめられる、単語一つ一つに、懐かしさを感じざるを得ず、またその単語が割とパワーワードだったりするので、涙なしには読めない本である。 ちゃんと注釈をつけております。 (ぴったり140文字で書いといたぞ) 先生にリツイートされたところで本日のミッションクリアな訳だが、彼女の文章を読み解くにはそれなりのリテラシーというか共通のcontextが必要な訳で。 そこがない人が読んだらどうなるのかと思いつつニヤニヤしながら読んでいるのだが、ちゃんと注釈付けてる涼美先生は偉いと思う。 わかってしまう自分がいて恥ずかしい。 自分はスーパーでしたけど、黒歴史ですよこれ。 SOLEだけに。 ほんと、まだ最初のページの方しか読んでないのだが、めちゃくちゃ共感できたところがここ。 「だけど、実はギャル系全盛期の1989〜2000年頃だって、ギャルと非ギャルの区別というのは、当人たちにしかよくわからなかった。 金髪だろうが肌を焼いていようがラブボのワンピにエスパの厚底だろうが、ギャルと認められない子だっていた。 「ギャル系ではあるけど、全然ギャルじゃないじゃん」「あの子、ギャルになりたい子だよね」というのが、ギャル系女子高生の間で最大の蔑みの文句だった。 」〜中略〜「要するに、ギャルというのはファッションのジャンルというより精神論に近いのであって、運動神経が良いというのとスポーツマンシップを理解しているというのが似て非なるものであると同様、ギャル系ファッションに優れているというのとギャルであるというのはまた別の物差しで図られるものであるらしい。 」(P25) 当方、男子校だったのであるが、当時ギャルの男版?ギャル男?という単語が既にあったか覚えてないが、とりあえず日サロ行って、色黒くして、白シャツの第2ボタンまで開けてそうな、ギャル男グループというのがもれなく母校にもいました。 (まあどこにでもいると思うけど) 自分は、中高6年間吹奏楽部に打ち込んでいたので、女子との絡みなんてほとんどなく、年に1度の吹奏楽コンクールで順番待ちの間、眺めてるくらいだったのであるが、彼らにとっては毎日が女子高生をハントする日々だったに違いない。 で、同時eggだかFineだかそっち系の人が読んでる雑誌に、いけてる都内の私立高校的な特集がよくされて、もれなく我が母校も出ていたのであります。 その大会なのか?何かの集いなのかよくわからんけど、ある日そのギャル男グループの一人に、「俺たちさ、〇〇(大会だっか集会だったか、とにかくなんかの集まりだかで人気投票みたいなやつ)に出るんだよ!」「俺らガンバっからさ!」「ぜって〜負けねえ」みたいな意気込みを語られ、当時ネットスラングもないのに、「お、おう」ってなったのだけは鮮明に覚えている。 そして、前述の涼美先生の言うようなことが起きたのである。 そのグループの中に、「え、お前は違うだろ」って奴が居た。 「ちょっと待てよ、流石に俺はあんたらみたいに、毎日女子と戯れてないし、あんたらが女子のケツ叩いてる間、俺は太鼓叩いてたよ」と、血管切れそうになりながらも、俺は俺。 そっちの領域ではない人ってちゃんとわきまえてた。 住む世界が違うって。 ちゃんと自負があったよ。 自分で線引いてたよ。 なのになのに、明らかに「お前はそっちじゃねーだろ」ってやつが居た。 ほんと草。 (これに関してはかの有名な脚本家、前田司郎も同意するに違いない。 確かあいつが言ってた。 あいつはちげえって。 ) あいつ元気かな〜。 名前も忘れたけど。 あと明らかにお前ブサイクだろってやつも、色黒ければなんとかそのグループに入ってたりしたので、今思えば、SOLEさえ行けば許される「ダイバーシティ」やん。 時代の先をいってたんじゃね、我が母校って懐かしくなりました。 涼美先生!思い出させてくれてありがとう。 そう言う私も、大学後半くらいから夜のお店とかで働くようになり、遅咲きでSOLEにデビューしてしまつたのである。 まさに黒歴史。 SOLEだけに。 まあ、ちょっと読んだだけで、懐かしさで、ノスタルジーに浸ってるわけだが、鈴木先生の文章からほとばしる知的レベル、教養レベルの高さをあなたは理解できますか。 できたら楽しいよきっと。 二葉亭四迷とか、廃藩置県とかさらっと使ってくるんだけど、最低限の教養がないと理解できないでしょこれ。 先生のコラムからは、教養が見え隠れ(いや隠れてはない)しています。 さらに時事ネタ(ちゃんとニュースとかでやってることを把握している)もウォッチしてないと理解できないのである。 脳みそ刺激してくれる人好きっす。 ふと思うと、鈴木大先生と呼んでいた、あの才女もすげえ知的レベルの高い子だ。 共通点は二人とも東村アキコ先生が好きなところであった(笑) と同時に、うちの奥さん(知的レベル高い)も東村アキコ好きだったなと思い出すのでした。 是非みなさん東村アキコ先生を、じゃなかった を読んでみてください。 まじでおもろいから!.

次の

書評・鈴木涼美『女がそんなことで喜ぶと思うなよ』|伏見憲明|note

鈴木涼美 おすすめ

海外と行き来していると、時間の感覚はくるくる変わるし、そもそも自宅で仕事をしているしで、普段は時間の感覚がいい加減であまり時計を気にせず過ごしているのですが、現在は東京時間で過ごしていて、普段は24時間開いているようなお店も閉まっていたりするので、時間の感覚をもって過ごすようになりました。 それから、長い文章を書く時に、日常とあまりに地続きな自宅にいると集中できないことが多く、だからこそ海外のホテルや移動中の機内などは重要だったし、東京にいる時でも喫茶店やホテルを使って執筆時間をつくることが多かったのですが、そういった習慣は難しくなったため、今まで混在していた自宅の生活スペースと仕事スペースを区切って、日常の雑念から離れる時間をなんとか作ろうとしています。 この期間に読んだ本、観た映画、聴いた音楽などがあれば教えて下さい。 またそのなかで感銘を受けたものがあれば、ぜひご紹介いただきたく存じます。 映画館に行けないのは大きなショックではありますが、ネットフリックスやユーネクスト、アマゾンプライム、Huluなどは全て加入しているので、かなりの時間を映画と読書に費やしています。 せっかく一人の時間があるので、古い映画をテーマや監督、俳優ごとに観たり、昔観た映画を再視聴したりもしています。 最近では、昨年『アイリッシュマン』が話題となったマーティン・スコセッシの古い映画『ミーン・ストリート』、『グッドフェローズ』、『レイジング・ブル』などを再視聴したり、そこからフィルムノワール特集と題して『いぬ』、『現金に手を出すな』、『現金に体を張れ』などモノクロ時代のものから、『ボルサリーノ』、『イースタン・プロミスロック』、『ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』など米国以外のものまでまとめて観たりしていました。 マフィア・ギャングものでいちばんのおすすめは若き日のマーロン・ブランドが震えるほどかっこいい『波止場』ですね。 GQ読者へ、自分へ、家族へ、日本へ、世界へ...... メッセージの対象 はだれでも構いません。 英国エリザベス2世の民への呼びかけが私はとても心に刺さりました。 私たちが誇りある存在であるとしたら、それを決めるのは私たちの現在と未来なのです。 ) 私も愚かしい人間なので、当初は予約していたエアチケットが軒並みキャンセルになって、楽しみにしていた初めての場所への旅行も延期せざるをえず、とても悲観していたし、オーバーリアクティングな気がして世界の指導者の対応を責めていました。 事態は私が思ったより深刻で、ウイルスによるすべて、病気や喪失はもちろん、経済打撃や治安悪化、暴力事件の多発などを生き延びられるかの瀬戸際に私たちは立っているように思います。 運良く生き延びることを祈って、生き延びた後にあの特筆すべき歴史的事件の時の自分の振る舞いに、赤面し自己嫌悪になることがないよう、背筋を伸ばして生きましょう。 PROFILE 鈴木涼美 1983年、東京都生まれ。 2013年に著書『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)が刊行された。 近著に、『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)などがある。 雑誌『GQ JAPAN』は、新型コロナウイルスの感染拡大がつづくなか、各界の著名人に、この未曾有の危機に際して、ポジティブなメッセージを送ってくださるように依頼しました。 結果、ファッション・芸術、音楽・芸能、デザイン・建築、文化・報道などの分野で活躍する内外の161人のかたがたから、この企画へのご参加をいただき、雑誌では、いただいた回答をもとに特集を構成しました。 毎日、2人からの、メッセージを紹介する予定です。

次の