歌舞伎町 居酒屋。 新宿東口・歌舞伎町の個室居酒屋「旬彩」「旬彩 はなれ」宴会に【公式】

歌舞伎町の「キャッチ」について行ってみた! 居酒屋・キャバクラ・風俗店……ボッタクリの現在(久田 将義)

歌舞伎町 居酒屋

「チルタウン Chill Town 」って? みなさん、ホーチミンの若者に今話題の「チルタウン」をご存知でしょうか。 「チルタウン Chill Town 」は、東京のネオン街を模した看板が並ぶ居酒屋で、昨年末にトゥードゥック区にオープンしました。 両側の壁にネオン看板が連なるフェイクな東京の様子を楽しんだり、写真を撮ったりするのが、若者の間で人気のようです。 日本語は間違えまくっていますが、とにかく日本が話題になっているのは、日本人としては嬉しい限り。 このチルタウン、ホーチミン中心部からはちょっと遠い場所にあるのですが、週末を利用して出かけてみました! 「チルタウン Chill Town 」をyoutubeでみる 「チルタウン Chill Town 」のアクセス チルタウンは、ホーチミン中心街から北東に位置する、トゥードゥック区にあります。 私たちはホーチミンの日本人街レタントンから出発したのですが、バイクで45分ぐらいかかりました(小雨だったので、晴れの日はもう少し早く着くかもしれません)。 トゥードック区の中でも栄えた場所の大通り沿いにあります。 外観はこんな感じでとても目立つので、迷うことはないと思います。 しかし、ベトナムの日常風景の中にいきなり歌舞伎町みたいな界隈が現れると、違和感がすごいですね…… バイクで来た人は、チルタウンのすぐ左の道を入って数十メートル進んでください。 無料の駐車場があります。 屋根もあり、100台以上停められるよう大きな駐車場なので、安心だと思います。 「チルタウン Chill Town 」の外観・内装 歌舞伎町風の入り口をくぐると、そこはにせものの看板が連なるネオン街。 小さな二階がある、高い屋根のある半屋外のスペースで、壁に街が描かれているという作りです。 屋根があるので雨の日も濡れることはありません。 中にいろいろな店があるわけではなくて、あくまで看板だけです。 一階にはイスとテーブルが並べられています。 雨の日曜日の早い夕方だったので空いていましたが、それでも2,3割の席は埋まっていました。 情報量がものすごいので、順番に見て行きましょう…… まず入って左側、建物の中に鳥居があります。 鳥居には「スカイゲート」の文字が(スカイゲート……?)。 その反対側では力士がお出迎え。 反転した「だめです」「だめです」はいったい何……(はじめ、STAFF ONLYの扉かな?と思ったのですが、扉じゃなくてただのハリボテでした)。 鳥居の隣には、なぜか七夕の短冊がありプチ神社ゾーン。 ちょうどいい椅子もあり写真スポットとして機能していました。 天井は赤ちょうちんがびっしり。 書いてある文字はなぜか「料理」「拉面(麺ではない)」。 自動販売機もありますが、フェイクです。 ベトナムには自動販売機がほとんどありませんから、これも日本らしさの一つなのかもしれません。 なんでか分かりませんが、ちょいちょい看板が反転してたり、上下逆だったりします。 どうやらネットのバナーをとったようで、三菱食品の看板にはこんなミスも……。 ネオン街は、あくまで壁に看板が再現されているだけで、実際のお店があるわけではありません。 ハリボテで窓や扉が再現されていることはありますが、中へは入れません。 これはお手洗いへいく通路なのですが、まるでゴールデン街のスナックのような看板たち(なぜ独立とか団結とかいう語彙が出てくるんだろう……)。 では二階へ行ってみます。 二階というよりちょっとした半二階みたいなコーナーで、ここに客席は無く、写真スポットだけです。 二階は、日本の地下鉄(?)の駅がイメージされています。 ベトナムにはまだ地下鉄がありませんから、駅というのもモチーフも、ベトナム人にとっては新鮮なのかもしれませんね。 一階から二階へ向かう階段横の壁はこんな感じでマンガコーナー。 ここを背景に写真を撮るのもなかなか良いです。 二階から見下ろした一階の様子。 二階から記念撮影すると、ネオン街がばっちり背景に入り込み、まるで歌舞伎町に行ってきたような写真がとれます。 このあたりはよく計算されているなあと思いました。 内装は地下鉄の駅っぽいのに、新幹線の看板があったり、結構でたらめです。 歌舞伎町を再現してると思いきや、関西の駅の名前が……。 読めないひらがなと、まさかのワールドトレードセンターの名前。 なんかもうどこまでがギャグなのか偶然なのか分かりません……。 こんな感じで、日本人からするとツッコミどころ満載ですが、一緒に行ったベトナム人やアメリカ人は、電車に乗るポーズや、待つポーズで写真撮影するなど、かなり楽しんでいました。 「チルタウン Chill Town 」のメニュー 続いてはメニューのご紹介です。 こんな感じで、メニューは一枚の紙におさまる程度で、そんなに多くないです。 飲み物は、ビール、カクテル、モクテル、ソフトドリンクなど。 それからシーシャ(水タバコ)もあります。 こちらは、バイオレットモクテル(59,000VND・約300円)。 きれいなドラゴンフルーツ色です。 ドリンクの中にもドラゴンフルーツ果肉が入っていて、つぶつぶしておいしかったです。 食べ物も十数種類くらいあり、こちらは、餃子。 (65,000VND(約320円)。 日本式と書いてあったので注文してみたら、残念ながら揚げた餃子が来ました……。 がっかりしたのですが、意外とおいしかったです。 ニラとひき肉がたっぷりはいった日本風の餃子を、まるまる揚げた感じです。 ソースがマヨネーズとチリソースで、かなりジャンクな味なのですが、くせになってしまいました。 正直、食べ物には期待しないでいったのですが、思ったよりおいしかったです。 他のテーブルを見ても、そんなに高くないのに量が多くて、おいしそうな料理が多かったです。 ただ、日本の料理は無い(日本式と書いてあっても、そうじゃない)ので、そこは割り切った方がいいです。 まとめ 以上が「チルタウン」のご紹介でした。 正直、誰にでもおすすめできるスポットではないですし、写真映えを計算して作りこまれた場所なので、逆に「わざわざ行ったのに、写真ほどじゃなかった」と思う人も多いと思います。 でも「外国人が作るウソの日本」が大好きな私としては、行く価値がありました。 間違った日本語を面白がれる人には、おすすめです! あと、日本人以外と行くと、意外なところを面白がってくれて、楽しめるかもしれません。 日本にいたら絶対に行けないこんなお店を体験できるのも、海外暮らしの醍醐味だなあと思いました。 ホーチミンの定番スポットに行き尽くしてしまった人、退屈してちょっと遠出したい人は、ぜひチェックしてみてください。 チルタウン Chill Town 住所:07A To Vinh Dien, Linh Chieu, Thu Duc 電話番号:07. 07 営業時間:17~翌2時 関連情報はこちら.

次の

新宿歌舞伎町 ディープな飲み屋、大人の居酒屋 8選!

歌舞伎町 居酒屋

新型コロナウイルス感染予防に対する取り組みのご案内 いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたびの新型コロナウイルスの感染防止に向け、 当店では下記の対策を実施しております。 旬彩 はなれ 四季折々の季節を表現した コース料理を心ゆくまで堪能 春夏秋冬。 日本ならではの四季を 器に表現した新宿・歌舞伎町の居酒屋 「旬彩 はなれ」のコース料理。 当店はお料理は、お客様お一人お一人に 盛ってご提供しています。 少しでも上質なおもてなしを、という想いをこめた 演出は、会社宴会や女子会、歓送迎会、忘新年会など 大人数での飲み会のお席で喜ばれています。 焼酎と季節料理 旬彩 旬の食材を使った料理と 厳選日本酒の共演を満喫 新宿・歌舞伎町の中心部に位置する 居酒屋「焼酎と季節料理 旬彩」。 当店の料理は、旬の食材をふんだんに使い、 職人が腕を振るった鮮やかな逸品ばかり。 完全個室、半個室をご用意しており、 2名様から6名様の少人数グループに 人気です。 接待やデートのディナー、 宴会、女子会など、他のお客様を 気にすることなく、存分にお料理と 会話を楽しんでいただけます。

次の

新宿歌舞伎町の縁日・相席駄菓子居酒屋バーに1人で突撃レポート体験談!

歌舞伎町 居酒屋

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の