下野紘テレビ笑ってこらえて。 おバカワいい映像バトル出演 : 下野紘さんに惜しみない感謝を

おバカワいい映像バトル出演 : 下野紘さんに惜しみない感謝を

下野紘テレビ笑ってこらえて

コンテンツ• 大工の女性って珍しいよね? 女性の大工さんって珍しいですよね? たまに建設現場とかみても見かけたことがありません。 その映像を見ていても、 女性がやるには大変そうな内容ばかり。 使用する道具も重そうだし、扱いが難しそうだし、、、 それに木材の重さといったらかなりの重量のものも多いでしょう。 そして、木を切れば木屑がまうし、、危険も多い。。。 やはり女性で大工というのが珍しいからでしょう。 753 がシェアした投稿 — 2019年 6月月22日午前6時27分PDT す、、、、すごい、、、、 後ろにあるものが透けて見えるほどのうすさ、、、 よく切れないですね!!! カンナをうまく使いこなせるとあんなに薄く削れるもんなんですね?! どれほどの練習を積んだらあんなに薄く削れるんだろう。 753 がシェアした投稿 — 2019年 7月月16日午後9時21分PDT おおおお。 日本一の削り美女は全国大会で優勝した凄技の持ち主花里さんだった!• 日本一のカンナ美女は現役の大工見習いだった!• 日本一のカンナ美女の凄技は見ていてい気持ちがいい!笑 でしたー!!! まだまだ女性の大工さんは少ないと思いますが、 今後森泉さんがテレビでも大工仕事をしたりしていますし、 女性の新たな活躍の場として注目されるといいですね!! ちょっと大変なことも多いと思いますが、 きっと自分が携わった建造物などが世に出るのは嬉しいことでしょう! では!!!.

次の

下野紘 X ジャーマン

下野紘テレビ笑ってこらえて

コンテンツ• 大工の女性って珍しいよね? 女性の大工さんって珍しいですよね? たまに建設現場とかみても見かけたことがありません。 その映像を見ていても、 女性がやるには大変そうな内容ばかり。 使用する道具も重そうだし、扱いが難しそうだし、、、 それに木材の重さといったらかなりの重量のものも多いでしょう。 そして、木を切れば木屑がまうし、、危険も多い。。。 やはり女性で大工というのが珍しいからでしょう。 753 がシェアした投稿 — 2019年 6月月22日午前6時27分PDT す、、、、すごい、、、、 後ろにあるものが透けて見えるほどのうすさ、、、 よく切れないですね!!! カンナをうまく使いこなせるとあんなに薄く削れるもんなんですね?! どれほどの練習を積んだらあんなに薄く削れるんだろう。 753 がシェアした投稿 — 2019年 7月月16日午後9時21分PDT おおおお。 日本一の削り美女は全国大会で優勝した凄技の持ち主花里さんだった!• 日本一のカンナ美女は現役の大工見習いだった!• 日本一のカンナ美女の凄技は見ていてい気持ちがいい!笑 でしたー!!! まだまだ女性の大工さんは少ないと思いますが、 今後森泉さんがテレビでも大工仕事をしたりしていますし、 女性の新たな活躍の場として注目されるといいですね!! ちょっと大変なことも多いと思いますが、 きっと自分が携わった建造物などが世に出るのは嬉しいことでしょう! では!!!.

次の

モニタリング 下野 山口勝平 3月23日

下野紘テレビ笑ってこらえて

AbemaTVで5月29日に放送された「声優と夜あそび」 毎週月曜-金曜夜10:00-11:30、アニメ LIVE チャンネル に下野紘と内田真礼が出演し、さまざまなコーナーに挑戦した。 「声優と夜あそび」は毎週月曜から金曜まで人気声優が2人ずつ日替わりでMCを務めるAbemaTV オリジナルの声優生放送レギュラー番組。 月曜日は安元洋貴と江口拓也、火曜日は金田朋子と木村昴、水曜日は内田真礼と下野紘、木曜日は浪川大輔とマンスリーMC 5月は代永翼 、金曜日は関智一と大河元気が MCを担当する。 逆に子供顔で満面の笑みを浮かべる内田を見て、下野は「あ〜〜、こういう子供いそう!」「すごーっ!」と最新のアプリ機能に感心の声をあげた。 「LINEとか、たぶん疲れちゃう」「iPad は持ってるから、それでいいかなって…」という下野だったが、「今後、スマホでできる面白アプリで遊んでみましょうよ!」という内田の提案には、「そうだね。 もしかしたらスマホに移行するのもいいかなって思うかもしれない」と興味を示した。 また、大人気コーナー「ダミヘで癒しボイス、囁きます」で視聴者から寄せられたセリフをダミーヘッドに囁くコーナーに挑戦。 リップ音 キスの音 まで駆使した「明日も頑張れるおまじない…してあげる」という下野のセリフに視聴者からは、「ほんとサービスしすぎ」「リップ音尊い」「放心状態になった」というコメントが殺到した。 (ザテレビジョン)• 関連記事.

次の