アモーレ ミオ 意味。 アモーレ・ミオ 歌詞『すとぷり』

山口かおる アモーレ・ミオ 歌詞&動画視聴

アモーレ ミオ 意味

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー えっと、学校のフランス語の授業中に出てきた話題だったのでお答えします。 とりあえずアルファベに直すと「Sans toi m'amie」らしいです。 この"amie"についてる"m'"は所有形容詞である"ma"で、 昔のフランス語では現在のように次が母音で始まる名詞の場合 本来男性形である"mon"を使うというのではなく、 次が女性名詞 この場合amie の時は所有形容詞も女性形の"ma"を使い エリジヨンしていた、ということでした。 そこから考えると、意味は 男性が女性である恋人に対して「君がいなくては」ってことみたいです。 Sans=Without toi=きみ m'amie=恋人 女性 A ベストアンサー 煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。 しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。 「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。 「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。 また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。 煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。 しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。 ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。 仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。 従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。 女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。 しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。 別に和服でなく、洋装でも構わないのです。 また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。 あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。 例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。 しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。 坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。 極楽じゃ。 しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。 また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。 酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。 大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。 仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。 もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。 これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。 別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。 親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。 これも煩悩か」などとなります。 「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。 これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。 煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。 また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。 (ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。 煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。 肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。 人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。 分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。 しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。 「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。 本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。 本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。 世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。 煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。 しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。 「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。 「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。 また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。 A ベストアンサー どういう文脈、場面で出てくるかで解釈に違いがあります。 mi(ミ)は、英語だと、me に当たり、「わたしに、わたしを」という意味です。 イタリア語の Mi, amore. だと、「わたしを(に)、愛する人よ」という感じが強いです。 しかし、検索すると、「ミ・アモーレ(Meu amor e... )」という歌があるようです。 この 「Meu amor e... 」は、ポルトガル語で、「私の愛、そして……」または「私の愛する人、そして……」のような意味ですが、発音は、「メウ・アモール・イ……」のような発音のはずです。 イタリア語とポルトガル語が一緒になっているのは、奇妙です。 (「わたしの愛する人」は、日本語だと、「わたしの貴方」のような言い方が自然です。 この場合の「貴方」は、「恋人」などの意味です)。 A ベストアンサー アモル Amor というラテン語があります。 「愛の神」を意味し、クピド 一般にはキューピッドとも としても知られます。 フランス語のアムール amour 、イタリア語のアモーレ amore は、ともに「愛」「愛情」を意味し、上述のラテン語に由来します。 いずれも英語ではありません。 ロシア語にもアムール amur。 ラテン文字に転写 という単語があって、「情事」といった俗語として使われた歴史があり、これもラテン語のアモルに由来するものでしょう。 アムール Amur。 同じつづりです 川については、 私の手もとの資料では 語源が不明ですが、「黒い川」とする 1のご回答は正しいかと思われます。 ロシアと中国の国境を流れるこの川は、中国語で、黒龍 竜 江あるいは黒河と呼ばれています。 Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の

ミ・アモーレとはどういう意味ですか?

アモーレ ミオ 意味

今、流行りのアモーレの意味について アモーレについてイタリア人の彼に教えてもらました。 長友選手が平愛梨さんのことをアモーレと発言したところからはじまりました。 アモーレですが、アモーレだけを使わずに、 【ミオ アモーレ】と言う言い方がしっくりきます。 ミオは『わたしの〜』です。 ミオ アモーレで、【わたしの愛する人】になります。 イタリア語で愛しているは【ティアモ】 そして、イタリア語で愛しているは【ティアモ】です。 ちなみに、イタリア語は男性名詞と女性名詞があります。 例えばイタリア語で赤ちゃんは バンビーナ 女の子の赤ちゃん、子ども バンビーノ 男の子の赤ちゃん、子ども といいます。 最後がaで終わっているので性別が女性であることを表します. ちなみに最後がoで終わるbambinoは性別が男性になります。 アモーレやティアモは男女関係なくOKです。 2016年の流行語大賞『アモーレ』トップ10入り わたしの予想 安倍マリオ 候補 ではないかと思っています。 ちゃん付けで呼んでくれます。 『おーい、待ってくれよ。 アモーレ』みたいにアモーレを使って主人と日常で会話したことはないです。 笑 わたしの主人の場合ですが、アモーレは使い機会がないのでティアモ(イタリア語で愛している)の方が言いやすいみたいですよ。 イタリア人の男性はとてもスイートで女性の話をよく聞いてくれる イタリア人の男性は、女性の話をしっかり聞いてくれます。 会話もとてもスイートですよ。 と言っても、胡散臭い感じでなく、パッと出てくる言葉の表現がとてもシンプルだけど、家族や恋人想いの発言のように感じます。 あなたのアモーレはイタリア人かも!? 素敵なイタリア人男性を恋人にしたいあなたへ イタリア人男性と出会えるサイトをご紹介します! 自分の理想の環境 相手が日本語を話せる外国人など を選択できます。 イタリアでマッチングサイトといったらこのサイト!! マッチドットコムは日本在住のイタリア人、海外在住のイタリア人を検索できます。 自分の存在自体に意味があり、ただ存在するだけで、良いというのは、自己肯定感を上げることに繋がるというのに納得しました。 巷で、自己肯定感あげるとよく耳にするのですが、めいさんのエピソードと一緒に聞くと、とても納得がいき、すんなり賛同できました。 ありがとうございます😊(40代女性) 長女気質がとてもわかりやすくまさに自分の事のようでびっくりしました。 次回も楽しみにしています。 (40代女性) 自己肯定感の目覚めが中学生は早いな!いいな!と思いました。 また、メイさんの声がむっちゃ可愛かったです!(20代女性) ネットでめいさんを知った方は感じないかもしれませんが、お話した感じだと長女だとは思いませんでした。 あの雰囲気(妹気質?)って、後天的に身につけれるんですね^^ わたしもやってみます!(50代女性) 3ヶ月の本講座 こちらはマンツーマン制のコーチングが含まれます。 脳科学を使った再現性の高いメソッドでお伝えしています。 3ヶ月講座をお申し込みを検討されていて、質問がある時は遠慮なくお問い合わせください。 下記のメールアドレス、またはLINEにて、営業日48時間以内に返信致します。 pavanmei reservestock.

次の

すとぷり アモーレ・ミオ 歌詞

アモーレ ミオ 意味

イタリアと言えば、アモーレの国。 アモーレと言えば、長友選手と平 愛梨さんの一件で、一時期日本で話題になりましたね。 さすがイタリアやね! と思われた方も多いことでしょう。 愛する相手を呼ぶときの呼称として、一般的に幅広~く使用されています。 その対象は、恋人のみならず、子どもや飼い犬・ネコ、妻や夫など。 電話ではちょっと略して「Amo(アモッ)!」と始める人もいます。 コアットとはイタリア語のスラングで、ちょいと訳しにくいのでイメージでお伝えすると、めっちゃ日焼け過ぎた太い首に太い金のネックレスつけて、ミラーグラスに太陽を反射させながらコカコーラ飲んでる感じのことを言います。 もはやそうなってくると、日常生活の中に入り込み過ぎて、大した意味はありません。 もしチャットの始まりのチャオ・アモーレ!を意訳するなら、「ねえ、ちょっと!」……はっ! 私が鈍感というわけでもありませんよw。 巷によくいると思われているナンパイタリア男が、「Ciao Amore! 」なんて声をかけることもありますが、そういう場合、基本的に女子はドン引き。 「いつからオマエのアモーレになったんじゃ、ボケ!カス!」ってなもんで、ま、そう考えると、アモーレは「大事で親密な人」に向けて発信されることが限定されるので、大した意味はなくはないですね。 愛情再確認しながら使える便利な呼びかけイタリア語ワード イタリア的には一般的な呼びかけだけど、日本人が「キャー!」となりそうなものには、ほか、「テゾーロ(宝モノ)」「クッチョロ(仔犬ちゃん)」「ミーチョ(子猫ちゃん)」「ピッコリーノ(おチビちゃん)」などがあります。 あ、ちょっとゾクッとしました? でも、ホントに日常的に使います。 で、これらに、「ミオ(僕の)・ミア(私の)」をつけて、さらにパワーアップ。 これを読んでる方も、日常生活の中で、相手に対して「この人は僕の宝だなー」と思うことはありましょう。 何かうれしいことをしてもらったときとか。 そんなとき、日本語だと「君は僕の宝だ!」なんていちいち言うのは、恥ずかしいし、どーかしてるレベルになりかねませんが、イタリア語は便利! 呼びかけで「テゾーロ」と「大事に思ってるよ~」ニュアンスを伝えられますから。 ちなみに、子どもに向けても多用されます。 「テゾーロ、宿題やったの?」「クッチョリーノ、早く寝なさい」こういうのは、聞いていて微笑ましいですね。 クッチョリーノは仔犬のもっと小さいヤツです。 子どもに対する愛情表現は多すぎるに越したことはありません。 イタリア語に比べると日本語は、愛情表現がなかなか難しい。 「愛してるって言われない」なんて怒る気持ちもわかるけど、言いにくい気持ちもわかります。 I love youが「月がとてもキレイですね」と訳される日本語は、それはそれで奥ゆかしくて素敵な言語ではありますよね。 イタリアのバレンタインは恋人の日 そろそろ日本はバレンタインですね。 こちらイタリアでも、ええ、2月14日はバレンタインです。 しかし、意味はちょっと違う。 ご存知の方も多いと思いますが、バレンタインデーの発祥はイタリア。 2月14日は、古代ローマ時代にローマ教皇によって禁止された戦士の恋愛・結婚を、秘密裏に応援していたバレンティーノ司教が処刑された日で、イタリアでは聖人バレンティーノを奉る日となっています。 宗教感はありますが、クリスマスやイースターほどではなく、なんとなく「恋人の日」として、男女にちょっとしたプレゼントを送ったりします。 チョコをあげたり、もらえなかったり、義理チョコ面倒くさがったり、あえてあげない!なんて宣言してみたり……は、日本独自のもの。 商業的なイベントとはいえ、愛していても「月がとてもキレイですね」としか言えない日本人にとっては、需要と供給がマッチした神企画だったのではないでしょうか。 昨今は、単なるチョコイベントになりつつあるようですが、「そんな日なくても告白できる」勇者が増えたのか、恋愛至上主義が去ったからか。 あげることに意味がなければ、もらわないことにも意味はない。 平穏な平日になるのも、またよしかもしれません。

次の