ガンダム アカツキ。 コズミック・イラの機動兵器

アカツキ(MS)

ガンダム アカツキ

2年ほど前からチマチマと作業して放置していましたが、ざっくり形になったので、いったん記事にしてみます。 改修ポイント 全体 ポリパテを盛ったところで放置してしまっている状態ですが・・・。 ご覧の通り、MGストライクルージュVer. ヘルメット側の穴の大きさはパテで調整する予定。 それでも強度が不安なのでなにか対策を考え中です。 首部分と間が空いてしまったので、フレーム状ディテでも作って埋めるつもりです。 現状ではこれぐらいですが、いつも通り脇下とかにフレーム的なものを追加するか、シリンダー的なものを追加するかを考え中です。 肩 急遽切り抜いたのでピンボケですが・・・。 ストライクルージュの肩にアカツキの肩をつぎ足しています。 最初は端から端までを横切る山なりの面構成にするつもりでしたが、面出しが難しすぎたので断念。 ストライク部分までは平面主体、アカツキ部分は山なりにしてみました。 上の画像で写っているのは大人しすぎる気もするので、背中側の面にすることにしました。 胸側に貼り足しているのは1ミリのプラ板。 表面どうしようか考え中です。 同じ造形を2セットにできる気がしないのでレジンで複製するつもりです。 (シリコン買わないと・・・) 表のパネルを外すとこんな感じ。 本当にストライクのフレームとアカツキのフレームをポン付けでつぎ足しただけ。 一応センター出しはできてるはずですが。 この真ん中にある隙間部分にシイタケディテをぶち込む予定です。 縦に見るとこんな感じ。 天面が妙に寂しいことになってるので、ここにもフレームディテを足したい。 あと、写真を撮り忘れたけどした面のストライクのスラスターがつく部分もガッツリ空いてるのでそこにも何かしらのディテールを足して誤魔化さないと・・・。 (写真はありません・・・) フロントアーマーが全然形が違うので、ストライクでは一段下がっているところに積層したプラ板を貼ってアカツキの形状に近づけようと思います。 サイドアーマーは、ストライクのフレームに取り付けられるように、ヒンジを移植しました。 裏面がスカスカなので、フタをしようと思います。 4ミリぐらいの幅増しだったはず。 膝部分も特徴的なデザインなので、パテやなんやで再現しようとしていた痕跡がありますが、思ったよりややこしい形状をしているので、芯の部分をエポパテで作って、アカツキのキットのパーツの大きさを調整しながら被せようと思います。 ホコリだらけですが、アップにするとこんな感じ。 キットから切り出したままでは上側に大きな隙間があったので、下側に接着したあと、上のパーツにマスキングしてからパテ盛りしたスラスターパーツを押し当てて、隙間を埋めました。 武器 武器といってもビームライフルだけしか触ってないですが・・・。 アンダーバレルのビームサーベルストックと、側面のフレームを移植しました。 側面のフレームを移植したことで、全身や腰の画像に写っている通り、サイドアーマーに装着できます。 と、一通り触れておくとこんな感じです。 まだ、ざっくりアウトラインがそれっぽくなってるだけなので、しないといけないことは山盛りです・・・。 今回はここまで。 その1止まりにならないように手を入れていきますが、サクッと終わらせるにはもったいないので、他のものと並行して進めようと思ってます!.

次の

アカツキ(シラヌイ装備)

ガンダム アカツキ

本体は元のアカツキガンダムそのままで色以外の変更点はなし。 そこまで古くはないので今見てもそこそこの出来。 最近の小顔の物に比べると若干バランスが異なりますが造形自体は悪くなくそこまで見劣りする感はなし。 色は元々単色ですがアンテナや顎などはちゃんとパーツ分けされてました。 各部位など。 元々大部分がメッキのキットだったので基本色のグレーはほぼ全てアンダーゲート。 腰回り。 左右にはサーベルを装備。 腕や足。 SEED系のキットの中でもかなり後期の物なので脚部などはほとんど合わせ目が目立たない作りに。 背中には各種ユニットを装備できる穴が。 そして今回はオオワシ、シラヌイではなくビルドブースターが付属。 こちらはビルドストライク付属の物と同じで色は本体と同じホワイトグレーに。 オプション。 ビルドブースターは単品版からの流用のようで各種ジョイントパーツも付属。 ビルドブースターと合体&フル装備状態。 色のせいもあってか違和感は全くなし。 ブースターの作りは変わらず合体後も色々形を変えることが。 ハイドラショット。 基本はグリーンフレームからの流用ですがサーベル刃を取り付けられるリボルバー状のパーツが追加。 付属する通常のサーベル刃4本にアカツキ用のビーム刃2本を取付可能。 サーベル用の穴は計8つありあと4本差すことも可。 サーベルと組み合わせて銃剣のように出来る通常のアカツキガンダムに付属するライフルも付属。 シールド。 こちらも変わらず。 ビルドブースターを他のMSに取り付ける各種アタッチメントも付属。 ただ色のせいか他の機体につけてもいまいち似合わず。 最新のビルドストライクと並べるとプロポーションなどはだいぶ違ってました。 適当に何枚か。 可動に関しては最近の物とは違ってかなり微妙で股関節があまり開かず肘膝も90度くらいが限度。 肩だけは2軸のBJになってて柔軟に動くんですが胴体側はポリキャップじゃないのですぐ緩々になるのも厄介。 ビルドブースターは翼を横に広げると元々のオオワシとほぼ同じシルエットに。 サーベルは連結させてナギナタ状にすることも。 ただ持ち手がスカスカなのが残念。 通常のライフルで。 機体色がグレーなのは塗装しやすいようにだとか。 本体の可動はいまいちですがレールガンは何とか構えることが出来ました。 最後はハイドラショットの近接戦型で。 終わり。 以上、HG ビルドアカツキガンダムのレビューでした。 元が7年ほど前のキットなので可動に関しては最近の物に比べるとかなり差があり肩もすぐ緩くなるなど遊びの面ではいまいちでしたが、見た目は色分け率も高く合わせ目も目立たない作りで今見てもそんなに見劣りしないなかなかの出来でした。 川口名人のオリジナルというグレーカラーも塗装しやすいようにという配慮からだそうですが機体のデザインともあってて普通に格好良く、また新装備のハイドラショットも他ではあまり見ない独特な形で迫力があり面白かったです。 プロショップ限定品ということで普段よりちょっと買いにくいのが厄介ですが元が古いわりに色や武装など意外と満足度の高い内容になってたのでなかなかオススメです。 (プレミアムバンダイ) (あみあみ) SHF エボル ブラックホールF フェーズ4 SHF トニー・スターク -《Birth of Iron Man》 METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザー 6月12日 16時~ ねんどろいど 嘴平伊之助 ねんどろいど 斉藤恵那 IMAGINATION WORKS 孫悟空 METAL ROBOT魂 ガンダムヴィダール SHF 孫悟飯-少年期- DBアドバージ ポルンガセット【PB限定】 SHF 真骨彫モモタロス SHF ピッコロ SHF ワンダーウーマン WW84 S. ファイズ SHM リオレウス SHM ナルガクル DX超合金 YF-29フルセット 超合金魂 トライダーG7 ネクスエッジ 煌龍丸 ネクスエッジ 龍虎丸 GUNDAM UNIVERSE ゴッド GUNDAM UNIVERSE トールギス MB ゴールドフレーム天ハナ バージョン華 SHF アイアンマン マーク1 SHF IG-11(The Mandalorian) SHF ホール・オブ・アーマー【6次】 figma 兵馬俑 アルター 宮本武蔵 私服Ver. SHF 真骨彫 仮面ライダーイクサ SHF バルカン アサルトウルフ GUNDAM CONVERGE 20 DBアドバージ13セット タケヤ式置物トルメキア装甲兵 ねんどろいど アスナ創世神 SHF 仮面ライダーサウザー SHF 仮面ライダー001 SHF シャイニングウルトラマンゼロ ROBOT魂 ダンバイン SHADOW FINISH ねんどろいど 紺野純子 ねんどろいど 我妻善逸 SHF キャプテン・アメリカ CAP VS. ホットトイズ ホークアイEG ホットトイズ マーク85 ホットトイズ サノス ホットトイズ キャプテンマーベル アルター 穂乃果 ホワイトデー ALTAiR プロトアーサー.

次の

Amazon

ガンダム アカツキ

私が入手したキットは、メッキしたの埃はありませんでした。 滑らかで鏡面のように各部を映しています。 メッキ部品のアンダーゲト処理と、その上に切断部分を隠すように組み込むよう設計されていることに感嘆しました。 リア腰アーマーなどは裏打ち部品が無いためそのようなことはされていないため、ゲート処理部分のメッキが無い状態になってしまいますが、ガンダムマーカーの「ガンダムゴールド」でゲート処理したところと同一高面をすべて塗り、装甲の色調の違いに見えるように工夫しました。 唯一の不満は、手首です。 無可動のあのやぼったさ丸出しで、見る角度によっては他の部分が良いだけにゲンナリしてしまいます。 無印でこの値段、『MG版』ではいかほどになるのか心配ですが、足首のシリンダーがしっかり稼働するなどの仕様アップ[MG仕様]がされていたりすると、また購入してしまうのだろうな。 First impressions when I opened the packaging to this kit was, "Wow, this is going to be hard to keep track of all the gold. This is impressive considering the package was sent through the Military Postal Service. The kit fits together extremely well, although some of the pieces seem to fit a little too tight. Be careful when handling the ball joints on the backpack units, they are easily broken if forced into place; remember to use some finesse. The gold pieces themselves make extensive use of the undergate technology, resulting in very few marks noticable when the kit is complete. As it is only a High Grade kit, there is little to no inner frame, so you don't get to see the inner workings of this guy, however it still holds its own with the included stand for dramatic poses. The joints are strong enough to hold its weight when standing even with a backpack unit attatched , and the legs moderately articulate while still being able to maintain balance of the unit. What really makes the kit pop is obviously the gold armor. It really highlights the angles and details of the kit, and there are better than average details molded into the pieces themselves for example the model number of the unit is actually molded into the left fin of the head. It even comes with a sheet of decals. Overall, it is an awesome kit, and looks amazing when it is completed. The only downside I have come across is the awkwardnes of the shield when you try to position it for a pose.

次の